「明治」とは?

関連ニュース

原宿「カワイイモンスターカフェ」で食事付きエンタメショー 「真夏の夜の夢」題材に - 09月25日(月)22:19 

原宿・明治通りのコンセプトレストラン「KAWAII MONSTER CAFE(カワイイモンスターカフェ)HARAJUKU」(渋谷区神宮前4、TEL 03-5413-6142)が12月から、食事付きエンターテインメントショー「MONSTER PALACE(モンスターパレス)」を始める。
カテゴリー:

【芸能】まさに茶番劇! 明治が「きのこの山」と「たけのこの里」を公式で実写ドラマ化!! 12話も一挙に公開中(※動画あり) - 09月25日(月)17:59  mnewsplus

好きなお菓子を選ぶ時に、よく派閥がわかれがちなのだが、「きのこの山」と「たけのこの里」である。よく、『きのたけ戦争』などと言われ、決着を見ない戦いとして有名だ。 仲間でありながら、関係はいつも平行線。まるで愛憎劇を繰り広げるているようなこの2つを、明治が公式でドラマ化した! 題して『きの子と竹彦』、6秒ドラマを一挙に12話も公開したのである。まさか公式で実写ドラマ化してしまうとは! どうしてこうなった!? ・ベタベタの昼ドラ展開 主人公の「木野山きの子」は、由緒正しき竹里財閥の御曹司「竹里竹彦」の...
»続きを読む
カテゴリー:

明治期に創業された企業は2万1,799社 - 売上高トップはあの保険会社 - 09月25日(月)15:35 

東京商工リサーチはこのほど、全国「明治創業企業」調査結果を発表した。同社が保有する企業データベース(約310万社)から「明治」創業の企業を抽出、分析したところ、明治期に創業された企業は全国で2万1,799社となった。
カテゴリー:

ハロウィンスイーツとライスサラダが秋メニューとして新登場 - 09月25日(月)13:08 

三菱ケミカル・クリンスイが展開するカフェ「MIZUcafé PRODUCED BY Cleansui」では、9月27日(水)より期間限定で秋の新メニュー2種「パンネクック ハロウィンパンプキン」(セットドリンク付き1300円)と「新米のグレインズサラダ」(セットドリンク付き1200円)を提供する。また、人気メニュー「パンネクック グリルチキン」は、目の前でトロトロ熱々のチーズをかける「パンネクック ラクレットチキン」(セットドリンク付き1280円)としてリニューアルされ、レギュラーメニューとして販売される。 【写真を見る】カフェは明治神宮前駅7番出口すぐ ■ 「パンネクック ハロウィンパンプキン」 焼き立てのパンネクックに、天然海塩でほんのり塩味を効かせたカボチャペーストとマスカルポーネの特製ホイップをトッピングして楽しめる。クルミ、アーモンドなどのナッツもアクセントとして添え、カボチャクリームのフィリングを使用したパティシエ特製の紫色のマカロンも添え、ハロウィンらしさを感じるスイーツメニューに仕上げた。 ■ 「新米のグレインズサラダ」 茨城県潮来市だけで栽培されている希少な「一番星」の新米に黒米やキヌア等の十六穀を混ぜた雑穀米を、米をおいしくするための浄水器「クリンスイ JP407-R」の水を使用して炊いた。炊き上がった雑穀米を冷やすことで、口当たりがよくランチにぴったりなメニュ...more
カテゴリー:

【明大の学食】眺め抜群!スカイラウンジ暁で「トリプルカレー」と戦ってきた--540円でこのボリュームは高コスパ - 09月25日(月)12:00 

明治大学(明大) 駿河台キャンパスの学生食堂「スカイラウンジ暁」で「トリプルカレー」を食べてみた。
カテゴリー:

【書評】カギは江戸時代。中韓が未だ日本に追いつけぬ根本的理由 - 09月25日(月)19:00 

「日本はいち早く近代化に成功したのに、なぜ中韓両国はいまだに近代化できないのか」という疑問を持った中国出身の評論家・石平氏が気づいてしまった「衝撃の事実」とは──!? 今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』で編集長の柴田忠男さんが紹介している1冊には、日本人の我々も目からウロコの説が記されていました。 『明治維新から見えた 日本の奇跡、中韓の悲劇』 加瀬英明、石平・著 ビジネス社 加瀬英明・石平『明治維新から見えた日本の奇跡、中韓の悲劇』を読んだ。石平が加瀬英明に対談を希望したのは、彼自身の問題意識によるものだった。中国の民主化運動に頓挫し、1988年に来日した彼が、近代史を含めた日本の歴史を勉強してきたなかで生まれた重大な疑問があった。 それは「中国は近代化に失敗して一人前の近代文明国家になり損なったのに、どうしてアジアの中で日本だけいち早く近代化に成功して、現在のような素晴らしい近代文明国家に変身できたか」ということであった。 そこで、西洋と東洋の双方に対して深い洞察を行ってきた博識の先学に問題意識をぶつけて、その謎を徹底的に解明していこうと思ったのだ。ところが、話が進んでいくうち、彼は非常に衝撃的なことに気づいてしまう。それは、自身の問題意識と提起が、そもそも前提から間違っていたのではないかということだった。 彼の問題意識の前提における「近代以前...more
カテゴリー:

こだわりを凝集した、奈良吉野の「ドライフルーツ」が気になる - 09月25日(月)17:10 

フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”を食べてみたいと思いませんか?そんな期待に答えてくれるのが、材木でも有名な奈良県の吉野にある「堀内果実園」。ふかふかの土壌で育ったフルーツは、完熟・国産・無添加をモットーに加工し、おいしさをギュッと詰め込んでいるそうです。明治時代から受け継ぐ「こだわり」明治36年に開墾という長い歴史を持ち、今は6代目が園地を守っている果実園。吉野産の杉や檜の資材を使ってつくられている土壌でのびのびと育った木からなるフルーツは風通しが良く、剪定や摘蕾(てきらい)、摘果作業などを経て、大切に大切に育てられます。一玉一玉、一粒一粒の熟す時期を見分けながら収穫していきます。完熟の時期を見極めて収穫されているからこそ、旨味そのままに無添加で鮮やかな色のドライフルーツができあがるのです。その種類の多さにも驚かされる、ドライフルーツ。ふじりんご、すもも、富有柿、なし、種無柿、うめ、フリーズドライふじりんご、温州みかん、セミドライミックス、フリーズドライミックス、柿ショコラスウィート、柿ショコラホワイト、みかんショコラスウィート、みかんショコラホワイト、柿ショコラさくら…などなど。三条通りならスムージーやサンドイッチもドライ...more
カテゴリー:

老舗そば店の黄色いそば「蘭切りそば」 - 09月25日(月)14:10 

9月24日放送の「バナナマンのせっかくグルメ!」(TBS系、午後18時30分~)では、道内No.1の港町・北海道・釧路を訪れたら絶対に食べておきたい絶品グルメを探した旅の中で、「竹老園・東家総本店」(北海道釧路市)が紹介された。 道行く人にオススメとして紹介された同店は創業明治7年という歴史ある老舗蕎麦店。上質な一番粉にこだわった手打ち蕎麦を味わうことができる。 席についた日村勇紀さんは「特選品コース」(2,780円/税込)を注文。「茶そば」や「そば寿司」などお店の名物を堪能出来るメニューだ。 まず運ばれて来たのは「かしわぬき」。店主いわく「お酒のアテ」だというこのスープは、親鶏を宗太鰹のつゆで煮込んだもの。本来はかしわそばのダシとして使うものを、そば抜きで頂くという一品だ。一口飲んだ日村勇紀さんは「うわぁ…これはすごいわ…うっまぁい」とコメント。 つづいて登場したのは一風変わった黄色いそば「蘭切りそば」。卵をつなぎとしたおそばで、歯ごたえと錦糸卵のような風味が特徴だ。ずずずっと勢いよくそばをすすり込んだ日村勇紀さんはニコリと笑って「うまい!」と一言。「すんごいコシがある。美味しい」と満足げにコメントした。 ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。【関連記事】・ニュースのお店を見る:...more
カテゴリー:

永遠の争い「きのこ派?たけのこ派?」両者の関係性を完全昼ドラ化! - 09月25日(月)12:00 

株式会社 明治は、「大人のきのこの山」「大人のたけのこの里」を昼ドラ化した大人のチョコスナック6秒劇場「きの子と竹彦」を9月25日(月)に公開する。 【写真を見る】因縁のライバル関係を昼ドラ化!気になる人物相関図に注目 ■ 昼ドラ仕立ての物語が気になる! 動画では、「きのこの山」を愛するきの子が、「たけのこの里」を愛する竹里家に甘い新婚生活を夢みて嫁入りする。ところが姑たちの反感を買い、なかなか甘い新婚生活を送らせてもらえない…、という昼ドラ仕立ての物語だ。きの子を嘲笑する姑・タケヨ、母に甘えっぱなしの夫・竹彦など、昼ドラあるあるが詰まったクスッと笑えるCMに仕上がっている。 ■ 新発売する「大人のきのこの山」「大人のたけのこの里」の魅力とは 「大人のきのこの山」「大人のたけのこの里」は、さらに大人の味わいを追求し、甘さひかえめのカカオの旨みと香りが楽しめるようリニューアルする。「大人のきのこの山」は、“カカオのおいしさ”をより味わえるようチョコのビター感をアップ。カリッと香ばしいプレッツェルで引き立てた大人の味わいが楽しめる。「大人のたけのこの里」は、“あとひくおいしさ”を高めるため、チョコとクッキーのバランスを変更。クッキーのおいしさをより味わえるようチョコの量を調整し、止まらないおいしさに仕立て直した。どちらも毎日飽きずに楽しめる、大人のおやつにぴったりの一品だ。 リニュー...more
カテゴリー:

きのこの山×たけのこの里の関係性をドロドロ昼ドラ化! - 09月25日(月)11:40 

明治の新商品「大人のきのこの山」と「大人のたけのこの里」の関係性を昼ドラ風に仕上げた動画、大人のチョコスナック6秒劇場「きの子と竹彦」が公開された。 この動画は、「きのこの山」を愛する木野山きの子(旧姓)が、「たけのこの里」を愛する竹里財閥の御曹司・竹彦との甘い新婚生活を夢みて竹里家に嫁入りするものの、姑たちの反感を買い、なかなか甘い新婚生活を送らせてもらえない、昼ドラ仕立ての物語。 きの子を嘲笑する最恐の姑・タケヨ、母に甘えっぱなしの夫・竹彦を惑わせる謎の女やきの子に淡い想いを寄せる幼なじみが登場するなど、昼ドラあるあるが詰まった展開は必見! 「きのこの山」開発担当者は「ドラマをご覧になった皆さまにお伝えしたいことは、これは遠い世界の話ではなく、現実に起きている物語だということです。世論では“たけのこの里の方が市民権を得ている”なんて話もあって…きのこの山の担当としては、胸を痛める思いです。この大人シリーズの作品で、皆さまの『きのこの山』に対するイメージが少しでも変わってくれることを祈っています」とコメント。 これに対し、「たけのこの里」開発担当者は、「最初に脚本を『きのこの山』担当者から渡されたときは、あぜんとしました。“ついにこんな手を使ってまで、市民権を得たいのか・・・”と思ったのですが“ここで逃げたらダメだ…!”と思い、今回の大人シリーズの企画にOKを出すこと...more
カテゴリー:

もっと見る

「明治」の画像

もっと見る

「明治」の動画

Wikipedia

明治(めいじ)は、日本元号の一つ。慶応の後、大正の前。新暦・1868年1月25日(旧暦慶応4年1月1日/明治元年1月1日)から1912年(明治45年)7月30日までの期間を指す。日本での一世一元の制による最初の元号。明治天皇在位期間とほぼ一致する。ただし、実際に改元詔書が出されたのは旧暦慶応4年9月8日(新暦・1868年10月23日)で慶応4年1月1日に遡って明治元年1月1日とすると定めた。

改元

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる