「日本初公開」とは?

関連ニュース

すべて日本初! だまし絵の巨匠、エッシャー作品を一挙公開『ミラクル エッシャー展』|ART - 12月18日(月)14:32 

「だまし絵(トロンプ・ルイユ)」で知られる奇想の版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャー。その生誕120年を記念して、世界最大級のエッシャーコレクションを誇るイスラエル博物館から選りすぐりの約150点を日本初公開する『ミラクル・エッシャー展』が、東京・上野の森美術館にて2018年6月6日(水)~7月29日(日)に開催される。続きを読む
カテゴリー:

"視覚の魔術師"エッシャーの大規模展が開催--日本初公開作品150点以上が集合 - 12月14日(木)09:58 

上野の森美術館(東京都台東区)では2018年6月6日~7月29日の期間、「ミラクル エッシャー」展を開催する。生誕120年を記念し開催される本展では、世界最大級のエッシャーコレクションを誇るイスラエル博物館から、日本初公開となる作品約150点が集合する。
カテゴリー:

30万人が恐怖した!? 話題沸騰『怖い絵展』現地レポート&コワいウラ話 - 12月06日(水)11:30 

東京・上野の森美術館で開催中の『怖い絵展』は、TVやネットでも話題を呼び、1日約5,300人が訪れる人気の展覧会です。何が魅力かというと、まず「怖い絵」というタイトルとコンセプトではないでしょうか? 【ギャラリー】ぜひ実物を見てほしい!展示作品&館内ギャラリーはこちら 作家・ドイツ文学者の中野京子さんによるベストセラー『怖い絵』シリーズの刊行10周年を記念して開催された本展は、時間が経てば経つほど話題を呼び、現在は開館時間を毎日延長して開催されています。 まだ行かれていない方や、もう一度行きたい方のために、中野京子さんのお話と共に美術展の魅力をご紹介します。 大人気『怖い絵展』現地レポート 上野の森美術館で開催中の『怖い絵展』を取材して来てくれと、編集部から突然連絡あり。 なんで私に美術展の取材を頼んだのかなと思いつつ、たぶんいつもお化け屋敷レポとかやってるから、そんな感じで頼まれたのかな…と思いつつやってきました~!! この日は朝からザーザー雨が降っていて、こんなに降ってるなら人も少ないだろうと思ったけど、美術館前はもの凄い大・大・大行列!! 取材した当日は11月23日。勤労感謝の日ということで祝日だから余計に多いのかも。 普段はどちらかというと「科学博物館」派の私ですが、どんな“怖い絵”が観られるのか、行ってみたいと思います♪ 6つのエリアで味わう、さまざまな...more
カテゴリー:

横浜美術館「ヌード NUDE」展タイアップ漫画執筆決定!! あべ美幸 描き下ろし漫画「ロダン『接吻』の秘密」 - 12月14日(木)16:15 

[株式会社KADOKAWA] [画像1: https://prtimes.jp/i/7006/3989/resize/d7006-3989-252773-0.jpg ] 2018年3月24日より横浜美術館にて開催される「ヌード」展。そこで日本初公開となるオーギュスト・ロダンの大理石彫刻『接吻』に隠さ...
カテゴリー:

人工知能を積んだ新型「Audi A8」が拓く「レヴェル3」の時代と、その先の未来 - 12月08日(金)10:00 

世界で初めて「レヴェル3」の自動運転を可能にした新型「Audi A8」が日本初公開された。2018年の国内発売によって、まもなくクルマが人工知能によってもっと賢くなり、運転者がステアリングから手を離して走れる時代がやってくる。その先に見えてきたのは、クルマが「知性」をもったかのように振る舞う未来と、再定義されていく「移動時間」のあり方だった。
カテゴリー:

「熱海国際映画祭」は良質なストーリーを重視した作品を国内外から募る - 12月04日(月)13:00 

 2018年6月28日~7月1日に静岡・熱海で開催される「熱海国際映画祭」の記者発表会が12月4日、東京・千代田区の日本記者クラブで行われ、熱海市長の齊藤栄氏のほか、実行委員会の久保野純也氏(イオンシネマ)、髪野孝司氏(フォーカス)、熱海在住のデザイナー・原香苗氏、山田久貴氏(熱海市役所)が出席した。  同映画祭は、韓国の釜山国際映画祭、仏パリのECUヨーロッパ映画祭と連携。“熱海の街全体をシネコンに”をキーワードにして、選りすぐりの新作映画を上映する。「(熱海は)海、山、温泉に恵まれ、風光明媚な景色、コンパクトな街中にたくさんの楽しみがあり、四季を通じて心と体を癒すことができる場所」と語った齊藤氏。作家・尾崎紅葉の「金色夜叉」に同所の光景が描写された背景もあることから「『熱海国際映画祭』では、小説や脚本といった点に重きをおいたものになればと考えています」と思いの丈を述べていた。  インターナショナルコンペ部門では、グランプリに賞金100万円を授与するほか、日本での劇場公開を約束する。グランプリ作品の上映規模は調整中のようだが、久保野氏は「首都圏のほか、名古屋、大阪の劇場などで、1~2週間程度の公開を考えています」と説明。そして髪野氏は「独立系の作品を映画祭に応募する方々は『劇場で映画を上映したい』という夢を持っているはず。この映画祭に出品したら、劇場で上映されるかもしれないと...more
カテゴリー:

「日本初公開」の画像

もっと見る

「日本初公開」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる