「日本企業」とは?

関連ニュース

国際協力銀:トルコ病院事業に融資 官民連携、800億円 - 07月21日(金)07:30 

 国際協力銀行(JBIC)は、総合商社の双日がトルコ・イスタンブールで計画する病院事業に対し、約813億円を上限に融資を実施する。医師の確保などはトルコ政府が担う。民間の資金やノウハウを活用した公共施設整備の手法であるPPP(官民連携事業)によって日本企業が海外で病院を建設するのは初めて。
カテゴリー:

中国は、30年遅れて日本と同じ道を歩んでいる。次は暗黒の20年 - 07月21日(金)04:45 

先日掲載の記事「中国共産党が最も恐れた男・劉暁波氏はどんな人物だったのか?」を、「劉さんの夢は、早晩実現することでしょう」という一文で結んだ無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さん。早速読者から、その根拠を尋ねるメッセージが届きました。北野さんは何を基準にそのように判断したのでしょうか。最新号にはその論拠が記されています。 中国の体制崩壊はあるか? 前号では、中国の人権活動家・ノーベル平和賞受賞者、劉暁波さんの生涯について書きました(まだの方はこちら。「中国共産党が最も恐れた男・劉暁波氏はどんな人物だったのか?」)。 この記事の最後に、こんなことを書きました。 劉さんの夢は、早晩実現することでしょう。 この一文を読んだ読者さんから、質問が届きました。 北野様、いつも本当にインテリジェンスの高い貴重な情報をありがとうございます。読者の鳥人と申します。愛国と現実路線のバランスの取れた見事な提言は、毎回心から賛同するものばかりです。   さて、今回のメルマガですが、最後に、「劉さんの夢は、早晩実現することでしょう」という、かなり重大なメッセージがさり気なく入っていましたが、これに関してもう少し具体的に書いていただけないでしょうか。共産党が考えを改め、劉氏のイデオロギーを採用することはありえないと思うので、これは劉氏のイデオロギーを元にした革命が起きるということを言っ...more
カテゴリー:

インバウンド・ジャパン2017開幕 注目は中国要素 - 07月20日(木)17:46 

日本の日経BP社が主催するインバウンド消費をテーマとした大規模展示イベント「インバウンド・ジャパン2017」が、19日東京ビッグサイトで開幕した。会期は3日間で、日本企業と海外企業がマーケティング、ICT(情報・通信技術)、サービス、ランゲージ、インフラ/建物、越境ECをテーマにしたコンテンツを展示する。 ...
カテゴリー:

日本のメガバンクが「アジアの熱帯雨林破壊」に荷担している!? - 07月20日(木)08:42 

 日本のメガバンクが、アジアの森林破壊に加担しているという。米国の環境NGO「レインフォレスト・アクションネットワーク」(RAN)が今年4月にまとめた報告書は、衝撃的な内容だった。王子ホールディングス、丸紅、伊藤忠、インドフード社、ウィルマー社などの8社が自社やサプライチェーンの事業において、児童労働や強制労働、先住民族からの土地の搾取、熱帯林皆伐などの社会および環境問題に関与しているというのだ。 ◆オランウータンの生息地である広大な熱帯林を伐採 ⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1359782  RAN日本代表部の川上豊幸氏は、これら8社の森林部門事業を支援している金融機関として、「三井住友、みずほ、三菱 UFJなどで、最大規模の投資機関としては、日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が含まれています」と指摘する。 「食品や洗剤などの材料となるパーム油をつくるアブラヤシや、紙パルプをつくるプランテーションのために、貴重な熱帯林が伐採されています。なかでもインドネシア最大の総合食品メーカー、インドフード・サクセス・マクムール社は、森林破壊だけでなく児童労働や現地労働法違反、土地紛争など多くの問題を抱えています」  具体的には、インドフード社最高経営責任者アンソニー・サリム氏の管理下の企業により2012~2...more
カテゴリー:

徴用工が題材の韓国映画「軍艦島」近く公開へ - 07月19日(水)20:26 

戦時中の日本で過酷な労働を強いられたとする韓国の元労働者やその遺族が日本企業を相手どり損害賠償を求める訴えを相次いで起こす中、日本の炭坑で働かされた徴用工を題材にした韓国のアクション映画が近く公開されることになり、世論に影響を与えることも予想されます。
カテゴリー:

踊り場の中国企業は、「祖業」発展させ成功した日本企業を見習え - 莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見 - 07月21日(金)05:00 

経済成長が踊り場にきている中国では、今、「イノベーション」という言葉が流行し、本業と関係のない新規事業に飛び付く企業が多いが、成功は容易ではない。そんな中国企業が見習うべきは日本企業だ。
カテゴリー:

コラム:景気と物価のミスマッチ、ボリュームゾーン消費減退も一因か - 07月20日(木)22:33 

[東京 20日 ロイター] - 日銀が20日公表した展望リポートでは、成長率の見通しを上げて、物価の見通しを下げた。このミスマッチな現象の背景に何があるのか。私は、日本企業が高度成長期から「享受」してきたボリュームゾーンの需要が減退し、そこでの過当競争による価格競争があると指摘したい。
カテゴリー:

「グラブル」のCygames、欧州サッカー名門「ユヴェントス」のスポンサーに - 07月20日(木)16:35 

人気ゲーム「グランブルーファンタジー」を運営する日本企業Cygames(サイゲームス)が、欧州プロサッカーの名門クラブ「ユヴェントスF.C.」とスポンサー契約を結んだ。
カテゴリー:

ヘッドハンティングされるにはどうしたらいいのか? - 07月20日(木)08:00 

一流企業にヘッドハンティングで引き抜かれキャリアアップすることは、ビジネスパーソンにとってサクセスストーリーといえよう。かつては外資系企業が頻繁に行っていたイメージがあるが、最近では日本企業も実施するという。しかし、実際どうすればお声がかかるのか、見当もつかないというのが一般の感覚であろう。そこで、日本でのヘッドハンティングの実情につい即戦力人材向けの転職サイト「ビズリーチ」を運営する、酒井哲也さんにお聞きした。 ■徐々に増えてきた、日本のヘッドハンティング まずは日本のヘッドハンティングの現状を聞いてみた。 「アメリカと比べると、まだ当たり前とは言えません。アメリカは、労働市場の流動化が加速した結果、現在ではヘッドハンティングを含めた人材紹介市場は約3兆円といわれています。日本の市場規模はその10分の1以下にとどまっており、労働力人口比で考えてもアメリカに比べまだまだ進んではいないといえます」(酒井さん) 規模が小さいとはいえ日本でもヘッドハンティングの事例はあるという。 「日本でも、産業構造の変化やグローバル化、労働力人口の減少などを背景として、大手企業も既存のビジネスモデルにはない状況に対応する必要性が生まれています。そうした背景から、即戦力人材を中途採用する事例やヘッドハンティングによる採用が増えてきています」(酒井さん) 生存競争にさらされる企業が、優秀な人材...more
カテゴリー:

今の時代はアリよりキリギリス?「働かない時間」のススメ - 07月19日(水)13:40 

毎日始業前に会社に行き、サービス残業までしてるのに、仕事の効率は一向に上がらない。そんな毎日で疲労困憊のみなさん、思い切って「休暇」をとってみませんか? 今回のメルマガ『採用工学のススメ』では、著者で採用コンサルタントの藤原ユウマさんが「働かない時間」の有益性を説いています。 仕事の質を上げたければ、働くな! 働かない時間が仕事のクオリティを上げる!? 閉塞感漂う日本で働く上での大きな問題点の一つ。それは、過酷な就労状況です。 長時間労働やサービス残業などの働き方は、昔から変わっていませんが、そんな働き方は時代遅れです。今の時代、仕事のクオリティを上げたいならば「働かない」を選ぶことも有益な選択肢かもしれません。 就業時間より1時間も早く出社し、定時が過ぎてもサービス残業に勤しむ。やっと一週間の仕事が終わったと思っても、休日にイレギュラー対応するなんて日常茶飯事。そんな日々を送っている人は多いのではないでしょうか。けれども、こんな時代遅れの働き方は今すぐ捨ててしまうことをオススメします。これからの時代は、仕事をしない時間こそ、あなたの仕事の質を高めてくれる貴重な時間だと思います。日本企業を象徴するような拘束時間の長い働き方は、日本が成長していた過去の時代につくられたものです。 しかしながら、市場が成熟し、これまでとは前提が一変しました。かつて、GDPで世界2位を誇った日本も、数年前...more
カテゴリー:

もっと見る

「日本企業」の画像

もっと見る

「日本企業」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる