「日経平均株価」とは?

関連ニュース

10月22日付・日経平均14日続伸 - 10月22日(日)09:06 

東京株式市場の日経平均株価(225種)は、1996年以来約21年ぶりに2万1000円の大台を回復、20日の日経平均は約57年ぶりに14日連続で上昇した▲世界的な景気拡大を受け、ニューヨーク株式市場のダ…
カテゴリー:

【実質賃金は3%ダウンのアベノミクス】迫る衆院選の前に徹底検証 アベノミクスで庶民の給料が上がらなかったワケ - 10月21日(土)09:27  seijinewsplus

迫る衆院選の前に徹底検証 アベノミクスで庶民の給料が上がらなかったワケ 10/20(金) 19:00配信 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171020-00010875-jprime-pol ’12年12月に誕生した第2次安倍内閣。その成果を経済面から見てみると、アベノミクスによって好景気をもたらした反面、庶民の実質賃金は低下、生活は悪化する事態に。ここでは、そんなアベノミクスを振り返るとともに、気になる消費税の行方についても検証していきます。 好景気、人手不足なのに庶民の給料が上がらないワケ  株価は依然として高値をキープ...
»続きを読む
カテゴリー:

東証14連騰、当面は上昇基調か 「適正水準は2万2000~2万3000円」との声 - 10月20日(金)23:19 

 日経平均株価が14営業日続伸し、高度経済成長期につけた歴代最長の連騰記録に並んだ。世界的な株高で投資家がリスクを取りやすい流れが強まる中、約21年ぶりの高値圏でも好調な企業業績を背景に、割高感に乏しい日本株には海外投資家を中心とした投資マネーが流れ込む。短期的な過熱感はあるものの、市場関係者の間では当面は上昇基調が続くとの見方が多い。
カテゴリー:

【株価】日経平均終値 21457円(+9円)14日続伸 高度成長期以来56年ぶり 歴代最長記録に並ぶ★2 - 10月20日(金)18:03  newsplus

 20日の東京株式市場で日経平均株価は小幅ながら14日続伸し、前日比9円12銭(0.04%)高の2万1457円64銭で終えた。14日続伸は1960年12月21日~61年1月11日以来約56年9カ月ぶりで、歴代最長記録に並んだ。水準としては1996年10月18日以来約21年ぶりの高値。欧州の地政学リスクを警戒した売りが先行したものの、下値では機関投資家の押し目買いが入り相場を支えた。週末の衆院選を控え様子見ムードが強く、売買代金は伸び悩んだ。  東証1部の売買代金は概算で2兆4705億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN...
»続きを読む
カテゴリー:

日経平均、14日連続上昇 - 10月20日(金)17:17 

20日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は前日比9円12銭高の2万1457円64銭となり、14営業日連続で上昇。過去最長記録に56年9カ月ぶりに並んだ。写真は終値を示す電光ボード=東京・八重洲
カテゴリー:

【経済】アベノミクスで庶民の給料が上がらなかったワケ - 10月21日(土)17:36  bizplus

 ’12年12月に誕生した第2次安倍内閣。その成果を経済面から見てみると、アベノミクスによって好景気をもたらした反面、庶民の実質賃金は低下、生活は悪化する事態に。ここでは、そんなアベノミクスを振り返るとともに、気になる消費税の行方についても検証していきます。 好景気、人手不足なのに庶民の給料が上がらないワケ  株価は依然として高値をキープ。就職率は上がり人手不足が目立つほど雇用環境は改善されたのに、なぜか厳しい庶民のフトコロ。安倍首相が「道なかば」と訴えるアベノミクスは、5年近くたっても私たちに恩恵...
»続きを読む
カテゴリー:

【株価】日経平均終値 21457円(+9円)14日続伸 高度成長期以来56年ぶり 歴代最長記録に並ぶ★3 - 10月21日(土)00:50  newsplus

 20日の東京株式市場で日経平均株価は小幅ながら14日続伸し、前日比9円12銭(0.04%)高の2万1457円64銭で終えた。14日続伸は1960年12月21日~61年1月11日以来約56年9カ月ぶりで、歴代最長記録に並んだ。水準としては1996年10月18日以来約21年ぶりの高値。欧州の地政学リスクを警戒した売りが先行したものの、下値では機関投資家の押し目買いが入り相場を支えた。週末の衆院選を控え様子見ムードが強く、売買代金は伸び悩んだ。  東証1部の売買代金は概算で2兆4705億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN...
»続きを読む
カテゴリー:

東証:14営業日続伸 56年9カ月ぶり歴代最長タイ記録 - 10月20日(金)19:47 

終値は21年ぶりの高値水準の2万1457円  20日の東京株式市場は、米国の税制改革議論の進展への期待などから高値を維持し、日経平均株価の終値は前日比9円12銭高の2万1457円64銭となり、14営業日続伸した。日経平均が14営業日連続で上昇したのは、高度経済成長期の1960年12月~61年1月以来、約56年9カ月ぶりで歴代最長記録に並んだ。終値は96年10月18日以来約21年ぶりの高値水準。
カテゴリー:

前日比9円高 歴代最長並ぶ14営業日続伸 10/20 17:45更新 - 10月20日(金)17:45 

20日の東京株式市場で日経平均株価が今年の最高値を更新し、約56年9か月ぶり、1961年の記録(1960年12月21日〜1961年1月11日)の歴代最長に並び、14営業日連続で値を上げた。終値は、前日比9円12銭高の2万1457円64銭。
カテゴリー:

日経平均株価、14営業日連続上昇 歴代1位タイ - 10月20日(金)17:15 

2017年10月20日の東京株式市場の日経平均株価は、終値で前営業日比9円12銭高となる2万1457円64銭となった。
カテゴリー:

もっと見る

「日経平均株価」の画像

もっと見る

「日経平均株価」の動画

Wikipedia

日経平均株価(にっけいへいきんかぶか、)は、日本の株式市場の代表的な株価指標の一つ。単に日経平均日経225(にっけいにひゃくにじゅうご、にっけいにーにーご)とも呼ばれる。英語圏の報道機関ではと表記される場合もある。1960年4月の株価の基準値を1000とした。ダウ式平均株価であり、東京証券取引所第一部に上場する約1700銘柄の株式のうち225銘柄を対象にしている。日本経済新聞社知的財産権を保有、銘柄を制定、15秒毎(2010年以降)に算出し公表する外部リンク日本経済新聞社による説明。日本の株価指標としては東証株価指数 (TOPIX) と並んで普及している。最も知名度の高い株式指標であるため、純粋に民間が作成している経済指標でありながら、日本国政府の経済統計としても使われている(総務省統計局)など。

概要

日経平均株価は、東証第一部上場銘柄のうち取引が活発で流動性の高い225銘柄...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる