「映画プロデューサー」とは?

関連ニュース

ワインスタイン社の負債額は5億ドル以上 - 11月18日(土)11:00 

映画プロデューサーのハーベイ・ワインスタインが弟のボブ・ワインスタインと共同で設立した制作会社ワインスタイン・カンパニーが、5億ドルを超える負債を抱えていることが明らかになったと、米バラエティが...
カテゴリー:

伝説の写真家、ビル・カニンガムを称えるフォトウォークがアップル銀座で開催。 - 11月16日(木)17:00 

11月19日(日)、ニューヨークのストリートスナップを撮り続けた写真家、ビル・カニンガムの功績を称えるフォトウォークがアップル(APPLE)銀座で開催に。ファッションエディター・歴史家のジーン・クレールと、映画プロデューサーのマーク・ボゼックとともに、銀座のストリートファッションを撮影する。
カテゴリー:

『誰か席に着いて』田辺誠一「お客さんの反応楽しみ」 - 11月14日(火)10:00 

11月10日に舞台『誰か席に着いて』のプレビュー公演が開幕。それに先がけて公開稽古(一部シーン)と囲み取材が行われ、取材には田辺誠一、木村佳乃、片桐仁、倉科カナが登壇した。舞台『誰か席に着いて』チケット情報(PC)本作は、舞台『家族の基礎~大道寺家の人々』(作・演出)やNHK「LIFE!~人生に捧げるコント~」(脚本)などさまざまな作品を手掛ける倉持裕(劇団「ペンギンプルペイルパイルズ」)の作・演出による新作コメディ。2組の夫婦を中心としたストーリーで、映画プロデューサー・有園哲朗を田辺、その妻で売れっ子脚本家・織江を木村、売れないギタリストで作曲家・染田奏平を片桐、その妻で元プロダンサー・珠子を倉科が演じ、そこに福田転球と富山えり子が加わる6人芝居となっている。囲み取材では、まず田辺が「みっちり1カ月稽古したので、お客さんがどう楽しんでくれるか楽しみです」とコメント。木村は「久しぶりの舞台なので緊張しています!」と笑顔を見せ、「浮気があったり、借金があったり、盗作があったり、横領もあるけど、それでもコメディなんです」と作品を紹介するも勢いよくネタバレをしてしまい、片桐からツッコミをうける和やかな場面も。片桐は「和気あいあいと稽古してきたので、本当に(役柄同様)“家族”って感じになってきてる」と振り返り、「お客さんに観てもらって、笑ってもらって、はじめて答えが出る作品です。緊張はし...more
カテゴリー:

アリシア・ビカンダーら584人が告発!スウェーデンのエンタメ業界のセクハラ改善求め意見広告 - 11月13日(月)16:41 

映画プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインをきっかけに起きたセクハラの告発運動は、スウェーデンにも飛び火したと、Screen Dailyが報じた。同国のvenska Dagbladet紙は、エ...
カテゴリー:

首相、5度目の聴取=汚職疑惑で苦境-イスラエル - 11月11日(土)15:17 

 【エルサレム時事】イスラエル警察は9日、汚職疑惑をめぐり、ネタニヤフ首相の事情聴取をエルサレムの首相公邸で行った。聴取は、首相が容疑者の1人に浮上してから5回目。別の汚職疑惑では「腹心」も捜査対象となっており、苦境に追い込まれている。 首相をめぐっては、大物映画プロデューサーらから高額の贈り物を受け取った疑惑のほか、イスラエル有力紙に便宜を図る見返りに、首相に批判的な論調を抑えるよう要請した疑惑が浮上。首相はいずれも否定している。 一方、警察は5日、独鉄鋼大手ティッセンクルップ社からの潜水艦購入をめぐる汚職疑惑で、首相の顧問弁護士、ダビッド・シムロン氏とイツハク・モルホ氏を事情聴取。パレスチナなどとの交渉で首相の外交特使を務めてきたモルホ氏の聴取報道は大きな波紋を呼んだ。 【時事通信社】
カテゴリー:

ワインスタイン社の負債額は5億ドル以上 - 11月18日(土)11:00 

 映画プロデューサーのハーベイ・ワインスタインが弟のボブ・ワインスタインと共同で設立した制作会社ワインスタイン・カンパニーが、5億ドルを超える負債を抱えていることが明らかになったと、米バラエティが報じた。  ハーベイ・ワインスタインのセクハラ報道によりワインスタイン・カンパニーの名前に傷がついたいま、同社作品は公開延期や製作中止の憂き目に遭っている。現在、ワインスタイン・カンパニーは買収先を探しているものの、5億2000万ドルに及ぶ巨額の負債額が壁となっているという。  同社は「英国王のスピーチ」や「アーティスト」といった過去の映画作品のライブラリーを担保に資金調達をしてきた経緯がある。映画作品のライブラリーを担保に2億ドル、「プロジェクト・ランウェイ」などのテレビ番組のライブラリーを担保に2000万ドルのローンを借りている。さらに、複数の映画作品の制作資金の調達のためのローンが約9000万ドル、テレビ関連でのローンは6000万ドル。企業債務はおよそ5000万ドルで、これまでに自社作品に参加した製作者やタレントへのロイヤリティの支払いの滞りが1億ドル近くに及ぶという。  同社は破産を免れるために米投資会社Fortress Investment Groupから3500万ドルのつなぎ資金融資を獲得する方向で話を進めているという。だが、MGMやライオンズゲートなど同社の買収に興味を...more
カテゴリー:

ハリウッド発「セクハラ問題」世界中に拡散中 - 11月14日(火)19:00 

中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。11月13日(月)放送の「BREAKFAST NEWS」のコーナーでは、ジャーナリスト・仲野博文さんに世界に広がるセクハラ問題について話を伺いました。 ハリウッドの著名な映画プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインのセクハラ問題が「ニューヨーク・タイムズ」で取り上げられてから1ヵ月余り。その後、映画プロデューサーにとどまらず、俳優によるセクハラ問題も暴露という形で連鎖的に出てきているようで、「例えば、アカデミー賞俳優であるケビン・スペイシー。実は彼、来月公開の映画で主演級の役を務めているという情報があったのですが、この問題によりすでに俳優を入れ替えて撮り直しが行われている、という情報も入ってきています」と仲野さん。 仲野さんによると、同じくアカデミー賞俳優であるダスティン・ホフマンやアクション俳優のスティーヴン・セガールの名前も挙がっているのだとか。プロデューサーだけでなく、俳優や監督も入れるとかなりの数となり、セクハラ問題がエンタメ界を揺るがす大問題に発展しています。 また、発端となったハーベイ・ワインスタインの報道の直後に、女優のアリッサ・ミラノが過去にセクハラなどの性暴力をうけた人たちに向けて、立ち上がろうという旨をSNSで呼びかけました。その際に、日本語の“私も”を意味する“me t...more
カテゴリー:

アリシア・ビカンダーら584人が告発!スウェーデンのエンタメ業界のセクハラ改善求め意見広告 - 11月13日(月)16:41 

 映画プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインをきっかけに起きたセクハラの告発運動は、スウェーデンにも飛び火したと、Screen Dailyが報じた。  同国のvenska Dagbladet紙は、エンタテインメント業界でセクハラや性的暴行を受けたとする584人の女性による意見広告を掲載。映画監督やプロデューサー、劇場のマネージャーなどに対し、「職場において誰も性的虐待を受けないように取りはからうのは、あなたたちの責任です」と、映画や劇場の制作現場における改善を求めている。  この意見広告には、「リリーのすべて」でアカデミー賞助演女優賞を受賞したスウェーデン女優アリシア・ビカンダーも名を連ねている。 【作品情報】 ・リリーのすべて 【関連記事】 ・スティーブン・セガールにもセクハラ疑惑浮上 複数の女優が告白 ・ダスティン・ホフマンもなのか…17歳へのセクハラ行為を謝罪 ・ブレット・ラトナーもセクハラ発覚 オリビア・マン、ナターシャ・ヘンストリッジらが被害告発 Photo by Daniel Zuchnik/WireImage
カテゴリー:

【芸能】<ハリウッドだけじゃない! >日本芸能界「セクハラ」事情 深作監督が松坂慶子とホテル連泊 - 11月12日(日)21:02  mnewsplus

日本にも芸能界「セクハラ白書」(1) いま、この地球上に76億を超える人間が存在しているのは、言ってみれば性欲の賜物。そして、性欲のあるところにセクハラは付きものである。 太平洋の彼方、米西海岸のハリウッドでは、ハーヴェイ・ワインスタイン(65)なる大物映画プロデューサーが、積年のセクハラの責任を問われ、追放されてしまった。 アンジェリーナ・ジョリーをはじめ、30人を超える女優に枕営業を強いてきたんだそうだが、 この手の「セクハラ大魔王」とは、最近新たに出現した人種ではない。むしろ古典的な存在といえ...
»続きを読む
カテゴリー:

セクハラ隠蔽にスパイまで動員していたことが明らかに! 大物に迫る捜査の手 - 11月10日(金)20:09 

10月5日(現地時間)、「ニューヨーク・タイムズ(NYT)」紙に大物映画プロデューサー、ハーヴェイン・ワインスタインの長年にわたるセクハラ行為を告発する記事が掲載された。1ヵ月が過ぎた今、騒動は収まるどころか、他の映画関係者たちに対する告発も相次ぎ、ハリウッドを揺るがす事態になっている。 ハリウッドにはキャスティング・カウチという言葉がある。新人女優や女優志望者に、プロデューサーが映画出演のチャンスを匂わせてカウチ(長椅子)で性的関係を持つことを指し、映画界の悪習を表すこの業界用語は広く一般にも浸透している。昔から、何人もの俳優たちが実名暴露は避けながらも体験を語ってきたが、 大きく問題視されることはないまま、公然の秘密状態が続いてきた。 そうした風潮につけ込み、30年近くもの間、若い女優たちや自社(ミラマックス、ワインスタイン・カンパニー)社員、映画関係者たちに不適切な性的嫌がらせを続けてきたのがワインスタイン。手がけた作品がアカデミー賞にノミネートされた回数は300を超え、『イングリッシュ・ペイシェント』『英国王のスピーチ』など作品賞5回を含め、受賞は80回を超えるハリウッドの最重要人物の1人だ。 NYT紙記事では、『コレクター』などのアシュリー・ジャッドが1997年に受けた被害について実名で告白したほか、『スクリーム』で知られるローズ・マッゴーワンなど少なくとも8人の...more
カテゴリー:

もっと見る

「映画プロデューサー」の画像

もっと見る

「映画プロデューサー」の動画

Wikipedia

映画プロデューサー(えいがプロデューサー)は、映画を企画、立案し、作品にする総合責任者である。

概要

日本映画では「製作」や「企画」と表記されることもある。また近年は特にその職域が広くなっていることもあり、プロデューサーとしての職分を複数で分担する場合が大半である。エンドロールでは、「プロデューサー」として連名で表示されることもあるし、「協力プロデューサー」「プロデューサー補」等とされることもある。

Executive Producer(製作総指揮)は、ここで定義する映画プロデューサーとは、必ずしも一致しない。映画製作において具体的な実務内容が定められておらず、一般には、プロデューサーに対して社会的経済的信用を付与する存在(日本的に言えば「後見人」)と理解されている。出資を伴う事もあれば、映画プロデュースを全面的に指揮している場合もあり、最高責任者である。

近年のハリウッドでは「リメイク作」や「アメコミの映画化」などで「映画の元となる作品の権利を持つ人物」は、その作品にタッチしていなくても権利者として「エグゼクティブ・プロデューサー」にクレジットされる慣習となっている。

これに対し、邦画におけるエグゼクティブ・プロデューサーは、洋画と同じ意味合いで使われる場合もあるが、「複数のプロデューサーの中の筆頭者」を意味する場合もある。

主な役割
  • 企画立案
  • 出資者への交渉、確保、プロデューサーチームの編成
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる