「日本滞在」とは?

関連ニュース

「ゆっくり休みたい」マスターズ出場を決めた谷原秀人が帰国 - 03月28日(火)17:14 

「WGC-デル・マッチプレー」で4位に入り、世界ランキング48位でマスターズの出場権を手にした谷原秀人が帰国。来週開催のマスターズに向けて、日本でクラブの調整や体のケアをしてから、近日中に再渡米する。 谷原が魅せた!3位決定戦でホールインワン 「ゆっくり休みたいです」。開口一番、谷原から出た言葉だ。先週は5日間で合計7ラウンド。決勝ラウンドは1日2ラウンドをこなした。「久々に2日続けて2ラウンドしましたからね。相手も相手ですし、かなり疲れました」。予選から世界ランキング6位のジョーダン・スピース(米国)をはじめ、毎試合「みんなうまい」という世界ランキング上位者が相手。準決勝では世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン(米国)を相手に、最終ホールまでもつれる激闘もあり、心身ともにお疲れモード。しかし、残ったのは疲労ばかりではない。「1対1。目の前で世界の技というか、いいものを見せてもらいました。そういう選手に勝つためにはどうしたらいいのか、間近で見られたのはよかった」と収穫もある。 今年1月から米国、シンガポール、ミャンマー、豪州、メキシコ、米国と5カ国を渡り歩いて、2007年以来、10年ぶり2度目のマスターズの切符をつかんだ。出場資格を満たした選手には、マスターズ委員会から自宅などに招待状が送られてくるが、米国時間3月27日に出場が決まったばかりで「(日本に)いないかも知れな...more
in English
カテゴリー:

台湾人ゲイ「日本人のパートナーが居るんだから結婚と一緒!強制送還とか酷い」 提訴へ - 03月21日(火)18:36 

「同性の夫婦関係、考慮せぬは違憲」 台湾の男性提訴へ  日本人の同性パートナーと20年以上連れ添ったのに国外への退去を命じられたのは、性的指向に基づく差別で憲法が保障する 「法の下の平等」に反するとして、台湾籍の男性が近く、国に退去強制処分の取り消しなどを求める訴訟を東京地裁に起こす。  原告は関東地方に住む40代の男性。訴状などによると、1992年に留学の在留資格で来日し、その後も短期滞在のビザで2回 入国した。日本滞在中に現在のパートナーと知り合い、94年から同居している。  男性は翌...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

台湾人「男同士の夫婦関係があるのに、日本から国外退去を命じられた。差別だ!」 - 03月21日(火)03:14 

「同性の夫婦関係、考慮せぬは違憲」 台湾の男性提訴へ  日本人の同性パートナーと20年以上連れ添ったのに国外への退去を命じられたのは、性的指向に基づく差別で憲法が保障する 「法の下の平等」に反するとして、台湾籍の男性が近く、国に退去強制処分の取り消しなどを求める訴訟を東京地裁に起こす。  原告は関東地方に住む40代の男性。訴状などによると、1992年に留学の在留資格で来日し、その後も短期滞在のビザで2回 入国した。日本滞在中に現在のパートナーと知り合い、94年から同居している。  男性は翌...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【フィギュア/韓日友好】韓国選手、無良崇人(洋菓子のヒロタ)に支えられ…アジア大会で健闘 - 02月27日(月)00:44 

韓国選手、日本の友が支え フィギュア・アジア大会 朝日新聞デジタル 2/26(日) 22:57配信 札幌冬季アジア大会のフィギュアスケート男子に出場したキム・ジンソは、 日本の友と日本で学んだ技術を支えに26日のフリーで好演した。 選手がなかなか育たない韓国男子の代表として7位に入る健闘だった。 衣装を忘れてしまい、届いたのはフリー開始5分前。 同じ最終グループで、無良崇人(洋菓子のヒロタ)に「大丈夫。落ち着いて」と言われて心を静めた。 4回転トーループで着氷が乱れたが、無良に教えてもらったトリプルアク...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【社会】「日本人」になる中国人増加 - 02月13日(月)18:15 

http://news.infoseek.co.jp/article/searchina_1629102/ 人間の行動には普通、何かしらの意味が含まれている。「なんとなくやった」ような行動であっても、実は脳内ではその行動をするか否かの判断が行われているものである。 中国メディア・今日頭条は12日、「中国人が日本国籍を取得することについてどう考えるか」とする記事を掲載し、そのメリットとデメリットについて考察する記事を掲載した。  記事は、昨今、日本に滞在している中国人のなかで多くの人が日本に留まりキャリアアップすることを選択し、日本国籍を取得して...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

世界初の超高速鉄道「0系新幹線」と「零戦」の知られざる関係 - 03月28日(火)04:30 

旅行、出張、帰省など、私たちの日常になくてはならない日本の大動脈・新幹線。一度も大事故を起こしていない高速鉄道として、世界中から高い評価を受けています。今回の無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』では、新幹線の「生みの親」である島秀雄にスポットをあて、新幹線誕生までのあゆみと、それを支えてきた日本人たちの「叡智と努力」を振り返ります。 島秀雄~新幹線の生みの親 もし東海道新幹線が建設されていなくて、同じ人数を乗用車で運んだとすると、毎年1,800人の死者と1万人の負傷者が出ることになる。(『新幹線がなかったら』山之内秀一郎 著/朝日新聞社) イギリスの経済雑誌「エコノミスト」はこう書いた。開業以来、一度も大事故を起こしていない新幹線の驚くべき安全性を見事に表現している。 効率性も抜群だ。東海道新幹線の旅客数をバスで運ぼうとすると、10秒ごとに走らせねばならない。東名高速道路がバスで数珠つなぎになっていまうだろう。ジャンボジェット機なら100機余計に必要だ。 新幹線はまさしく日本の大動脈である。驚くべき安全性と効率性を備え、環境にも優しい。もし新幹線がなかったら、戦後日本の高度成長は大きく損なわれていたであろう。 「東海道の息子たち」 新幹線は世界の鉄道に強い影響を与えた。新幹線が登場した当時は、鉄道斜陽論が盛んで、米国では線路がどんどん取り外さ...more
in English
カテゴリー:

【朝日新聞】不法滞在の台湾の男性「同性の夫婦関係、考慮せぬは違憲」 退去強制処分の取り消しなどを求める - 03月21日(火)07:14 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00000002-asahi-soci  日本人の同性パートナーと20年以上連れ添ったのに国外への退去を命じられたのは、性的指向に基づく差別で憲法が保障する「法の下の平等」に反するとして、台湾籍の男性が近く、国に退去強制処分の取り消しなどを求める訴訟を東京地裁に起こす。 【写真】砂浜を寄り添って歩く台湾籍の男性(左)と日本人のパートナー=20日午前、林紗記撮影  原告は関東地方に住む40代の男性。訴状などによると、1992年に留学の在留資格で来日し、その後も短期滞在...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

PPAPのステマで有名なジャスティン・ビーバーさん、日本滞在中にゴルフクラブで顔面を殴られていたことが発覚 - 03月08日(水)23:30 

歌手のジャスティン・ビーバーさんが日本滞在中にゴルフクラブで顔を殴られていたことがわかった。なお殴ったのはこの話を暴露した歌手のエド・シーランさん本人だった。ガーディアン紙が報じた。 シーランさんはガーディアン紙のインタビューで、日本にいた時にビーバーさんと一緒にダイブバーへ行き泥酔、ビーバーさんは水を飲んでいただけだったがその後ゴルフコースへ行くとビーバーさんは 地面に横たわって口の中に入れたゴルフボールを打つよう言ってきたため、しっかり狙ってスイングした。そしてビーバーさんの右頬を打って...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「日本人」になる中国人増加 - 02月13日(月)20:52 

http://news.infoseek.co.jp/article/searchina_1629102/ 人間の行動には普通、何かしらの意味が含まれている。「なんとなくやった」ような行動であっても、実は脳内ではその行動をするか否かの判断が行われているものである。 中国メディア・今日頭条は12日、「中国人が日本国籍を取得することについてどう考えるか」とする記事を掲載し、そのメリットとデメリットについて考察する記事を掲載した。  記事は、昨今、日本に滞在している中国人のなかで多くの人が日本に留まりキャリアアップすることを選択し、日本国籍を取得し...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「日本滞在」の画像

もっと見る

「日本滞在」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる