「日本総領事館」とは?

関連ニュース

【日韓】韓国でなぜ反日攻勢が激化?日本大使館前に次は”徴用工像”設置の醜態 - 12月17日(日)11:55  news

韓国の市民団体が14日、ソウルで開かれたシンポジウムの中で、来年3月に日本大使館前に「徴用工」の像を設置することを発表し、日本国内では度重なる「いやがらせ」に怒りを通り越して、呆れムードが広がっている。 「いわゆる従軍慰安婦問題の次に、韓国が日本叩きの歴史戦のカードに選んだのが”徴用工”問題です。韓国内では先の大戦中に『日本国内の炭鉱や工場などで過酷な労働を強いられた』とする元労働者やその遺族が、日本企業に対して損害賠償を訴える事例が相次いで起こっている。 今回のシンポジウムはその関係者らの市民...
»続きを読む
カテゴリー:

少女像設置1年、釜山市長インタビュー 「法律に違反、不適切」 解決に時間、日本へ理解求め - 12月16日(土)06:00 

韓国・釜山市の徐秉洙(ソビョンス)市長が西日本新聞のインタビューに応じ、同市の日本総領事館前の歩道に、旧日本軍の従...
カテゴリー:

慰安婦像問題で幹部派遣 福岡市「耳の痛いことも言う」 釜山市の認識、徐々に変化 - 12月06日(水)11:31  seijinewsplus

http://www.sankei.com/politics/news/171206/plt1712060007-n1.html 福岡市の高島宗一郎市長は5日、姉妹都市である韓国・釜山(プサン)市の日本総領事館前に設置された慰安婦像に関し、年内にも市幹部を派遣し、懸念を伝えると正式発表した。両市の折衝の経緯をたどると、当初は日本側の反発を軽視していた釜山側が、福岡市の度重なる懸念表明によって、徐々に認識を改めたことが分かる。(中村雅和)  日本総領事館前に昨年12月28日、民間団体が慰安婦像を設置した。  福岡市は、像をきっかけに両国間で嫌悪感が高まる...
»続きを読む
カテゴリー:

【今週はこれを読め! SF編】狂気の細菌兵器、すでにはじまっている破滅 - 12月05日(火)11:33 

 表題の「破滅の王」とは、治療法のない細菌兵器のことだ。常識で考えれば、治療法がなければ兵器として成立しない。破壊兵器と異なり、細菌は標的を絞れない。地に放てば、敵味方関係なく冒していく。そんなものを実戦投入できるはずがない。しかし、戦術としてではなく、暗い情念に駆られてこれを用いる者がいたら......。  微生物兵器がもたらす破滅を描いた小説といえば、第一に小松左京『復活の日』があがるだろう(こちらは細菌ではなくウイルスだが)。しかし、「復活の日」というタイトルが示すように、あれは希望の物語でもあった。治療法のない「MM-88」が世界に蔓延し、人類は南極に滞在していた一握りを除いて絶滅してしまう。ここで描かれる絶滅は惨劇だが、同時にカタルシスでもある。『復活の日』が書かれた1960年代は東西冷戦のさなかにあり、小説に描かれる人類絶滅も絵空事ではなく切実な危機感をもって迫ってきた。  しかし、二十一世紀のいま、そうした危機感は鈍磨するいっぽうで、別種の焦燥がつのっている。ひとことでいえば「破滅は起こるが、きれいに絶滅などできない」感覚だ。1960年代からこちら、世界各地で繰り返されるテロや内戦をメディア越しに見ながら、私たちは阿鼻叫喚の地獄で死ぬに死ねない自分をイメージする。  上田早夕里がこの作品で示すのは、その破滅のなか生きていくしかない者の苦さだ(ご存知のとおり上田さんは『...more
カテゴリー:

【朝日社説】姉妹都市解消の危機。だがちょっと待ってほしい。市長の一存で断ち切ってよいものではない - 11月19日(日)11:34  news

朝日社説姉妹都市解消の危機。だがちょっと待ってほしい。市長の一存で断ち切ってよいものではない (社説)姉妹都市 市民交流を続けてこそ 朝日新聞 2017年11月19日05時00分 http://www.asahi.com/articles/DA3S13234938.html?ref=editorial_backnumber 太平洋の両岸にある大阪市と米サンフランシスコ市。今年10月に満60年を迎えた両市の姉妹都市関係が危機に陥っている。 サンフランシスコ市議会が今月14日、地元の市民団体が設置した慰安婦像を公共物として受け入れることを議決した。 像の碑文には「旧日本軍によ...
»続きを読む
カテゴリー:

【日韓合意違反ではないが・・】 釜山市長 少女像は道路法違反と初の見解へ - 12月16日(土)15:02  news

解決に時間、日本へ理解求め 釜山市長インタビュー  韓国・釜山市の徐秉洙(ソビョンス)市長が西日本新聞のインタビューに応じ、 同市の日本総領事館前の歩道に、旧日本軍の従軍慰安婦問題を象徴する少女像を市民団体が設置していることについて 「道路法に違反し、適切ではない」と否定的な考えを明らかにした。さらに「あくまで韓国人が解決しなければならない問題」と述べ、 日本側から同市への批判が強まることに懸念を示した一方、改善に時間を要することに理解を求めた。 (西日本新聞) https://news.yahoo.co.jp/pickup...
»続きを読む
カテゴリー:

【朗報】徴用工像  来年3月、日本大使館前に設置へ…韓国市民団体 - 12月14日(木)22:00  news

◆徴用工像 来年3月日本大使館前に設置へ 韓国市民団体 太平洋戦争中に日本の炭鉱や工場などで過酷な労働を強いられたとする韓国の徴用工の問題をめぐって、ソウルで14日、シンポジウムが開かれ、主催した市民団体は、来年3月、日本大使館の前にこの問題を象徴する像を新たに設置すると発表しました。 韓国では、太平洋戦争中に徴用工として日本の炭鉱や工場などで過酷な労働を強いられたとする元労働者やその遺族が、日本企業に対して損害賠償を求める訴えを相次いで起こしています。 その関係者らでつくる市民団体が、14日...
»続きを読む
カテゴリー:

福岡市が釜山少女像に対する懸念を表明 ⇒ 釜山市民団体「福岡市は慰安婦問題について謝罪しろ」 - 12月05日(火)17:02  news

市民団体「福岡市は少女像に言及する前に謝罪しろ」 釜山平和の少女像 釜山と姉妹提携を結んだ日本の福岡市が釜山平和の少女像に対する懸念を表明して釜山訪問計画を明らかにすると、地域の市民社会団体が「日本軍慰安婦問題の謝罪からしろ」と強く批判した。 少女像を守る釜山市民行動は4日に発表した声明で、「福岡市だけでなく、最近、麗水少女像の姉妹都市である日本の唐津市が懸念の書簡を伝達した」、「これは過去2015年12月28日に締結した「韓日日本軍慰安婦合意」を公式化しようとする試み」と主張した。 市民行動は...
»続きを読む
カテゴリー:

【慰安婦像問題】福岡市、慰安婦像に関し釜山市に懸念伝えるも姉妹都市解消まで踏み込まず - 12月03日(日)16:43  seijinewsplus

 2017.12.3 12:00  http://www.sankei.com/world/news/171203/wor1712030018-n1.html  韓国・釜山(プサン)市の日本総領事館前に設置された慰安婦像に関し、同市と姉妹都市協定を結ぶ福岡市が、年内にも幹部を釜山に派遣し、像への懸念と撤去への尽力を求めることが2日、分かった。慰安婦像をめぐっては、米サンフランシスコ市が慰安婦像と碑文を公共物化したことで、大阪市が姉妹都市関係を解消する意思を伝達している。  福岡市関係者によると、同市の中村英一総務企画局長の訪韓を検討している。大阪市とサンフランシスコ...
»続きを読む
カテゴリー:

「日本総領事館」の画像

もっと見る

「日本総領事館」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる