「映画用カメラ」とは?

「映画用カメラ」の画像

もっと見る

「映画用カメラ」の動画

Wikipedia

映画用カメラ(えいがようカメラ)とは、フィルム上に映像を連続して露光し、動画を撮影するための装置である。その大枠の定義のなかでも、映画を撮るためのカメラを、撮影機(さつえいき)という、2011年11月28日閲覧。。その機構は、レンズ,,からなり、現在ではフィルム走行の原動力には電動モーターを用いるが、初期からあるいは現代に至る一部小型映画用の撮影機には手回し、あるいは時計仕掛けのモータードライヴを用いている、2011年11月28日閲覧。(フィルモ、クラスノゴルスク、ロモキノ等)。

フィルム上への記録の基本原理は、1820年代にフランスで開発されたスチル写真の原理に負うことが大であり、19世紀末以来ほとんど変わっていない。 モーション(動き)の記録に成功した最初期の2つのカメラは、トーマス・エジソンのキネトグラフ(キネトスコープ)とリュミエール兄弟シネマトグラフであった。両者とも光を...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる