「既存事業」とは?

関連ニュース

駐車場シェアを超えたモビリティプラットフォーム目指す「akippa」、住商らから8.1億円を調達 - 05月22日(火)15:00 

駐車場シェアリングサービス「akippa」を運営するakippaは5月22日、既存株主の住友商事など7社を引受先とした第三者割当増資により、総額で8.1億円の資金調達を実施したことを明らかにした。 今回の調達は既存事業の拡大とともに、同社が今後見据えるMaaS(Mobility-as-a-Service)を軸としたモビリティプラットフォームの構築に向けたもの。調達先7社および各社との業務連携の内容は以下の通りだ。 住友商事 : 2016年9月に業務提携、2017年にakippaへ出資。モビリティ部門と連携しカーシェアの駐車スペースやEVの充電スポットなど、中長期的にakippaの駐車場を活用。海外展開のサポートも 日本郵政キャピタル : 郵便局等の駐車場や遊休地の貸し出しを検討 JR東日本スタートアップ : 2018年3月より保有する駐車場をakippaで貸し出し開始。今後もJR東日本沿線の駐車場をakippaを通じて提供、鉄道と2次交通とのシームレスな連携へ ニッポンレンタカーサービス : 2018年内を目標にID連携を進めレンタカーと駐車場をセットで予約できる仕組みを目指すほか、カーシェアステーションとしてakippaの駐車場を活用 FFGベンチャービジネスパートナーズ : 九州エリアでのakippaの展開支援 中部日本放送 : 東海エリアでのakippaの展開支援とグループ...more
カテゴリー:

エイベックス、役員人事で示した次の成長軸 「安室・小室」の引退が象徴する業界の転換期 | ゲーム・エンタメ | 東洋経済オンライン - 05月16日(水)09:00 

「これからは新しい『エイベックス2.0』を私が、そして既存事業を中心にした『エイベックス1.0』を新社長…
カテゴリー:

【シェアテク】新規事業などの機動的な資金ニーズへの対応と、既存事業の拡大などを行うことを目的とした、社債発行のお知らせ! - 05月15日(火)15:00 

日本最大級のライフサービスプラットフォームを展開するシェアリングテクノロジー株式会社(本社:名古屋市中村区、代表取締役CEO:引字 圭祐、証券コード:3989、以下:シェアテク)は、平成30年5月14日開催の臨時取締役会において、社債の発行を行うことを決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。
カテゴリー:

エイベックス「30周年を機にもう一度ゼロから始める」--松浦氏が語った新規事業への思い - 05月11日(金)17:38 

2018年で設立30周年を迎えたエイベックスが社長交代の人事を発表した。既存事業を新社長の黒岩氏に任せ、松浦氏は新規事業に乗り出す。音楽業界で多くのヒットを生み出してきたエイベックスが手掛ける新規事業とはどんなものなのか。
カテゴリー:

スクロール、3年後に売上高1千億円へ - 05月17日(木)19:30 

スクロールは、2019年3月期からスタートする3カ年の中期経営計画を公表した。ネット販売事業においては、既存事業のブランド再構築を図るほか、商品調達力を強化することで収益力を強化。化粧品・健康食品事業については、ブランド認知向上に向けたプロモーションを展開する。最終年度となる21年3月期の連結業績は...このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

【シェアテク】新規事業などの機動的な資金ニーズへの対応と、既存事業の拡大などを行うことを目的とした、社債発行のお知らせ! - 05月15日(火)15:30 

[シェアリングテクノロジー株式会社] [画像: https://prtimes.jp/i/15832/105/resize/d15832-105-810816-3.jpg ] ■社債発行の理由  新規事業などの機動的な資金ニーズへの対応と、既存事業の拡大などを行うことを目的に、社債の発行をすることで、...
カテゴリー:

ふるさと納税の規模拡大 今年は3000億円を突破する見込み ガソリン税の歳入に匹敵 - 05月12日(土)10:20  news

ふるさと納税、3000億円視野 返礼品抑制でも伸び https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30385930R10C18A5EA3000/ ふるさと納税が返礼品の抑制が広がるなかでも増えている。 日本経済新聞が全国814市区を調査したところ、6割が2017年度の寄付額が 増えると見込む。市区分だけでも2014億円と前年度より10%伸びており、 都道府県や町村分を含めると3000億円の大台を突破する勢い。 自治体の歳入としてはガソリン税に匹敵する規模で、主要な収入源になってきた。 総務省によると16年度の実績は2844億円。市区の合計額はふる...
»続きを読む
カテゴリー:

【MRJ】三菱重社長「戦闘状態のもや晴れてきた」、新中計で火力・MRJ再構築 - 05月09日(水)01:25  newsplus

https://jp.reuters.com/article/mitsubishi-heavy-idJPKBN1I91D0 2018年5月8日 / 13:28 / 5時間前更新 [東京 8日 ロイター] - 三菱重工業(7011.T)が8日発表した2020年度を最終年度とする中期経営計画(国際会計基準)では、前回中計で未達だった連結売上高5兆円を再び目指し、事業利益3400億円、純利益1700億円を狙う。不振の火力発電事業では人員3割削減や生産体制見直しなど構造転換を図る。債務超過に陥っているジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」の開発子会社には今年度中に資本増強を実...
»続きを読む
カテゴリー:

「既存事業」の画像

もっと見る

「既存事業」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる