「映画化」とは?

関連ニュース

上原さくらがピエロ映画に恐怖、過去にはおしっこ漏らした?映画も - 11月19日(日)16:30 

タレントの上原さくらが、現在公開中の映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の感想をアメブロで報告するとともに、過去に映画を観ておしっこを漏らした? 漏らさない? のエピソードも報告した。 『IT』は、アメリカの田舎町で次々と発生する子供達の行方不明事件を描く、スティーブン・キング原作小説を映画化したもの。殺人ピエロがあまりにも恐怖過ぎると評判になり、ヒット中だ。上原はこう感想をつづる。 「もうなんて言うか.....怖いよりも、ただただビックリ!! 映画の最中に2度もギャ!! と声を上げてしまいました 私の驚いた声で驚かせてしまった方...ごめんなさい」 上原は昔から驚きやすいようで、壁の後ろから「わっ!」とやるような驚かせ方でも叫んで尻餅をつくほど。そして、今回の映画についてはこの上原のこうした面がよく現れた。 「結局、映画は途中から軽く耳を塞いで観ました また声を上げちゃったら申し訳ないし、恥ずかしいし.... でもその後も ヒィ~!! と息を飲むこと数回.... 合計で10回くらいは本気で驚いてしまって、鑑賞後はヘトヘトでした」 本当にビックリ系の恐ろしい映画だったようで、「ハァァァァ」と連発しながら家に帰ったようだ。「ビックリ系の怖さがお好みの方には、本当におススメします」とのことだが、最後に仰天の告白もする。 「ちなみに私はハタチの頃、親の借りてきた...more
カテゴリー:

ロバート秋山、1人10役の演じ分けに苦労 着替え48回に悲鳴「2度とできない」 - 11月19日(日)14:00 

 お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次が19日、都内で行われた初単独主演ドラマ『黒い十人の秋山』(テレビ東京系 年末放送予定)の取材会に出席。同作では、オペラ歌手、美人秘書、外国人画家などのキャラクター10役をひとりで演じ分けているが「扮装をしても、顔は僕なので『結局、秋山じゃん』ってなる。どうしても秋山の箇所が出てくるので、そこは難しかったですね」と撮影を振り返った。 【個別ショット】あのYOKO FUCHIGAMIも容疑者に…  ドラマというジャンルにも気を配ったといい「ドラマとしてのオファーでしたので、イメージとしては『ドラマ7、コント3』くらいの割合でできたらなと思っていたんですけど、やっていくうちにどんどんコントの部分が侵食してきて、監督から『秋山さん、抑えましょう』と言われたシーンもありました。いっそのこと、コントにしたほうがどれだけ楽かとも思いました」と苦笑い。それぞれの役どころについては「サスペンスなので、いろいろな職業が分かれていないと発展していかないなと思って、バランスを考えました」と明かした。  撮影期間は4日間だったが「着替えが大変で、あわせて48回やりました。(10役が)全員そろうシーンでは、立ち位置も10パターン撮らないといけないから、ひとつの役で立ったら、別の役に着替えて…ということを10回やるので、途中から何をやっているのかわからなくなりました」と...more
カテゴリー:

[広瀬アリス]女性がずっと輝く秘訣は「いっぱい笑うこと」 - 11月19日(日)13:00 

 米澤穂信(よねざわ・ほのぶ)さんの人気小説「古典部」シリーズの1作目を俳優の山崎賢人さんと女優の広瀬アリスさん主演で初の実写映画化した「氷菓」(安里麻里監督)が全国で公開中だ。山崎さん演じる省エネ主義で、やる気が表に出ないが、ずば抜け ……
カテゴリー:

TVシリーズ版「ロード・オブ・ザ・リング」を米アマゾンが約284億円で獲得 - 11月19日(日)12:00 

 「ロード・オブ・ザ・リング」のテレビシリーズ化権を米アマゾン・スタジオが2億5000万ドル近い巨額で獲得したと、Deadlineが報じた。  英作家J・R・Rトールキンの「指輪物語」を原作に、ピーター・ジャクソン監督のメガホンで映画化された「ロード・オブ・ザ・リング」3部作は、全世界で30億ドルに及ぶ興行収入をあげる大ヒットを記録。このたび、米アマゾン・スタジオはトールキンの遺産管理団体より「指輪物語」のテレビシリーズ化権を2億5000万ドル程度で獲得した。  これは権利のみの価格であり、大ヒットドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」と同等のスケールで映像化を実現した場合、1シーズンあたりの制作費は1億ドルから1億5000万ドルに及ぶとみられている。アマゾン・スタジオといえば、これまでに「トランスペアレント」や「モーツァルト・イン・ジャングル」など作家性の強い小規模ドラマを手がけていたが、これまでトップを務めていたロイ・プライスが辞任したことをきっかけに、親会社アマゾンのジェフ・ベゾスCEOが指揮を執っている。  なお、新たに作られるテレビドラマは、「指輪物語」の第1部「旅の仲間」の前の時代を舞台にしたプリクエルとなる予定で、アマゾン・スタジオと、トールキンの遺産管理団体、米出版社のハーパーコリンズ、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズを手がけたニューライン・シネマが共同で制作...more
カテゴリー:

トム・ハンクス「ゲーム・オブ・スローンズ」監督の新作SFに主演 - 11月19日(日)11:00 

 大ヒットドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のエミー賞監督ミゲル・サポチニクがメガホンをとる新作SF映画「Bios(原題)」に、トム・ハンクスが主演すると米バラエティが報じた。ロバート・ゼメキスがプロデュースする。  本作は、世界滅亡後の地球を舞台に、余命わずかな発明家が愛犬の世話を任せるために、あるロボットを制作。ロボットは愛、友情、人間について学んでいくというストーリーで、クレイグ・ラック&アイバー・パウエルが脚本を執筆した。ハンクスが、死にゆく発明家役を演じる。2018年第1四半期にクランクインを予定している。  ハンクスは、ジェームズ・ポンソルト監督の新作「ザ・サークル」で、エマ・ワトソンと共演。巨大SNS企業の新入社員(ワトソン)が、カリスマ経営者(ハンクス)の目にとまり、私生活を24時間公開してアイドル的人気を獲得するが、何もかも透明化することに違和感を抱き始めるという、作家デイブ・エガーズ著の話題作を映画化したサスペンスで、公開中。 【作品情報】 ・ザ・サークル 【関連記事】 ・トム・ハンクス、リメイク版「幸せなひとりぼっち」に主演 ・E・ワトソン×T・ハンクス共演SNSスリラー「ザ・サークル」11月公開&予告披露 ・「いいね!」のために全私生活を公開!「ザ・サークル」本ポスター&本予告公開 写真提供:アマナイメージズ
カテゴリー:

スパイク・リー監督のKKKスリラーにアダム・ドライバー - 11月19日(日)16:30 

 スパイク・リー監督と、デビュー作「ゲット・アウト」が大ヒットしたジョーダン・ピール監督がタッグを組み、白人至上主義団体KKKに潜入したアフリカ系アメリカ人の刑事を描く新作クライムスリラー「Black Klansman(原題)」に、アダム・ドライバーが出演することがわかった。  リー監督がメガホンをとる新作「Black Klansman」は、米コロラド州コロラドスプリングスの刑事ロン・ストールワースが、白人至上主義者を装ってKKKに潜入した実話を描く作品。ストールワースは1978年、地元紙に掲載されたKKKメンバー募集の広告に応募し、組織内で徐々にその地位を上げ、地元支部のトップに上り詰めた。電話や手紙などでやり取りする際は黒人であることを隠し、対面する必要がある場合には同僚の白人刑事を代わりに向かわせるなどして潜入捜査を進め、地元支部で計画されていた数々のヘイトクライムを阻止した。  本作は、ストールワースが2014年に出版した同名回顧録をもとに映画化。ストールワース役をデンゼル・ワシントンの息子で俳優のジョン・デビッド・ワシントンが演じる。米Deadlineによれば、ドライバーは、潜入捜査したコロラドスプリングスのユダヤ人刑事で、厳格かつ優秀で経験豊富なフィリップ役を演じるという。リーとピール、「ゲット・アウト」のブラムハウス・プロダクションがプロデュースする。  ドライ...more
カテゴリー:

[広瀬アリス]女性がずっと輝く秘訣は「いっぱい笑うこと」 - 11月19日(日)13:00 

 米澤穂信(よねざわ・ほのぶ)さんの人気小説「古典部」シリーズの1作目を俳優の山崎賢人さんと女優の広瀬アリスさん主演で初の実写映画化した「氷菓」(安里麻里監督)が全国で公開中だ。山崎さん演じる省エネ主義で、やる気が表に出ないが、ずば抜け ……
カテゴリー:

コメディーに振り切らず最後ホロリ/泥棒役者(日) - 11月19日(日)12:34 

 元お笑い芸人という異色の経歴をもつ西田征史監督が生み出した喜劇舞台を映画化した。カラッと笑えてホロッと泣ける、後味の良いコメディーが誕生した。  関ジャニ∞丸山隆平(33)ふんする主人公は、人が良すぎる元泥棒。かつての仲間に頼まれ忍び…
カテゴリー:

演技は簡単なものじゃない!トム・ホランド、撮影中に3度目の鼻骨骨折 - 11月19日(日)11:55 

『スパイダーマン:ホームカミング』でスパイダーマンを演じたトム・ホランドが、インスタグラムの「ストーリー」機能を使って、撮影中に鼻骨を骨折をしてしまった事をファンに明かした。ホランドが鼻を骨折するのはこれで3度目となる。 最初の骨折は2016年、ニューヨーク映画祭で初公開された映画『ザ・ロスト・シティ・オブ・Z』(原題)の撮影中、そして2度目は今年8月、『カオス・ウォーキング』(原題)(2019年3月1日全米公開予定)撮影中の事だった。今回の骨折は、2019年に公開を予定している『アベンジャーズ4』(仮題)(2019年5月3日全米公開予定)の撮影中に負ったものという憶測があったが、今回も『カオス・ウォーキング』の現場で起きていた事が分かっている。まさに"カオス"な状況の同映画は、ホランドがニック・ジョナスやデイジー・リドリーらと共演するSF作品だ。 以下は、ツイッターに転載されたストーリーの映像だ。顔にひどい傷を負ったホランドは、「演技なんて簡単だと誰が言ったんだ? 鼻の骨折はこれで3度目だ。何てクランクアップの仕方なんだろう」と冗談めかして発言している。tom holland broke his nose for the third time, my poor baby pic.twitter.com/DStTtYkRFN - Tom Holland Updates (@tomh...more
カテゴリー:

【映画】一番泣いた!邦画ランキング★6 - 11月18日(土)23:09  mnewsplus

毎年多数公開されている邦画。 これまで恋愛、ヒューマン、ミステリー、コメディーなど多くのジャンルの映画が公開され、「名作」と呼ばれている作品も多数存在します。 そんな中、世の中の人が「一番泣いた」と感じている映画はどの作品なのでしょうか。 そこで今回は、一番泣いた邦画について探ってみました。 1位 世界の中心で、愛をさけぶ 2位 いま、会いにゆきます 3位 余命1ヶ月の花嫁 1位は『世界の中心で、愛をさけぶ』! 主演:大沢たかお、柴咲コウ 大人気小説が原作の映画『世界の中心で、愛をさけぶ』。 あ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「映画化」の画像

もっと見る

「映画化」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 映画...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる