「映画祭」とは?

関連ニュース

高橋一生、共演者からの愛を受け入れると、自身は監督へラブコール! - 10月21日(土)16:41 

25歳の俊英・二宮健監督が、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015で審査員特別賞を受賞した自身の作品をセルフリメイクした映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ』の初日舞台挨拶が10月21日、東京・新宿武蔵野館で行われ、主演を務める桜井ユキをはじめ高橋一生、佐々...
カテゴリー:

菅田将暉「校閲ボーイじゃなく高熱ボーイでした」 山田裕貴から「人を超えたね」と言われた - 10月21日(土)13:50 

 映画『あゝ、荒野』後篇の初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、主演の菅田将暉、岸善幸監督、主題歌「今夜」を手掛けたBRAHMANのTOSHI-LOWが登壇した。  寺山修司の唯一の長編小説を2部作で映画化した本作。プロボクサーとしてのし上がっていく役どころの菅田は、体重を増量してから絞って筋肉を付ける肉体改造をして撮影に臨んだ。  しかも、試合のシーンは5日間続けて2試合を行う過酷なものだったそうで、菅田は「その時の僕を見た(対戦相手役の)山田裕貴が『人を超えたね』と言っていたので、これが人を超えるということなのかと思った」と振り返った。  さらに「全部撮り終わった後に、風邪でもないのに体が高熱を持ったので、普段の役者業以上に体を使ったんだなと思った」と感想を述べた。  約1年前の本作の撮影後に、日本テレビの連続ドラマ「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」の撮影に入ったこともあり、菅田は「校閲ボーイじゃなく高熱ボーイでした」とジョークを飛ばし、会場を笑いで包んだ。  岸監督は「同じラウンドを何テークも繰り返すから、菅田くんは毎日世界戦を戦っているようでした」とその奮闘ぶりをたたえた。  本作は、ダブル主演のヤン・イクチュンの母国である韓国の釜山国際映画祭「アジアの窓」部門でも上映された。菅田は「ヤンさんの力もすごくあったと思うけれど、僕を知らない人が見てくれている環境が新...more
カテゴリー:

アイスランドのおすすめ観光地20選! フォトジェニックな名所を紹介 - 10月21日(土)12:00 

アイスランドはまさに大自然の宝庫!「氷と火」の島として知られていて氷河と火山、間欠泉など自然の息吹、地球の生命を感じられる島です。オーロラに地球の割れ目ギャウ、ブルーラグーンなど見どころいっぱいの島は治安のよさも世界で上位に入るほどで、「一生に一度はアイスランド観光をしてみたい」と思う人は多いようです。また、大自然を通じて地球らしさを感じられる反面、地球上でもっとも月に近いとして、宇宙飛行士達はこの島を月と想定して訓練を行っています。そんな魅力いっぱい、さまざまな感動体験ができるアイスランドのおすすめ観光地を、20箇所に厳選してご紹介しましょう。 ■治安 アイスランドは外務省発表の治安情報でも特に現在は問題なく、観光産業にも大きな影響はありません。世界的に見てもアイスランドは治安がいい国(日本よりも治安がいい)と言われていますが、あえて注意しなければならないことがあるとすれば、都市中心部で発生している外国人による窃盗団のひったくりや置き引きなど。観光客の増加に伴って自然増加しているようですが、観光で訪れる際は手荷物や身の回りに気を配るなどの注意が必要です。 また、大麻による薬物汚染も深刻な問題となっています。日本では大麻に関する罰則「大麻取締法」で規制、罰則も明確化されています。大麻の所持・譲受・譲渡は5年以下の懲役、営利目的の所持・譲受・譲渡は7年以下の懲役、...more
カテゴリー:

日本映画に再び注目 ラブストーリー人気=韓国 - 10月21日(土)10:00 

【ソウル聯合ニュース】21日に閉幕する釜山国際映画祭(BIFF)を中心に、韓国で日本映画に対する注目が再び集まっている。  今年の映画祭には75カ国・地域の約300作品が招待され、そのうち日本映画は41作品で最も多く、評判も上々だ。  映画祭後も日本映画に対する注目は続く見通しで、25日からシネマコンプレックス(複合型映画館)大手CJ・CGVで単独公開される月川翔監督の「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」は公開前から話題になっている。12日に公開された三木孝浩監督の「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」
カテゴリー:

「おじいちゃん、死んじゃったって。」岸井ゆきのがたたずむ劇中カット入手! - 10月21日(土)08:00 

 映画・テレビドラマ・舞台で活躍する注目の若手女優・岸井ゆきのが初主演した映画「おじいちゃん、死んじゃったって。」の初出し場面写真を映画.comが独占入手した。異国の地に岸井がたたずむ、印象的なシーンとなっている。  作品は、祖父の葬儀をきっかけに、それぞれの事情を抱えた家族たちが久しぶりに顔を揃え、本当の家族として未来へと踏み出していく物語。資生堂やソフトバンクなど数々のCMを手がけてきた森ガキ侑大の長編監督デビュー作で、原作・脚本は山崎佐保子が手がけた。  岸井は、祖父の死に際に自分がセックスをしていたことへの罪悪感にさいなまれる主人公・吉子を演じる。共演には、岩松了、光石研、水野美紀、美保純、岡山天音など演技派俳優が集結。“九州の小京都”といわれる熊本県人吉市の緑濃い田園風景のなかで、見ごたえのある演技合戦を繰り広げる。エンディングテーマ曲「SAYONARAMATA」は、注目のシティポップバンド“Yogee New Waves”による書き下ろし。  なお、11月4日よりテアトル新宿ほかで公開されるが、熊本地震という災害を乗り越え、映画撮影に協力してくれた人吉市の人々に最初に観て欲しいとの思いから上映会を計画。10月31日に熊本県人吉市カルチャーパレスにて、舞台挨拶付き先行上映会などを行う「人吉映画祭り」を実施するため、その支援をクラウドファンディングのプラットフォーム「...more
カテゴリー:

高橋一生、初日舞台挨拶で「こんなに嬉しいと思ったことは今までなかった」 - 10月21日(土)15:39 

俳優の高橋一生が10月21日、新宿武蔵野館で行われた映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEARUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ』初日舞台挨拶に、桜井ユキ、佐々木一平、阿部純子、満島真之介、二宮健監督、劇中バニーガールをつとめたジャスミン、円谷優希とともに登壇した。 本作は、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015で審査員特別賞を受賞した映画『眠れる美女の限界』をセルフリメイク。女優を目指して上京した29歳の女性が、サーカス団のマジシャンの助手をしているうちに、催眠術にかかり夢と妄想の境界が破綻していく姿を描いた衝撃作。 この日は、劇中「ときめきチャーリー」としてMCをつとめた満島が、作品と同様の衣装で登場し、ハイテンションでキャストや監督たちにトークを展開。高橋に対しては「今、人気者ですよね」と絡むと「あなたをデートに誘えるのはいつ?」と誘惑。すると高橋も「秋の予定は3年先まで詰まっていると聞いているけれど、僕は今日でもいくよ」と熱い視線を送る。 そんな高橋にとって、本作は思い入れの強い作品のようで「1年半前に撮影した作品が、こういう形で上映できる機会をいただけました」と笑顔をみせると「こういう劇場のサイズで、みなさんに近い状態で映画を見ていただける。こんなに嬉しいと思ったことは今までなかったかもしれません」と語っていた。 主演をつとめた...more
カテゴリー:

菅田将暉 過酷ボクシングで「人を超えた」 お尻で主題歌アーティストも魅了 - 10月21日(土)13:20 

 寺山修司の唯一の長編小説を2部作で映画化した完結編「あゝ、荒野 後篇」が10月21日に封切られ、主演の菅田将暉、岸善幸監督が東京・新宿ピカデリーで初日舞台挨拶。主題歌「今夜」を手掛けた「BRAHMAN」のTOSHI-LOWも祝福に駆けつけた。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶の様子はこちら  菅田はプロボクサーとしてのし上がっていく役どころで、増量してから絞って筋肉を付ける肉体改造に挑戦して撮影に臨んだ。しかも、クライマックスを含め2試合を5日間かけて撮影する過酷なものだったそうで、「その時の僕を見た(対戦相手役の)山田裕貴が『人を超えたね』と言っていたので、これが人を超えるということなのかと思った」と満足げに振り返った。  さらに、「全部撮り終わった後に、風邪でもないのに体が高熱を持ったので、普段の役者業以上に体を使ったんだなと」と述懐。当時は日本テレビのドラマ「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」の撮影に入っており、「校閲ボーイじゃなく高熱ボーイでした」とジョークで笑わせた。岸監督は、「同じラウンドを何テイクも繰り返すから、菅田くんは毎日世界戦を戦っているようでした」とその役者魂を称えた。  同作は、ダブル主演のヤン・イクチュンの母国である韓国の釜山国際映画祭「アジアの窓」部門にも出品され、菅田は「ヤンさんの力もすごくあったと思うけれど、僕を知らない人が見てく...more
カテゴリー:

ジェイク・ギレンホールがエイミー・アダムスに心酔!「すっかり彼女のファンになってしまったよ」 - 10月21日(土)10:00 

昨年のヴェネチア国際映画祭で第二席に当たる審査員大賞を受賞したミステリー『ノクターナル・アニマルズ』(11月3日公開)。ゴールデン・グローブ賞ではアーロン・テイラー=ジョンソンが助演男優賞に輝き、アカデミー賞ではマイケル・シャノンが助演男優賞にノミネートされるなど、演技陣に対して極めて高い評価が寄せられた本作で、エイミー・アダムスとともに主演を務め、個性の強い俳優たちを牽引したジェイク・ギレンホールが作品の魅力や役作りの裏側、そしてアダムスの印象を語るインタビュー映像が解禁された。 【写真を見る】ジェイク・ギレンホール、驚異の変身…。劇中写真はこちらから!/[c]Universal Pictures ニューヨーク生まれの作家オースティン・ライトが93年に発表した小説を原作にした本作は、アートギャラリーを営むスーザンの元に、20年前に別れた元夫からの小説が届くことから始まる。暴力的で衝撃的な内容の小説に、元夫に隠れた才能があることに気付くスーザン。何故彼が小説を送ってきたのかというミステリーに、そして失った愛をめぐるラブストーリーが、現実と小説の世界を交錯しながら描かれていく珠玉の一本である。 はじめにギレンホールは、脚本との出会いについて「今まで読んだ脚本で一番素晴らしかった」と明かす。極秘資料として扱われる脚本は、赤い色をしていることが多々ある中で、いつもと違う赤色をしていること...more
カテゴリー:

新海誠監督が振り返る、これまでの道のり 日常描写に込められた切実な思い - 10月21日(土)09:00 

 国内興行収入が250億円を突破した大ヒットアニメーション映画「君の名は。」のテレビ初放送が決定(11月4日の午後8時からWOWOWで放送)。WOWOWでは、10月21日から特集番組、さらには新海誠監督の過去4作品を一挙放送する。さらに、11月11日からは東京・六本木の国立新美術館で「新海誠展」が開催。放送と展覧会の開催を前に、新海監督が自身の作風について語った。  新海作品の大きな特長は、人々が普段目にする日常風景を写実的かつきめ細やかに描いた映像。太陽や月、星の輝き、風や雲、水や雨といった自然界に存在するモチーフを効果的に用い、電車やビル、コンビニといった人工物を絡め、誰もが見たことのある景色を色彩豊かなシーンへと昇華させ、多くの人々の心をつかんできた。そもそもなぜ、新海監督は日常を描こうと思うにいたったのか?  「そもそもの話からさせていただくと、デジタルで自分の作品を作りたいと思ったのは、サラリーマンだったことがきっかけだったんです」と切り出した新海監督は、「自分自身が満員電車に乗って仕事を終電までやって、夜中帰ってきてコンビニに行ってお弁当買って食べてまた朝起きてって生活を何年も何年も続けていくと、自分がずっと同じことを繰り返してすり減ってしまうような、何か大事なことができていないような感覚がだんだん強くなっていって。じゃあ、自分が毎日送っている生活空間そのものが舞台...more
カテゴリー:

橋本環奈、東京国際映画祭アンバサダーに就任 - 10月21日(土)06:25 

 女優の橋本環奈が、25日より東京・六本木ヒルズほかで開催される『第30回東京国際映画祭』(~11月3日)のアンバサダーに就任した。 【写真】東京国際映画祭OPは実写『ハガレン』  初日のレッド・カーペットやオープニングセレモニーに参加し、若い世代に映画の魅力を伝えていく大使として、また、今年は30回の記念開催の大きなビジョンの一つ「映画の未来の開拓」に向けた取り組みをアピールする予定だ。  橋本は、小学3年生より芸能活動を開始。地元・福岡を拠点とするアイドルグループに所属していた2013年に、ファンがインターネットに投稿した写真がきっかけで注目を集める。是枝裕和監督『奇跡』(11年)で映画デビュー。昨年公開された映画『セーラ服と機関銃 -卒業-』で初主演を務め、第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。今年の邦画興行収入1位(現時点)の映画『銀魂』のヒロイン・神楽役、映画『斉木楠雄のΨ難』(21日公開)でもヒロイン・照橋心美役を演じるなど、活躍の場を広げている。 【関連記事】 橋本環奈、2年ぶりカレンダー発売 17歳から18歳の1年間に密着、四季折々のカット厳選 (17年09月05日) 橋本環奈、ワンピースキャラのコスプレ披露「一番手の込んだ作品」 (17年08月18日) 橋本環奈、高校卒業で「甘えられないなという気持ち」 “社会人の自覚”芽生える (17年07月03日...more
カテゴリー:

もっと見る

「映画祭」の画像

もっと見る

「映画祭」の動画

Wikipedia

映画祭(えいがさい)とは、特定の場所で期間限定で開催される映画関連のイベント。通常、年に一度など定期的な開催サイクルを持ち、名称は(ベルリン国際映画祭などのように)開催地の地名を冠したものである事が多い。映画の上演が主となるが、加えてエントリー作品の審査及び賞の授与や、映画に関するイベント(講演会、研修会、見学会、レセプション、等)を含むこともある。

最も有名なのは国際映画祭であるが、ファンタスティック映画祭、ドキュメンタリー映画祭、女性映画祭などテーマ別の映画祭も多数ある。複合的に国際アニメーション映画祭といった名称・分類もあり、東京国際映画祭の協賛企画として東京国際女性映画祭が開かれる場合などもある。作品上映の前後に、監督や出演者などの舞台挨拶、ティーチイン(観覧者との質疑応答)などが行われる事も多い。

映画祭開催の目的

映画祭を開催する目的は、開催規模や主催者の意図により、いくつかに分類される。なお、敢えて言うまでもなく、複数の目的をもつ映画祭も少なくない。

後述の「世界三大映画祭」などの著名な映画祭においては、映画の振興と発展のため、同時代におけるすぐれた作品を顕彰し、広報することが目的となる。その結果として再評価された作家や作品も多い。興行面での宣伝効果もあり、開催都市のイメージアップも兼ねている。また、放送コンテ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる