「日本初公開」とは?

関連ニュース

ルイス・ブニュエル、幻の傑作「皆殺しの天使」が12月劇場公開 - 10月19日(木)16:00 

「アンダルシアの犬」「昼顔」などシュルレアリスム、不条理作品で知られる鬼才、ルイス・ブニュエルのメキシコ時代の傑作「皆殺しの天使」が、日本初公開から36年ぶりに劇場公開されることが決定、このほど...
カテゴリー:

VWジャパン、展示車9 モデル中8台が日本初公開 東京モーターショー2017 - 10月18日(水)11:14 

フォルクスワーゲン(VW)ジャパンは、10 月28 日から東京ビッグサイト(東京・江東区有明)で一般公開される「第45回東京モーターショー2017」に9 モデルを出展する。
カテゴリー:

【動画】衣類の大量消費が進むアパレル産業の現状を捉えたドキュメンタリー映画が日本初公開 - 10月14日(土)15:50 

 東京のファッションウイーク「Amazon Fashion Week TOKYO 2018 S/S」の期間中、ドキュメンタリー映画「スローイング・ダウン・ファストファッション(Slowing Down Fast Fashion)」の上映会が渋谷ヒカリエで開催される。日本での上映は今回が初めて。一般公開は10月19日、20日の2日間で、入場無料。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

実写「ベルサイユのばら」オスカル役 カトリオーナ・マッコールが日本のファンにメッセージ! - 10月14日(土)08:00 

 「ロシュフォールの恋人たち」のジャック・ドゥミ監督&作曲家ミシェル・ルグランの黄金コンビが、池田理代子の同名少女漫画を実写映画化した「ベルサイユのばら」デジタルリマスター版日本初公開を記念し、主役のオスカルを演じた女優のカトリオーナ・マッコールが動画でメッセージを寄せた。 ・【動画】「ベルサイユのばら」カトリオーナ・マッコールからのメッセージ  マッコールはドゥミ監督との撮影、来日した際に熱狂的なファンに出迎えられた経験などを振り返り、「この作品を愛してやみません」と1979年公開時の思い出を懐かしそうに語っている。  18世紀のパリ。将軍である父の意向で軍人として育てられた貴族令嬢オスカルは、王妃マリー・アントワネットの近衛隊に配属され、王妃の愛人フェルゼンに恋をする。一方、オスカルと兄弟のように育った乳母の孫アンドレは、オスカルへの身分違いの恋心に苦悩していた。アンドレはパリ庶民の貧しさについてオスカルに説き、革命運動に参加するよう求める。オールフランスロケを敢行し、本物のベルサイユ宮殿での撮影も話題を呼んだ。  「ベルサイユのばら」デジタルリマスター版は、東京・YEBISU GARDEN CINEMAで10月14~20日に開催されるジャック・ドゥミとミシェル・ルグランのタッグ作品を特集する企画「シネマ・アンシャンテ」で上映。 【作品情報】 ・ベルサイユのばら 【...more
カテゴリー:

東京モーターショーで新型A8や自動運転コンセプトを公開|Audi - 10月10日(火)13:06 

アウディは、東京モーターショー2017において、日本初公開の5台を含む、合計9台を展示することを明らかにした。続きを読む
カテゴリー:

ルイス・ブニュエル、幻の傑作「皆殺しの天使」が12月劇場公開 - 10月19日(木)16:00 

 「アンダルシアの犬」「昼顔」などシュルレアリスム、不条理作品で知られる鬼才、ルイス・ブニュエルのメキシコ時代の傑作「皆殺しの天使」が、日本初公開から36年ぶりに劇場公開されることが決定、このほど予告編が公開された。 ・【動画】「皆殺しの天使」予告編  晩餐会が催されたブルジョワ邸宅が舞台。20人の男女が宴を楽しみ、夜が更けるが、明け方になっても、誰も帰ろうとしない。次の夜が来ても、誰もが帰らず、客間を出ることができなくなる。使用人も去り、食料も水も底をつく。数日間にわたる幽閉状態が続き、ブルジョワジー達の道徳や倫理が崩壊、突然羊や熊も現れ、事態は異常な展開を見せていく。ブニュエルならではの神話的で寓話的なブラックユーモアが光る傑作だ。1962年カンヌ映画祭で国際批評家連盟賞を受賞した。  「皆殺しの天使」(www.ivc-tokyo.co.jp/bunuelangel/)は12月16日からシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開。公開期間中は、ブニュエルのメキシコ時代最末期の問題作「ビリディアナ」(61)、「砂漠のシモン」(64)を同時上映する。 【作品情報】 ・皆殺しの天使 【関連記事】 ・【動画】「皆殺しの天使」予告編 ・ルイス・ブニュエル作品一覧 ・ポール・バーホーベン、道徳や倫理を無視した作風はオランダ絵画からの影響と告白 (C)1991 Video Me...more
カテゴリー:

東京モーターショー2017 - フォルクスワーゲン、ジャパンプレミア8台を出展 - 10月17日(火)16:12 

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは16日、「第45回 東京モーターショー2017」への出展概要を発表した。今回出展する9台の展示車両のうち、8台が日本初公開モデルとなる。「第45回 東京モーターショー2017」は東京ビッグサイトで10月25日から開催。10月28日から11月5日まで一般公開される。
カテゴリー:

実写「ベルサイユのばら」オスカル役 カトリオーナ・マッコールが日本のファンにメッセージ! - 10月14日(土)08:00 

「ロシュフォールの恋人たち」のジャック・ドゥミ監督&作曲家ミシェル・ルグランの黄金コンビが、池田理代子の同名少女漫画を実写映画化した「ベルサイユのばら」デジタルリマスター版日本初公開を記念し、主...
カテゴリー:

日本初公開を含む世界有数のコレクションが待望の来日 - 10月12日(木)10:00 

ふだん美術に興味がない人でも、モネやルノワール、セザンヌ、マネ、ファン・ゴッホなどの名前は聞いたことがあるだろう。加えてドガ、ゴーギャン、ピカソといった“超スター級”の画家の作品が集結する夢のような展覧会が、この『至上の印象派展 ビュールレ・コレクション』だ。スイスの実業家エミール=ゲオルク・ビュールレ(1890~1956年)が収集した、世界有数のプライベート・コレクション。まとまって来日するのは実に27年ぶりのことで、2020年にはチューリヒ美術館に移管されることが決まっていることから、その全貌を日本で見られるのは、これが最後のチャンスとなる。その記者発表会が7月12日、東京の会場となる六本木の国立新美術館で行われた。至上の印象派展 ビュールレ・コレクション チケット情報(PC)会見では、在日スイス大使館公使のピーター・ネルソン氏が「スイスにとっても重要なコレクション」と、本展の内容が国家レベルであることに言及。続いてE.G.ビュールレ・コレクション財団館長のルーカス・グルーア氏が登壇し、門外不出といわれてきたモネの《睡蓮の池、緑の反映》が日本初公開となることが明かされた。同作品はモネが描いた一連の睡蓮作品のなかでも、高さ2メートル、幅約4メートルもの大きさを誇る大作。モネの死後、アトリエに保管されていたものを、ビュールレが自分の目で見て購入を決めた作品で、モネの最高傑作のひとつ...more
カテゴリー:

【日本初公開】MITテグマーク教授の新刊『Life 3.0~人工知能の時代に人間であること~』から抜粋。AIの軍事利用を禁止するのはなぜ難しいのか? - 10月09日(月)19:00 

パトロールする軍事用ドローン Image: Ivan Cholakov/Shutterstock.com 人間の手で作られたロボットが自律し、人間を殺す日が近づいているのでしょうか。21世紀が進むにつれて、映画「ターミネーター」で描かれていたような近未来図が少しずつ現実になりつつあります。今後人工知能(以下「AI」)が更なる発展を遂げれば、殺人という汚らわしい仕事はロボットに任される時代が来るのかもしれません。MITの物理学者で「Future of Life Institute(生命の未来研究所)」創始者でもあるMax Tegmark(マックス・テグマーク)氏は、アメリカで2017年8月29日に発売された最新の著書『Life 3.0: Being Human in the Age of Artificial Intelligence』(直訳:Life 3.0~人工知能の時代に人間であること~)の第3章において、AIの軍事利用について数々の事例を紹介しながら考察しています。AIの軍事利用がもたらす利点とは? そして、その代償とは? 今後人類が直面する最大のハードルは、AIの軍事利用を放棄するよう世界中の国々を説得することだとテグマーク氏は結論づけています。AIには人間の存在に関わるほぼすべての事柄を変えるポ...more
カテゴリー:

もっと見る

「日本初公開」の画像

もっと見る

「日本初公開」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる