「日本公開」とは?

関連ニュース

ネットの世界で大冒険の『シュガー・ラッシュ:オンライン』日本版ポスターにおなじみのアイコンがいっぱい! - 04月23日(月)05:00 

ヒーローに憧れるアーケードゲームの悪役・ラルフと、ひとりぼっちの少女・ヴァネロペの冒険と友情を描き、全世界で500億円を超える興行収入を記録した『シュガーラッシュ』(12)。その続編となる『シュガーラッシュ:オンライン』が12月21日(金)から公開される。このたび本作から日本版ティザーポスターが解禁された。 【写真を見る】今度のラルフはインターネットの世界をハチャメチャに!?/[c]2018 Disney. All Rights Reserved. 『モアナと伝説の海』(16)以来2年ぶりのディズニー・アニメーション・スタジオ作品となる本作。前作『シュガー・ラッシュ』とアカデミー賞受賞作『ズートピア』(16)で監督と脚本家としてタッグを組んだリッチ・ムーアとフィル・ジョンストンが共同で監督を務める。 今回の舞台となるのはインターネットの裏側の世界。ヴァネロペが暮らすお菓子の国のレーシングゲーム<シュガー・ラッシュ>の危機を救うため、ラルフとヴァネロペはアーケードゲームの世界を飛び出し、インターネットの世界へ足を踏み込む。しかし、未知の世界へ冒険に出た2人を待ち受けていたのは思いもよらぬ事件だった…。 このたび到着した日本版ティザー・ポスターには、目の前に広がるキラキラと輝く近未来都市のようなインターネットの世界を前に目を輝かせるヴァネロペと、ワクワクした表情を隠しきれないラルフの姿...more
カテゴリー:

【衝撃】デッドプール2に登場する初の「特殊能力がない普通の人」がTwitter開設 / すぐ数万人フォロー - 04月23日(月)00:27  news

人気映画X-MENシリーズの最新作「デッドプール2」(Deadpool 2)が2018年6月1日に日本公開を控えているが、一足早く2018年5月18日に公開される北米では、すでに「デッドプール2」の人気っぷりが激化している。 ・ヒーローじゃない普通の人 なかでも絶大人気を得ているのが、ヒーローじゃない普通の人であるピーターだ。今までも「アベンジャーズ」シリーズなどのマーベル作品には超人ではない普通の人が戦いに参加したことはあるが、ホークアイやブラックウィドウなど、何かしら特殊能力があった。 ・普通の人以下の能力 しかしデ...
»続きを読む
カテゴリー:

映画『パシフィック・リム:アップライジング』の欠点、それは「デル・トロが足りない」ことだった - 04月22日(日)17:00 

『パシフィック・リム』の続編『パシフィック・リム:アップライジング』が公開された(日本公開は4月13日)。絶大なる人気を誇る作品の続編だが、最大の欠点は、監督が「ギレルモ・デル・トロではない」ことだった。いったいどういうことなのか。
カテゴリー:

実写「くまのプーさん」日本公開は9月14日!プーとの再会収めた特報完成 - 04月22日(日)10:30 

米ウォルト・ディズニーが「くまのプーさん」を実写映画化した「クリストファー・ロビン(原題)」が、「プーと大人になった僕」の邦題で9月14日から日本公開されることが決定した。あわせて、主演ユアン・...
カテゴリー:

耳の聴こえない妊婦のもとに侵入者が――スリラー映画『インサイド』 音が失われる予告編解禁[ホラー通信] - 04月20日(金)22:00 

わずかな音も聴き逃さない盲目最強老人と若輩強盗のバトルを描く『ドント・ブリーズ』が大ヒットし、音を立てたら“何か”に殺される『クワイエット・プレイス』が本国ではそれを上回るヒットを記録しています。(日本では2018年秋公開)そんな“音を立ててはいけない”スリラーが躍進中ですが、今度は“音が聞こえない”状況のなかで妊婦さんが恐怖と対峙するスリラー『インサイド』が日本公開であります。 <ストーリー> 間も無く子どもが生まれる幸せ絶頂の夫婦を襲った不運な交通事故。夫は帰らぬ人となり、お腹の子どもと共に生き残った妻サラ(レイチェル・ニコルズ)には耳に障害が残った。補聴器がないと耳が聴こえないのだ。 新しい命の誕生だけを心の支えに一人暮らすサラ。そんなある晩、見知らぬ女が家に侵入。女はサラを執拗に追い詰め、殺そうと襲ってくる。狂気に満ちた女、補聴器が壊れ耳は聴こえない、助けはこない、そして陣痛が始まる……!! 最悪のシチュエーションで最悪の一夜が幕を開ける。女の正体、そして目的は一体何なのか――? 今回併せて解禁となった予告編では、謎の女が忍び寄るなか、補聴器が壊れ、聴こえるのは耳鳴りだけとなる緊迫したサラの状況を再現。包丁を持った女の形相も凄まじく、見ているこちらも追い詰められた気分に……。いや、こんなん耳聞こえてても怖いわ。 監督は『スペイン一家監禁事件』のミゲル・アンヘル・ビバス。脚...more
カテゴリー:

「シュガーラッシュ」続編、ラルフ&ヴァネロペがネットの世界にワクワク全開! - 04月23日(月)05:00 

 ディズニー・アニメーション・スタジオの新作「シュガー・ラッシュ オンライン」で、インターネットの裏側の世界を描いた日本版ティザーポスタービジュアルが公開された。  人間たちが知らないアーケードゲームの裏側の世界を舞台に、ヒーローに憧れる悪役のラルフと、ひとりぼっちの少女ヴァネロペの冒険と友情を描いた「シュガーラッシュ」(2012)の続編。ヴァネロペが暮らすお菓子の国のレーシングゲーム“シュガーラッシュ”に迫る最大の危機を救うため、ラルフとヴァネロペは初めてゲームの世界を飛び出してインターネットの世界へ。ところが、未知の世界への冒険は思わぬ事件へと発展していく。  このほどお披露目されたポスタービジュアルでは、近未来都市のような風景に、ラルフとヴァネロペは「こんな世界、見たことない……」と目を輝かせ、ワクワクを隠しきれない様子。ネットを通じてあらゆる世界がつながっていることが表現された摩天楼には、おなじみの企業やSNSなどのアプリのアイコンが浮かんでおり、ゲームの世界を飛び出した2人がどんな大冒険を繰り広げるのか期待が高まる。  監督は、前作「シュガーラッシュ」で長編アニメを初監督し、続く「ズートピア」でアカデミー賞長編アニメーション賞を受賞したリッチ・ムーア監督が続投。両作で脚本を手がけたフィル・ジョンストンが今作でも脚本を執筆し、はじめて監督も務める。12月21日から全国...more
カテゴリー:

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』について判明した、いくつかの新たな事実 - 04月22日(日)18:00 

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の製作が公開に向けて急ピッチで進むなか、新たな情報がいくつか入ってきた。6月の日本公開に向けた新たな情報の数々、さらには新3部作に関する噂話もおさらいしておこう。
カテゴリー:

【京アニ】『リズと青い鳥』本田望結インタビュー「明日から頑張ろう!」と思えるような「光」を感じられる―― - 04月22日(日)12:00 

劇場版も2作が公開されるなど、京都アニメーションが手がける人気シリーズである『響け!ユーフォニアム』。 【写真48枚】『リズと青い鳥』の場面写真、本田望結の写真をさらに見る そのシリーズ最新作として、武田綾乃さんの『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』を原作にした映画『リズと青い鳥』が、4月21日(土)より公開されました。 それを記念して、キーパーソンとなるリズと少女役を1人2役で演じられ、本作で劇場声優デビューを果たした本田望結さんに、インタビュー! ご本人もフィギュアスケーターと女優業という2つの顔を持っていますが、本作で2役を演じるにあたって意識されたポイントや、見どころをお聞きしました。 「なんとなーくふわふわとしているように」リズと少女を演じるうえで意識したこと ――本作はリズの情景的で映画的なシーンから始まります。初めて台本を読んだ時の印象はいかがでしたか? 本田:「切ない真実に、あなたは涙する――」という本作のキャッチコピーのとおり、涙があふれてきました。台本なので文字だけなのですが、すごく深く考えさせられて。 劇中では別世界という形ですけれど、この子は実現しないのにどこかにいるんじゃないかと思えるような。そこがアニメの凄いところだと思います。 ――今回初めて劇場アニメの声優として参加されていますが、1人2役ということで。 本...more
カテゴリー:

実写「くまのプーさん」日本公開は9月14日!プーとの再会収めた特報完成 - 04月22日(日)10:30 

 米ウォルト・ディズニーが「くまのプーさん」を実写映画化した「クリストファー・ロビン(原題)」が、「プーと大人になった僕」の邦題で9月14日から日本公開されることが決定した。あわせて、主演ユアン・マクレガー扮するクリストファー・ロビンがプーと再会する場面を収めた日本版特報映像が披露された。 ・【動画】「プーと大人になった僕」日本版特報  「007 慰めの報酬」「ネバーランド」のマーク・フォースター監督がメガホンをとった今作は、2011年公開の劇場アニメ「くまのプーさん」で描かれた、プーとクリストファー・ロビンの“感動の別れ”のその後がつづられる。かつて、「僕のことを忘れないって約束して」と誓い合った2人。時が経ち、大人なったクリストファー・ロビンは、大親友のプーと奇跡の再会を果たす。  日本版特報映像は、大人になったクリストファー・ロビンが仕事に悩み、公園のベンチで頭を抱えていると、背後からプーが顔をのぞかせる。つぶらな瞳でクリストファー・ロビンを見つめ、名前を呼ぶ姿は愛らしく、“実写版プーさん”の魅力が凝縮された映像となっている。  「プーと大人になった僕」は、9月14日から全国公開。 【作品情報】 ・プーと大人になった僕 【関連記事】 ・【動画】「プーと大人になった僕」日本版特報 ・実写版「くまのプーさん」「ダンボ」「ライオン・キング」リアルでキュートな姿が初公開 ...more
カテゴリー:

「バーフバリ 王の凱旋」完全版、日本初公開シーンの場面写真披露! - 04月20日(金)19:00 

 異例のロングランヒットを記録しているインド映画の“オリジナル完全版”である「バーフバリ 王の凱旋 完全版」の場面写真が、このほど披露された。今作のみに収録され、日本初公開となる、最強ヒロイン・デーヴァセーナが歌って踊るシーンを切り取っている。 ・【フォトギャラリー】そのほかの画像はこちら  全米週末興収ランキングで第3位デビュー、全世界興行収入300億円を突破した「バーフバリ 王の凱旋」。日本では2017年12月29日に封切られて以後、圧倒的なカタルシスが熱狂の渦を巻き起こし、「本国インドで公開されたオリジナル完全版も見たい!」との声が多く上がっていた。長期間の交渉の末、上映時間約167分の完全版(従来のインターナショナル版は141分)の日本公開が決定した。  蛮族カーラケーヤとの戦争に勝利を収め、母シヴァガミ(ラムヤ・クリシュナ)から王位を託されたバーフバリ(プラバース)は、自ら治めることになる国を視察するために、忠臣カッタッパ(サティヤラージ)と共に身分を隠し、旅に出る。道中、バーフバリはクンタナ国王の妹デーヴァセーナ(アヌシュカ・シェッティ)と恋に落ちるが、王位継承争いに敗れたバラーラデーヴァ(ラーナー・ダッグバーティ)は、バーフバリとデーヴァセーナの仲を裂き、王座から引き降ろすべく邪悪な策略を巡らせていた。  今回披露された場面写真は、日本初公開となる“26分間”...more
カテゴリー:

もっと見る

「日本公開」の画像

もっと見る

「日本公開」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる