「昨年比」とは?

関連ニュース

SUBARU、18年世界販売2%増の108万台計画 北米増加で最高更新 - 01月15日(月)16:17 

[東京 15日 ロイター] - SUBARU(スバル)は15日、2018年暦年の世界販売について昨年比2%増の108万台を計画すると発表した。主力の米国で5%、カナダで4%増加をそれぞれ見込んでおり、7年連続で過去最高を目指す。一方、国内は新型車効果の一巡や無資格者による完成検査の問題の影響などにより同11%減を想定する。 18年の世界生産は3%減の104万台を見込む。海外は1%
カテゴリー:

【経済】シラスウナギ(絶滅危惧種ニホンウナギの稚魚)が大不漁の恐れ 前年同期のわずか1% 値上がり必至、取引規制も - 01月13日(土)17:43  newsplus

http://www.sankei.com/smp/life/news/180113/lif1801130045-s1.html  絶滅危惧種ニホンウナギの稚魚シラスウナギが今期は極度の不漁で、国内外での漁獲量が前期の同じころと比べて1%程度と低迷していることが13日、複数の関係者の話で分かった。 このまま推移すれば過去最低の漁獲量となりかねない。今夏のウナギが値上がりするのは必至で、かば焼きは食卓からますます縁遠くなる。来年のワシントン条約締約国会議で国際取引の規制対象とするよう求める声も高まりそうだ。  海外の状況に詳しい業者によると、最初に漁が始ま...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】シラスウナギ“記録的”不漁、静岡で昨年比0.04% - 01月13日(土)07:43  newsplus

ウナギの産地、静岡県で、養殖に使う稚魚のシラスウナギが今シーズン獲れていません。  先月、漁が始まりましたが、1か月の漁獲量は184グラムと去年の同じ時期に比べるとわずか0.04%です。解禁直後の1か月としては、記録的な不漁だった2009年度の175グラム並みの少ない漁獲量です。  静岡県水産資源課では、「例年、年明けから漁獲量が増えてくるので、今後の漁の動きを注視していきたい」としています。(12日18:08) URL先に動画があります https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180112-0000005...
»続きを読む
カテゴリー:

今年の沖縄県内成人1万6482人 昨年比698人減 - 01月07日(日)07:00 

 沖縄県によると1997年4月2日~98年4月1日生まれの県内の新成人は、前年同期と比べ698人少ない1万6482人となる。内訳は男性8493人、女性7989人。7日には那覇市や本部町、読谷村など県内21市町村で成人式が開かれる。県青少年・子ども家庭課によると、新成人が最も多いのは、那覇市で33...
カテゴリー:

【サッカー】<欧州リーグの前半戦平均観客数>最多はドイツで昨季比6.3%増の4.4万人!2位はプレミアリーグで、3万8021人。5.7%の増加 - 12月28日(木)09:03  mnewsplus

2017/18シーズンの前半戦を終えた欧州主要リーグで、最多の平均観客動員数を記録しているのはドイツのブンデスリーガであり、昨年比で約6.3%増加しているという。スペイン紙『アス』が27日付でデータを伝えた。  シーズンの半分にあたる第17節までを戦い終えたブンデスリーガでは、全153試合で合計678万2232人の観客が試合を観戦。1試合平均4万4335人で欧州最多となっている。昨シーズン全体の平均4万1511人から約6.3%増加している。  その理由として『アス』紙は、2006年ワールドカップ時に建設された近代的で快適なスタジアム...
»続きを読む
カテゴリー:

SUBARU、18年世界販売2%増の108万台計画 北米増加で最高更新 - 01月15日(月)16:17 

[東京 15日 ロイター] - SUBARU(スバル)は15日、2018年暦年の世界販売について昨年比2%増の108万台を計画すると発表した。主力の米国で5%、カナダで4%増加をそれぞれ見込んでおり、7年連続で過去最高を目指す。一方、国内は新型車効果の一巡や無資格者による完成検査の問題の影響などにより同11%減を想定する。
カテゴリー:

【悲報】日本人さん、本当にうなぎを絶滅させてしまう。これが食べて応援の結果か・・・・・ - 01月13日(土)09:06  news

シラスウナギ不漁深刻 県内解禁15日、昨年比0.6% 本県でシラスウナギ(ウナギの稚魚)の漁が11日に解禁されて約2週間が過ぎたが、深刻な不漁が続いている。25日までの15日間の県内採捕量は483グラムで、昨年解禁後15日間の0・6%。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00011953-miyazaki-l45 シラスウナギ“記録的”不漁、静岡で昨年比0.04%  先月、漁が始まりましたが、1か月の漁獲量は184グラムと去年の同じ時期に比べるとわずか0.04%です。解禁直後の1か月としては、記録的な不...
»続きを読む
カテゴリー:

シラスウナギ“記録的”不漁、静岡で昨年比0.04% - 01月12日(金)19:11 

 ウナギの産地、静岡県で、養殖に使う稚魚のシラスウナギが今シーズン獲れていません。
カテゴリー:

BASEが決済事業の分社化と総額15億円の資金調達を発表——新事業に向けた子会社設立も - 01月04日(木)08:00 

今日から仕事始めという読者の方も多いかと思うが、2018年のスタートとともに大きめの資金調達のニュースが入ってきた。ECプラットフォームや決済サービスを提供するBASEは1月4日、総額15億円の資金調達実施を発表した。また同日、決済事業部門の分社化と、もう1社の子会社設立も明らかにしている。 BASEが手がける事業は大きく分けて2つ。ネットショップ開設サービスや加盟ショップを掲載するショッピングアプリの提供など、“EC基盤”としての「BASE」と、ID決済アプリ「PAY ID」やオンライン決済サービス「PAY.JP」といった“決済”サービス群だ。 今回分社化し、BASEの100%子会社として設立される「PAY株式会社(以下PAY)」は、このうちのPAY IDおよびPAY.JPを運営し、決済事業を展開することになる。PAYの代表取締役CEOには、高野兼一氏が就任する。高野氏は、BASEが2014年に買収したオンライン決済サービス開発のピュレカ創業者で、買収後もBASEの決済事業を担当してきた。 PAY代表取締役CEOの高野兼一氏(写真左)とBASE代表取締役CEOの鶴岡裕太氏(写真右) PAY.JPはリリースしてから2年。取り扱い金額は昨年比で40倍に伸びたという。またPAY IDの前身となるID決済サービスは、リリースから1年半が経過...more
カテゴリー:

【賞与】大手企業のボーナス平均88万円、一方で中小は28万 「大手はいいな」「そんなもらってるのか」と羨む人相次ぐ★4 - 12月27日(水)21:02  newsplus

大手企業の冬のボーナスは平均で88万793円だった。経団連が12月25日に発表した「2017年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結結果」で明らかになった。一方、中小企業のボーナスは平均約28万円に留まっており、改めて格差が浮き彫りになった。 経団連は、東証一部上場で従業員500人以上の大手を対象に調査を実施。158社からの回答を元に平均額を算出した。昨年と比べると0.01%増でほぼ横ばいとなっている。 ■建設業大手では人手不足の影響もあり平均125万7535円を支給 業種別では、人手不足が深刻な建設業が最も高く125万7353円だ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「昨年比」の画像

もっと見る

「昨年比」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる