「日本取引所グループ」とは?

関連ニュース

JPX、「ブロックチェーン」実証実験 - 09月15日(金)05:00 

 日本取引所グループ(JPX)は14日、ネットワーク上で取引記録を管理する技術「ブロックチェーン」の実証実験を始めると発表した。JPXが提供する実験環境を使い、大和証券グループ本社が証券取引の照合業務、SBIホールディングスやNECなどは顧客の本人確認の業務で応用を図る。実験には他の金融機関も参加し、数カ月間行う。JPXは業務の効率化やコスト削減を見据え、さまざまな実験を進めているが、基幹システムへの適用は時期尚早とみており、証券実務の周辺的な分野から実現の可能性を探る。
カテゴリー:

ブロックチェーン技術を活用した顧客確認業務の実証実験を開始 - SBIやNEC - 09月14日(木)16:56 

SBIホールディングス、SBI BITSと日本電気(NEC)は14日、共同で日本取引所グループが提供している「ブロックチェーン/分散型台帳技術に関する業界連携型の技術検証」を用いた顧客確認業務の実証実験を行うことを発表した。
カテゴリー:

ブロックチェーン技術を活用した顧客確認業務の実証実験を開始 - SBIやNEC - 09月14日(木)16:56 

SBIホールディングス、SBI BITSと日本電気(NEC)は14日、共同で日本取引所グループが提供している「ブロックチェーン/分散型台帳技術に関する業界連携型の技術検証」を用いた顧客確認業務の実証実験を行うことを発表した。
カテゴリー:

日本取引所グループのフィスコ二期業績予想 - 09月10日(日)05:50 

※この業績予想は2017年9月7日に執筆されたものです。
カテゴリー:

「日本取引所グループ」の画像

もっと見る

「日本取引所グループ」の動画

Wikipedia

日本取引所自主規制法人(にほんとりひきじょじしゅきせいほうじん、)は、金融商品取引法に基づく唯一の自主規制法人である。

概説

2007年、金融商品取引法に基づき、金融商品取引所の自主規制業務に特化して東京証券取引所から分離して設立された。

株式会社となった金融商品取引所は、株式会社であるがゆえに企業価値・株主価値を高める目的から利益の最大化が求められることとなる。 一方、同一会社内で自主規制業務を並行して行うと、利益相反・自己矛盾の状況が発生しかねないと、従来から指摘があった。

より具体的には、株式会社東京証券取引所は、株式会社としての義務を果たすべく、利益を得るために上場会社等から手数料等をより多く獲得する必要がある。

ところが一方では、上場会社が不正を起こしたため売買停止にする、上場廃止にするといった自主規制機能が働くことによって市場の信頼性確保・投資者保護が実現できるもののその結果、自らの手で手数料の獲得を減少させる状況が生じる。

そうすると、利益の追求ができないことで株式会社としての義務を果たせず、株式会社の義務を果たすために規制を恣意的に緩和し運用すると、市場の信頼性・投資者保護が実現できなくなるおそれがあるとされていた。

このような自主規制の機能不全リスクを極力排除し、自主規制機能の独立性を強化する意味から、別法人を設け自主規制機能を移管することで、利益相反・自己矛盾の状況を回避したとされている。

沿革
  • 2007年10月17日 - 東京証券取引所自主規制法人が設立。
  • 2007年11月1日 - 自主規制業務を開始。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる