「日本企業」とは?

関連ニュース

【中国を読む】拡大続ける消費市場 日本総合研究所・関辰一 - 09月25日(月)05:00 

 中国の消費市場の規模は、2013年に日本を追い抜き、15年には1.7倍に達した。今後も、所得水準の上昇に伴い、長期にわたり拡大傾向をたどるのは間違いない。中国の消費市場の拡大は、日本企業にとっても大きなビジネスチャンスだ。内陸都市の新富裕層の需要を積極的に取り込むなど、さまざまな戦略が考えられる。
カテゴリー:

対露ビジネス「有望」だが... 「(行政)窓口ごとに対応異なる」 - 09月24日(日)14:00 

日本企業がロシアでビジネスを推進するため、輸出入や投資の面を中心に経団連がロシア政府に行政や法制度の見直しを求めている。2017年9月7日にロシア極東ウラジオストクで行われた日露首脳会談では、1986年発効の日露租税条約の改正で合意し、日本企業がロシア国内の子会社からの配当利益にかかる税率が低減するなど一歩前進した。しかし、ロシアに進出した日本企業が現地でビジネスを行うには支障が多く、経団連はさらなる行政手続きや法制度の改善が必要だとしている。
カテゴリー:

ハンドスピナー、人気の理由は? 厳選TOP3はコレ! - 09月23日(土)11:00 

ハンドスピナーとは、2016年末頃からアメリカで大流行して、現在日本国内でも流行中の、指の上や机の上で回転させて遊ぶオモチャです。ストレス解消にも効果があると言われており、子どもだけでなく大人にも人気が広がっています。 大人気のハンドスピナー、どんなおもちゃ? ハンドスピナーとは、2016年末頃からアメリカで大流行している、指の上や机の上で回転させて遊ぶオモチャのこと。重さは50~100グラム程度で、大きさは数cm~10cm程度です。英語では、フィジェットスピナーと呼ばれることが多いようです。摩擦を軽減して回転運動を助けるボールベアリングが内蔵されており、コマのように高速度で回転します。 そもそもハンドスピナーって? 元は、アメリカの重症筋無力症の患者の娘を持つお母さんによって考案されて、その後は、筋無力症の子ども向けのオモチャとして主に使用されていましたが、2016年にオリジナル特許が切れたのをきっかけに、一般化して流行しました。アメリカでは人気のあまり、学業に支障が出る子どもまで出てきて社会問題となり、持ち込みを禁止する学校も出ているほどです。 ストレス解消に効く!? ハンドスピナーの意外な効果に迫る ハンドスピナーは子どもたちだけでなく、大人の間でも流行しているのです。ハンドスピナーを指先で回していると、不思議とストレス解消になるという声が多く上がっています。指先でシャープ...more
カテゴリー:

【社会】プレミアムフライデー見直し論が活発化 - 09月22日(金)12:55  newsplus

2017/9/20 13:32  月末の金曜日に早期退勤を奨励して消費を喚起する「プレミアムフライデー」を巡り、官民で見直し議論が活発になっている。業務が集中する月末は企業が対応しにくく、広く普及しているとはいえないのが実態だ。20日の経済団体、業界団体の記者会見でも効果を疑問視する声が相次いだ。 消費喚起の効果が期待されたプレミアムフライデーだが、早くも見直し論が広がる(東京・港)  日本商工会議所の三村明夫会頭は同日の会見で、プレミアムフライデーに関し「多くの商工会議所からは地域ごとの実情に合わせて活用...
»続きを読む
カテゴリー:

日本企業が初受賞「OutSystems Innovation Awards」、AOI Pro.「VR ON AIR TEST」開発PJが「Most Innovative App Award 」部門で - 09月21日(木)14:00 

[株式会社BlueMeme] [画像1: https://prtimes.jp/i/16434/24/resize/d16434-24-215004-4.jpg ] [画像2: https://prtimes.jp/i/16434/24/resize/d16434-24-164020-1.jpg ] OutSystems Innovation Awardsとは、OutSystems社のポルト...
カテゴリー:

日本企業が「ボトムアップ型」に落ち着く必然 鎌倉時代から「イエ社会」が続いている | ブックス・レビュー | 東洋経済オンライン - 09月24日(日)15:00 

「日本型資本主義」の再構築に何が必要か。財務省高官であり、『日本人と資本主義の精神』の著者である田…
カテゴリー:

[TGS 2017]台湾のゲーム業界人が日本へラブコール。「アジア太平洋ゲームサミット 2017 in TOKYO」レポート - 09月23日(土)19:15 

 2017年9月22日,台北市コンピュータ協会と日本オンラインゲーム協会は,東京ベイ幕張ホールで,「アジア太平洋ゲームサミット2017inTOKYO」を開催した。アジア圏のゲーム市場の現状と,台湾へ日本企業が進出するにはどうすればいいかというテーマで講演とパネルディスカッションが行われたイベントの概要をレポートしよう。
カテゴリー:

腐敗した政治、行き詰まる市民運動 ジャーナリストが見た麻薬戦争の国メキシコの現在と未来 - 09月22日(金)14:00 

*9月8日と19日、メキシコで2度にわたりM7を超える大きな地震が発生しました。被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、被災地の一刻も早い復旧をお祈りしております。 ◇「合法的にアメリカに行くことは難しい今、手っ取り早く稼いで豊かな暮らしをするには、麻薬組織の仕事をするしかない。今の生活では全く夢も持てないと思っている若者は、それができる可能性のあるカルテル(麻薬犯罪組織)に参加するわけです」この10年間、メキシコではカルテル同士に加え、軍・連邦警察の三つ巴となって「麻薬戦争」が繰り広げられてきた。その犠牲者はカルテル関係者、軍人、警察官だけではない。罪のない一般市民やジャーナリストも含まれている。メキシコで30年以上フィールドワークを行い、ストリートチルドレンの自立支援などにも関わってきたジャーナリストの工藤律子さんは、暴力と麻薬によって破綻してゆく社会を取材し、『マフィア国家』(岩波書店刊)という一冊の本にまとめた。“世界最悪の治安”といわれるシウダー・フアレスをはじめ、第三の都市モンテレイ、首都メキシコシティとその近郊の街クエルナバカ、そしてイグアラの人々を通して見えるメキシコの現実は、あまりにも過酷なものだった。そして、工藤さんはメキシコの取材中、“今までになかったこと”が起きたという。 ◇――モンテレイで取材をされているときに、何者かに尾行されていたそうですね。工...more
カテゴリー:

ライフシフトできる人が、ロジカルシンキングより大事にするスキルとは? - 人生100年時代の新しい働き方 - 09月22日(金)04:50 

研究者、外資系コンサル、伝統的日本企業、世界的NPO代表と多様な職を渡り歩いた著者が、働き方改革、副業解禁、そしてライフシフトと、働き方の問題で揺れる今、本当に必要なスキルを語る
カテゴリー:

技術革新だけでは デジタルトランスフォーメーションに対応できない - IT insight - 09月21日(木)05:01 

デジタルトランスフォーメーション(デジタル変革)の波がうねりを強めている。世の中のありとあらゆる情報がIoT(モノのインターネット)で集積され、ビッグデータ解析やAI(人工知能)の活用によって、新たなニーズを発見し、それに応える革新的なビジネスモデルが次々と創出されている時代に、日本企業はどう対応していくべきなのか? 「デザインによる未来創造」を研究する東京工科大学の澤谷由里子教授に聞いた。
カテゴリー:

もっと見る

「日本企業」の画像

もっと見る

「日本企業」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる