「日米両政府」とは?

関連ニュース

沖縄の翁長知事「国民の安全守れない」 - 01月20日(土)12:04  news

知事「極東安保以前に国民の安全守れない」 米軍ヘリ普天間第二小上空飛行で  翁長雄志知事は19日午前の定例記者会見で、18日に宜野湾市の普天間第二小学校上空を米軍機が飛行したことを沖縄防衛局が確認したことについて 「最大限可能な限り(学校上空を)飛行しないとした約束が破られたことは極めて遺憾。極東の安全を守る前に国民の安全を守りきれない」と厳しく批判した。 日米両政府は、昨年12月の第二小への米軍ヘリ窓落下事故を受け、学校上空を「最大限可能な限り」飛行しないとしていた。 米軍が学校上空飛行...
»続きを読む
カテゴリー:

米軍トラブルに抗議決議、全会一致で可決 沖縄県議会 - 01月19日(金)12:15 

 米軍機のトラブルが相次いでいることを受け、沖縄県議会は19日、日米両政府や米軍に対する抗議決議や意見書を全会一致で可決した。沖縄では今月6日にうるま市の伊計島で、8日には読谷村で米軍普天間飛行場(宜…
カテゴリー:

学校上空、3機で編隊飛行=児童の安全軽視-日米合意、部隊浸透せず・沖縄 - 01月18日(木)20:44 

 米軍のヘリコプターから重さ8キロ近い窓が落下し、重大事故の不安が募る沖縄県宜野湾市の市立普天間第二小学校。その上空を、3機の米軍ヘリが18日、再び飛行した。 防衛省によると、3機は編隊で、いずれも今月に入り、同県内で不時着したヘリと同型機だった。この日、校庭では児童らがヘリの落下物から身を守る訓練をしていただけに、米軍普天間飛行場(同市)に隣接する同小の児童らの安全を軽視した米軍の姿勢が露呈した形だ。 「現場の部隊に日米の合意内容が浸透していないのではないか」。米軍機の飛行に政府関係者はこう不信感をにじませた。昨年12月の落下事故を受け、日米両政府は普天間第二小を含む全ての学校上空の飛行を「最大限、可能な限り避ける」ことで合意していた。 【時事通信社】
カテゴリー:

普天間代替:米、日本の費用負担検討 返還合意4年前 - 01月15日(月)06:45 

 日米両政府の1996年の米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)返還合意を巡り、米側は合意4年前には、返還と代替施設建設を想定し、その費用を日本側に負担させる方法を探っていたことが分かった。米側資料を毎日新聞が分析して判明した。米側資料は、琉球大の我部政明教授(国際政治学)が文部科学省の科学研究費補助金を使ってまとめた成果報告書の中の「普天間飛行場マスタープラン」(米海軍省92年6月作成、約200ページ)。
カテゴリー:

沖縄の翁長知事がグアム訪問 基地内に立ち入り拒否され展望台から基地を視察 - 01月12日(金)08:27  news

翁長雄志沖縄県知事は11日、在沖米海兵隊の移転先である米領グアムを訪問し、アンダーセン空軍基地などを基地外から視察した。 外務省を通して米側に基地内への立ち入りを求めていたが、実現しなかった。 翁長知事のグアム訪問は初めて。 知事は沖縄から移転する海兵隊の揚陸支援機能などを整備している海軍基地・アプラ港も近くの展望台から視察した。 12日はカルボ知事と会談する。 沖縄の過重な基地負担の現状を報告し、米軍再編計画に盛り込まれたグアム移転の着実な実施に理解を求める考えだ。 日米両政府は201...
»続きを読む
カテゴリー:

沖縄の翁長知事「ちょっとアメリカ行ってくる」 - 01月19日(金)18:30  news

沖縄知事、3月に訪米へ 辺野古移設反対を直接訴え 沖縄県の翁長雄志知事は19日の記者会見で、米首都ワシントンを3月に訪問する意向を示した。 日米両政府が進める米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する考えを、米側に直接伝えるのが目的。 翁長氏は「米側の理解が得られる状況をつくりたい。普天間飛行場を撤収させ、新辺野古基地をつくらせないことにどのように近づけるかだ」と強調した。 2014年の知事就任後、ワシントン訪問は4度目となる。 県によると、翁長氏はワシントンで上下両院議員や...
»続きを読む
カテゴリー:

知事「極東安保以前に国民の安全守れない」 米軍ヘリ普天間第二小上空飛行で 「米軍はデータ公表すべき」 - 01月19日(金)11:50 

 翁長雄志知事は19日午前の定例記者会見で、18日に宜野湾市の普天間第二小学校上空を米軍機が飛行したことを沖縄防衛局が確認したことについて「最大限可能な限り(学校上空を)飛行しないとした約束が破られたことは極めて遺憾。極東の安全を守る前に国民の安全を守りきれない」と厳しく批判した。日米両政府は、...
カテゴリー:

夜間騒音、8カ月で1173回 嘉手納基地、午前0時以降が半数 日米合意の形骸化を裏付け - 01月16日(火)06:00 

 防衛省沖縄防衛局が2017年度から始めた米空軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)の24時間目視調査で、日米両政府が合意した騒音規制措置(騒音防止協定)で飛行が規制されるはずの午後10時~午前6時の離着陸などの回数が、17年4~11月で1173回に上ったことが15日までに分かった。うち604回が午...
カテゴリー:

【国際】「沖縄の海兵隊を一日も早く受け入れたい」 グアム知事、移転に理解 翁長知事が謝意 - 01月13日(土)21:57  newsplus

「沖縄の海兵隊を一日も早く受け入れたい」 グアム知事、移転に理解 翁長知事が謝意 2018年1月13日 14:56 http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/194747  在沖縄米海兵隊の移転先である米領グアムを訪問している沖縄県の翁長雄志知事は12日、カルボ州知事と会談し、沖縄の基地負担軽減のため、グアム移転の着実な実施の重要性を訴えた。県によると、カルボ氏は米国民として沖縄の基地負担軽減の必要性を理解しているとし「一日も早く在沖海兵隊を受け入れたい」と応じた。  翁長氏は負担軽減に理解を示したカルボ氏に謝...
»続きを読む
カテゴリー:

【米軍ヘリ不時着】翁長・沖縄県知事 「米軍はだらしない」「日本政府は当事者能力がない」 - 01月09日(火)10:49  newsplus

 沖縄県の翁長雄志知事は8日、同県うるま市の伊計島に米軍ヘリコプターが不時着したことに関し「いろんな事件・事故を起こしながら何ら改善されない。(米軍は)だらしないと感じる」と批判した。同県名護市で記者団に語った。  日本政府については「何の責任も取れないし、当事者能力もない」と指摘。日米両政府に対し抗議し続けるとの姿勢を示した。 配信2018.1.8 17:32更新 産経ニュース http://www.sankei.com/politics/news/180108/plt1801080012-n1.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「日米両政府」の画像

もっと見る

「日米両政府」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる