「旧正月」とは?

関連ニュース

韓国に行ったら絶対立ち寄りたい♡ かわいすぎな鉄板フォトジェニックカフェ - 04月23日(日)12:00 

はじめまして、ピンクやかわいいものが大好きなインスタグラマー小沼瑞季です!プライベートでは韓国に8回も行っているくらいの韓国マニア♡今回はそんな私が、韓国旅行で絶対行くべきフォトジェニックカフェをご紹介します♡インスタ映え120%  Bistopping(ビストピン) ♡小沼瑞季 mizuki konuma♡さん(@mizukikonuma)がシェアした投稿 - 2017 4月 15 5:38午前 PDTまずご紹介するのは、とってもかわいいアイスのお店「Bistopping(ビストピン)」。インスタグラムでも良く見かける人気店です。アイスクリームに、LOVEなど、自分の好きなかわいいトッピングができて、とってもかわいい!インスタ映え間違いなしのお店なので、カロスキルにきたときは必ず寄ってしまいます♡ 今までに3回ほど行っていますが、行くたびに増えていくトッピングも毎回の楽しみのひとつ。新沙(シンサ)駅の近くにあり、新沙駅からカンジャンケジャン通りがある方面にすこし歩きます。目印は公園の向かい! 少しわかりにくいかもしれないので、ナビを使って行くのがおすすめ。トッピング次第で料金には変動がありますが、大体1000円以内にはおさまるかと思います。アイスも自然素材を使っていておいしいですよ♡ リップとLOVEをトッピングするのがフォトジェニックでおすすめです!Bistopping住所...more
in English
カテゴリー:

イバンカ氏が中国の若い女性に大人気 アプリも登場 - 04月19日(水)07:00 

 中国の若い女性の間で、トランプ米大統領の長女、イバンカ氏(35)が人気を集め、ネット上では「女神」と称えられるなど、イバンカ崇拝熱が高まっている。大統領である父に助言し、上級大統領補佐官の夫であるクシュナー氏を助ける無給の職員としてホワイトハウス入りするなどの献身的な働きが評価されているようだ。  その一方、自らの名前を冠するブランドを立ち上げ年商は270億円で、夫と合わせた財産は900億円ともいわれる。そんなこともあってか、「彼女の世俗的な成功などに憧れる中国の若い世代の歪んだ欲望がイバンカ人気に投影されているとの批判的な見方も少なくない」と米紙ニューヨーク・タイムズは報じている。  中国では、イバンカさんのアドバイスが聞けるモバイルアプリサービスが若い女性の間で人気を博している。これは英語圏で困難な選択に直面する時によく使う表現である「イエス・キリストならどうする?」の「イバンカバージョン」だ。  中国の女子大生の間では、毎朝起きてから30分間、その日の行動予定について「イバンカさんならどうするか」と考えて計画を立てる女性が増えていると同紙は伝えている。  また、イバンカ氏の中国式表記「伊万カ(イワンカ)」と名づけられた靴やスパ、整形手術、陶磁器の商品も人気を呼んでいる。  イバンカ氏は米首都・ワシントンの日本大使公邸で佐々江賢一郎駐米大使が開いた全米桜祭りレセプションにアラ...more
in English
カテゴリー:

「ハイランド」が「タイランド」に!?富士急のソンクラーン祭り - 04月12日(水)16:28 

富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)では、タイの旧正月ソンクラーンに合わせた期間限定イベント「フジQソンクラーン祭り」を開催する。 【写真を見る】フードメニューも充実 ソンクラーンとはタイの旧暦の新年のこと。ソンクラーンの前後10日間は祝いの祭りが行われ、道行く人が水をかけ合うことでも知られている。 華やかに彩られた園内ステージ前エリアでは、パクチー味噌ラーメンや、タイ焼きそば「パッタイ」、唐辛子の辛味と鶏肉のジューシーさがマッチした「ガパオライス」などの料理の提供のほか、宝石をちりばめたような絢爛豪華な衣装を纏ったタイ舞踊家による伝統的なタイ舞踊が披露される。また、水風船を園内のマスコットキャラクター「絶叫戦隊ハイランダー」に向かって投げる、水かけ祭りにちなんだ的あてゲームなど、タイのローカルフードや文化にふれられるイベントがそろっている。 今年は日本とタイとの修好130年を迎える記念の年。富士急が送るタイの魅力たっぷりのイベントにぜひ足を運んでみてほしい。【ウォーカープラス編集部/国分洋平】 【関連記事】 ・イルミネーションにワインフェス!?春の大井競馬場は見どころ満載 ・フルーツビネガーも!コージーコーナーの夏季限定くずきりが登場 ・とうぶフレンズに会いに行くのだ!けものフレンズが東武動物公園とコラボ ・パクチーヌードルも!トップバリュから本場アジアの味が新登場
in English
カテゴリー:

【経済】国際収支 2月経常黒字=2.8兆円 過去最大 春節反動で輸出増 - 04月10日(月)10:18 

財務省が10日発表した2月の国際収支速報によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支は前年同月比18.2%増の2兆8136億円で、2月としては過去最大となった。 中国などの春節(旧正月)が今年は1月に始まり、1月の輸出が減った反動で2月の輸出が急増したことが主因。 経常収支の黒字幅の拡大は2カ月ぶりで、黒字は32カ月連続。このうち輸出から輸入を差し引いた貿易収支は6733億円の黒字だった。 輸出は12.2%増の6兆3339億円、輸入は0.3%増の5兆2570億円だった。(共...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【中国】韓長賦農相「いつの日か外国人が中国で粉ミルクを買って帰る日がきっと来る」 - 03月07日(火)01:00 

2017年3月5日、第12期全国人民代表大会(全人代)の第5回会議が北京で開幕し、中国農業部の韓長賦(ハン・チャンフー)部長が「中国の乳製品は信頼を回復できると信じている」と語った。中国新聞網が伝えた。 韓部長は両会(全国人民代表大会と中国人民政治協商会議)で記者からの質問に答え、数々の不祥事で業界は一新されたとし、「いつの日か外国人観光客が中国で粉ミルクを買って帰る日が来るはずだ」との考えを明らかにした。 1月下旬の春節(旧正月)前には、習近平(シー・ジンピン)国家主席が河北省張家口市で乳製品会社を視...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【経済】貿易黒字 6年ぶり-16年度4兆円、震災後で初 - 04月20日(木)13:40 

財務省が20日発表した貿易統計速報(通関ベース)によると、2016年度の貿易収支は4兆69億円の黒字となり、年度末に東日本大震災があった10年度以来、6年ぶりに黒字となった。 3月の輸出は前年同月比12.0%増の7兆2291億円で、リーマン・ショックのあった08年9月以来の水準だった。 中国向けの液晶デバイスなどがけん引し、アジア向けの輸出額が過去最高を記録した。 年度ベースの貿易収支は11年度から赤字が続いていた。東日本大震災で原子力発電所が停止し、火力発電所向けの燃料輸入が増えたためだ。 16年度は原油相場の低迷...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

トランプ氏孫娘が習主席に中国民謡披露 選曲巡り憶測も - 04月16日(日)07:00 

 米中首脳会談が行われた米フロリダ州パームビーチのトランプ米大統領の別荘で、トランプ氏の孫娘、アラベラちゃん(5つ)が中国の習近平国家主席夫妻を前に、中国の民謡を披露したり、漢詩を中国語でそらんじて見せたりした。これについて、ネット上では「『中国の歌姫』と呼ばれた習近平の妻、彭麗媛さんの前で、歌を披露するとはすごい度胸。さすがにトランプの孫だ」などと話題になっている。  また、歌った民謡が「茉莉花(ジャスミン)」だったことは、2010年以降に中東・アフリカで広まった民主化運動「ジャスミン革命」を連想させた。そのため、「中国の民主化を意識した、トランプ大統領らの政治的な意図が隠されていたのでは……」との憶測も出るなど、対北朝鮮問題などで不調に終わったとされる米中首脳会談について、中国のネットユーザーの間では「トランプ陰謀説」がささやかれている。  アラベラちゃんはトランプ氏の娘、イバンカさんの長女で、生後16カ月から中国語を習っている。イバンカさんは今年2月の春節(旧正月)期間中、わざわざアラベラちゃんと一緒に中国大使館を訪問して、崔天凱中国大使や大使館員を前に中国語の歌を披露するなどして「新年」を祝っている。  また、今回の首脳会談でも、折角、中国の最高指導者が訪れるとあって、再びアラベラちゃんが登場し、硬い雰囲気を和らげる狙いがあったとみられる。  このため、アラベラちゃんが習夫...more
in English
カテゴリー:

悪運を洗い流せ! - 04月10日(月)10:40 

有名な水掛け祭りが行われるタイの旧正月「ソンクラン」が13日から始まるのを前に、香港で9日、早くも地元住民らが水を掛け合って楽しむ姿が見られた。人間の罪や悪運が洗い流されることを願って開催される。
in English
カテゴリー:

【中国】中国における1月新作アニメの人気。「けものフレンズ」に困惑し「メイドラゴン」で日本社会を知る - 03月12日(日)19:28 

アキバ総研 2017/3/12 12:00 中国オタク事情に関するあれこれを紹介している百元籠羊と申します。 今回は中国の動画サイトで配信されている日本の1月新作アニメの人気の動向や、その周辺事情などを紹介させていただきます。 中国は春節(旧正月)に合わせたスケジュールとなっているので、1月のシーズンは長期休暇と重なり学生も基本的には実家に帰ることから中国のオタク界隈の動きも鈍くなるのですが、今年は話題作が出たことや中国のオタク関係の環境が変化しているのもあり、昨年や一昨年と比べてずいぶんと新作アニメについて盛...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「旧正月」の画像

もっと見る

「旧正月」の動画

Wikipedia

旧正月(きゅうしょうがつ)は、旧暦正月(年初)。旧暦元日(旧暦1月1日)、またはそれから始まる数日間のこと。ここで言う旧暦とは、狭義には、中国日本朝鮮半島ベトナムでかつて使われていた、中国暦およびその変種のことであるが、下述するように、広義には、モンゴルチベット仏教暦、東南アジア諸国の上座部仏教暦のように、他の地域・文化圏の旧暦を含む場合もある。

旧暦1月1日は、通常雨水(2月19日ごろ)の直前の日であり、1月21日ごろから2月20日ごろまでを毎年移動する。旧暦で平年だった年は翌年の旧正月は約11日後退し、閏月があれば約18日進む。

中国大陸・香港・台灣・韓国・...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる