「日本初公開」とは?

関連ニュース

アウディ、レーシングカー「R8 LMS GT4」富士スピードウェイにて日本初公開 - 08月18日(金)14:35 

アウディ ジャパンはスーパーGT第5戦の予選開催日となった8月5日、開催地の富士スピードウェイにてレーシングカー「R8 LMS GT4」を日本初公開した。市販モデルである「R8 クーペ」と60%以上の部品が共通で、同じ工場で生産されるため、レーシングカーでありながらリーズナブルな購入価格や維持費を実現した。
カテゴリー:

インターネット上で24時間・365日完全自動セールスを実現する最新マーケティング理論「エバーグリーンウェビナーローンチマーケティング」の体系的理論書を日本初公開 - 08月15日(火)10:00 

小谷川拳次(東京都渋谷区、リードコンサルティング株式会社 代表取締役)は、インターネット上で24時間・365日、完全自動セールスを実現する「エバーグリーンウェビナーローンチマーケティング(略称:EWLマーケティング)」の体系的理論書『決定版!エバーグリーンウェビナーローンチマーケティングの教科書』を、2017年8月15日に出版いたします。
カテゴリー:

復讐に燃える男の銃が火を吹く! 名匠ロベール・アンリコ「追想」予告編 - 08月10日(木)09:00 

 「冒険者たち」の名匠ロベール・アンリコがメガホンをとり、日本初公開から39年ぶりにリバイバル上映される「追想」の予告編が、このほどお披露目された。クエンティン・タランティーノ監督作「イングロリアス・バスターズ」にも影響を与えたとされる復讐劇の一端を切りとっている。 ・【動画】「追想」予告編  物語の舞台は、1944年、陰湿なパルチザン狩りが続くナチスドイツ占領下のフランス。外科医のジュリアンは、田舎へ疎開させていた愛する妻子がドイツ兵によって惨殺されたことを知り、復讐を決意。古いショットガンひとつで憎きドイツ兵を殺害していくうちに、ジュリアンの脳裏に家族と過ごした甘く幸福な日々が次々と去来する。狂気にも似た憎悪を心に宿す主人公・ジュリアンを「地下鉄のザジ」「ニュー・シネマ・パラダイス」のフィリップ・ノワレ、夫を魅了し惜しみない愛を与える妻・クララを「離愁(1973)」「ルードウィヒ 神々の黄昏」のロミー・シュナイダーが演じている。  ドイツ兵たちが街中をかっ歩する光景から始まる予告編は、ジュリアンと妻子の“最後の別れ”をとらえている。クララと愛娘に「落ち着いたら会いに行くからね」とジュリアンは言葉を投げかけるが、5日経過しても疎開先と連絡がとれないまま。やがて不安を抱きながら疎開先へ向かうと、そこには惨殺されたクララたちの姿があった。自暴自棄になったジュリアンが、キリスト像...more
カテゴリー:

【IT】英国で100万人の子どもに配布されたマイコンボード「micro:bit」、日本でも発売(2000円)……プログラミング教育用 - 08月01日(火)13:05  newsplus

 micro:bit財団は2017年7月25日、英国発のプログラミング教育向けマイコンボード「micro:bit」を2017年8月5日に日本でも発売すると発表。スイッチエデュケーションが販売代理店となり、オライリー・ジャパン主催のイベント「Maker Faire Tokyo 2017」(2017年8月5日~6日開催)で日本初公開となる。 micro:bitは、英国の公共放送局 BBC(英国放送協会)が主体となって開発し、英国の約100万人の児童に無償配布されたプログラミング教育向けのワンボードコンピュータ。クレジットカードよりも小さいサイズのプリント基板に、動作をプ...
»続きを読む
カテゴリー:

秦基博の人気曲と映画「あさがくるまえに」本編シーンがシンクロ!特別MV公開 - 08月17日(木)08:00 

 ミュージシャン・秦基博の人気曲「朝が来る前に」とフランス発のヒューマンドラマ「あさがくるまえに」がコラボレーションし、特製ミュージックビデオが製作された。YouTubeのAUGUSTA RECORDS / UNIVERSAL MUSIC LLC公式チャンネル(https://www.youtube.com/watch?v=TX_RiI-SXAg)で確認することができる。  「ダゲレオタイプの女」のタハール・ラヒム、「母の身終い」のエマニュエル・セニエ、「Mommy マミー」などグザビエ・ドラン監督作品で知られるアンヌ・ドルバルが顔をそろえ、心臓移植をテーマにしたメイリス・ド・ケランガル氏のベストセラー小説を映画化。事故で脳死状態と宣告された青年とその両親、青年の恋人、医師、臓器移植コーディネーター、臓器提供を待つ女性音楽家とその息子たちといった面々の心の変容がすくい取られていく。「聖少女アンナ」「スザンヌ」で知られるカテル・キレベレ監督がメガホンをとった。  今回のコラボレーションは、日本の配給会社を通じて秦の「朝が来る前に」を聞いたキレベレ監督が提案したもの。「朝が来る前に - Avant l'aube - Reparer les vivants Ver.」と銘打たれた本映像は、徳永英明の「バトン」や、EXILE THE SECONDの「Summer Lover」、スガシカ...more
カテゴリー:

復讐に燃える男の銃が火を吹く! 名匠ロベール・アンリコ「追想」予告編 - 08月10日(木)09:00 

「冒険者たち」の名匠ロベール・アンリコがメガホンをとり、日本初公開から39年ぶりにリバイバル上映される「追想」の予告編が、このほどお披露目された。クエンティン・タランティーノ監督作「イングロリア...
カテゴリー:

チェ・ゲバラ長男が初来日「写真家チェ・ゲバラとしての美学を見て」 - 08月09日(水)14:00 

 キューバ革命の英雄として知られる革命家チェ・ゲバラの長男カミーロ・ゲバラ・マルチ氏が初来日し8月8日、東京・恵比寿で開催される写真展「写真家チェ・ゲバラが見た世界」のプレビューに出席した。  同写真展では、今年で没後50年を迎えるチェが撮影した写真、約240点が日本初公開される。1953年の第2回南米旅行にはじまり、67年にボリビアで処刑される前年のセルフポートレートまで、チェがファイダー越しに見た風景が並ぶ。59年に使節団団長として来日時に撮影された写真も含まれ、広島の原爆死没者慰霊碑を収めた2枚は、展示のハイライトのひとつとなっている。  キューバのチェ・ゲバラ研究所でコーディネーターを務めるカミーロ氏は、「チェ・ゲバラの自伝のような写真を歴史的事実に基づいた視点で見ると同時に、写真家チェ・ゲバラとしての美的センス、美学もご覧いただきたい」とあいさつした。  マスコミ向けの内覧会では、家族の写真を前に「父親として、私たちに愛情を注いでくれました。とても優しく、家族と一緒の時間を大切にする人でした」と振り返ったカミーロ氏。「純粋に自分の目で見たものを、奇をてらったりせずに撮影した」と写真家としてのチェを真摯に解説し、「私が特に好きな写真のひとつは、チェが工業大臣時代に視察した工場の写真です。趣味というだけでなく、調査レポートに写真を添えて提出していたようです」と明かした。...more
カテゴリー:

「日本初公開」の画像

もっと見る

「日本初公開」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる