「早見沙織」とは?

関連ニュース

中村悠一、子安武人に寿司おごらせる 「パシフィック・リム」続編アフレコで豪華ランチ - 04月13日(金)21:00 

 世界的ヒットを記録したSFアクション大作「パシフィック・リム」の続編である「パシフィック・リム アップライジング」が4月13日、全国605スクリーンで公開初日を迎え、日本語版声優を務めた中村悠一、早見沙織、森なな子、石川界人が東京・TOHOシネマズ日比谷での舞台挨拶に出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  前作から10年後を舞台に、進化した兵器“イェーガー”と巨大生命体“KAIJU”の激闘をダイナミックに描く。主人公ジェイク(ジョン・ボイエガ)役の中村は、役作りを「ボイエガさんの声はすごく低く太いので、寄せようとすると無理があるから、自由にやらせていただこうと思った。字幕版とは音声的な表現は違うかなと思います。代わりにニュアンスは寄せているつもりです」と明かす。  アフレコは1日がかりで行われたそうで、中村は「しんどかったですね。後半怒涛なので、『つらいな』『大きい声いっぱい出すんだな』と思いながら(笑)」と吐露。それでも、「収録は楽しかったです」といい、「お昼ごはんは(共演した)小野(大輔)さんと子安(武人)さんと寿司を食べに行きました。子安さんにおごらせました(笑)」と愉快げに振り返っていた。  さらに、屈強な肉体を誇るロシア人訓練生イリヤ役の石川は「中村さんが覚えているかわからないですが、実は前作を、一緒に見に行ってるんですよ」と...more
カテゴリー:

森なな子:早見沙織なら脳内をシンクロさせてもOK? 「優しいから私を… - 04月13日(金)20:20 

 声優の森なな子さんが13日、東京都内で行われた人気SF怪獣映画の続編「パシフィック・リム:アップライジング」(スティーブン・S・デナイト監督)の初日舞台あいさつに早見沙織さんらと共に登場。森さんら…
カテゴリー:

中村悠一「僕の世代のヒーローは古谷徹さん」『パシフィック・リム』初日舞台挨拶 - 04月13日(金)19:42 

世界的に大ヒットしたSFアクション超大作『パシフィック・リム:アップライジング』の初日舞台挨拶が、4月13日にTOHOシネマズ日比谷で開催。本作の日本語吹替版で声優を務めた中村悠一、早見沙織、森なな子、石川界人が登壇した。人形巨大兵器イェーガーに、2人のパイロットが神経同調システムで“ドリフト”して戦う本作。中村はドリフトしたい相手にリスペクトしているという古谷徹の名を挙げた。 【写真を見る】早見沙織はプリーツの切り替えがキュートなワンピースで登壇 この質問が最初にふられた石川は「自分のバディは外せないから、花江(夏樹)さんなんだろうけど、ちょっと彼は細身なので、フィジカル的なシンクロは得られないかなと。僕はひとりでやります。ヒーローは1人でいい」と答えた。 続いて森が会場に来ている母親と答えたあとで「いや、戦わないといけないわけで」と考え直し「最近勝手に親近感が湧いてる沙織さん。優しいので」と早見を指名。 早見も「え?乗ります?こんなに気軽に世界を救っちゃう?」と2人で意気投合しつつ「私、普段、家でぐだぐだしているのを見せられるかな」とつぶやくと、森は「大丈夫!受け止めるので」と笑顔でうなずいた。 その流れを見て中村が「このなかから選ぶ感じになってません?」と言うと、石川が「先生が二人組を作ってくださいって言ってますよ」とコメントし、会場からどっと笑いが起きる。 ところが中村は「...more
カテゴリー:

石川界人、中村悠一に片思い? 思い出忘れられ「覚えていてくれぇ~」 - 04月13日(金)20:55 

 映画『パシフィック・リム:アップライジング』の初日舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版で声優を務めた中村悠一、早見沙織、森なな子、石川界人が登壇した。  本作は、「KAIJU」と命名されたモンスターと、「イェーガー」と呼ばれる人型巨大兵器の壮絶な戦いを描くシリーズの第2弾。  リーダーとしてパイロットたちを率いる主人公ジェイクの声を演じた中村は「収録は朝から晩まで…。後半は怒濤(どとう)なので結構つらかった。とはいえ、楽しかったですよ」とにっこり。観客には「ぜひ字幕版と吹き替え版、両方見て面白さを感じてほしい」とアピールした。  一方、訓練生のイリヤを吹き替えた石川は「実は前作を中村さんと一緒に見に行ったんです」とエピソードを披露。しかし共に鑑賞したはずの中村は「ちょっと忙しいですからね…。3日ぐらいたつと忘れちゃう」と当時の記憶がすっかり抜け落ちているようで、これには石川も「覚えていてくれぇ~」と悲鳴を上げた。  会場では、2人のパイロットが神経同調システムで“ドリフト”しながら操縦するイェーガーにちなみ「自分がイェーガーに乗って世界を救うとしたらドリフトしたい相手は誰?」という質問も。石川はあれこれ迷いつつ、最終的に「僕は1人でやります。ヒーローは1人でいいので」と回答した。  森は「最近、勝手に親近感がわいている沙織さん。すごく優しいので、私の過去も全部...more
カテゴリー:

中村悠一&早見沙織、『パシリム』続編の吹き替えに大興奮「幼稚園生のような…」 - 04月13日(金)19:55 

 声優の中村悠一、早見沙織が13日、都内で行われた映画『パシフィック・リム:アップライジング』初日舞台あいさつに登壇。主人公のジェイク・ペントコスト(ジョン・ボイエガ)の日本語吹替声優を務める中村は「ボイエガさんの声がすごく低くて太い声で、それに寄せようとしたら、さすがに無理がでる。自由にやらせていただくしかないなと思ってやったので、字幕版とは音声的な違いはあるけど、ニュアンスは寄せているつもりではあります」と役作りの工夫を明かした。 【動画】1:20~新田真剣佑の姿も 『パシフィック・リム:アップライジング』本予告  一方、独自にイェーガー(人型兵器)を作り上げる謎の少女アマーラ役を担当する早見は「いつも台本と一緒に映像を見させていただきながらやるんですけど、今回はあまりに映像がカッコいいので全然チェックにならなくて…ただただ、お客さんとして『うわーカッコいい、大きい、すごーい』という幼稚園生のような感想で見ていました」と興奮した様子で力説。「動きもしゃべりも多いので、ハイな気持ちでアフレコに臨みました」と満面の笑みを浮かべていた。  巨大生物KAIJUと人類の攻防を描いたアクション大作『パシフィック・リム』(2013年)の続編となる同作。前作で描かれた人類とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現す。よりスタイリッシュ...more
カテゴリー:

「早見沙織」の画像

もっと見る

「早見沙織」の動画

Wikipedia

  • オカルト
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる