「春風亭一之輔」とは?

関連ニュース

史上初!「週刊朝日」が丸ごと一冊ネコ特集! - 12月16日(土)21:00 

日本最古の週刊誌のひとつ、朝日新聞出版発行の「週刊朝日」2017年12月29日号(12月19日発売、定価400円)の表紙に、95年の歴史で初めて、ネコが登場! 表紙を撮影したのは、ネコを撮りつづけて40年以上、「岩合光昭の世界ネコ歩き」でも知られる人気動物写真家の岩合光昭。モデルとなった、津軽のネコ・ハナちゃんとのエピソードもたっぷり。 同号には、同じく岩合による撮影の2018年カレンダー「子ネコの冒険」が、綴じ込みの特別付録としてついてくる。来年は戌年ですが、猫派のみなさんは1年をかわいい子猫たちと過ごしてはいかが!? 同号は、それだけではなく連載コラムもことごとくネコ! ネコ!! ネコ!!! 豪華連載執筆陣のうち、内館牧子、池谷裕二、室井佑月、東海林さだお、嵐山光三郎、春風亭一之輔、帯津良一、カトリーヌあやこ、山田美保子、山田清機、津田大介、東尾修らが自身のコラムで「ネコ」に触れています。連載漫画「ヘルプマン」「パパはなんだかわからない」「ペコロスの母の玉手箱」にもネコが登場。 ネコ好きの作家・角田光代とミュージシャン・河野丈洋の夫婦対談、「猫語を話そう」「愛猫との死別」といった特集記事もあり、週刊朝日丸ごと一冊がネコだらけ。ネコが出ているページにはかわいい肉球スタンプが。文章のどこにネコちゃんが潜んでいるのか、探してみるもよし。 もちろん、グラビアをはじめ特集記事も...more
カテゴリー:

「春風亭一之輔」の画像

もっと見る

「春風亭一之輔」の動画

Wikipedia

春風亭 一之輔(しゅんぷうてい いちのすけ、1978年(昭和53年)1月28日 - )は、落語協会所属の落語家千葉県野田市出身。本名は川上 隼一(かわかみ としかず)。出囃子はさつまさ(二つ目時代は戻り駕籠)。は中蔭光琳蔦。

略歴

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる