「日赤医療センター」とは?

関連ニュース

ヘビースモーカーにタバコをやめてもらう方法はある? - 01月16日(火)08:00 

JTが毎年実施している「全国たばこ喫煙者率調査」によると、2017年5月現在の全国の喫煙者率は18.2%。受動喫煙防止対策による規制の強化や増税・定価改定などで、喫煙者の割合は年々減少傾向にある。喫煙者にとっては肩身が狭い世の中だが、その一方で「絶対に喫煙をやめない」と豪語する人も。ヘビースモーカーにタバコをやめてもらう方法はあるのだろうか? ■ヘビースモーカーは治療が必要な「病気」! 「教えて!goo」の「ヘビースモーカーを直す方法はありますか?」という質問のように、父親など、同居人がヘビースモーカーで困っているという人は多いのではないだろうか。 一般社団法人日本禁煙学会理事長の作田学さんによると、 「ヘビースモーカーは、止めたくても止められない状態にあります。これは医学的に重度のニコチン依存症と考えられます。病気である以上、きちんとした医療機関で治療を受け、止める必要があります。このためにあるのが禁煙外来です」 とのこと。病院で治療が必要な以上は、本人が自覚して、自主的に治療を受けるという方法でしか改善は見込めないだろう。ちなみに禁煙外来では、薬などを使って治療を行う。条件を満たせば健康保険が適用されるので、人によっては月々のタバコ代よりも費用を抑えることが可能だ。 ■加熱式電子タバコなら吸ってもいいの? アイコスをはじめとする、加熱式電子タバコ。「煙が出ないので...more
カテゴリー:

【三六協定】医師残業、月200時間まで容認 過労死ラインの2倍 日赤医療センターが労使協定 - 01月13日(土)18:06  newsplus

 日赤医療センター(東京都渋谷区)が医師の残業時間を「過労死ライン」の2倍に当たる月200時間まで容認する労使協定(三六協定)を結んでいることが13日、分かった。医師20人は2015年9月からの1年間で月200時間の上限を超えて残業。渋谷労働基準監督署は昨年3月、センターに協定を順守するよう是正勧告した。  政府は働き方改革の一環として次期通常国会に、残業時間を罰則付きで規制する法案を提出する方針だが、医師への適用は5年間猶予される。適用の前倒しを巡る議論も必要となりそうだ。 2018/1/13 18:02 共同通信 https:/...
»続きを読む
カテゴリー:

医師残業、月200時間まで容認 日赤医療センターが労使協定 - 01月13日(土)18:07 

日赤医療センター(東京都渋谷区)が医師の残業時間を「過労死ライン」の2倍に当たる月200時間まで容認する労使協定(...
カテゴリー:

「日赤医療センター」の画像

もっと見る

「日赤医療センター」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる