「日本海側」とは?

関連ニュース

22日の大雪、東京23区で5~10センチの降雪と予報 交通機関死亡か - 01月21日(日)16:54  news

22~23日にかけ大雪の恐れ 東京23区で積雪も 気象庁は21日、22日の昼ごろから23日朝にかけて関東甲信地方や東北地方の太平洋側を中心に大雪の 恐れがあると発表した。本州の太平洋側から急発達しながら進む「南岸低気圧」の影響で、東京23区など 普段雪の少ない関東平野部でも大雪となり、積雪の可能性もあるという。気象庁は交通機関の乱れや 路面凍結による事故などへの注意を呼びかけている。 気象庁によると、22日は南岸低気圧が本州の南側を発達しながら東へ進み、同日夜に関東付近に達する。 23日正午まで24時間の予想...
»続きを読む
カテゴリー:

【天気】22日は関東で雪の可能性も 数年に一度レベルの強烈な寒気襲来へ ★3 - 01月21日(日)12:58  newsplus

http://news.livedoor.com/article/detail/14179824/ 週明け22日(月)は広い範囲で天気が崩れ、関東で雪の可能性も。その後は数年に一度あるかないかレベルの強烈な寒気が本州付近に流れ込みます。 【22日(月)】本州の南岸を進む低気圧の影響で、全国的に天気が崩れる見込みです。九州から東海は雨、関東は雪や雨、北陸は雪、東北は太平洋側も含め雪、北海道は日本海側を中心に雪でしょう。さて、ここで気になるのが関東の雪。内陸ほど雪となりそうですが、東京でも雪が降る可能性があります。もし雪となったら積もる可能性もあり、雪...
»続きを読む
カテゴリー:

あす東京23区など関東太平洋側でも積雪おそれ - 01月21日(日)04:27 

22日は、本州の南岸付近を低気圧が通過するため、関東など太平洋側の平地でも雪が積もるおそれがあります。さらに23日火曜日以降は強い冬型の気圧配置の影響で北日本から西日本の日本海側を中心に大雪となる見込みで、先週の大雪などで積雪が多くなっている地域では、21日のうちに雪かきをするなど備えを進めてください。
カテゴリー:

あさっては関東など太平洋側の平地でも積雪のおそれ - 01月20日(土)17:55 

22日の月曜日は本州の南岸付近を低気圧が通過するため、関東など太平洋側の平地でも雪が積もるおそれがあります。さらに翌23日の火曜日以降は強い冬型の気圧配置の影響で北日本から西日本の日本海側を中心に大雪となる見込みで、先週の大雪などで積雪が多くなっている地域では、21日のうちに雪かきをするなど備えを進めてください。
カテゴリー:

【天気】22日は関東で雪の可能性も 数年に一度レベルの強烈な寒気襲来へ ★2 - 01月20日(土)04:43  newsplus

http://news.livedoor.com/article/detail/14179824/ 週明け22日(月)は広い範囲で天気が崩れ、関東で雪の可能性も。その後は数年に一度あるかないかレベルの強烈な寒気が本州付近に流れ込みます。 【22日(月)】本州の南岸を進む低気圧の影響で、全国的に天気が崩れる見込みです。九州から東海は雨、関東は雪や雨、北陸は雪、東北は太平洋側も含め雪、北海道は日本海側を中心に雪でしょう。さて、ここで気になるのが関東の雪。内陸ほど雪となりそうですが、東京でも雪が降る可能性があります。もし雪となったら積もる可能性もあり、雪...
»続きを読む
カテゴリー:

関東甲信と東北、大雪警戒=22日昼から23日朝-交通注意、安全確保を - 01月21日(日)15:48 

 気象庁と国土交通省は21日、関東甲信と東北地方の太平洋側で22日昼ごろから23日朝にかけて雪が降り、東京23区など平野部を含め大雪になる恐れがあると発表した。通勤通学時間帯の交通の乱れや車の立ち往生、凍結した路面での転倒などが予想され、同庁などは不要不急の外出を控え、厳重に警戒するよう呼び掛けている。 気象庁の松本積主任予報官は「時間に余裕を持ち、安全な行動に留意してほしい」と話した。 22日は前線を伴う低気圧が本州南岸付近を発達しながらほぼ東へ進み、夕方から夜が降雪のピークとなる。23日午前6時までの24時間降雪量は、東北の太平洋側が30~50センチ、関東北部山沿いや埼玉・秩父、東京・多摩、神奈川・箱根、甲信が20~50センチ、関東平野部が10~40センチ、東京23区などが5~10センチと予想される。 低気圧は23日以降は北海道東方を北上し、今月末にかけて強い冬型の気圧配置が続く見込み。日本列島の日本海側を中心に大雪や猛吹雪、暴風、高波に警戒が必要という。 【時事通信社】
カテゴリー:

日本海側で荒天…猛吹雪などに警戒を - 01月21日(日)11:46 

21日の道内は強い冬型の気圧配置の影響で日本海側を中心に荒れた天気になり猛吹雪や吹きだまりによる交通への影響に警戒が必要です。2018年01月21日(日) 11時40分 更新
カテゴリー:

【北海道】アザラシのひげも凍る きょう「大寒」 帯広は氷点下15度 - 01月20日(土)18:18  newsplus

 20日は二十四節気のひとつで1年で最も寒い時期とされる「大寒」。十勝地方は夜間によく晴れて放射冷却が発生し、朝方、例年並みの水準まで冷え込んだ。  帯広測候所によると、十勝地方で最も低い気温を記録したのは、陸別の氷点下21・9度だった。帯広は同15・0度。  冬季開園中のおびひろ動物園(柚原和敏園長)では20日朝、ゴマフアザラシ3頭が白い息を吐きながらプールを泳いでいた。厳しい冷え込みでひげや眉毛の水滴は凍り、その姿はさながら“おじいさん”のよう。ひげの氷は日が昇るとともに溶けていくが、厳しい寒さが続け...
»続きを読む
カテゴリー:

22日、東京23区積雪か=東海や関東甲信、大雪注意-気象庁 - 01月20日(土)17:50 

 気象庁は20日、低気圧が22日に発達しながら本州南岸付近を東北東へ進むため、東海や関東甲信では雨や雪が降り、岐阜県や関東の山沿い、甲信では大雪になると発表した。東海や関東の平地、東京23区でも雪が積もる恐れがあり、同庁は交通の乱れに注意を呼び掛けている。 23日から27日ごろにかけては冬型の気圧配置が強まり、日本列島の日本海側を中心に大荒れとなる見込み。暴風や高波、大雪に警戒が必要という。 【時事通信社】
カテゴリー:

20日:太平洋側は晴れ、日本海側は雨や雪 1/19 21:20更新 - 01月19日(金)21:20 

20日は太平洋側はだいたい晴れるが、関東は雲が多い。日本海側の天気は下り坂で、夕方以降は雪や雨が降りそうだ。気温は、朝は19日朝より低く、北日本や北陸は厳しい冷え込みに。日中は19日と同じくらいだが、東京は真冬の寒さに。
カテゴリー:

もっと見る

「日本海側」の画像

もっと見る

「日本海側」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT裏日本...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる