「日本企業」とは?

関連ニュース

アマゾン、Uberが狙う「インド13億人の食」、日本企業に勝機はあるか? - 01月22日(月)06:10 

今や2.3兆ドルの経済規模(IMF調べ)を誇り、今後数十年は引き続き世界でも有数の成長が見込まれるインド。中でも、13億の巨大人口を支える飲食産業はインド経済を牽引する主要産業であり、国内生産力を向上させる「メーク・イン・インディア」政策の主要分野の1つと見られている。インドの飲食産業は経済発展、雇用創出、外資導入にどう貢献しているのか。そして、日本はインドの「食」にどのように向き合っていけばよいか。エクシール・エフ・エー・コンサルティングが解説する。
カテゴリー:

ダイエー消えてもドムドムは不滅。6年ぶり新規出店で復活目指す - 01月22日(月)05:00 

日本生まれで国内初のバーガーチェーンとして知られる「ドムドムハンバーガー」が昨年12月8日、ロゴも制服も一新し再出発のための一歩を踏み出しました。さらに6年ぶりとなる新規店舗も開店、競争が激化するハンバーガー業界で同社はかつての輝きを取り戻せるのでしょうか。無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者・佐藤昌司さんがドムドムハンバーガーの今後を占います。 「ドムドム」が復活。マクドナルドに勝つために必要なこととは 象のブランドロゴでおなじみのハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」が新しく生まれ変わり、復活を遂げるべく出店を強めていくようです。 ホテル事業や再生事業を手掛けるレンブラントホールディングスは12月8日、ダイエー傘下のオレンジフードコートから昨年7月にドムドムハンバーガー事業を承継してから初の新規出店店舗となる「ドムドムバーガー厚木店」(神奈川県厚木市)をオープンしました。ドムドムハンバーガーから新規店舗がオープンするのは約6年ぶりのことです。15日には「ラフレ初生店」(静岡県浜松市)もオープンしています。 「ドムドム」と聞いて懐かしく思う人も少なくないのではないでしょうか。1号店を東京都町田市に出店したのが1970年で、マクドナルド(71年)やモスバーガー(72年)よりも早く日本で展開を始めた国内初のハンバーガーチェーンとされていますが...more
カテゴリー:

「iPhoneは売れない」とした日本の発想と、シリコンバレーの発想の違い - シリコンバレーの流儀 - 01月22日(月)05:00 

「携帯電話の顧客が一番嫌うのは、電池が切れることだ」「日本の携帯ユーザーはテンキーで日本語入力するのでQWERTYキーボード(パソコン配列のキーボード)は要らないはずだ」米アップルがiPhoneを発表したときの日本企業やメディアの反応はこのようなものだった。だから、「iPhoneは日本では売れない」と結論づけていた。
カテゴリー:

いま、一番読まれている記事は:馬鹿に付ける薬があった! システム障害を絶対に起こす猿を見習え(木村岳史の極言暴論!) - 01月22日(月)05:00 

 実に面白かった。何の事かと言うと、米国の動画配信サービス大手、Netflixの「サル軍団」の記事だ。カオスモンキーたちがわざとシステムに障害を発生させて、技術者に対処させる。日本企業には「システム障害は絶対に起こしてはならない」という愚か者が多いので、そうした連中にはぜひ読んでもらい。
カテゴリー:

【改竄】アメリカでも批判噴出。メイド・イン・ジャパンを誇れなくなる日は近い? - 01月21日(日)16:27  bizplus

日本の製造業界に対する信頼が今、急速に揺らぎ始めている。  昨年末、日産自動車では無資格の従業員が車両の完成検査をしていたことが国交省の抜き打ち検査で発覚し、神戸製鋼所ではアルミ・銅製品などの強度に関するデータを改ざんしていたことが明らかになったというニュースは記憶に新しい。東芝が衰退した一因にも、過去の不正会計という不祥事が絡まる。 「メイド・イン・ジャパン」の代名詞にもなるような企業で相次いだ昨年の不祥事は、日本国内はもとより、海外の消費者や投資家に「日本ブランドの異変」を確信させてしてし...
»続きを読む
カテゴリー:

日本企業と橋渡し 「爆学」に期待 ゴールデンブリッジ・楊金峰社長 - 01月22日(月)06:00 

 訪日外国人客が増加する中、海外のビジネスマンが日本を訪れ、企業経営を学ぼうというニーズが高まっている。「ゴールデンブリッジ」社長の楊金峰さんは2014年以降、こうした新たなニーズを取り込もうと、中国人ビジネスマン向けに日本企業の施設見学や経営者との交流会などをプロデュースする事業を始めた。中国人ビジネスマンにとっては学びの機会となる一方、日本企業にとっても自社をPRできる場となることから盛況といい、「今後やってくるだろう“爆学ブーム”に乗りたい」と期待を寄せている。
カテゴリー:

馬鹿に付ける薬があった! システム障害を絶対に起こす猿を見習え(木村岳史の極言暴論!) - 01月22日(月)05:00 

 実に面白かった。何の事かと言うと、米国の動画配信サービス大手、Netflixの「サル軍団」の記事だ。カオスモンキーたちがわざとシステムに障害を発生させて、技術者に対処させる。日本企業には「システム障害は絶対に起こしてはならない」という愚か者が多いので、そうした連中にはぜひ読んでもらい。
カテゴリー:

デジタル化に疲れた、「お代は見てのお帰り」では辛い(記者の眼) - 01月22日(月)05:00 

 デジタルシフトは2018年も多くの日本企業にとって重点テーマ。しかし、AIやIoTにチャレンジしてみたが成果はいまひとつと、デジタル化の疲れを訴える声が聞こえてくる。提案やPoC(概念検証)の無償提供がSIベンダーの負担になっているのが一因だ。
カテゴリー:

世界中にカネをばらまく中国に対し、日本はどんな対抗をすべきか? - 01月22日(月)04:45 

先日、河野外相は「日本は外交の危機に直面しており、このままでは国益は守れない」と発言しました。日本にとっての一番の脅威は中国ですが、世界中にカネをばら撒き勢力を拡大している中国に勝つ方法などあるのでしょうか。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際政治に詳しい北野幸伯さんは「勝てる」とした上で、今後日本が取るべき外交政策についての持論を展開しています。 河野外相「日本外交は危機に直面」、ではどうする??? 少し前(1月8日)になりますが、河野外相が興味深い発言をされています。 河野太郎外相は8日、中国の国際的な影響力拡大を念頭に、「日本の外交は危機に直面している。今までと同じことをやっていたのでは国益を守ることはできない」と述べ、懸念を示した。 (毎日新聞 1月8日) 「日本の外交は危機に直面している。今までと同じことをやっていたのでは国益を守ることはできない」そうです。「危機に直面している」とは? 河野氏は「中東やアフリカに行くと、中国が建てたビル、国会議事堂、橋、道路。どこへ行っても建設現場には中国語の看板が掛かっている」と指摘。「かつて日本のODA(政府開発援助)拠出が世界一という時は、日本の外相が来なくても通った時代があった。しかし、今、中国は世界中のほとんどの所で、日本のODAと民間企業の投資を足した何倍もの金額を落としている」と訴えた。【加藤明子】 (同上...more
カテゴリー:

日本企業協力で「血液銀行」 ロヒンギャ難民帰還前に - 01月21日(日)13:43 

 約65万人のイスラム教徒ロヒンギャの難民問題で揺れるミャンマー西部ラカイン州に、日本の支援で、輸血用の血液を保存する「血液銀行」が開かれる。国際協力機構(JICA)が計画を進め、日本企業が機器を寄付…
カテゴリー:

もっと見る

「日本企業」の画像

もっと見る

「日本企業」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる