「昨年秋」とは?

関連ニュース

野菜高騰家計厳冬 飲食店「今は耐えるしか…」 - 01月22日(月)06:05 

鍋物やおでんに欠かせないハクサイやダイコンなど野菜の価格が、東北で高騰している。主産地の関東が昨年秋から台風や低温に見舞われ、収穫量が減ったり、生育が遅れたりしたためだ。消費者は少量買いや代用品でしの
カテゴリー:

【西部邁さん死去】田原総一朗氏「強烈な個性、失われ残念」 中島岳志氏「強い信念を最後まで」 - 01月22日(月)05:55  mnewsplus

田原さん「強烈な個性、失われ残念」 西部邁さん死去 2018年1月21日23時15分 https://www.asahi.com/sp/articles/ASL1P7HCXL1PUCVL00F.html?iref=sp_new_news_list_n <ジャーナリスト田原総一朗さんの話>  「朝まで生テレビ!」に出演をお願いした時、「悪役になることを承知で出演してくれないか」と頼んだ。かつては学者や評論家というと、左翼なのが当たり前。 それでも出演してくれ、ラジカルなことを率直に語ってくれた。民主主義は、ポピュリズムを生み、ファシズムにつながるから危険である、といったこともすでに語っ...
»続きを読む
カテゴリー:

“ヘラヘラ”裏アカ流出アイドルに厳しい声 - 01月21日(日)04:57 

昨年秋ごろに、恋人のことやメンバーの悪口などをツイートしていたTwitterの裏アカウントが流出し、騒動となったアイドルグループ・HIGH SPIRITSの石井もえが、1月20日に放送されたバラエティ番組「有吉反省会」(日本テレビ系)に出演。現在の心境や、今後男性と付き合うかどうかについて語った。
カテゴリー:

Twitterがロシアに結びついた選挙妨害ボットの数を13000から50000にアップデート - 01月20日(土)10:45 

Twitterが、2016年の同プラットホーム上における、ロシアによる選挙妨害に関する調査結果の詳細をアップデートした。選挙関連のツイートをしたロシアと結びつきのあるボットの数13000あまりは、トータルで50000あまりとなった。同じく昨年秋の報告で1000だった、今や悪名高いInternet Research Agency(IRA)によるボットの数は、3800になった。 しかしそれでもTwitterは、これらのアカウントは重大な問題ではない、と言っている: この追加調査の結果は、これまでの結果と整合している: ロシアに結びついている選挙関連の自動化コンテンツは、2016年の選挙に先立つ10週間におけるTwitter上の全アクティビティの、きわめて小部分を表しているにすぎない。 それが微小であると強調したいためか、Twitterのブログ記事は話題を変えて、Twitter全体としてのボットや不審なアクティビティに対する対策努力を述べている。 なお、それら3800のIRAのボットは、10週間のあいだに約17万6000回ツイートし、うち15000弱が選挙関連だった。同じ期間に67万7775名が、これらのアカウントのどれかをフォローしたりリツイートし、そして通知された。 Twitter上のIRAボットによるコンテンツの例。 しかしある意味でそれは、バケツの水の一滴にすぎない。 同社は...more
カテゴリー:

【ボクシング】大晦日に引退会見の井岡一翔、“父と縁を切って復帰”の未来図 - 01月19日(金)12:26  mnewsplus

2018年1月19日 5時57分 〈このあと大物アスリート生放送で引退発表!〉  ボクシング世界戦などの中継を終えたTBSがかように告知したのは12月31日の午後11時過ぎだった。 “大物”とは、元3階級王者の井岡一翔(28)。会見冒頭で、“前日に引退届を提出した”と明かした一翔は、涙もなければ笑顔もなし。「更なる目標を見つけた」と述べつつも、具体的には「今は言えない」。昨年4月に王座防衛に成功して脂が乗り切っている今、なぜ“引退”か、不可解極まる会見だった。はたして彼の真意は何なのか。 「そもそも引退会見であるにもかか...
»続きを読む
カテゴリー:

『しくじり先生』4ヶ月ぶりに復活、元フィギュアスケーター村主章枝が登場 - 01月22日(月)06:00 

 昨年秋にレギュラー放送にピリオドを打った、テレビ朝日系バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』が、特番として4ヶ月ぶりに復活。28日(後6:57~8:54)に放送される。今回は、フィギュアスケート女子の元日本代表・村主章枝がカナダから緊急帰国し、華やかなスケート人生のウラでやらかしていたしくじりをテレビ初告白する。 【写真】2014年の引退会見の模様  世界選手権に9回、オリンピックにも2度出場し、その卓越した表現力から“氷上のアクトレス”と評された村主。しかし、現役時代の後半、無収入となってしまい、借金生活を送っていた上、両親のお金を使いこんでいたという。  なぜそんなしくじりをやらかしてしまったのか…。それは、村主が“頑なに現役を引退しなかった”からだと振り返る。ほとんどのフィギュアスケート女子選手が20代で選手生活を終える中、村主は異例ともいえる33歳まで頑なに、現役引退を拒否してきた。  村主は授業で自身のスケート人生を振り返りながら、“トリノオリンピック後に引退しなかった本当の理由”を激白。オリンピックへの熱い思い、さらには“アラサースケーター”となった村主に襲いかかった、厳しすぎる現実の数々も赤裸々に打ち明ける。体力の衰え、そして活動資金がなくなったことで巻き起こった、悲しい状況とは!? そんな中、家族のお金を活動費につぎ込んでまで現役を続行してきた...more
カテゴリー:

IMALU、新恋人との交際はさんまにも報告済み - 01月21日(日)15:58 

 タレントIMALU(28)が21日、大阪・堺市内で「四島スタジオ もっと知って!北方領土」のイベントにスペシャルゲストとして参加した。イベント後、昨年秋から交際を始めた6歳年上の男性ミュージシャンとの結婚の意思については「ぜんぜん」と…
カテゴリー:

世界を震撼させたJホラーの新たな形。不穏な怪作『バーミー』が日本を呑み込む - 01月20日(土)16:15 

わずか70万円で作られたインディペンデント作品でありながら、トリノ国際映画祭のコンペティション入りを果たすという鳴り物入りで日本公開を迎えた『バーミー』。昨年秋にこの作品の情報を得たときから、なにかとんでもない作品が来るという予感はしていたが、想像の範疇を上回る怪作ではないだろうか。 【写真を見る】Jホラーの新たな潮流の誕生か…。ただならぬ雰囲気が漂う場面写真はこちらから ほとんどすべてのシーンに何かしらの形で映り込む“赤”の存在。「“赤”は止まれ」だと、誰もが見慣れている信号機の掟に従えば、それは警告の象徴である。かつてM.ナイト・シャマランが世界を驚かせた『シックス・センス』(99)でも、画面に“赤”が現れることが、ハーレイ・ジョエル・オスメント演じる少年コールがゴーストの姿を見る予兆として使われていた。 同じ方法論を取りながらも、本作ではその頻度があまりにも多く、異質な雰囲気を作り出している。それは“赤”と対をなすほどに際立たせられた“黒”の存在によるものだ。闇の中や物陰からゴーストが見ているという視点を、人物側からもゴースト側からも描き出す。ホラー映画というジャンルにおいては、いたってシンプルな見せ方といえるだろう。 ところが、人物の顔さえも潰していく影と、じんわりと姿を見せるゴーストの不穏な造形によって、本作は一般的なホラー映画とは一線を画していく。その姿はまるで、黒沢清...more
カテゴリー:

元F1王者がスーパーGTに参戦! ジェンソン・バトンはなぜ日本を選んだのか? - 01月20日(土)10:00 

「僕はこれまで17年間、F1で戦ってきましたが、今年からスーパーGTに参戦することを決めました。ホンダとともにスーパーGTで戦うことを決断したのは、軽い気持ちからではありません。僕は10年以上も前から、このシリーズに注目していてファンだったんです。 F1を引退した後、スーパーGTで走ることは僕にとって次の目標でした。今、その夢が実現でき、すごく嬉しい。子どものようにワクワクしています。チャンピオン獲得を目指して全力で戦います。ガンバリマス!」 ホンダが2018年のモータースポーツ参戦体制を発表した東京オートサロンの会場で、満面の笑みを浮かべて語るのは、2009年のF1世界チャンピオン、ジェンソン・バトンだ。 現在38歳のイギリス人は2016年までマクラーレン・ホンダのドライバーとしてF1にフル参戦していた。昨シーズンは同チームのリザーブドライバーを務め、インディ500にスポット参戦したフェルナンド・アロンソに代わってモナコGPに出走している。 バトンはこれまで300戦以上のグランプリに出場し、優勝は15回。その実績もさることながら、整った顔立ちとフレンドリーなキャラクターで世界中に多くのファンを持つ。そんなスター選手が今季からスーパーGTの上位クラスGT500にフル参戦することに...more
カテゴリー:

【コメ】福島米 全袋検査縮小へ…避難解除地域除き2020年にも 年間60億円のコスト、基準値超えのコメは過去3年間なし - 01月19日(金)06:49  newsplus

 福島県は18日、東京電力福島第1原発事故後に実施している県産米の放射性物質の全量全袋検査について、2020年にも果物や野菜と同じモニタリング(抽出)検査に切り替える方針を決めた。近く正式決定する。年間約1000万袋の検査費が60億円にも及んでいる一方、放射性セシウムの国の基準値(1キロ当たり100ベクレル)超えのコメが過去3年でゼロだったことが検査体制を縮小する主な理由。ただし、原発事故による避難指示が出た地域は全袋検査を当面継続する。  県は昨年7月にJAや消費者団体などでつくる検討会を設...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「昨年秋」の画像

もっと見る

「昨年秋」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる