「日本橋三越本店」とは?

関連ニュース

「花戦さ」高橋克実&森川葵、松を大胆に使用した巨大いけばなに感嘆! - 05月24日(水)17:00 

 華道家元池坊の家元、次期家元をはじめ関東近郊で活動する華道家による約500作品を披露する「いけばなの根源池坊展 東京花展」が5月24日、東京・日本橋三越本店で開幕。同日、オープニングセレモニーが行われ、華道家元池坊が携わった映画「花戦さ」に出演する高橋克実(吉右衛門役)、森川葵(りん役)が駆けつけた。 ・「いけばなの根源池坊展 東京花展」画像  戦国の世に、野村萬斎演じる花僧・池坊専好が民を苦しめる豊臣秀吉(市川猿之助)に華道で戦いを挑む姿を「地下鉄(メトロ)に乗って」「起終点駅 ターミナル」の篠原哲雄監督が映画化。中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市ら実力派が顔をそろえるなか、高橋は専好の幼なじみで下京の町衆を世話する吉右衛門、森川は天才的な画力を発揮する絵師・りんを演じている。  華道家元池坊が全面協力し、劇中には200瓶あまりのいけばな作品が登場。同展にも劇中でいけられ、織田信長(中井)をうならせた巨大ないけばな「大砂物」の縮小版が展示されており、高橋は「(いけばななのに)木を使うものがあるとは、知りませんでした。木も1本ではなく、接ぎ木をしている。切ってしまったものなのに、ものすごく勢いがあって、気持ちがスーっとなりますね」と感嘆の声をあげていた。  森川は撮影中、墨絵に加えて、いけばなも体験したといい「とても難しかったですが、お花と触れ合って、心が洗われた気がします...more
カテゴリー:

【皇室】眞子さま、日本橋三越本店に 買い物客らに笑顔で会釈 - 05月24日(水)13:10 

 婚約の準備を進めている秋篠宮家の長女眞子さま(25)が24日、東京都中央区の日本橋三越本店を訪れた。同店では第45回伝統工芸陶芸部会展が開催されており、公益社団法人日本工芸会の総裁として、開店前に訪れたとみられる。  眞子さまは午前9時40分過ぎに車で訪れ、店内へ。訪問することは非公表。偶然知った通行人や開店待ちの買い物客らは驚いた様子で立ち止まっていた。眞子さまが午前10時半前に店外に出てくると、集まった人たちから「おめでとうございます」と声がかかり、笑顔で会釈をして応じていた。(多田晃子...
»続きを読む
カテゴリー:

高橋克実、急な質問に大慌て 森川葵が優しくフォロー - 05月24日(水)11:47 

 俳優の高橋克実、女優の森川葵が24日、東京・日本橋三越本店で『いけばなの根源 池坊展 東京花展』の開会式に参加。イベントにちなみ、高橋は森川を花に例えるという質問に「タンポポ」と答え、森川にフォローされる一幕もあった。 【写真】高橋克実、森川葵が参加した開会式の模様  同展は狂言師・野村萬斎主演の映画『花戦さ』(6月3日公開)の公開記念でもあり、ゲストとして同作に出演する高橋と森川が招かれた。そんな高橋にフジテレビ系『直撃LIVEグッディ!』(月~金 後1:45)のディレクターから「森川さんを花に例えると」という質問が。自身がMCを務める番組から予想外の質問が飛んできた高橋は「ホントにグッディなの?」と何度も聞き返し、笑わせた。しばらく悩んだ後に「(森川演じる天才絵師れんは)いろんなところに神出鬼没なんです。時期的にもタンポポにしましょう! 結構、いろんなところに飛んでったりするもんね」と話した。  女優らしくない花にたとえられた森川だが「タンポポって力強いイメージがある。誰かに支えてもらうじゃなくて、自分の力で生きている。結構、好きですね」とにっこり。フォローされたかたちとなった高橋も「もっといい花とかじゃなくて、タンポポっぽいんだよ、映画の役も」と弁明し、笑わせていた。  『池坊展』では劇中でもいけられた巨大な生け花「大砂物」も縮小版で展示されている。高橋は「木を使う...more
カテゴリー:

つるの剛士、眞子さまと小室圭さんを祝福 - 05月18日(木)11:20 

俳優のつるの剛士が17日、都内で行われた日本橋三越本店『大黄金展』PRイベント(22日まで開催)に将棋の加藤一二三九段と出席。イベント後にご婚約内定の報じられた秋篠宮ご夫妻の...
カテゴリー:

つるの剛士、眞子さまを祝福 お相手の小室さんにゆかり「海の王子は縁起がいい」 - 05月17日(水)11:01 

 ふじさわ観光親善大使を務めるつるの剛士(41)が17日、東京・日本橋三越本店で開催される『大黄金展』のPRイベントに参加。近くご婚約される予定の秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さま(25)と、お相手の小室圭さん(25)を祝福。小室さんが『湘南江の島海の王子』だったことに「海の王子は縁起がいい」と“藤沢パワー”を語った。 【写真】『湘南江の島海の王子』として活動していた小室さん  小室さんは2010年度に神奈川県藤沢市の観光をPRする『湘南江の島海の王子』に選ばれていたことでも話題となっている。報道陣から小室さんの話題を振られると、つるのは「本当におめでたい話」と祝福した。ただ、つるのが藤沢市の観光親善大使に就任する前だったこともあり、面識はないという。それでも「きょう、朝からニュースとか新聞を見ていると藤沢、藤沢って出ていて『うわっ』ってなった。やっぱり、すごいことですね」と反響に驚いたという。  続けて「海の王子は日テレの辻岡義堂君もいる。いろんな方がやっていて、海の王子は縁起がいいな」とにっこり。「これからオリンピックも来ますし、藤沢市民としては、いろんな幸せにあやかりたいな」と笑顔を見せていた。  イベントには将棋界のレジェンド・加藤一二三九段も参加。つるのは金のお鈴を鳴らし、「ほんとに、き~んっていうんですね」と軽くジョークを飛ばす場面もあった。『黄金展』は、きょう17日...more
カテゴリー:

「花戦さ」高橋克実&森川葵、松を大胆に使用した巨大いけばなに感嘆! - 05月24日(水)17:00 

華道家元池坊の家元、次期家元をはじめ関東近郊で活動する華道家による約500作品を披露する「いけばなの根源池坊展 東京花展」が5月24日、東京・日本橋三越本店で開幕。同日、オープニングセレモニーが...
カテゴリー:

眞子さま、日本橋三越本店に 買い物客らに笑顔で会釈 - 05月24日(水)12:00 

 婚約の準備を進めている秋篠宮家の長女眞子さま(25)が24日、東京都中央区の日本橋三越本店を訪れた。同店では第45回伝統工芸陶芸部会展が開催されており、公益社団法人日本工芸会の総裁として、開店前に訪…
カテゴリー:

匠の技に見て触れてほれる!「東京手仕事」イベントめじろ押しの2週間 - 05月22日(月)17:00 

東京の伝統工芸品の魅力を伝える「東京手仕事展」が、5月24日(水)から6月6日(火)まで、日本橋三越本店本館5階で開催される。 【写真を見る】父の日にもおすすめの品がずらり。売り場では実物を手に取って、手触りを味わうことも 江戸職人の匠の技と心意気によって磨かれ続けてきた東京の伝統工芸品は、庶民に愛されながら現在まで連綿と受け継がれてきた。「東京手仕事」はそんな伝統の技に光を当て、匠の繊細な「手仕事」の魅力を発信していく取組だ。それぞれの工芸品に込められた粋な味わいと、優れた機能性・日常性を広く周知し、東京らしい感性溢れる新しい工芸品にもチャレンジ。伝統工芸品に囲まれた潤いのある豊かなライフスタイルを提案している。 今回の「東京手仕事展」では、5月23日(火)に発表される最新の10商品を中心に展示・販売を実施する。期間中には関連イベントも同時開催。浮世絵柄の三味線やオリジナル香り紋を来場者の手で実際に作ることができるワークショップ、パリで高い評価を受けたアイテムを一堂に集める「第3回メゾン・エ・オブジェ凱旋展」なども開かれる予定だ。 世界的に注目を集める日本の「手仕事」。その魅力を間近に見て触れて、さらに体験もできる2週間となっている。【ウォーカープラス編集部】 【関連記事】 ・スタバ地元密着プロジェクト第4弾! “今”に輝く伝統工芸「津軽びいどろ」とコラボ ・歌川広重の浮世絵ラ...more
カテゴリー:

つるの剛士、眞子さまと小室さんを祝福 藤沢つながり「『海の王子』は縁起がいい」 - 05月17日(水)13:29 

「大黄金展」のPRイベントが17日、都内の日本橋三越本店で行われ、ゲストとしてタレントのつるの剛士と将棋界の加藤一二三・九段が登場した。 この日、秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さまと近くご婚約される予定の小室圭さんの話題を振られたつるのは、「本当におめでたい話ですね」と2人を祝福。小室さんは2010年夏、神奈川県藤沢市の「湘南江の島海の王子」に選ばれ、一年間PR活動に携わった経歴の持ち主だが、つるの自身も藤沢市在住で「ふじさわ観光親善大使」を務めているとあり、「きょうも、朝からニュースや新聞を見るとずっと藤沢市、藤沢市、と出ているので、ウワ~って。やっぱりすごいことだなと思いました」と地元のクローズアップに大喜びだった。 さらに「『海の王子』は、日テレアナウンサーの辻岡義堂くんもやっていたり、いろんな方がやられているので縁起がいい」と声を弾ませたつるのは「これからオリンピックも来ますし、藤沢市としては、いろんな幸せにあやかりたいですね」と期待を込めた。 人気の仏具から縁起物まで金製品約1000点が一堂に会する同展示会。「普段、金製品に触れる機会は?」と聞かれたつるのは「超・庶民派なのでないですね。金髪ぐらいです」と冗談。実際に、金の「おりん」の音の良さなども体験したが、その価格を知ると「家の中の仏壇に置くのも心配になりますね…」と苦笑いだった。 イベントでは、本展覧会の目玉となる全長2メ...more
カテゴリー:

加藤一二三九段、連勝の藤井四段にアドバイス「先手番矢倉でタイトル取れる」 - 05月17日(水)10:34 

 将棋のレジェンド・ひふみんこと加藤一二三九段(77)が17日、東京・日本橋三越本店で開催される『大黄金展』のPRイベントに参加。昨年、史上最年少の14歳2ヵ月でプロ入りした藤井聡太四段(14)に現役最年長の加藤九段がアドバイスを贈った。 【写真】大きいっ!お披露目された『黄金の金将駒』  加藤九段は昨年、史上最年少の藤井四段のデビュー戦で対局し、敗戦。その後、藤井四段は連勝街道を歩み、デビュー以来の無敗記録を史上最多の17に伸ばしている。加藤九段は「藤井四段は破竹の進撃で連勝している。そこで私は彼の将棋を研究して思ったことがある。藤井四段は将棋界の歴史の中で、あの年代では一番研究熱心。私とか羽生(善治)さんとか米長(邦雄)さん、谷川(浩司)さんとかね。今のトップの棋士を全部、研究して、それが身についている」と評価した。「私をはじめ、今の将棋界のトップの8人ぐらいがいなかったら、藤井聡太もそんなに強くなれません」と話し、会場を笑わせていた。  しかしながら、このままですんなりタイトル獲得とはならないという。「(藤井さんが、これから先、タイトルを取るか、大成するかということを、みなさん注目している。結論から言うと私も先手番矢倉(の戦法)で名人にもなり、500回ぐらい勝った人間。我々、将棋界のトップは先手の矢倉でトップに立っている」と過去を振り返りながら「藤井さんが、これから先、...more
カテゴリー:

もっと見る

「日本橋三越本店」の画像

もっと見る

「日本橋三越本店」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる