「映画界」とは?

関連ニュース

稲垣吾郎「草なぎ剛には負けない!」園子温組が太田光組に茶目っ気たっぷり宣戦布告 - 02月20日(火)17:27 

稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾らが出演する4つの短編で構成されたオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』(4月6日公開)。稲垣が主演する『ピアニストを撃つな!』がクランクインを迎え、都内で行われた囲み会見に稲垣をはじめ、浅野忠信、満島真之介、馬場ふみか、園子温監督が出席。園監督が「太田光には負けない」と同じくオムニバス映画の監督を務める太田監督に挑戦状を叩きつけると、稲垣も「草なぎ剛には負けない!」と宣戦布告して会場を盛り上げた。 【写真を見る】馬場ふみか、たわわなバストを大胆披露! 本作は、全力で走る女・フジコ(馬場)、フジコを追う不気味なマスクをした極悪人“マッドドッグ”(浅野)、彼らと出会いを果たす天才ピアニストのゴロー(稲垣)らが繰り広げる物語。キャスト陣はカラフルでゴージャスな衣装に身を包んで登場し、会場をどよめかせた。 園監督は「ものすごくいいバイブレーションで進んでいる」と報告。稲垣がホストを務めるバラエティ番組「ゴロウ・デラックス」に出演したことのある園監督だが、映画でのタッグは初めて。「従来のゴローちゃんのイメージを尊重しつつ、ちょっと際どいものもある。初っ端からシャワーシーンもある。いろいろな挑戦をしたい」と新たな稲垣を引き出したいという。 稲垣は「ずっと映画を拝見させていただいていましたが、園監督の世界観に自分がいるというのが夢みたい」と鬼才とのタッグに感激しきり...more
カテゴリー:

染谷将太、空海の次はブッダに!?「聖☆おにいさん」実写ドラマでイエスな松ケンと共演 - 02月20日(火)06:00 

下界のバカンスを満喫しようと、東京・立川で共同生活を送るブッダとイエス・キリストが巻き起こす騒動を描く人気コミック「聖☆おにいさん」。2013年の劇場版アニメ化に続き、実写ドラマ化が発表されていたが、気になるブッダとイエスの配役が明らかに! 【写真を見る】イエスを演じるのは『珍遊記』などで振り切った演技を見せた松山ケンイチ/[c]中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会 [c]中村光/講談社 ロン毛が印象的なイエスを演じるのは松山ケンイチ。『聖の青春』(16)ではロバート・デ・ニーロも真っ青の体重増加に挑み、棋士の村山聖を演じるなど作品ごとにまったく印象が違うカメレオン俳優的な活躍を見せる彼が、やはり人気コミックが原作の『珍遊記』(16)ほどの強烈インパクトを残せるかに注目したい。 螺髪(らほつ)と長い耳たぶが特徴の相方・ブッダ役は染谷将太。『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』(2月24日公開)では若き天才僧侶を演じた彼が、今度は仏教の開祖に扮するというのは不思議な巡りあわせとでもいうべきだろうか。 製作総指揮を務める俳優の山田孝之は「想像しただけでも失禁しそうです(少し出てますが)。既に悟りを感じさせるお二人の存在感は正にブッダとイエス」とコメント。監督・脚本を手掛ける福田雄一は「連載当初から念願だった作品を実写化できて、ただただ幸せです」と原作コミックへの愛を語ってくれ...more
カテゴリー:

ジョン・ウー監督が語る日本映画への思い 新作・マンハントで「日本映画を作る夢」実現 | 映画界のキーパーソンに直撃 | 東洋経済オンライン - 02月19日(月)16:00 

二丁拳銃、スローモーションのアクション、シンボルとして登場するハト──。1986年に製作された『男たち…
カテゴリー:

芳村真理がアラン・ドロンやカトリーヌ・ドヌーヴの秘蔵エピソードを披露!「ジャンヌ・モローのようになる」秘訣とは? - 02月17日(土)22:38 

アラン・ドロンやカトリーヌ・ドヌーヴ、ジャンヌ・モローなどフランス映画界のスターが出演した名作を特集上映する「華麗なるフランス映画」が2月17日に初日を迎え、角川シネマ有楽町にてトークイベントが開催された。 【写真を見る】上半身裸で、女神のように美しいドヌーヴ!芳村真理が登壇したトークイベントの模様もチェック/[c]1967 STUDIOCANAL - Five Film S.r.l. (Italie) - Tous Droits Réservés 本イベントに登壇したのは、多くの映画人と公私にわたり交流を持つメディア・パーソナリティの芳村真理。アラン・ドロン主演の『太陽がいっぱい』4Kレストア版上映後に登場した芳村は「びっくりするくらいキレイ、これが4Kですか」と、よみがえった名作の美しさに驚嘆しきり。 芳村が知人を介してパリでドロンと会ったのは『太陽がいっぱい』が公開され、日本でもドロン人気が過熱していた頃だったが、カフェにラフな姿で現れたドロンに「あなたは日本ですごい人気なのよって言っても、本人はキョトンとしてて、その当惑した顔が忘れられない。おとなしい、控えめな青年という印象を持った」と当時を振り返る。 カトリーヌ・ドヌーヴとは、芳村がテレビの歌番組に出演していた際、現場見学に来たことで遭遇。ドヌーヴの印象は「おおらかで、きれいな方。その頃サン・ローランの洋服を着て歩いてい...more
カテゴリー:

ジャド・アパトー&クメイル・ナンジアニが語り合う!奇跡の実話『ビッグ・シック』誕生の裏話 - 02月16日(金)19:00 

全米でわずか5スクリーンで公開されながら、口コミにより2600スクリーンにまで拡大する大ヒットを記録した『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』(2月23日公開)。パキスタン出身のコメディアン、クメイル・ナンジアニが“異文化結婚”の前に立ちはだかる様々なトラブルを愛と笑いで乗り越えた実話を、彼自身が脚本を執筆し主演を務めたことでも話題の本作。 【写真を見る】『40歳の童貞男』で知られる名プロデューサー、ジャド・アパトーが語る本作の魅力!メイキング写真はこちらからチェック/[c]2017 WHILE YOU WERE COMATOSE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 厳格なイスラム教徒の家庭に育ったコメディアンのクメイルは、あるとき大学院生のエミリーと知り合い惹かれ合う。しかしパキスタン出身の花嫁しか認めない母親から、何度もお見合いを強要されるクメイル。ついにエミリーにバレて、2人は破局を迎えてしまう。そんな矢先、エミリーは原因不明の病に倒れ、昏睡状態に陥ってしまうのだ。 そんな本作からナンジアニと、本作の製作総指揮を務めたジャド・アパトーの貴重なツーショットインタビュー映像が到着。脚本を執筆する過程の裏話や、こだわりなどが語られ、さらにアパトーがナンジアニと組んだきっかけとして「もともと彼がスタンダップ・コメディアンだった頃からのファンだった」と明かすなど...more
カテゴリー:

阿部寛、キラキラとした瞳でチェン・カイコー監督の現場は「贅沢で極上の時間」と絶賛! - 02月20日(火)13:00 

『テルマエ・ロマエ』の古代ローマ人役、『祈りの幕が下りる時』など「新参者」シリーズでの人情味あふれる刑事・加賀恭一郎役など幅広い役柄を自在に演じわけ、年齢を重ねるごとに魅力を増している俳優・阿部寛。チェン・カイコー監督が夢枕獏の小説を映画化した『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』(2月24日公開)では、物語の鍵を握る人物・阿倍仲麻呂として大きな存在感を発揮している。 【写真を見る】絶世の美女・楊貴妃役のチャン・ロンロンが美しい!/[C]2017 New Classic Media, Kadokawa Corporation, Emperor Motion Pictures, Shengkai Film 本作は、遣唐使として唐へ渡った空海と中国の詩人・白楽天が、怪事件の謎に迫る姿を描くエンタテインメント大作。世界的巨匠の作品に抜てきとなった阿部は「チェン・カイコー監督の作品に出演させていただける、自分にそんな機会が訪れるなんて思っていなかったので、びっくりしました。作品をすべて観直して、この監督のもと芝居ができるんだと思うととてもうれしかったです。ものすごくワクワクしました」と驚きと喜びとともにオファーを受け取ったという。 演じるのは、皇帝に仕えつつも、その妃である・楊貴妃に想いを寄せる阿倍仲麻呂役。台本を読んだ時には、「とても怖かった」と打ち明ける。「台本には『阿倍仲麻呂の楊貴...more
カテゴリー:

ソフィア・コッポラ監督が描く女性の欲望と性の目覚めとは? - 02月19日(月)20:20 

世の中において際限ないものといえば、人間の欲望。誰もがそんな思いを感じたことがあると思いますが、今回ご紹介する作品は、間もなく公開を迎える話題作『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』。美しい7人の女性が、1人の男性を巡って繰り広げるスリラーです。そこで、本作を手掛けたこちらの方に、お話を聞いてきました。それは……。女性から高い支持を得ているソフィア・コッポラ監督!【映画、ときどき私】 vol. 144 今回、この作品でカンヌ国際映画祭の監督賞を受賞した監督は、女性としては史上2人目、しかも56年ぶりとなる快挙を成し遂げたことでも注目されています。そんななか、本作に込めた思いや見どころを語ってもらいました。 物語の舞台となるのは、アメリカ南部に隔絶された女子寄宿学園。そこに暮らしていた世代の異なる女性たちの秩序が、負傷した美しい男性を受け入れたことで徐々に乱れていくさまが描かれています。 まずは、この物語に惹かれた理由は何ですか?監督 第一印象として、私は7人の世代の違う女性たちが一緒に暮らしている状況がとてもおもしろいと思ったのよ。あとは、南北戦争という時代にも興味を持っていたわ。というのも、どうしても戦争で戦っている男性が描かれがちなんだけど、私は男性たちを見送ったあとに取り残された女性というものを描きたいと思ったの。 洗練された衣装やヘアメイクが印象的ですが、こ...more
カテゴリー:

サンドラ・ブロック、アン・ハサウェイからリアーナまで集結!『オーシャンズ8』8月10日公開決定 - 02月19日(月)12:00 

ハリウッドスターの豪華共演で大ヒットを記録したクライム・アクション『オーシャンズ11』(01)に始まる「オーシャンズ」シリーズ。その最新作にしてシリーズ第4弾『オーシャンズ8』が8月10日(金)より全国公開されることが決定。サンドラ・ブロック、アン・ハサウェイらゴージャスなキャストが一堂に会するポスタービジュアルも解禁とされた。 今作の舞台は世界最高のセキュリティを誇る世界最大のファッションショー。NYのメトロポリタン美術館の衣装研究所が毎年5月に開催する展覧会“コスチューム・インスティチュート・ガラ”(通称メットガラ)。そのオープニング・イベントは年を重ねる毎に報道が過熱、世界一ゴージャスな“ファッション界のアカデミー賞”とも称されている。その業界最大のイベントで、美しい犯罪チームが、前代未聞の華麗なる犯罪計画をスリリングに展開する。果たして彼女たちは何のために、何を狙うのか…? “彼女たち”と記した通り本作はシリーズ過去3作とは異なり、女性の犯罪チームが結集。リーダーのデビーを演じるサンドラ・ブロックをはじめ、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム・カーター、そして『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』(3月30日公開)にも出演の歌姫リアーナ…と美しくゴージャスな面々がサングラス姿で登場。まだまだ謎の多い作品だが、この1枚だ十分に期待が高まってくる。 この他にもキ...more
カテゴリー:

LiLiCo、20年前の元カレ告白「日本アカデミー賞を取ったプロデューサー」 - 02月16日(金)20:42 

 映画コメンテーターのLiLiCoが16日、都内で行われたインターネット上の映画館『ブリリア ショートショート シアターオンライン』開設記念イベントに、劇団EXILEの鈴木伸之と俳優の別所哲也とともに出席した。トークショーで映画デートの話題になり、LiLiCoが約20年前に交際していた彼氏として「『俺は映画監督になりたい。日本の映画界を変える』とずっと言っていた。その彼は、この前プロデューサーとして日本アカデミー賞を取った人」と自ら暴露。別所から「ちょっと待って、誰!」と質問攻めにあったが、最後まで名前は明かさなかった。  一方、鈴木は「1人で観に行ったんですが、『あと1センチの恋』。カップルに観てほしいです」と言うと、LiLiCoから「それは本当に1人で観に行ったの?」と追求。鈴木は「渋谷のロフトの前の映画館で」と笑わせつつ「中学校のころは、当時付き合っていた子と『恋空』を観に行きました」と笑顔で語った。  『ブリリア ショートショート シアターオンライン』は、ショートフィルム専門映画館『ブリリア ショートショート シアター』のブランドを引き継いだ、世界のショートフィルムを無料で配信するWEBサービスで「日常を豊かにする映画体験」がコンセプト。日常生活の5~20分程度の空いた時間に映画を見てもらうのが目的。現在10作品が無料配信しているが、今後2週間に1本ペースで新しい作品が...more
カテゴリー:

ベルリン国際映画祭「犬ヶ島」で開幕!野田洋次郎、夏木マリらもレッドカーペットに結集 - 02月16日(金)13:00 

 第68回を迎えたベルリン国際映画祭が2月15日(現地時間)に開幕した。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  オープニング作品に選ばれたのは、「グランド・ブダペスト・ホテル」以来、4年ぶり待望の長編となったウェス・アンダーソンの「犬ヶ島」。20年後の日本の架空の街を舞台にしたストップモーション・アニメだ。“犬インフルエンザ”の流行で、市長命令によりすべての犬が孤島に追放されるなか、愛犬を探すため市長の養子である少年が単身で島に乗り込むことから大騒動に繋がるという、アンダーソン監督らしい壮大かつユーモラスでハートウォーミングな冒険譚。ベルリンにはアンダーソン監督を囲んで、声優を務めた俳優ら総勢17人にのぼるゲストがレッドカーペットに並んだ。その中には、ビル・マーレー、ティルダ・スウィントン、グレタ・ガーウィグ、ジェフ・ゴールドブラムらと共に、日本から夏木マリ、高山明、野村訓市、野田洋次郎も顔を揃えた。  公式上映に先駆けておこなわれた会見では、11歳の誕生日を迎えたばかりのランキン・こうゆう(少年役)を祝って、ゲスト全員で誕生日ソングを歌うなど、和気あいあいとした雰囲気に。アンダーソンは、当初から犬の物語を書きたいと思っていたこと、また日本を舞台にした理由として日本映画への偏愛、とくに本作では黒澤明の影響が色濃いことを挙げた。また豪華な声優陣のキャスティングについて...more
カテゴリー:

もっと見る

「映画界」の画像

もっと見る

「映画界」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる