「映画祭」とは?

関連ニュース

菜食主義の女学生が生肉の味に目覚める…「RAW」意味深なポスター公開 - 12月11日(月)18:00 

 第69回カンヌ国際映画祭で批評家連盟賞に輝いた「RAW 少女のめざめ」のポスターが、公開された。  フランスの新鋭ジュリア・デュクルノー監督が長編初メガホンをとり、6月に行われたフランス映画祭2017ではチケットが完売になるなど映画ファンの関心を集めた本作。第41回トロント国際映画祭、第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭ほか多数の映画祭で賞に輝き、米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では90%(12月8日時点)を記録している。  厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、家族と同じ獣医学校に入学した16歳のジュスティーヌ(ガランス・マリリエール)。寮生活を送り始めたジュスティーヌは、新入生の通過儀礼として生肉を食べることを強要されてしまう。学校になじむために家族のおきてを破り生肉を食べたジュスティーヌだったが、その日を境に隠されていた本性があらわになり、次第に変貌を遂げていく。  ポスターは、ジュスティーヌが鼻から血を垂らすショッキングかつ意味深なデザイン。ジュスティーヌの唇の上に、生の食べ物を意味する“RAW”の文字が乗っているのも、象徴的な演出といえる。さらに、「知ってしまった味(タブー)」というキャッチコピーが、ジュスティーヌの身に起こる“変化”を予感させる。  「RAW 少女のめざめ」は、2018年2月2日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズほかで全国...more
カテゴリー:

空前絶後の豪華キャスト!高橋一生、吉田羊、東出昌大らが『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』に集結 - 12月11日(月)05:00 

12月22日(金)、中国で5万スクリーンもの規模で公開されることが決定し、注目度が高まっている『空海-KU-KAI-』。日本では来年2月24日(土)に公開となる本作のサブタイトルが「美しき王妃の謎」に決定。そしてこの度、日本語吹替キャストに高橋一生、吉田羊、東出昌大をはじめとする超豪華メンバーが決定した。 【写真を見る】RADWIMPSが監督たっての希望で『君の名は。』以来の映画主題歌を書き下ろした/[c]2017 New Classics Media,Kadokawa Corporation,Emperor Motion Pictures,Shengkai Film 1200年以上前、日本から遣唐使として中国・唐へ渡った若き天才僧侶、空海。あるきっかけで知り合った白楽天という詩人との交流を深めていく中、長安の街では権力者が次々と奇妙な死を遂げるという怪事件が続発。空海は白楽天とともに一連の事件を探る途上、約50年前に同じく唐に渡った日本人・阿倍仲麻呂の存在を知る。 仲麻呂が仕えた玄宗皇帝の時代、そこには国中を狂わせた絶世の美女、楊貴妃がいた。極楽の宴、妖猫の呪い、楊貴妃の真実、歴史を揺るがす巨大な「謎」。阿倍仲麻呂は何を知っていたのか。2人はやがて、楊貴妃の死に隠された哀しき運命と対峙することとなる…。 この壮大なスケールの物語を描き切るため、製作に6年以上を要したビッグプロジェ...more
カテゴリー:

『THIS IS US』クリエイター、Amazonにてオスカー・アイザックら出演の映画を制作 - 12月10日(日)17:10 

米NBCの人気ヒューマンドラマ『THIS IS US 36歳、これから』を成功に導いたクリエイター、ダン・フォーゲルマンが、Amazon Studiosが製作する新作映画『Life Itself(原題)』を手掛けることが分かった。米The Tracking Boardが報じている。【関連記事】『THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから』2018年2月21日(水)リリース本作はオスカー・アイザック(『スター・ウォーズ』シリーズ)、オリヴィア・ワイルド(『Dr.HOUSE -ドクター・ハウス-』)、アネット・ベニング(『20センチュリー・ウーマン』)、サミュエル・L・ジャクソン(『アベンジャーズ』シリーズ)、マンディ・パティンキン(『HOMELAND』)、アントニオ・バンデラス(『レジェンド・オブ・ゾロ』)ら豪華キャストを迎え、登場人物たちが数十年にわたって紡ぎだす、幾世代にも及ぶアンサンブル・ラブストーリー。制作会社FilmNationが脚本の権利を買い取り、製作費を提供。さらに、国際市場への売り込みも行っていく予定だ。犯罪捜査ドラマ『ローズウッド ~マイアミ私立検視ラボ』や映画『パワーレンジャー』を手がけたマーティ・ボーウェンとウィク・ゴッドフリーがプロデューサーを務める。これまでフォーゲルマンは『ラ・ラ・ランド』のライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが初めて共演...more
カテゴリー:

アメリカの差別と暗殺の歴史を解き明かすドキュメンタリー 18年5月公開決定 - 12月10日(日)08:00 

 第89回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門にノミネートされた「I Am Not Your Negro」が、「私はあなたの二グロではない」の邦題で、2018年5月に公開されることが決定した。  映画は、作家・公民権運動家であったジェームズ・ボールドウィンの未完の原稿「Remember This House」をもとに、黒人公民権運動の活動家で、いずれも暗殺されたメドガー・エバース、マルコムX、マーティン・ルーサー・キングの軌跡と、アフリカ系アメリカ人の激動の現代史を映し出したドキュメンタリー。ボールドウィンのテレビでの発言や講演などの映像を軸に、公民権を手にした後もアメリカで連綿と続く差別と暗殺の歴史を解き明かし、差別が絶えない現状に問題提起する。  日本では、10月に開催された山形国際ドキュメンタリー映画祭2017のインターナショナル・コンペティション部門で上映され、優秀賞を受賞している。ハイチ出身のラウル・ペック監督が長年あたためてきた企画を実現させ、俳優のサミュエル・L・ジャクソンがナレーションを務めた。  「私はあなたの二グロではない」は、18年5月から東京・ヒューマントラスト有楽町ほかで順次公開。 【作品情報】 ・私はあなたの二グロではない 【関連記事】 ・【作品情報】「私はあなたの二グロではない」 ・第89回アカデミー賞ノミネート発表!「ラ・ラ・ランド」が最多...more
カテゴリー:

特集上映「大映男優祭」開催!長谷川一夫主演「地獄門」など45作品 - 12月08日(金)18:00 

 大映(現KADOKAWA)の創立75周年を記念して12月9日から開催される特集上映「大映女優祭」に続き、特集上映「大映男優祭」が2018年4月14日から開催されることが決定。あわせて、「その男たちは、清らかで、美しい――」というキャッチコピーとともに、長谷川一夫、市川雷蔵、勝新太郎らの姿を収めたポスター画像がお披露目された。  大映は1942年に創立し、71年にその歴史に幕を下ろすまでの約30年間の間、「羅生門」「雨月物語」「炎上」などの日本映画史に名を刻む傑作を数多く世に送り出してきた映画会社。「おとなの大映祭」「大映女優祭」に続く「大映男優祭」では、華やかな男優主演作品を特集する。  ランナップは、日本映画として初めてカンヌ映画祭のパルムドール(当時はグランプリ)を獲得した長谷川主演作「地獄門」(1953)をはじめ、市川と勝が共演した「薄桜記」(59)、川口浩主演の「おとうと」(60)、船越英二主演の「黒い十人の女」(61)、勝主演の「座頭市物語」(62)、田宮二郎主演の「白い巨塔」(66)など、大映の看板俳優たちが主人公を演じた名画45作品(東京・角川シネマ新宿のみ)がそろった。  また、「大映男優祭」開催に合わせ、東京都内の名画座3館で連動企画を実施。シネマヴェーラ渋谷では、「シネマヴェーラ渋谷的大映男優祭 坪内祐三とシネマヴェーラ渋谷によるセレクション」(公式サイ...more
カテゴリー:

菜食主義の女学生が生肉の味に目覚める…「RAW」意味深なポスター公開 - 12月11日(月)18:00 

第69回カンヌ国際映画祭で批評家連盟賞に輝いた「RAW 少女のめざめ」のポスターが、公開された。フランスの新鋭ジュリア・デュクルノー監督が長編初メガホンをとり、6月に行われたフランス映画祭201...
カテゴリー:

『はじまりのうた』ジャド・アパトー製作、『ビッグ・シック』公開決定 - 12月10日(日)18:00 

 本年度アカデミー賞の有力候補とも称される映画『ビッグ・シック』が、2018年2月に公開されることが決定した。製作は、2014年度の「第87回アカデミー賞」で劇中歌『Lost Stars』が歌曲賞にノミネートされた映画『はじまりのうた』などを手がけた、ジャド・アパトーが務める。【関連】ジャド・アパトー製作作品『はじまりのうた』フォトギャラリー 本作は、パキスタン出身のアメリカ人コメディアンであるクメイル・ナンジアニが、“異文化結婚”の前に立ちはだかる騒動を愛と笑いで乗り越えた実話を基にしたハートフルなヒューマンドラマ。脚本は、クメイルとその妻であるエミリーが自ら担当している。 物語は、パキスタンで生まれシカゴへ移住したコメディアン・クメイル(本人)と、その恋人であるアメリカ人大学院生のエミリー(ゾーイ・カザン)の2人を中心に展開。付き合っていた2人だが、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるままクメイルがお見合いしていたことが、エミリーにバレてしまい破局を迎える。 ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に陥り、クメイルは病院に駆けつけるが、そこでエミリーの両親であるテリー(レイ・ロマノ)とベス(ホリー・ハンター)に出会う。当初はクメイルへの敵意を示していたベスだったが、コメディクラブでたまたま見かけたクメイルに人種差別的なヤジを飛ばす観客と毅然と闘ったことから、クメイ...more
カテゴリー:

ミャンマーのおすすめ観光地20選! 訪れるべき古代遺跡や仏教寺院を紹介 - 12月10日(日)12:00 

熱心な仏教国、どこまでも続く田園風景、黄金色に輝くパゴダ(仏塔)など、ミャンマーの人々の心は仏教への信仰にあり、生活の中には深く仏教が根付いています。そんなミャンマーの古代遺跡や仏教寺院、自然に会いに行ってみませんか? 観光に訪れるとみなぎるパワーをもらえる国、ミャンマー。そんなミャンマーに行ったときにぜひ訪れてほしい観光スポットを今回はご紹介します。 ■ミャンマーの治安 外務省によると、少数民族が多く暮らすミャンマーでは内戦があり、少数民族武装組織との間で武力衝突が今も続いているところもあります。現在8つの部族とは和平協議が進み、停戦合意をしていますが、その他の部族とは戦闘が発生しています。また爆発事件も多数起こっていてミャンマーに旅する際は、行く先などの最新の現地情報を得る必要があります。日本では、シャン州コーカン自治地帯、カチン州ライザー周辺には渡航中止勧告、その他の地域には不要不急の渡航をしない、十分注意の渡航注意報が出ています。 お隣のタイ、中国、ラオス、バングラデシュ、インドに対しても、それぞれ危険情報が出されていますので、2都市以上の周遊の際はさらに注意しましょう。 ■時差 日本との時差は日本が進んでいて、ヤンゴンの場合、日本時間9時30分が現地時間で午前7時になります。 ■飛行時間 日本からミャンマーへの直行便は、成田国際空港~ヤンゴン...more
カテゴリー:

桐谷健太「ビジランテ」は「絶望的にかっこいい代表作」 篠田麻里子は車中の濡れ場に言及 - 12月09日(土)16:25 

 「22年目の告白 私が殺人犯です」などで知られる入江悠監督によるオリジナル映画「ビジランテ」が12月9日、全国19館で封切られ、入江監督をはじめトリプル主演の大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太、共演の篠田麻里子が東京・テアトル新宿での舞台挨拶に出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  入江監督の地元である埼玉・深谷が舞台。高校時代に失踪した長男・一郎(大森)、市議会議員で町の自警団団長でもある次男・二郎(鈴木)、デリヘル業雇われ店長の三男・三郎(桐谷)が、憎んでいた父親の死をきっかけに再会する姿を通じ、地方都市の暗部を浮き彫りにする。  呪われた運命にのたうつ役どころを演じた桐谷は、今作を「絶望的にかっこいい」と評し、「自分の代表作ができた」と自信をみなぎらせる。その後も「撮影では南朋さんと浩介くんに甘えさせてもらった。感極まっています。絶望的にかっこいい『ビジランテ』を撮ってくれた入江監督に感謝です」と語ったため、鈴木から「『絶望的にかっこいい』を、すげえ気に入っているんです」と茶々を入れられた。一方の大森も「できれば海外の映画祭に持っていき、賞をもらえたら最高です」とリクエストし、客席の喝さいを浴びた。  さらに入江監督も「僕の代表作にもなった」と胸を張る。「オリジナル脚本を書かないとダメになる」という危機感から出発し、三兄弟を自身の分身に...more
カテゴリー:

放送映画協会賞は「シェイプ・オブ・ウォーター」が最多14ノミネート - 12月08日(金)15:00 

 第23回クリティック・チョイス・アワードのノミネートが発表され、ギレルモ・デル・トロ監督のファンタジーロマンス「シェイプ・オブ・ウォーター」が作品賞を含む最多14ノミネートを獲得した。  同作は、米ソ冷戦時代のアメリカを舞台に、政府の極秘研究所の清掃員で働く孤独な女性(サリー・ホーキンス)が、実験対象であるモンスターと恋に落ちる物語。第74回ベネチア国際映画祭で最高賞にあたる金獅子賞を受賞した。  8ノミネートで続いたのは、「ダンケルク」「レディ・バード(原題)」「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」「コール・ミー・バイ・ユア・ネーム(原題)」の4作品。さらに、「ブレードランナー 2049」が7ノミネート、「ビッグ・シック」「スリー・ビルボード」が6ノミネートで追う展開。今年の賞レースは混戦となりそうだ。  同賞は、放送映画批評家協会(BFCA)と放送テレビ批評家協会(BTJA)が主催する賞。テレビ番組のノミネーション発表も同時に行われ、作品としてはFXネットワーク「フュード 確執 ベティ vs ジョーン」が最多6ノミネート、放送局・配信サービスとしてはNetflixが最多20ノミネートを獲得した。両賞の授賞式は、2018年1月11日(現地時間)に米サンタモニカで行われる。  23回クリティック・チョイス・アワードの主なノミネート映画は以下の通り。 ▽作品賞 「ビッグ...more
カテゴリー:

もっと見る

「映画祭」の画像

もっと見る

「映画祭」の動画

Wikipedia

映画祭(えいがさい)とは、特定の場所で期間限定で開催される映画関連のイベント。通常、年に一度など定期的な開催サイクルを持ち、名称は(ベルリン国際映画祭などのように)開催地の地名を冠したものである事が多い。映画の上演が主となるが、加えてエントリー作品の審査及び賞の授与や、映画に関するイベント(講演会、研修会、見学会、レセプション、等)を含むこともある。

最も有名なのは国際映画祭であるが、ファンタスティック映画祭、ドキュメンタリー映画祭、女性映画祭などテーマ別の映画祭も多数ある。複合的に国際アニメーション映画祭といった名称・分類もあり、東京国際映画祭の協賛企画として東京国際女性映画祭が開かれる場合などもある。作品上映の前後に、監督や出演者などの舞台挨拶、ティーチイン(観覧者との質疑応答)などが行われる事も多い。

映画祭開催の目的

映画祭を開催する目的は、開催規模や主催者の意図により、いくつかに分類される。なお、敢えて言うまでもなく、複数の目的をもつ映画祭も少なくない。

後述の「世界三大映画祭」などの著名な映画祭においては、映画の振興と発展のため、同時代におけるすぐれた作品を顕彰し、広報することが目的となる。その結果として再評価された作家や作品も多い。興行面での宣伝効果もあり、開催都市のイメージアップも兼ねている。また、放送コンテ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる