「日本男子」とは?

関連ニュース

カークパトリックが完全試合=ソフト男子日本リーグ - 04月22日(日)16:43 

 22日に広島・尾道市御調ソフトボール球場で行われた日本男子ソフトボール西日本リーグ第1節で、ダイワアクトのアンドリュー・カークパトリック投手(オーストラリア)が完全試合を達成した。2004年に西日本リーグが始まってから初。81球を投げて奪三振9、内野ゴロ4、内野フライ4、内野ライナー1、外野フライ3の内容だった。 [時事通信社]
カテゴリー:

川内、凱旋レースに意欲=ハーフマラソン - 04月21日(土)17:42 

 高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン(22日、岐阜メモリアルセンター長良川競技場発着)の招待選手が21日、岐阜市内で記者会見し、16日のボストン・マラソンで日本男子として瀬古利彦氏以来となる31年ぶりの優勝を遂げた川内優輝(埼玉県庁)が「凱旋(がいせん)レース」に意気込みを示した。優勝に伴う所用で帰国予定が1日延びたといい、「練習できていないが、粘って最後まで頑張りたい」と述べた。 19日に帰国後、川内は来春に埼玉県庁を退職しプロ選手として活動する意向を明らかにした。「マラソンが人生そのものになっている。プロになるしかないと思っていた」と胸に秘めていた思いを改めて表明。日本陸連のマラソン強化戦略プロジェクトリーダーを務める瀬古氏も会見場を訪れ、「あなたが優勝するなんて思っていなかった。(2020年東京)五輪もやれるよ」と31歳を激励した。 [時事通信社]
カテゴリー:

川内、公務員辞めプロへ=ボストン・マラソン優勝から帰国 - 04月19日(木)16:24 

 16日に行われたボストン・マラソンで日本男子31年ぶりの優勝を遂げた川内優輝(31)が19日、来春に埼玉県庁を退職しプロ選手として活動することを表明した。米国から帰国直後の成田空港で「どこまでやれるか、強豪相手に戦っていきたいと覚悟を決めた。自分自身の可能性を試したい」と述べた。 世界の強豪が参加したボストンのレースでは、強い風雨に負けず2時間15分58秒で優勝。約1600万円の賞金を手にし、「スポンサーに関係なく3年か4年は活動できる。自己ベスト(2時間8分14秒)を5年間更新していない。環境を変えるしかないという結論に至った」と「公務員ランナー」からの卒業を明言した。 川内はこれまで、暑さが苦手なことなどを理由に真夏に開催される2020年東京五輪を狙わない意向を示しているが、「プロになってマラソンに集中し、できることがあると考えられれば自信を持って挑戦したい」と話した。 [時事通信社]
カテゴリー:

川内が優勝=ボストン・マラソン - 04月17日(火)01:35 

 【ボストン時事】第122回ボストン・マラソンは16日、ボストン郊外から市街地までの片道コースで行われ、男子で川内優輝(埼玉県庁)が2時間15分54秒で優勝した。日本男子の優勝は1987年の瀬古利彦以来。(記録は速報タイム)。 [時事通信社]
カテゴリー:

米ツアー初優勝の小平智が27位に浮上 自身初のトップ30入り【男子世界ランキング】 - 04月16日(月)10:25 

15日付の最新男子世界ランキングが発表され、米国男子ツアー「RBCヘリテイジ」でツアー初優勝を遂げた小平智が、46位から27位に浮上。自身初のトップ30入りを果たした。 【写真】小平智 米ツアー初優勝の表彰式フォトギャラリー 米ツアー制覇は、青木功、丸山茂樹、今田竜二、松山英樹に続く日本人史上5人目。出場15試合目での勝利は日本人史上最速記録となった。小平は今大会の優勝により、来年からの2年シード権も獲得。2019年の「マスターズ」出場も決めた。 日本男子ツアーの国内開幕戦「東建ホームメイトカップ」で悲願の初優勝を果たした重永亜斗夢は、前週の471位から226人抜きとなる245位にジャンプアップ。同大会を単独2位で終えた石川遼は49ランクアップの155位に順位を上げた。 世界トップ10に動きはなく、RBCヘリテイジを16位タイで終えたダスティン・ジョンソン(米国)が1位をキープ。先週、試合出場がなかった松山英樹も8位と変わらなかった。 ほかの日本勢は、欧州ツアー「スペイン・オープン」に出場した谷原秀人が85位、宮里優作が61位、片岡大育が181位とそれぞれ順位を落とした。 【男子世界ランキング】 1位:ダスティン・ジョンソン(9.84pt) 2位:ジャスティン・トーマス(9.46pt) 3位:ジョーダン・スピース(8.76pt) 4位:ジョン・ラーム(8.72pt) 5位...more
カテゴリー:

川内は14位=ぎふハーフマラソン - 04月22日(日)11:06 

 高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソンは22日、岐阜メモリアルセンター長良川競技場発着の21.0975キロのコースで行われ、男子の川内優輝(埼玉県庁)は1時間4分35秒で14位だった。16日のボストン・マラソンで日本男子31年ぶりの優勝を果たしてから最初のレースだった。ニコラス・コシンベイ(トヨタ自動車)が1時間1分12秒で優勝。日本選手は鈴木洋平(愛三工業)の9位が最高だった。 [時事通信社]
カテゴリー:

ヤワラの道は“静と動”、柔道・全日本男子が合宿公開 - 04月20日(金)00:34 

 今年夏のアジア大会と世界選手権に臨む柔道全日本男子が合宿を公開しました。
カテゴリー:

【卓球】<朝日新聞>「張本智和」誤報で卓球協会出禁に...水谷隼と握手せず→翌日書き換え★2 - 04月17日(火)18:07  mnewsplus

日本男子でナンバーワンといっても、まだ14歳の少年である。大新聞に礼儀を知らない奴だと書かれては張本智和選手も立場がないだろう。怒った日本卓球協会が朝日新聞を記者会見から締め出した一幕とは。  *** . 桜も満開を迎えた3月30日の夕方、日本卓球協会では、平野美宇選手のエリートアカデミー修了とプロ宣言を発表した。が、記者たちの関心を引いたのは会見のペーパーにあった一文である。 〈朝日新聞デジタルの取材及び本件報道はご遠慮申し上げます〉  いったい、何をやらかしたのか。運動部のデスクが言う。 「卓球...
»続きを読む
カテゴリー:

‪【朝日新聞】「張本智和」誤報で協会出禁に〈水谷隼と握手せず〉 - 04月16日(月)12:18  news

‪朝日新聞、「張本智和」誤報で協会出禁に 〈水谷隼と握手せず〉(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180416-00540741-shincho-spo 日本男子でナンバーワンといっても、まだ14歳の少年である。大新聞に礼儀を知らない奴だと書かれては張本智和選手も立場がないだろう。 怒った日本卓球協会が朝日新聞を記者会見から締め出した一幕とは。 桜も満開を迎えた3月30日の夕方、日本卓球協会では、平野美宇選手のエリートアカデミー修了とプロ宣言を発表した。 が、記者たちの関...
»続きを読む
カテゴリー:

【卓球】朝日新聞、「張本智和」誤報で卓球協会出禁に 水谷隼と握手せず→翌日書き換え - 04月16日(月)08:06  mnewsplus

日本男子でナンバーワンといっても、まだ14歳の少年である。大新聞に礼儀を知らない奴だと書かれては張本智和選手も立場がないだろう。怒った日本卓球協会が朝日新聞を記者会見から締め出した一幕とは。  *** . 桜も満開を迎えた3月30日の夕方、日本卓球協会では、平野美宇選手のエリートアカデミー修了とプロ宣言を発表した。が、記者たちの関心を引いたのは会見のペーパーにあった一文である。 〈朝日新聞デジタルの取材及び本件報道はご遠慮申し上げます〉  いったい、何をやらかしたのか。運動部のデスクが言う。 「卓球...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「日本男子」の画像

もっと見る

「日本男子」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる