「日本初公開」とは?

関連ニュース

仏実力派俳優結集「あさがくるまえに」カテル・キレベレ監督、自作品の日本初公開に感無量 - 06月24日(土)12:30 

 心臓移植をめぐるヒューマンドラマ「あさがくるまえに」が6月23日、開催中のフランス映画祭2017で特別上映された。上映前には、来日中のカテル・キレベレ監督が舞台挨拶を行った。 ・フランス映画祭2017「あさがくるまえに」トークイベントの模様はこちら!  「ダゲレオタイプの女」のタハール・ラヒム、「母の身終い」のエマニュエル・セニエ、「Mommy マミー」などグザビエ・ドラン監督作品で知られるアンヌ・ドルバルといった実力派が顔をそろえ、メイリス・ド・ケランガル氏のベストセラー小説を映画化。事故で脳死状態と宣告された青年とその両親、臓器コーディネーター、臓器提供を待つ女性音楽家といった面々が、自身の人生を見つめ直していく。  「聖少女アンナ」「スザンヌ」で知られるキレベレ監督は、「本作が初めて日本で公開される私の作品です。皆さんは、初めての観客です」と感無量の面持ち。「原作小説を紹介されたとき、私は別の作品の脚本執筆にとりかかっていました。ですが、とても力強い本で映画化する必要性にかられ、脚本を断念して原作者に会いに行ったのです」と振り返った。さらに、「私にとって小説の映画化は初めての経験でした。原作小説と同じような豊かさをもって登場人物を描き出すことに苦心しました。原作小説の中では、登場人物は自由に過去と現在を旅します。そして思いや考察が描かれていきますが、映画はこの点におい...more
カテゴリー:

名画に隠された闇が怖すぎる…! 「怖い絵」だけを集めた展覧会開催 - 06月23日(金)18:00 

感じてください。絵の中に潜む恐怖を 「怖い絵」展(上野) 10月7日(土)~12月17日(日) / 東京都 / 上野の森美術館 トラウマ必至!? 「怖い絵」展示絵画フォトギャラリー(11枚) 上野の森美術館にて10月7日(土)~12月17日(日)まで、「怖い絵」展が開催される。 作家・ドイツ文学者である中野京子氏の著書「怖い絵」の第1巻刊行10周年を記念して、同シリーズに掲載された作品や展覧会のために新たに選び抜いた作品を紹介するもの。 今回の展示における最大の注目作は、著書でも紹介されているロンドン・ナショナル・ギャラリーを代表する《レディ・ジェーン・グレイの処刑》(ポール・ドラローシュ画)。 この作品は日本初公開であり、16世紀のイギリスで、わずか9日間の王座の末に処刑された16歳の女王の最期の姿を描いた作品となる。 さらにセザンヌ、ターナー、モローら、ヨーロッパ近代絵画の巨匠が描いた「怖い絵」など約80点を展示していく。 展覧会ナビゲーターには女優、吉田羊さんを起用し、「怖い絵」の魅力を伝えていく。吉田羊さんは、展覧会のナビゲーターと音声ガイドを担当している。中野氏書き下ろしのスクリプトの音声ガイドにて、その絵の背景にある物語を、より身近に感じさせてくれるはず。 ◆日時 2017年10月7日(土)~12月17日(日) ◆会場 上野の森美術館(東京都台東区上...more
カテゴリー:

コナン作者・青山剛昌の出演番組で灰原哀役の林原めぐみがナレーション - 06月22日(木)20:03 

6月24日(土)23時25分からNHK総合にて、名探偵シャーロック・ホームズ登場130周年を記念した番組『乾杯!シャーロック・ホームズ』が放送される。作家コナン・ドイルが「緋色の研究」を発表したのは1887年。NHKでは、様々な特集番組や企画を届けて行く。今回の特集番組では、脚本家・三谷幸喜、『名探偵コナン』などで知られるマンガ家・青山剛昌、脳科学者・茂木健一郎ら名だたるホームズファンが「物語」「登場人物」「名言」という3つのキーワードで徹底的に分析する。また、現代のロンドンを舞台に、名探偵シャーロック・ホームズが活躍する大ヒットドラマ『シャーロック』の人気もあり、聖地巡りのファンでにぎわうイギリスのレポートも交え、今もホームズが愛される秘密に迫る。そして、まもなく日本初公開となる『シャーロック4』(BSプレミアム)の情報も紹介。案内人は、満島真之介、ナレーションは、アニメ『名探偵コナン』で灰原哀役を務める林原めぐみが担当する。 関連リンク 『シャーロック・ホームズ130』公式サイト
カテゴリー:

水族館がお化け屋敷に!? 水木しげる×すみだ水族館の絶叫ベント - 06月22日(木)06:00 

東京・墨田区の「すみだ水族館」は7月15日~9月10日、館内の展示エリア「クラゲ万華鏡トンネル」を、「ゲゲゲの鬼太郎」などで知られる漫画家・水木しげるの描いた"水"にまつわる妖怪たちで演出する「水木しげる×すみだ水族館 水の妖怪トンネル」にして、お化け屋敷を展開する。 期間中、長さ約50mのスロープの壁と天井に約5,000枚の鏡を貼りつめた展示エリア「クラゲ万華鏡トンネル」が、夏季限定のお化け屋敷空間となる。8個の水槽の中に「海の火の玉」とも言われるクラゲが照明によって不気味に浮かび上がるほか、水槽の中や壁面には水木しげるが描いた「河童」や「大蛸の足」「化け鯨」「海月の火の玉」「金魚の幽霊」など、"水"にまつわる9種類の妖怪たちがイラストや映像で登場する。 空間全体の薄暗さや水が滴り落ちるような音響効果が恐怖心をあおり、また古井戸や破れた障子、夏の夜を連想させる昼夜2種類のアロマが、トンネル内にいっそう怪しげな雰囲気を醸し出す。 この他にも、フラッシュ撮影をすると人物の背後に目には見えない妖怪が浮かび上がる不思議なフォトスポットや、館内カフェには水木しげるの描いた妖怪「目玉おやじ」をイメージした特別メニュー「目玉おやじの目玉パフェ」も登場する。 水木しげるの妖怪ワールドにどっぷり浸れる同イベントでは、背筋が凍りつき夏の暑さを忘れられるに違いない。「すみだ水族館」の所在地は、...more
カテゴリー:

荒木経惟×ギメ東洋美術館「東京墓情」、日本初公開へ - 06月19日(月)14:00 

【6月19日 MODE PRESS WATCH】写真家の荒木経惟による展覧会「東京墓情 荒木経惟×ギメ東洋美術館」が、東京・銀座のシャネル・ネクサス・ホールで開催される。≫続きを読む
カテゴリー:

仏実力派俳優結集「あさがくるまえに」カテル・キレベレ監督、自作品の日本初公開に感無量 - 06月24日(土)12:30 

心臓移植をめぐるヒューマンドラマ「あさがくるまえに」が6月23日、開催中のフランス映画祭2017で特別上映された。上映前には、来日中のカテル・キレベレ監督が舞台挨拶を行った。「ダゲレオタイプの女...
カテゴリー:

コナン作者・青山剛昌の出演番組で灰原哀役の林原めぐみがナレーション - 06月23日(金)06:00 

6月24日(土)23時25分からNHK総合にて、名探偵シャーロック・ホームズ登場130周年を記念した番組『乾杯!シャーロック・ホームズ』が放送される。作家コナン・ドイルが「緋色の研究」を発表したのは1887年。NHKでは、様々な特集番組や企画を届けて行く。今回の特集番組では、脚本家・三谷幸喜、『名探偵コナン』などで知られるマンガ家・青山剛昌、脳科学者・茂木健一郎ら名だたるホームズファンが「物語」「登場人物」「名言」という3つのキーワードで徹底的に分析する。また、現代のロンドンを舞台に、名探偵シャーロック・ホームズが活躍する大ヒットドラマ『シャーロック』の人気もあり、聖地巡りのファンでにぎわうイギリスのレポートも交え、今もホームズが愛される秘密に迫る。そして、まもなく日本初公開となる『シャーロック4』(BSプレミアム)の情報も紹介。案内人は、満島真之介、ナレーションは、アニメ『名探偵コナン』で灰原哀役を務める林原めぐみが担当する。 関連リンク 『シャーロック・ホームズ130』公式サイト
カテゴリー:

TAKAHIRO、初主演舞台で共演者に太っ腹約束?クレジットカードと家渡すと宣言 - 06月22日(木)18:15 

 EXILE・TAKAHIROが22日、東京・品川のクラブeXで舞台『MOJO(モジョ)』のゲネプロと囲み取材に参加した。これが舞台初挑戦で初主演となるTAKAHIROは、共演者から舞台センスを絶賛され、クレジットカードや家をプレゼントすると宣言。周囲を笑わせていた。 【舞台写真】迫力ある演技をみせるEXILE TAKAHIRO  TAKAHIROは「スリルと笑いといいものをお届けできる舞台になっている。あすからの本番を必死に頑張りたい」と意気込み。今の心境を問われると「一言で言えばドキドキ。けいこして来て、僕らが答えだと思っているものが、どうみなさんに伝わるか」と語っていた。「最初の方はプレッシャーを感じていたんですけど、みんなとけいこを重ねて作品の輪郭が見えてきた。みんなとの輪とかチーム感を大事にしていきたい」と笑顔だった。  同舞台は円形のステージを中心に進行する。360度、観客に囲まれることについて「一言で言えばムラムラ。お客さんとすごく近いですし、みなさんの目線が僕らのちょうど下に…」と言ったところで、共演者全員から「おい!」とツッコみ。それでも「30公演あるので、おのおののその日の下半身のポテンシャルも注目していただければ」とボケ続け、報道陣を笑わせていた。  また、波岡一喜は「男だけの6人舞台。どうなるかと思ったんですが、けいこをしたら、なんとも仲のいい6人と...more
カテゴリー:

仏教美術の名品がトーハクに集合 「タイ ~仏の国の輝き~」 - 06月19日(月)15:32 

7月4日(火)より、東京・上野の東京国立博物館にて、仏教文化が花開いた国・タイの美術の名品を紹介する特別展『タイ ~仏の国の輝き~』が開催される。 この展覧会は、日本とタイの修好130周年を記念して行われるもの。日本とタイの交流の歴史について紹介するとともに、仏教が人々の暮らしに寄り添い、長い歴史の中で多様な仏教文化が育まれたタイについて、タイ族の国ができる前、黎明期、国際交易国家として繁栄したアユタヤ朝、現王朝のラタナコーシン朝(チャクリ朝、バンコク朝とも)まで、仏教美術の名品を通じてたどっていく。 会場には、「ナーガ上の仏陀坐像」や「仏陀遊行像」といった日本初公開の品や、第一級王室寺院「ワット・スタット」の正面を飾っていた「ラーマ2世王作の大扉」ほか、およそ140点のお宝が登場。タイ文化が芽吹く土壌を形成した古代の世界から現代までをたどり、「シャム」と呼ばれ、朱印船貿易で交流を行った日本とタイとの歴史を振返る。 『タイ ~仏の国の輝き~』は、2017年7月4日(火)~8月27日(日)まで、東京国立博物館 平成館(台東区上野公園13-9 JR「上野駅」徒歩10分)にて開催。開館時間は9:30~17:00(金・土は21:00まで。日曜および7月17日は18:00まで)。休館日は月曜日(7月17日、8月14日は開館。7月18日は休館)。観覧料金は一般1600円。 ※このページの画像は...more
カテゴリー:

シャネル・ネクサス・ホールの2017年度展覧会プログラム、第3弾は荒木経惟×ギメ東洋美術館。 - 06月15日(木)13:00 

パリにて発表した新作「東京墓情」が日本初公開。
カテゴリー:

もっと見る

「日本初公開」の画像

もっと見る

「日本初公開」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる