「映画祭」とは?

関連ニュース

山田涼介、緊張しらずの大物西田敏行に憧れ「僕も大物になれるように頑張ります」 - 08月18日(金)20:15 

 Hey!Say!JUMPの山田涼介が18日、都内で実施された映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の完成披露試写会に、共演の村上虹郎、寛一郎、林遣都、門脇麦、尾野真千子、西田敏行、そしてメガホンを取った廣木隆一監督とともに出席。物語に絡めて、西田に「緊張した時の対処法」を相談したものの、「初舞台の時も、一切緊張なくやった」「これが大物の印なんでしょうね」と返された山田は「僕も大物になれるように頑張ります(笑)」と語った。【関連】『ナミヤ雑貨店の奇蹟』完成披露試写会の様子 東野圭吾による同名ベストセラー小説を基にする本作。2012年のある日、悪事を働いた敦也と幼馴染の3人の青年が、逃げ込んだ古い雑貨店で32年前の1980年につながる郵便受けと出会い、これをきっかけに起こる奇蹟を描く感動のドラマ。主人公・敦也を演じた山田は、「この映画を観ると、きっと、人と人との繋がりの大切さというものを、再確認できるんじゃないかなと思っております」と物語の魅力をアピール。 招待が決まった釜山国際映画祭に話が及ぶと、「嬉しいですね。アジアで原作がすごく愛されているというのは聞いていたんですけど、この映画化の方も、世界に歩みを始めるということで。いろいろなところで見ていただいて、いろいろな感想をいただけたらなという風に思っています」と期待を込めた。 当日は、物語に絡めて登壇者が西田に悩み事を相談する一幕も。舞台挨拶...more
カテゴリー:

【映画】スティーヴン・キング原作「IT」日本公開、正体不明の存在“それ”を巡るホラー 11月3日公開 特報解禁 - 08月18日(金)16:28  mnewsplus

http://natalie.mu/eiga/news/245141 2017年8月18日 11:00 スティーヴン・キングの小説を原作とする「It」が、「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」の邦題で11月3日に公開されることが明らかに。あわせてYouTubeでは特報が解禁となった。 本作は、バスルーム、学校、図書館など、どこにでも姿を現す正体不明の存在“それ”を巡るホラー。“それ”を目撃した内気な少年ビルとその仲間たちが、田舎町で相次ぐ児童失踪事件の真相に迫っていく。 「ヴィンセントが教えてくれたこと」のジェイデン・リーベラー、「シンプル・シモン」...
»続きを読む
カテゴリー:

ジョン・キャメロン・ミッチェル監督『パーティで女の子に話しかけるには』、12月1日(金)より公開! - 08月18日(金)12:10 

今もなお"生涯のベスト1"の声多き名作『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のジョン・キャメロン・ミッチェル監督待望の最新作『パーティで女の子に話しかけるには』のポスターと予告編が解禁となり、公開日が12月1日(金)に決定! なお、製作国であるイギリスとアメリカでの公開は来年を予定しているため、日本での公開が世界初となる。パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンとたちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが─。やっと出会えた運命の相手と別れなくてはならない、切ないラブストーリーに思わずグっとくる感動的な予告編はは当サイトの編集部トピックス&動画/突撃レポートに掲載されているのでお見逃しなく!美少女ザンには、『マレフィセント』のオーロラ姫役でアンジェリーナ・ジョリーと共演しスター女優の仲間入りを果たし、ソフィア・コッポラやウディ・アレン監督の新作も控えるなど出演オファーがやまない若手人気ナンバーワンのエル・ファニング。パンク少年エンには、2015年に史上最年少でトニー賞主演男優賞を受賞した実力派俳優アレックス・シャープ。ま...more
カテゴリー:

コーエン兄弟の西部劇ドラマをNetflixが獲得!2018年配信目指す - 08月18日(金)11:00 

 ジョエル・コーエンとイーサン・コーエンの兄弟が企画・制作総指揮を務める注目の西部劇ドラマ「The Ballad of Buster Scruggs(原題)」をNetflixが獲得したと、米Deadlineが報じた。  同作は、コーエン兄弟初となるオリジナルのドラマシリーズ。全エピソードの脚本と演出をコーエン兄弟が自ら手がける。。アメリカの西部開拓時代を舞台にした6つのエピソードで構成され、タイトルのバスター・スクラグスというキャラクターをティム・ブレイク・ネルソン(「オー・ブラザー!」)が演じるほか、ジェームズ・フランコ、スティーブン・ルート、ラルフ・アイネソン、タイン・デイリー、ゾーイ・カザンらが出演する。  制作は、ポール・トーマス・アンダーソン監督の「ザ・マスター」やスパイク・ジョーンズ監督の「her 世界でひとつの彼女」、デビッド・O・ラッセル監督の「アメリカン・ハッスル」などを手がけた映画プロデューサー、ミーガン・エリソン率いるアンナプルナ・テレビジョン。Netflixは2018年の世界配信を予定しているという。  コーエン兄弟作品では、アカデミー賞主演女優賞と脚本賞を受賞した「ファーゴ」(96)が、2人が制作総指揮を務める形で「FARGO/ファーゴ」としてテレビシリーズ化されている。新作映画では、ジョージ・クルーニー監督、マット・デイモン主演の「サバービコン(原...more
カテゴリー:

被災を乗り越えた石巻の老舗映画館がアート作品に「リボーンアートフェスティバル」 - 08月17日(木)18:00 

 東日本大震災からの復興を支援する、現代アート、食、音楽のイベント「リボーンアートフェスティバル」が宮城県石巻地域を中心に開催中だ。アート部門では、津波で被災した石巻市の老舗の映画館「日活パール」を会場とし、アーティストの視点から劇場を再構築した作品が展示されている。 ・【フォトギャラリー】「日活パール」会場と展示作品の写真はこちら  かつて歌舞伎座だった同館は、1950年代に洋画専門館から日活のチェーン劇場となり、80年代からはロマンポルノやピンク映画を上映する成人映画館として、石巻の劇場文化を支えてきた。大地震による津波で浸水したものの、館主と劇場ファンの熱意によりわずか3カ月後に営業再開、大人の文化と娯楽の場としての明かりを灯し続けたが、今年6月に惜しまれつつ閉館した。  エントランスをくぐると、壁には手書きの宣伝コピーに成人映画のポスター、石原裕次郎主演「何か面白いことないか」、小林旭主演「投げたダイスが明日を呼ぶ」の日活映画のノボリなど、営業当時のレトロな雰囲気が残され、館内には往年の洋画ポスターや映写機も。年季の入った温かみのあるロビーからは、館主の思いと劇場を愛した観客たちの息遣いが感じられる。  同館には美術集団カオス*ラウンジと、ハスラー・アキラ氏の作品が展示されている(18歳未満は入場不可)。エントランスにハスラー氏の作品、館内2スクリーンのうちのひとつ...more
カテゴリー:

S・キング『IT/イット』公開決定! 最恐のトラウマ映画、特報映像も解禁 - 08月18日(金)18:00 

 ホラー小説界の頂点に君臨するスティーヴン・キングの小説『IT』を映像化した映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』が、11月3日に全国公開することが決定。また、9月15日から開催となる「第10回したまちコメディ映画祭in台東」の映画秘宝まつりでの上映も決定し、9月17日にジャパン・プレミア上映を行うことも明らかになった。【関連】「スティーヴン・キング」フォトギャラリー ギレルモ・デル・トロ製作総指揮の新感覚ホラー『MAMA』で監督を務め、頭角を現した俊英アンディ・ムスキエティが映画化した本作。劇中では、静かな田舎町を舞台に、ピエロの姿を借りて突然現れた、神出鬼没の“それ”が、子どもたちの命を狙い続ける姿が描かれる。 本国アメリカでは、予告編がインターネット上でアップされるや、24時間で1億9700万回という再生回数を記録。これは、『ワイルド・スピード ICE BREAK』『美女と野獣』などの人気作をしのぐ、史上最多の数字となった。それと同時に、各地の町でピエロが出没する奇妙な現象が相次ぎ、まさに“全米が震撼”した、いわくつきの一編。 今回、邦題・公開情報とともに解禁された超特報映像では、“それ”が下水道の出口へと回転しながら進んでいくにつれ、「IT」の恐ろしげなロゴが迫ってくる。「皆、浮かんでるよ。」という意味深なセリフも印象的だ。また、同時公開された場面写真には、真っ...more
カテゴリー:

ゾンビ映画というワードはNGだった 韓国監督が明かす裏事情 - 08月18日(金)13:02 

 韓国で動員1100万人を超え、2016年の映画興行ランキング1位を獲得していた『新感染 ファイナル・エクスプレス』(原題『釜山行き』)。9月1日からの日本公開を前にヨン・サンホ監督が来日し、トークイベントに登壇した。 【写真】韓国No.1ヒットになったゾンビ映画の激烈シーン  これまでにはアニメ作品を手がけていたサンホ監督は、今作が実写1作目にして韓国の年間興収1位になる大ヒットを生み出した。サンホ監督は「子どもの頃からアニメが好きで、日本のアニメや映画からたくさん影響を受けてきました。とくに今敏監督のリアルな作品が好きでした。そんな日本で僕の映画を観てもらえるのは感慨深いです。今作の前日譚『ソウル・ステーション パンデミック』をゾンビ映画としてジャンル作品を作ったら、配給会社から大きな予算で実写化しないかと言われたんです。でも、同じ映画を2回撮るのは意味がないと思い、その予算を使って続編となる今作を撮りました」と経緯を明かした。  今作は、ソウル郊外から急速に拡大するウィルス感染から逃れたかに見えた、ソウル初プサン行きの高速鉄道KTXの車内で起こったパニックを描く、ゾンビサバイバル映画。ゾンビ映画の定番である、登場人物それぞれの家族や友人、仲間への愛と絆がしっかりと描かれ、泣けるヒューマンドラマに仕上がっている。  配給会社では今作を“ノンストップ・サバイバル・スペクタ...more
カテゴリー:

スティーブン・キング「IT」映画版、日本公開は11月3日!場面写真は風船の後ろに… - 08月18日(金)11:00 

 人気作家スティーブン・キングの傑作長編を映画化した「IT」が、「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」の邦題で、11月3日から公開されることが決まった。合わせて、場面写真も初披露。“恐怖の象徴”として劇中に登場するピエロのペニーワイズが、赤い風船で顔半分を隠し、不気味な存在感を漂わせている。  1986年に発表された「IT」は、幼い頃に体験した得体の知れない恐怖(IT=それ)と再び対峙するべく、故郷の町に戻ってきた7人の主人公の姿を描いたホラー小説。90年にテレビのミニシリーズとして映像化されたことがあり、同シリーズでティム・カリーが演じたペニーワイズは、見る者すべてをピエロ恐怖症にさせるほどの強烈なインパクトをもたらした。  映画版は、ジェシカ・チャステイン主演のホラー「MAMA」を手がけたアンディ・ムスキエティ監督がメガホンをとり、スウェーデン出身の俳優ビル・スカルスガルド(「シンプル・シモン」)がペニーワイズ役を担当。本国アメリカで予告編動画が公開されると、わずか24時間で、再生回数1億9700万回を突破した。  「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」は、11 月3日から東京・丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国で公開。9月15~18日に開催される第10回したまちコメディ映画祭で、ジャパンプレミア上映されることも決まっている。 【作品情報】 ・MA...more
カテゴリー:

女は満足度、男は数値…「いいセックス」男女の違いとは? - 08月17日(木)20:00 

男女の考え方の違いをおさらいすれば、「いいセックス」のヒントになるはず! 映画製作の杉作J太郎さん、AV女優の紗倉まなさん、AV男優のしみけんさんに違いを教えてもらいまいた。 女:いい男ならしたい 男:できそうだったらやる 「状況に流されて、ヤッてしまうことは避けられません!」と杉作さんが何度も訴えるとおり、男性が目の前の誘惑に弱いという傾向はあるのかも? 目の前にチャンスが訪れると、理性がぶっとんでしまうとのこと(言い訳?)。でも、浮気するからといって、本命彼女のランキングが変わるわけでなく、あくまで浮気は浮気という意識も。一方、女性は厳選してイイ男としたいもの。たとえ遊びだとしても相手へのハードルが下がるわけではないし、素敵だと思えない相手なら、触れ合うのも気持ち悪いというのが大きく違う。 女:「心」でSEXしたい 男:「体」でSEXする しみけんさんいわく、終わった後に、頭、心、体のすべてが満足するセックスが「いいセックス」。けれども、男性は“射精”というセックスの明確なゴールがあるため、体を満たす方向に意識が傾きがち。でも女性のほうは、ゴールがあまりはっきりしていないこともあり、心が満たされることのほうに重点を置く傾向が。セックスの最中にこそ愛情を感じたい、大事にされたいという気持ちが強くなり、それが感じられないと満足できない。お互いの感覚のズレを理解したうえで、ちょっとず...more
カテゴリー:

『この世界の片隅に』デザインのTカードが9月14日に登場! - 08月17日(木)13:21 

今なおロングラン上映中の大ヒットアニメーション映画『この世界の片隅に』。この作品のBlu-rayとDVDが9月15日よりリリースとなるが、これを記念し9月14日より、中四国エリアのTSUTAYAを中心とした全国228店舗で、本作とコラボした「Tカード(この世界の片隅にデザイン)」が発行されることがわかった。キャラクターデザインのTカードや、アニメやライフスタイル関連のグッズを取り扱うECサイト「FANDAYS」では、本日8月17日より発行受付を開始する。 また、本Tカードの発行には手数料500円(税抜)がかかるが、そのうち5%が、核兵器の廃絶と世界恒久平和の大切さを訴える世界遺産を永久に保存するための「広島市原爆ドーム保存事業等基金」に寄付されるという。 『この世界の片隅に』は、昭和19年に広島市江波から呉に18歳で嫁いだ主人公すず(声・のん)が、戦時下の困難の中にあっても工夫を凝らして豊かに生きる姿を描いた感動のアニメ映画。第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞に輝いている。 「 Tカード(この世界の片隅に デザイン)」の公式サイトは以下URL https://fan.tsite.jp/tcard/konosekai/ 【関連記事】 [動画]のん(能年玲奈)「普通であることがすごく幸せ」/『この世界の片隅に』プレミア試写会 『この世界の片隅に』キネ旬ベスト・テ...more
カテゴリー:

もっと見る

「映画祭」の画像

もっと見る

「映画祭」の動画

Wikipedia

映画祭(えいがさい)とは、特定の場所で期間限定で開催される映画関連のイベント。通常、年に一度など定期的な開催サイクルを持ち、名称は(ベルリン国際映画祭などのように)開催地の地名を冠したものである事が多い。映画の上演が主となるが、加えてエントリー作品の審査及び賞の授与や、映画に関するイベント(講演会、研修会、見学会、レセプション、等)を含むこともある。

最も有名なのは国際映画祭であるが、ファンタスティック映画祭、ドキュメンタリー映画祭、女性映画祭などテーマ別の映画祭も多数ある。複合的に国際アニメーション映画祭といった名称・分類もあり、東京国際映画祭の協賛企画として東京国際女性映画祭が開かれる場合などもある。作品上映の前後に、監督や出演者などの舞台挨拶、ティーチイン(観覧者との質疑応答)などが行われる事も多い。

映画祭開催の目的

映画祭を開催する目的は、開催規模や主催者の意図により、いくつかに分類される。なお、敢えて言うまでもなく、複数の目的をもつ映画祭も少なくない。

後述の「世界三大映画祭」などの著名な映画祭においては、映画の振興と発展のため、同時代におけるすぐれた作品を顕彰し、広報することが目的となる。その結果として再評価された作家や作品も多い。興行面での宣伝効果もあり、開催都市のイメージアップも兼ねている。また、放送コンテ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる