「昨年末」とは?

関連ニュース

乃木坂46エース候補与田祐希、18歳の爽やか美肌を披露 - 05月21日(月)06:30 

 人気アイドルグループ・乃木坂46の与田祐希(18)が、21日発売の『週刊ヤングマガジン』第25号(講談社)の表紙に登場。美しく成長を続ける“エース候補生”が、初夏にピッタリの爽やかさを見せてくれた 【別カット】18歳らしい爽やかさを見せた与田祐希  与田は2016年9月に3期生オーディションに合格してグループに加入。18thシングル「逃げ水」では同じ3期生の大薗桃子とともに初選抜にして初センターに大抜てきされた。昨年末には1stソロ写真集『日向の温度』も発売、1月期ドラマ『モブサイコ100』では女優に挑戦するなど、活躍の幅を広げている。  『ヤンマガ』表紙初登場となった今回、涼し気なワンピースやルームウェア風のショートパンツを着こなし、まぶしく輝く美肌を次々と披露。今月に18歳を迎えたばかりの“乃木坂46の愛され姫”が、親近感たっぷりに魅力を発揮している。  また、同号には女優の小倉優香(19)も登場。今月22日発売の1st写真集『ぐらでーしょん』のカットを先行公開した。 【関連記事】 【写真集カット】プールでフレッシュな濡れ肌を披露した与田祐希 【写真】与田祐希の肩にあごのせする西野七瀬 【別カット】ちょっと背伸びした大人グラビアを披露した与田祐希 【写真】お気に入りのページを紹介する与田祐希 【写真】ショーパンでまぶしい白脚を披露した与田祐希
カテゴリー:

「イッセイさんはどこから来たの?」著者が語る70年代のファッションシーン - 05月20日(日)11:00 

クリエイティブ・ディレクターとして数々の展覧会をキュレーションしてきた小池一子。その彼女が、ブランドを立ち上げ当初から目撃しつづけてきた三宅一生の仕事をドキュメンタルに綴った書籍『イッセイさんはどこから来たの?』が昨年末に刊行された。いま改めて小池一子に訊く、イッセイミヤケの革新性とその時代。 Nakako Hayashiこのコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

安住紳一郎アナ、岩下尚史からベッドルームに誘われて… - 05月19日(土)21:09 

女優の吉行和子と冨士眞奈美、そして作家で、オネエキャラの「ハコちゃん」こと岩下尚史が、5月18日に放送された『ぴったんこカン・カン』(TBS系、毎週金曜20:00~)に出演。岩下のアピールにMCの安住紳一郎アナウンサーが困惑する一幕があった。今回、安住アナと共に昨年末引っ越したという岩下の新居へ訪れることになった吉行と冨士。特に岩下は、同番組で共演してから安住を気に入っていたことから、吉行&冨士コンビは「絶対に守るわ」と語っていた。いざ東京・青梅市にある自宅へ到着すると、築100年、500坪の古民家をリフォームした家に圧倒される3人。岩下は「初めてお客さんを迎える」と嬉しそうに語り、「安住は“宅の身内”なのでお客の内に入らない」と早速先制パンチを食らわせた。それに対し、吉行と冨士が満足そうに頷いていると、安住アナは憂鬱そうな顔をしながら「2人ともさっきと言っていること違いません?」とタジタジに。こだわりの部屋の数々に感動する一向だったが、岩下は「“女人禁制”です」と安住アナだけを連れて、寝室やお風呂場を案内。腕を組む岩下に吉行は「紳一郎、気持ちをしっかり持つんだよ」とアドバイスを送った。お風呂場で岩下は「(浴槽の)サイズが大丈夫かどうか1回入ってごらんなさいよ」と同棲生活する気満々。安住アナは困りながらも対応し「私はこれ以上このやりとりに乗っかって得することはあるのか?」と自問自答...more
カテゴリー:

U-KISS、4人体制初のライブが開幕。キソプ&フンの初ユニット曲も解禁 - 05月19日(土)15:48 

U-KISSが、昨年末にリーダーのスヒョンが入隊し4人体制となって初となるライブ<U-KISS SPECIAL LIVE 2018~Love IN Kissme~>を東京・Zepp Tokyoにてスタートさせた。
カテゴリー:

XRPエコシステム構築に向けて動き出したリップル - 05月19日(土)12:00 

ついにこの時が来た。これまでの銀行・送金サービスへのフォーカスから一転し、リップルがそれ以外の分野へも自社の仮想通貨XRPを活用しようとしているのだ。 仮想通貨の代名詞とも言えるビットコイン、そして開発者から多大な支持を得ているイーサリアムに続き、XRPは世界第三位の仮想通貨だ。Coinmarketcap.comの情報によれば、その時価総額は5/14時点で287億ドルにのぼる。その一方で、これまでに発表されたいくつかのパイロットプロジェクトを除くと、XRPは実世界ではほとんど利用されていない。 しかしそれもすぐに変わるかもしれない。リップルはこの度、新たなイニシアティブ「Xpring(読みは『スプリング』)」を発表した。このイニシアティブの目的は、起業家や彼らのビジネスをXRP(仮想通貨とXRPレジャー)に誘致し、新たなエコシステムを構築すること。リップル自体は引き続き金融ビジネスにフォーカスしながら、投資や補助金、インキュベーションといった手段を使って企業を誘い込み、XRPの普及を図ろうとしているのだ。 同社は自分たちがXRPをコントロールしていないと言い張っている(同社はXRPの総発行量の60%を保有しているため、この点については熱い議論が交わされている)が、どうやら同通貨の発展には常に関心を持っているようだ。そして直近6ヶ月の様子を眺めても、XRPのユースケースの多様化が大き...more
カテゴリー:

TBS吉田明世アナが第1子女児出産! 対面した山本里菜アナ「お母さんの顔に」 - 05月20日(日)13:57 

TBSの吉田明世アナウンサー(30)が、15日に第1子となる女児を出産したことが20日、昨年末までアシスタントとしてレギュラー出演していた同局系情報番組『サンデー・ジャポン』(毎週日曜10:00~11:22)で明らかになった。後任の山本里菜アナウンサー(23)が報告した。
カテゴリー:

TBS吉田明世アナが第1子女児出産 『サンジャポ』で報告 - 05月20日(日)10:57 

 TBSの吉田明世アナウンサー(30)が、今月15日に3224グラムの第1子女児を出産したことが20日、わかった。昨年末までアシスタントを務めていた同局の『サンデー・ジャポン』(毎週日曜 前10:00)で報告された。 【全身写真】吉田明世アナ、フェミニンな肩出しショット   吉田アナは2016年10月、5歳年上の一般男性と結婚。昨年10月29日の同番組生放送中に貧血で途中退席、12月3日に再び途中退席し、同日、第1子妊娠を発表した。昨年12月には、3年3ヶ月アシスタントを務めた同番組を卒業していた。 【関連記事】 吉田明世アナ、涙で『サンジャポ』卒業「刺激的で楽しい3年3ヶ月」 TBS吉田明世アナ、結婚式のキスシーンを公開 子どもは「今すぐ産みたい…」 吉田明世アナ、涙で『ビビット』産休入り報告 (17年12月29日) TBS・吉田明世アナ、結婚生報告「いま幸せです」 (16年10月30日) TBS『サンジャポ』吉田明世アナ後任に山本里菜アナ(18年01月07日)
カテゴリー:

原子力規制庁、住民に柏崎刈羽の審査合格理由説明…東電の原発運転可能と判断 - 05月19日(土)19:53 

 原子力規制庁の担当者は19日、新潟県柏崎市であった住民説明会に出席し、東京電力柏崎刈羽原発6、7号機が再稼働審査に合格した理由を「これまでの実績などから、東電に原発を運転する技術的能力がないとの理由はないと判断した」と説明した。規制庁が住民に直接説明するのは昨年末の審査合格後初めて。
カテゴリー:

元大関・朝潮、高砂親方が語る「注目の力士たち」 - 05月19日(土)13:30 

 現役時代は北の湖らと名勝負を繰り広げ、引退後は朝青龍らを育てた名物親方が本誌に登場。愛あふれる“辛口解説”を聞け!(取材・文:武田葉月/ノンフィクションライター)  近畿大学から鳴り物入りで高砂部屋に入門し、現役時代は183キロの巨体から繰り出される豪快な押し相撲で人気を集めた大関・朝潮。“大ちゃん”の愛称で親しまれ、引退後は若松部屋、高砂部屋の師匠として横綱・朝青龍らを育てたことでも知られている。長く相撲協会の広報部長を務めた高砂親方に、その鋭い視点で、13日にスタートした夏場所の見どころや注目力士、優勝争いについて語ってもらった。 ■遠藤や逸ノ城ら、人気者が注目を集める ――この夏場所は、現在の大相撲ブームのキッカケを作った人気者・遠藤(27)が新小結に昇進。さらにモンスター・逸ノ城(25)も関脇に復帰して、注目を集めていますよね? 高砂(以下=高) 遅いよ! 遠藤は(笑)。私にしてみれば、「今頃、三役に上がって、どうするんだ、バカヤロー!」ってところですね(笑)。遠藤が入門して、わずか3場所でパーッと幕内に上がって活躍したのって、5年くらい前の話でしょう。ケガの影響とか番付運が悪いとか、いろいろ言い訳はあるんだろうけど、力がないから、こんなに(昇進するのが)遅いんです。まあ、時間はかかったけれど、力をつけて三役に上がったんだから、この新三役を足がかり...more
カテゴリー:

PASSPO☆、9・22ライブで解散 根岸・森は音楽活動継続へ - 05月18日(金)20:26 

 7人組アイドルグループ・PASSPO☆が9月22日の東京・中野サンプラザ公演をもって解散することが公式サイトで18日、発表された。 PASSPO☆のプロフィール  同グループは2009年に「みんなでつくるアイドルユニットプロジェクト」としてメンバー選考を経て、10人体制で始動。その後、奥仲麻琴など3人のクルー(メンバー)が卒業し、7人体制で活動してきた。  公式サイトでは「PASSPO☆は、2018年9月22日 中野サンプラザにて開催致しますワンマンライブをもって解散することとなりました。突然のお知らせとなってしまい大変申し訳ありません」と発表。  経緯については「昨年末より今後の活動やクルーそれぞれの将来について、本人たちと話し合いを重ねてきた中で、別の道で挑戦したいという希望が出て参りました」とし、「その中であらゆる可能性を踏まえてクルー、スタッフ共にPASSPO☆という形を残すことに尽力してきましたが、『この7人で続けられないのであれば』という思いがあり、最終的に解散という道を選ぶこととなりました」とクルーたちの決断を明かした。  続けて「『歌って踊って奏でる唯一無二のパフォーマンスグループとして、おばあちゃんになっても続ける』という目標は何よりもクルー自身を鼓舞させる合言葉となっていました。そんな中で、このような結論に至ってしまいましたこと、本当に申し訳ありませ...more
カテゴリー:

もっと見る

「昨年末」の画像

もっと見る

「昨年末」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる