「映画プロデューサー」とは?

関連ニュース

信じるか信じないかはあなた次第! 詐欺師と呼ばれた美人姉妹の正体は? - 09月20日(水)17:00 

今週末は秋分の日を迎えることもあり、いよいよ秋まっさかりですが、ワンランク上の女子を目指すなら、食欲の秋よりも芸術の秋に浸るのがオススメ。そこで、今回ご紹介する美しくて独創的な注目の映画とは……。ナタリー・ ポートマン×リリー=ローズ・デップ共演の話題作『プラネタリウム』!【映画、ときどき私】 vol. 115 1930年代、憧れのパリへと向かっていたアメリカ人スピリチュアリストのバーロウ姉妹。ショーを仕切る野心家である姉のローラと、自分の世界にこもりがちな少女の妹ケイトは美人姉妹としても注目を集めていた。 そんなある日、2人が行っていた死者を呼び寄せる降霊術ショーに魅了された映画プロデューサーのコルベンは、世界初の心霊映画を撮影するため、姉妹と契約を交わすことに。はたして、彼女たちの力は本物なのか、それとも詐欺師なのか。少しずつそれぞれの運命が狂い始めていくのだった……。 そこで今回は、この世界観に魅せられたある方に、本作の見どころやキャスティングの裏側などについて語ってもらいました。それは……。 才色兼備のフランス人女性監督レベッカ・ズロトヴスキ!若くして世界の主要な映画祭から高く評価され、次世代の監督のひとりといわれているズロトヴスキ監督に、本作が生まれた経緯から聞いてみました。 これまでに実在の人物たちからインスピレーションを受けて作られた映画が数多くあるように、この作品に...more
カテゴリー:

人気イラストレーターWALNUT&石川三千花「プラネタリウム」美人姉妹を描き下ろし! - 09月18日(月)12:00 

 オスカー女優ナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・デップが共演した映画「プラネタリウム」と、人気イラストレーターのWALNUTと石川三千花氏がコラボレーションし、オリジナルイラストが製作された。 ・「プラネタリウム」コラボイラストはこちら!  舞台は、1930年代のフランス・パリ。ポートマンとデップ演じるスピリチュアリストの姉妹が、とある映画プロデューサーから世界初の心霊映画の製作を持ちかけられ、運命を狂わせていくさまを描く。レア・セドゥーが主演した「美しき棘」がカンヌ国際映画祭の監督週間部門で上映され、高評価を受けたフランス人女性監督レベッカ・ズロトブスキがメガホンをとった。  MARC BY MARC JACOBSやCOACHのイベントにイラストが起用されたほか、「彼女がその名を知らない鳥たち」「ルーム」「世界一キライなあなたに」「Mommy マミー」といった映画作品にもイラストを提供するなど活躍中のWALNUTは、3枚のイラストを描き下ろした。バスタブでたわむれるローラ(ポートマン)とケイト(デップ)の姉妹のバックに星が輝くもの、ローラとケイトのソロカットとなる。  映画評論家としても活躍する石川氏は、各キャラクターの特徴をとらえたイラストだけでなく「美人姉妹の30年代ファッションが見ものだ!」「大人の女性と少女の赤ドレス。美しさをマックスに引き出している」とのコメ...more
カテゴリー:

再起不能と言われたあの村岡さんがついに復活!「奇跡は自らの意志で起こすもの」 - 09月15日(金)20:36  news

 再起不能とまで言われた男が、現場に戻ってきた。福岡市の映画プロデューサー、村岡克彦さん(54)。2年前、不慮の事故で頸椎(けいつい)を損傷して寝たきりに。「もう、あいつは終わったな」と業界内でささやかれていた人物だ。  乳がんで他界した僕の妻と娘の暮らしを描いた映画「はなちゃんのみそ汁」を手掛けたのが村岡さん。「この映画をはなちゃんの嫁入り道具にしたいんです」。妻がどれだけ娘を愛し、幸せを願っていたか。 その思いを熟知していたからこその言葉に違いないと思った。ところが、喜びを分かち合うはず...
»続きを読む
カテゴリー:

ナタリー×リリー=ローズ姉妹が雪とたわむれる「プラネタリウム」幻想的な本編映像公開 - 09月11日(月)19:00 

 オスカー女優ナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・デップが共演した映画「プラネタリウム」の本編映像が、公開された。 ・「プラネタリウム」本編映像はこちら!  舞台は、1930年代の仏パリ。ポートマンとデップ演じるスピリチュアリストの姉妹が、とある映画プロデューサーから世界初の心霊映画の製作を持ちかけられ、運命を狂わせていくさまを描く。レア・セドゥーが主演した「美しき棘」のフランス人女性監督レベッカ・ズロトブスキがメガホンをとった。  公開されたのは、パーティに参加したローラ(ポートマン)とケイト(デップ)の姉妹が雪を見てはしゃぎ、皆と雪合戦に興じるシーン。雪が幻想的に舞う美しい映像と「タイピスト!」などで知られるロブのスピリチュアルな音楽、ポートマンとデップのみずみずしい演技が溶け合い、不思議な浮遊感をたたえた芸術的な映像となっている。  純粋無垢(むく)なケイトに扮し、このシーンでは酔っ払った演技を披露したデップは「1番楽しかったシーンね。夜で雪が降っていたの。(映画プロデューサーのコルベンを演じた)エマニュエル(・サランジェ)に肩車をしてもらって、ナタリーが私にシャンパンをくれて、みんな、酔っ払っているという状態ね。私はあのシーンで脚にケガをしたんだけど、撮影を止めたくなかったの」と振り返っている。  「プラネタリウム」は、9月23日から全国公開。 【作品情報】 ...more
カテゴリー:

映画プロデューサー・小説家 川村元気が明かすヒット作を生み出す秘密 - 09月08日(金)21:00 

住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。 8月30日(水)の放送では、映画プロデューサーで小説家の川村元気さんをゲストに迎え、映画プロデューサーとしての仕事や、人工知能についてのお話を伺いました。 映画プロデューサーで小説家の川村元気さん(右)と、パーソナリティの住吉美紀 ◆映画プロデューサーとしての仕事 ――『電車男』『告白』『悪人』『君の名は。』など、話題の作品を多く手掛けている川村さんですが、そもそも“映画プロデューサー”とはどういうお仕事なのでしょうか。 最新の『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』では、岩井俊二監督原作のドラマを映画化したいという思いから始まりました。そこで『モテキ』や『バクマン。』を一緒にやった大根仁監督に脚本を書いてもらって、『魔法少女まどか☆マギカ』というすごいアニメーション作品があるんですけど、その新房昭之監督に声を掛けました。原作があって脚本を一緒に作って監督を決めて、主題歌をDAOKOと米津玄師に歌ってもらおうと。そういうクリエイティブの組み合わせを作っていきながら、どう映画を面白くしていくかというのが僕の仕事ですね。 ――映画を作るアイデアはどこから生まれてくるのですか? よく“違和感ボックス”という言葉を使うんですけど、街を歩いていて「なんで、こういうお店が流行っている...more
カテゴリー:

ナタリー・ポートマンが華麗に5変化!「プラネタリウム」本編カメラテスト映像公開 - 09月19日(火)18:00 

 オスカー女優ナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・デップが共演した映画「プラネタリウム」の新たな本編映像が、公開された。ポートマン演じるスピリチュアリストのローラが、ひょんなことから女優としての活動を開始し、才能が開花していくさまを収めている。 ・「プラネタリウム」本編映像はこちら!  舞台は、1930年代。フランス・パリにやってきたスピリチュアリストの姉妹が、とある映画プロデューサーから世界初の心霊映画の製作を持ちかけられ、運命を狂わせていくさまを描く。レア・セドゥーが主演した「美しき棘」がカンヌ国際映画祭の監督週間部門で上映され、高評価を受けたフランス人女性監督レベッカ・ズロトブスキがメガホンをとった。  ローラに女優としての才能を見いだした映画プロデューサーは、ローラを主演に映画を製作することを決め、カメラテストを行う。最初は緊張した様子のローラだったが、カメラが回ると流ちょうなフランス語を話し始め、さまざまなキャラクターに扮し、魅力を振りまく。映像の後半では、花束を持ち満面の笑みを浮かべながらも、不意に正面をじっと見つめ、何かを訴えかける表情を見せている。ローラの野心がむき出しになっていくさまを象徴するシーンとなる。映画初出演作「レオン(1994)」や「ヒート」(95)のころから“ひょう依演技”が絶賛され、「ブラック・スワン」でオスカーに輝いたポートマンが、ローラの...more
カテゴリー:

ふたりで入浴も!ナタリー&リリーによる美人姉妹が神秘的過ぎる - 09月18日(月)09:14 

『ブラック・スワン』(10)のナタリー・ポートマンと、ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの娘リリー=ローズ・デップが演じる姉妹がキレイでかわいい!ということで、映画『プラネタリウム』(9月23日公開)が話題になっている。ふたりは顔も雰囲気も似ていて、姉妹役は超アタリ! 【写真を見る】野心家の姉ローラに扮するナタリー・ポートマン/[c]Les Films Velvet - Les Films du Fleuve - France 3 Cinema - Kinology - Proximus - RTBF 舞台は1930年代のパリ。野心家でスピリチュアリストの姉ローラ(ポートマン)と霊感の強い妹ケイト(デップ)が、降霊術を巡って大物映画プロデューサーの心と互いの運命を狂わせていくミステリアスな物語だ。 姉役のナタリーはスタイル抜群なうえに清潔な色気も湛えた完璧な美しさを披露。一方、純粋な妹役のリリー=ローズが魅せるのは、透明感あふれるガーリーな演技。フワフワとしてはかない、妖精のような彼女の少女性はため息が出るほどチャーミング。入浴シーンは白とピンクを基調としたバスルームで二人一緒に浴槽につかり、泡と戯れるドリーミーなひとときだ。 監督のレベッカ・ズロトヴスキは“フランスのソフィア・コッポラ”との呼び声も高い美貌の天才。初の長編『美しき棘』(10)がカンヌ国際映画祭の監督週間部門で...more
カテゴリー:

ナタリー・ポートマン&リリー・ローズ・デップ 、『プラネタリウム』本編映像 - 09月11日(月)19:00 

 ナタリー・ポートマンとリリー・ローズ・デップが姉妹役で初共演を果たした映画『プラネタリウム』から、二人が雪の舞うなか、パーティーに参加した人々とはしゃぎまわる本編映像が到着した。【関連】ナタリー・ポートマン来日!『プラネタリウム』ジャパンプレミア フォトギャラリー 1930年代、アメリカ人スピリチュアリスト姉妹のローラとケイトのバーロウ姉妹は、憧れのパリへと向かう。美しく聡明な姉のローラはショーを仕切る野心家で、好奇心旺盛で純粋な妹のケイトは自分の世界に閉じこもりがちな少女だ。 ショーでは死者を呼び寄せる降霊術を披露し、話題の美人姉妹として活躍し金を稼いでいた二人。映画プロデューサーのコルベンは、そんな彼女たちに魅せられ、世界初の心霊映画を撮影するため姉妹と契約する。果たして姉妹の力は本物なのか。姉妹の運命が狂いだす―。 今作はヴェネチア国際映画祭ワールドプレミアおよびトロント国際映画祭ガラ・コレクションで上映された。初の長編監督作『美しき棘』がカンヌ国際映画祭の監督週間部門で上映された、新鋭レベッカ・ズロトヴスキが監督を務める。野心家の姉ローラを演じるナタリー・ポートマンと、ピュアでイノセントな妹ケイト役のリリー・ローズ・デップの共演も注目を集めている。 今回解禁となった本編映像は、映画プロデューサーのコルベンが開いたパーティーに招かれたバーロウ姉妹がパーティーで話しているなか...more
カテゴリー:

【芸能】ロバート・レッドフォード81歳に 急激な老いも「熟年ファンに喜んでほしい」 - 09月11日(月)02:30  mnewsplus

http://japan.techinsight.jp/2017/09/yokote201709071450.html 豊かな金髪に優しそうなブルーの瞳…それは甘いマスクで一世を風靡した俳優のロバート・レッドフォード。ハリウッドが生んだ大スターも寄る年波には敵わないのであろうか。先月に誕生日を迎え、御年81歳。今月1日に第74回ヴェネツィア国際映画祭で新作のプロモーションをおこない、共演のジェーン・フォンダ(79)とともに生涯功労金獅子賞を受賞した。そんなロバート・レッドフォードが「急激にふけた」と思われる姿がこちらの写真である。 『追憶』『愛と哀しみの果て...
»続きを読む
カテゴリー:

ファッショニスタは「プラネタリウム」をどう見た?BEAMSディレクター「衣装が完ぺき」 - 09月06日(水)15:20 

 オスカー女優ナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・デップが共演した映画「プラネタリウム」のトークイベントが9月5日、都内で行われ、「ビームス創造研究所」の青野賢一クリエイティブディレクターと雑誌「bis」の中郡暖菜編集長が作品の魅力を語るとともに、劇中に登場する1930年代のファッションを解説した。 ・「プラネタリウム」トークイベントの模様はこちら!  舞台は、1930年代の仏パリ。ポートマンとデップ演じるスピリチュアリストの姉妹が、ある映画プロデューサーから世界初の心霊映画の製作を持ちかけられ、運命を狂わせていくさまを描く。「美しき棘」のフランス人女性監督レベッカ・ズロトブスキがメガホンをとった。  中郡氏は「最初はキラキラした映像と主演2人の美しさもあり、ガーリーな映画かと思っていたけど、どんどん深みにあるお話になっていった。異常性がピックアップされていて興味深い」と雰囲気が次第に変容していく点を見どころに挙げた。本作の衣装に関しては「エレガントだけど普段でも取り入れられる素敵なファッションがたくさん見られた」といい、「今、ビンテージがブームなんです」と劇中衣装の数々が最新トレンドにも合致すると解説した。  中郡氏に同意しつつ、「南仏のシーンだとガラッと変わってバカンス感が出る。かわいらしいスタイリングですよね」と語った青野氏は「男性のスーツもよくできている。映画好き...more
カテゴリー:

もっと見る

「映画プロデューサー」の画像

もっと見る

「映画プロデューサー」の動画

Wikipedia

映画プロデューサー(えいがプロデューサー)は、映画を企画、立案し、作品にする総合責任者である。

概要

日本映画では「製作」や「企画」と表記されることもある。また近年は特にその職域が広くなっていることもあり、プロデューサーとしての職分を複数で分担する場合が大半である。エンドロールでは、「プロデューサー」として連名で表示されることもあるし、「協力プロデューサー」「プロデューサー補」等とされることもある。

Executive Producer(製作総指揮)は、ここで定義する映画プロデューサーとは、必ずしも一致しない。映画製作において具体的な実務内容が定められておらず、一般には、プロデューサーに対して社会的経済的信用を付与する存在(日本的に言えば「後見人」)と理解されている。出資を伴う事もあれば、映画プロデュースを全面的に指揮している場合もあり、最高責任者である。

近年のハリウッドでは「リメイク作」や「アメコミの映画化」などで「映画の元となる作品の権利を持つ人物」は、その作品にタッチしていなくても権利者として「エグゼクティブ・プロデューサー」にクレジットされる慣習となっている。

これに対し、邦画におけるエグゼクティブ・プロデューサーは、洋画と同じ意味合いで使われる場合もあるが、「複数のプロデューサーの中の筆頭者」を意味する場合もある。

主な役割
  • 企画立案
  • 出資者への交渉、確保、プロデューサーチームの編成
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる