「映画界」とは?

関連ニュース

神木隆之介&染谷将太、演じることが存在証明 ハマリ役に出合った「3月のライオン」 - 04月23日(日)13:30 

 神木隆之介と染谷将太にとって、“演じる”ことは“存在証明”と同義なのだという。若くして日本映画界に欠かせない俳優へと成長し、お互いを親友でありライバルと認め合う2人が、映画「3月のライオン 前編」「3月のライオン 後編」で共演し、それぞれのキャリアとも重なる“若きプロ棋士”という役どころにめぐり合った。(取材・文/編集部、写真/江藤海彦)  今作で神木は幼いころに家族を失った孤独の天才高校生プロ棋士・桐山零、染谷はそんな零を“心友”と呼び、ことあるごとに絡みまくるライバル・二海堂晴信に扮した。2人の初対面は、2010年放送のNHKドラマ「心の糸」。それ以来、あだ名で呼び合う関係性が生まれ、映画「神さまの言うとおり」「バクマン。」などの共演を経て今に至る。神木は「取材でも『ライバルは?』と聞かれると、『染谷くんです』と答えています。親友でありライバルというのは、零と二海堂と一緒です」とほほ笑んだ。  零&二海堂の友情が描かれる印象深い場面を問うと、2人から「二海堂が零の部屋に布団を持ち込むシーン」のエピソードが飛び出した。「開封したら買い取りになってしまう高級布団を、どちらが開けるかを言い合っていました」(神木)、「暑苦しく迫って桐山を困らせることが、二海堂役としても、染谷将太としても楽しかったんです。スタッフさんに『高級な布団で、開けたら買い取りになるのでいじらないでください...more
in English
カテゴリー:

「ミニシアター」はもう過去の古い文化なのか トレインスポッティング続編と映画界の20年 | 映画・音楽 | 東洋経済オンライン - 04月23日(日)05:00 

1990年代、映画界はミニシアターブームの真っただ中にあった。ミニシアターと呼ばれる劇場が個性的な作品…
in English
カテゴリー:

【芸能】橋本環奈が語った“アイドル卒業への不安”に「何を今さら!」の声が続出 - 04月21日(金)22:43 

女優の橋本環奈が、所属アイドルグループ「Rev.from DVL」が3月いっぱいで解散したことについて「いまは迷っているところです」と不安な気持ちを明らかにした。 4月18日に出席した発表会の席上で橋本は、女優一本に絞るかどうかを問われ、「いろんなことに挑戦していって、これから形を見つけていければいいなと思います」とコメント。 第40回日本アカデミー賞新人賞の獲得については「大きな映画界に一歩踏み入れスタートに立ったという気持ちになりました」と、 女優業に向けての決意を口にした。そんな橋本の発言に、アイドル誌の...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

『3月のライオン』後編:大友啓史監督が分析する神木隆之介の魅力 - 04月21日(金)17:00 

稀代の実力派、大友啓史監督と俳優・神木隆之介が語る、映画『3月のライオン』で目指した"一歩先"の風景とは?3月はライオンのように荒々しい気候で始まり、子羊のように穏やかに終わる——。この春の訪れを表現した英国のことわざにあるように、ベストセラーコミックの実写映画化『3月のライオン』後編は、主人公・桐山零が数々の試練に晒され荒々しい闘いが続いた前編に比べて若干穏やかなトーンで始まり、原作では描かれていない未知の領域へと突入していく。しかし、子羊のような穏やかな季節が続くかと思いきや、大切な人たちを守るための新たな闘いが、零を待ち受けていたのだった。日本映画界に衝撃を与えたアクション映画『るろうに剣心』での出会いから数年。大友啓史監督と神木隆之介が再びカメラ越しに顔を突き合わせ、共に挑んだ子羊の皮を被った猛猛しい映画『3月のライオン』を語る。(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会—最初、原作漫画のビジュアルを見て、「このほっこり青春映画を大友監督が?」とびっくりしたのですが、蓋を開けてみたら「なるほど!」と納得しました。まさに"闘い"の映画でしたね。大友監督:実は僕もこの話をもらった時、「なんで俺にきたのかなって?」って思いました。「なんだ、このパステルカラーの絵は!」って(笑)。でも読んでみたらまさに"斬り合い"の物語で、やりたいって思っ...more
in English
カテゴリー:

サモ・ハン主演『おじいちゃんはデブゴン』予告編が解禁 衰え知らずのアクション披露 - 04月21日(金)16:00 

 香港アクション映画界の重鎮サモ・ハン(65)が約20年ぶりの監督・主演作『おじいちゃんはデブゴン』の予告編が21日、解禁された。現在65歳のサモ・ハンが演じるのは、年齢認知症気味の退役軍人にして、悪には容赦なき凄まじき武術の達人。新たな英雄像を作り上げ、衰え知らずなアクションも披露している。 【動画】映画『おじいちゃんはデブゴン』予告映像  サモ・ハンは、1961年の映画デビューから56年、俳優、武術指導、監督、プロデューサーとしてさまざまな作品に関わってきた香港映画界のレジェンド。日本では“デブゴン”の愛称で知られ、盟友ジャッキー・チェンと並び今も根強い人気を誇り、今月約11年ぶりに来日を果たした際には、多くのファンが集まった。  予告編では、来日したサモ・ハンからの「こんにちはサモ・ハンです。『おじいちゃんはデブゴン』見てください!」というメッセージも収録されている。『おじいちゃんはデブゴン』は5月27日公開。6月10日には、アクション監督も務める出演映画『コール・オブ・ヒーローズ/武勇伝』の公開が控えている。 (C)2016 Irresistible Alpha Limited, Edko Films Limited, Focus Films Limited, Good Friends Entertainment Sdn Bhd. All Rights Reser...more
in English
カテゴリー:

神木隆之介&染谷将太、演じることが“存在証明” ハマリ役に出合った「3月のライオン」 - 04月23日(日)13:30 

神木隆之介と染谷将太にとって、“演じる”ことは“存在証明”と同義なのだという。若くして日本映画界に欠かせない俳優へと成長し、お互いを親友でありライバルと認め合う2人が、映画「3月のライオン 前編...
in English
カテゴリー:

【芸能】ビートたけしが「見事なスキマ芸人・俳優」を語る 出川哲郎やダチョウ倶楽部、大杉漣や寺島進を称賛 - 04月22日(土)19:29 

http://news.livedoor.com/article/detail/12969709/ 2017年4月22日 10時32分 トピックニュース 21日放送の「たけしのニッポンのミカタ!」(テレビ東京系)で、ビートたけしが、出川哲朗やダチョウ倶楽部など「スキマ芸人」の重要性を語った。 番組では、スキマを狙った各業界の専門店を特集。 そこで、たけしとTOKIO・国分太一のエンディングトークでは、国分が「芸能界や映画界のスキマの重要性」について、たけしに尋ねた。 これに、たけしは「例えば、冠番組があって『誰々の○○』ってとこに、2番目ぐらいで入ってくる出川(...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

福山雅治、役所広司、広瀬すずが雪合戦!? - 04月21日(金)18:30 

是枝裕和監督の最新作『三度目の殺人』の特報映像とティザービジュアルが公開となった。 本作は、『そして父になる』から是枝監督と2度目のタッグとなる福山雅治を主演に、是枝組初参加の名優・役所広司を迎え、是枝監督が近年描いてきたホームドラマとは一転、かねてより挑戦したいと考えていたという法廷心理ドラマ。 真実は必要ないと信じる弁護士重盛を福山、重盛に対峙する殺人犯三隅(みすみ)を役所が演じる他、物語の鍵を握る少女で被害者の娘役に、『海街diary』以来、是枝作品2作品目の出演となる広瀬すず、被害者の妻役に斉藤由貴、重盛と事件解明に奔走する司法修習の同期弁護士に吉田鋼太郎、重盛の事務所に所属する若手弁護士に満島真之介、本事件の担当検察官に市川実日子、重盛の父親役で、30年前に三隅が関わった事件の裁判長だった橋爪功と、日本映画界を代表する名優が本作を彩る。 「自白してるんだろ? だとしたら間違いなく死刑だろう」真実なんていらないものと信じる弁護士重盛(福山)にとって、それは、ありふれた裁判のはずだった。殺人の前科がある三隅(役所)が解雇された工場の社長を殺し、火をつけた容疑で起訴された。犯行も自供し、死刑はほぼ確実だった。しかし、調査を進めるにつれ、重盛の中で違和感が生まれていく。会うたびに動機さえも変わる三隅の供述。なぜ殺したのか? 本当に彼が殺したのか? 得体のしれない三隅に呑みこ...more
in English
カテゴリー:

サモ・ハン主演『おじいちゃんはデブゴン』予告解禁! 衰え知らずなアクション健在 - 04月21日(金)16:00 

 俳優、武術指導、監督、プロデューサーとして様々なヒット作に携わり、香港映画界のレジェンドとも呼ばれるサモ・ハンが主演・監督・アクション監督を務める映画『おじいちゃんはデブゴン』の予告編が公開された。【関連】『おじいちゃんはデブゴン』場面写真〈フォトギャラリー〉 本作は、サモ・ハンが映画人生の集大成として挑んだ最新2大傑作を連続公開する「サモ・ハン is BACK!」の第一弾となる、20年ぶりの主演作。日本では“デブゴン”の愛称で知られ、盟友ジャッキー・チェンと並び今も根強い人気を誇るサモ・ハンも現在65歳。本作では、認知症気味の退役軍人にして、悪には容赦なき凄まじき武術の達人という新たな英雄像を作り上げ、衰え知らずのアクションと幼い孤独な少女との感動のふれあいを描く。   公開された予告編では、サモ・ハンが「隣の良きおじいちゃん」として少女と交流を深めていく姿が映し出される。そして、少女がマフィアの抗争に巻き込まれた時、険しい顔で次々に悪を倒していく。65歳とは思えない、ド派手なアクションの数々と卓越した武術は今なお圧巻。まさにサモ・ハン版『レオン』+『グラン・トリノ』というべき入魂の作品となっていることが、予告編からもうかがえる。 先日は、11年ぶりとなる奇跡の来日で、日本中のファンを歓喜させたサモ・ハン。本作の公開で、さらにサモ・ハン熱気が高まりそうだ。 『おじいちゃんはデブ...more
in English
カテゴリー:

福山雅治、殺人犯役所広司に呑みこまれる? 『三度目の殺人』初映像解禁 - 04月21日(金)08:00 

 是枝裕和監督最新作『三度目の殺人』の初映像となる特報とティザービジュアルを解禁となった。特報では弁護士役の福山雅治と殺人犯を演じる役所広司が対峙。ビジュアルでは福山、役所、そして広瀬すずが雪合戦をしているかのような朗らかな写真が、逆に不穏な雰囲気を感じさせる。【関連】「福山雅治」フォトギャラリー 本作は是枝裕和が監督・脚本を務める法廷心理ドラマ。殺人の前科がある三隅(役所)が解雇された工場の社長を殺し、火をつけた容疑で起訴された。犯行も自供し、死刑はほぼ確実だった。しかし、調査を進めるにつれ、弁護士・重盛(福山)の中で違和感が生まれていく。会うたびに動機さえも変わる三隅の供述。なぜ殺したのか。本当に彼が殺したのか。得体のしれない三隅に呑みこまれているのか。重盛は、初めて心の底から真実を知りたいと願うようになる。 公開された映像では、取調室で繰り広げられる福山と役所の淡々としていながらも気迫に満ちたやりとりの様子が映し出され、、短い映像ながらも目がそらせないほどの緊張感に包まれた映像となっている。 福山、役所、広瀬のほか、今回被害者の妻役に斉藤由貴、重盛と事件解明に奔走する司法修習の同期弁護士に吉田鋼太郎、重盛の事務所に所属する若手弁護士に満島真之介、本事件の担当検察官に市川実日子、重盛の父親役で、30年前に三隅が関わった事件の裁判長だった橋爪功と、日本映画界を代表する名優が本作を...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「映画界」の画像

もっと見る

「映画界」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる