「旅行業界」とは?

関連ニュース

エボラブルアジア、「Paidy」決済を導入 クレジットカードなしで翌月払い可能に - 10月19日(木)18:05 

エボラブルアジアは、エクスチェンジコーポレーションが運営するオンライン決済サービス「Paidy(ペイディー)」を導入した。 「Paidy」はメールアドレスと携帯電話番号、住所を入力することで、リアルタイムで決済ができるサービスで、クレジットカード情報などの登録を行う必要はない。本人確認はSNSや自動音声で案内する認証コードで瞬時に行われる。決済した代金は、まとめて翌月にコンビニエンスストアや金融機関で支払うことができる。導入は旅行業界として初めて。 これにより、エボラブルアジアでは、クレジットカード、コンビニ、銀行ATM・ネットバンキング(Pay-easy)の3つの決済手段に「Paidy」をあわせた4つの決済手段で支払いを行うことができるようになる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

旅行業界初の試みとして、当社旅行サービスサイトにて新決済方法 Paidyを導入開始~メールアドレス・携帯電話番号・住所だけで簡単に決済ができるサービスを導入へ~ - 10月19日(木)15:30 

[株式会社エボラブルアジア]  One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コ...
カテゴリー:

離れた場所にある物件をVRで内見、ナーブが4.6億円調達 - 10月13日(金)10:00 

不動産の内見にVRを活用する「VR内見」などを展開するナーブは10月13日、ニッセイ・キャピタル、三菱地所、ギガプライス、Spiral Ventures Japanから総額で4.6億円を調達したと発表した。 ナーブ自社開発のVRゴーグル「CREWL」 ナーブは不動産や旅行業界などに導入するVRシステムをパッケージとして提供するスタートアップだ。店舗に設置したVRゴーグルで物件の360度画像を見ることができるVR内見や、観光地の360度画像や動画をVR体験できる「VRトラベル」などを展開している。 VR内見を導入することで、店舗には専用ゴーグルの「CREWL」が設置される。このゴーグルは同社の自社開発製品で、VRゴーグルとして利用していないときには店頭デジタルサイネージとしても機能する。 物件チラシにプリントされたQRコードをCREWLで読み込み、ゴーグルを装着するとVR内見がはじまる。エンドユーザーは実際にその場にいるような感覚で、紹介された物件の内部を観察できる。 クルマで顧客を現地まで運ぶ通常の内見には時間がかかる。それが複数の物件となればなおさらだ。不動産会社がVR内見を導入することで、そういった時間を短縮して業務を効率化することができる。 しかし、ナーブ代表取締役の多田秀起氏は、不動産の内見をVRで行うというサービスの理解をユーザーから得るのにはとても苦労したと話す。 「昨...more
カテゴリー:

ICTの力でインバウンド商戦はどう変わっていくのか?- インバウンド・ジャパン 2016 - 10月10日(火)12:51 

旅行業界のみならず、小売りや流通など様々な業界が"インバウンド"というフレーズに着目せずにはいられない状況を呈している。インバウンドに関連するサービスを一堂に集めたイベント「INBOUND JAPAN 2016(以降、インバウンド・ジャパン 2016)」が7月20日より東京ビッグサイトで開催された。会場には多くのビジネスパーソンが詰めかけ、最先端のソリューションに実際に手を触れて、その利便性を確かめながら品定めしていた。本稿では、各社のインバウンドソリューションを通して、最先端のICT(Information and Communications Technology)をレポートしていこう。
カテゴリー:

エボラブルアジア、「Paidy」決済を導入 クレジットカードなしで”翌月払い”可能に - 10月19日(木)18:05 

エボラブルアジアは、エクスチェンジコーポレーションが運営するオンライン決済サービス「Paidy(ペイディー)」を導入した。 「Paidy」はメールアドレスと携帯電話番号、住所を入力することで、リアルタイムで決済ができるサービスで、クレジットカード情報などの登録を行う必要はない。本人確認はSNSや自動音声で案内する認証コードで瞬時に行われる。決済した代金は、まとめて翌月にコンビニエンスストアや金融機関で支払うことができる。導入は旅行業界として初めて。 これにより、エボラブルアジアでは、クレジットカード、コンビニ、銀行ATM・ネットバンキング(Pay-easy)の3つの決済手段に「Paidy」をあわせた4つの決済手段で支払いを行うことができるようになる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

JATA、アバンティリゾートクラブ営業停止でお知らせ 他社パッケージツアー申込者は弁済業務対象外 - 10月14日(土)19:09 

日本旅行業協会(JATA)は、アバンティリゾートクラブの営業停止を受けて、取引を行った旅行者に対してお知らせを発表している。 JATAによる弁済業務手続きの対象となるのは、アバンティリゾートクラブが企画・実施するツアーと航空券などの手配に限られ、アバンティリゾートクラブが販売していた他社のパッケージツアーを申し込んだ場合は、パッケージツアーを企画・実施する旅行会社が今後の対応を行い、弁済業務の対象とはならない。ANAセールスやびゅうトラベルサービスの取り扱いが多いとみられるという。 アバンティリゾートクラブは、東京都新宿区に本社を置く第1種旅行業者。宮城県仙台市にも営業所を置いている。観光庁長官登録旅行業第1806号で、日本旅行業界(JATA)の正会員。「ARCツアー」ブランドで、国内外のパッケージツアーや団体旅行を扱っていた。東京商工リサーチよると、ハワイ、アメリカ本土、東南アジア向けツアーを得意とし、年間売上高は約18億円だった。負債額は現在調査中としている。弁済業務保証金の限度額は7,000万円。
カテゴリー:

旅行業界初!日本旅行が長野県飯山市で訪日外国人向け観光農園をオープン!「日本旅行ファーム」オープン記念イベントご取材のご案内 - 10月10日(火)15:00 

[株式会社 日本旅行]   [画像1: https://prtimes.jp/i/4858/361/resize/d4858-361-542151-0.jpg ]  (株)日本旅行(本社:東京都中央区、社長:堀坂明弘)は、長野県飯山市にて、旅行業界としては初めて、主に訪日外国人旅行者を対...
カテゴリー:

【仮想通貨】HIS、ビットコイン決済導入 首都圏38店で - 09月20日(水)00:13  bizplus

■エイチ・アイ・エス(HIS) 19日、ネット上の仮想通貨ビットコインに対応した決済サービスを23日に始めると発表した。ビットコイン取引所の国内大手、ビットフライヤー(東京・港)が提供するサービスを採用。HISの首都圏38店舗で旅行申し込みの際にビットコインで支払えるようにする。  ビットコイン決済に対応するのは旅行業界では初めてという。1件につきビットコインで200万円相当まで決済できる。23日以降、導入店舗でビットコイン決済限定の旅行商品も販売する。 https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ19HQO_Z10C1...
»続きを読む
カテゴリー:

「旅行業界」の画像

もっと見る

「旅行業界」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる