「昨年開催」とは?

関連ニュース

4月29日は羊肉(ようにく)の日!「ラムバサダーフェスティバル」今年も開催 - 04月17日(火)18:00 

「4.29 ラムバサダーフェスティバル」準備委員会は、「ラムバサダーフェスティバル2018 in なかのアンテナストリート~羊肉の日を熱く盛り上げる!!羊肉好きの春祭り」を、中野セントラルパークウッドデッキエリアで、4月29日(日)に開催する。 【写真を見る】ラム肉の魅力を存分に味わえる ラムバサダーフェスティバルは、昨年開催時には1万人前後の来場者があり、終了時間前にはすべての店舗で売り切れとなってしまうほどの盛況振りだったイベント。羊肉需要を盛り上げるべく、今年も羊肉の日の4月29日に開催することになった。 ジンギスカンをはじめ、様々な料理方法で日本にも浸透しつつあるラム肉。近年の肉ブームの影響を受け、取り扱う店舗も増えており、ラム肉に対する注目がさらに高まっている。しかし、まだまだラム肉を食べ慣れていない人が多いことも事実。これを機会に安心・安全、ヘルシーで美味しいオージー・ラムを食べて、ラム肉本来の魅力を知ってほしいという思いのもと開催される。 なお、当日はオージー・ラムのPR大使「ラムバサダー(LAMBASSADOR)」に任命されている有名・人気店のシェフをはじめとしたメンバーが、自慢の料理でラム肉の魅力を伝える。 この他にも、物販ブースや等身大パネル「ジンギスカンのジンくん」とツーショット写真館、番外編企画などが行われる。イベントを通じてラム肉の魅力を味わってみて!(東...more
カテゴリー:

第10回沖縄国際映画祭は「沖縄ヒストリカルムービー」に注目 - 04月16日(月)09:00 

 吉本興業が主催する「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」が、4月19日から沖縄県全域で開幕する。映画.comでは、多岐にわたるプログラムの中から見どころの解説を3回にわたりお届けする。第2回となる今回は、「沖縄ヒストリカルムービー」だ。  沖縄ヒストリカルムービーは、フィルムに焼き付けられた懐かしい沖縄の風景、文化、風習を紹介する部門。今年は、日本が誇る国際的アクションスターの先駆者である千葉真一が出演した、沖縄にゆかりのある作品も上映する。  千葉が舞台挨拶に登壇するのは、「沖縄やくざ戦争」(中島貞夫監督)と「ドーベルマン刑事」(深作欣二監督)。とりわけ「沖縄やくざ戦争」は、本土復帰を翌年に控えた昭和46年12月の沖縄を舞台に、沖縄のやくざと本土の暴力団の血みどろの戦いや、組織の凄惨な内部抗争を描いている。千葉のほか松方弘樹、渡瀬恒彦、地井武男、梅宮辰夫、尾藤イサオ、片桐竜次らが出演している。  また、5月8日に開幕する第71回カンヌ国際映画祭で上映されることが決まった「琉球シネマパラダイス」(長谷川亮監督)も見逃せない。1950年に創業した、現存する沖縄最古の映画館として戦後の空気を今に伝える首里劇場と、ひとりで切り盛りする金城政則館長をめぐるドキュメンタリー作品。今作は、4月21日に映画の舞台である首里劇場で上映される。  ほか、昨年開催されて大好評を博し...more
カテゴリー:

三代目JSB今市隆二・登坂広臣、初の単独アリーナツアー決定 - 04月17日(火)07:00 

 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEのツインボーカル・今市隆二(31)と登坂広臣(31)が、それぞれ自身初となるソロアリーナツアーを8月からスタートさせることが明らかになった。ともに20万人動員規模のツアーとなる見込み。 【カット写真】鍛え上げられた肉体を披露する今市隆二  今年に入ってソロ活動を本格始動させた今市は、1月から4ヶ月連続で配信限定デジタルシングルをリリース。登坂は一足早く、世界的に活躍するプロデューサー・Afrojackによる楽曲プロデュースで昨年からソロ活動をスタートさせた。6月6日に発売される三代目J Soul Brothersのニューアルバム『FUTURE』には、今市と登坂の初ソロアルバムも収録されることが決定している。  昨年開催されたドームツアーで188万人を動員し、さまざまな記録を塗り替えた三代目J Soul Brothersは、近年では個人活動にも注力。パフォーマーのELLYは、7月にラッパー名義のCRAZYBOYとして初のソロホールツアーを開催。山下健二郎は役者活動のほか、今月から日本テレビ系情報番組『ZIP!』の火曜メインパーソナリティーに就任するなど、それぞれが活動の幅を拡げている。  今市と登坂のソロアリーナツアーの日程や会場の詳細は改めて発表される。 【関連記事】 【画像】登坂が公開!三代目J...more
カテゴリー:

ホタルとアジサイの共演!なばなの里で初夏の風物詩を満喫 - 04月12日(木)07:00 

東海エリア最大級の花のテーマパーク「なばなの里」(三重県桑名市)では、春から夏にかけていろいろな種類の花が見ごろを迎える。時期ごとに違った表情をみせる、花の楽園を訪れてみよう! 【写真を見る】幻想的に飛ぶゲンジボタルの光にうっとり! ■ 春は注目の花まつりが目白押し! 2018年3月下旬から4月下旬まで「チューリップまつり」が開催されている。面積約4万3000平方メートルの花ひろばに、180万球のチューリップが咲き誇る様子は見事だ!日没後はライトアップされ、昼とは違った表情が楽しめる。 また、「水仙まつり」も同時期に開催。小道を散歩しながら、カラフルな色合いと甘い香りを体いっぱいに感じよう! 2018年5月中旬から6月下旬は「バラまつり」が楽しめる。昨年開催時より敷地が広くなったガーデンの景色は圧巻!上質なバラの香りに包まれたガーデンを歩けば、優雅な気分が味わえそうだ。 ■ 初夏はアジサイとホタルの共演を鑑賞しよう 2018年5月下旬から「あじさい・花しょうぶまつり」が開催される。約50種類・70000株のアジサイと、約50種類・8000株のハナショウブが鑑賞できる。一面に咲き誇るアジサイとハナショウブが涼しげな様子に癒されよう。また、なかなか見られない珍しい品種も多数。違いを見つけるのも楽しそうだ。 さらに、5月下旬から開催の、「ホタルまつり」にも注目だ。幻想的なホタルの...more
カテゴリー:

「昨年開催」の画像

もっと見る

「昨年開催」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる