「旅客機」とは?

関連ニュース

高度1万メートルを巡航中のエアバスA319型機に高高度気球がニアミスして150メートル下から撃撮 - 06月25日(日)12:00 

高度1万メートル以上を時速800kmで巡航中の旅客機を同じ目線の高さで見ることは普通はまず不可能なことですが、「宇宙のへり」を目指してフワフワと上昇を続ける気象観測用の気球が衝突寸前といえる近さに接近し、さらにはGoProでその様子をつぶさに撮影成功した映像が公開されています。続きを読む...
カテゴリー:

飛行機も飛べない。気温50度をこえたアメリカの暑すぎエピソードまとめ - 06月23日(金)12:14 

Image: Ralph Freso/Getty Images News/ゲッティ イメージズ アメリカ南西部を記録的熱波が襲い、一部の空港で暑すぎて空気が薄くなり飛行機が飛び立てない事態となっています。現象をまとめてどうぞ。 飛行機が飛べない 20日のフェニックスは最高気温119°F(48.3℃)。旅客機が耐えうる最高気温は118°F(47.7℃)。もう限界です。この気温だと浮力を確保するのにもっと加速が必要で、長い滑走路が必要になるため、物理的に飛び立てないのだとCNNが話しています。19、20日ともに50便近くが欠航となりました。フェニックスは3日連続で新記録更新中。 Today's high of 118F in #Phoenix ties the record set 1 year ago. If we hit our forecast highs Tue & Wed it would set 2 new records. #azheat pic.twitter.com/REMwhT2FQP— NWS Phoenix (@NWSPhoenix) June 20, 201719日が118F(47.7℃)、翌20日は119F(48.3℃)を記録 アリゾナのTV局は氷をライブストリーミング アリゾナのTV局では270kgの氷の...more
カテゴリー:

【イベントレポート】【パリ航空ショー2017】エアバス、総2階建て「A380」型機の効率向上型「A380plus」のコンセプト説明 A350型機の実績などを反映、開発確定なら2020年就航へ - 06月23日(金)06:51 

 仏エアバスは、パリ航空ショー2017の開催に合わせ、6月18日(現地時間)付けで総2階建て旅客機「A380」型機の効率向上モデルとなる「A380plus」型機の開発を発表。パリ航空ショー2017では、そのコンセプトに含まれるウィングレットのモックアップを取り付け、「A380plus」のロゴを記載した機体を展示した。
カテゴリー:

三菱重工、MRJの量産化で経済効果期待 事業継続に理解求める - 06月23日(金)06:14 

 三菱重工業の宮永俊一社長は22日の株主総会で、小型旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の開発費用が膨らんでいることについて「皆さまに心配をおかけして申し訳ない」と陳謝した。その上で「この製品は伸ばせば日本の宝になると思っている」と述べ、事業継続に理解を求めた。
カテゴリー:

【航空】MRJ、初の国際航空ショー…受注なしの見通し - 06月22日(木)19:45 

【パリ=戸田雄】世界最大規模の航空見本市「パリ国際航空ショー」が19日開幕し、三菱航空機は国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の実機を初めて展示した。  開発が順調に進んでいることをアピールする狙いだが、今回の航空ショー期間中に新たな受注は獲得できない見通しだ。小型機の需要は今後拡大が見込めるものの、ライバル社との差は広がっている。  「MRJの開発作業がきちんと進んでいるということを理解して頂くのが、一番重要なミッションだ」  三菱航空機の水谷久和社長は19日の...
»続きを読む
カテゴリー:

【飛行機】MRJ、パリ航空ショーでほろ苦デビュー 断熱材や配線むき出し… 開発遅れ鮮明[6/23記事] - 06月23日(金)20:15 

http://www.sankeibiz.jp/business/news/170623/bsc1706230500002-n1.htm 三菱航空機(愛知県豊山町)がパリ国際航空ショーで、MRJの実機を披露した。計画遅れの瀬戸際で展示にこぎ着けたが、開発では海外勢との差が浮かび、ほろ苦いデビューとなった。航空機分野で世界をにらむ部品メーカーは、初の国産ジェットに希望を託す。  各社の新型機が並ぶパリ近郊のルブルジェ空港。「開発が進んでいることを理解してもらうのが一番のミッションだ」。三菱航空機の水谷久和社長は18日、最初の顧客であるANAホールディングスの...
»続きを読む
カテゴリー:

緊急着陸のデルタ機 電気系統のトラブルか 6/23 7:18更新 - 06月23日(金)07:18 

22日夜、客室内に煙が出たとして羽田空港に緊急着陸したデルタ航空の旅客機は、座席に付いている映画などを見るシステムの電源を切ったところ臭わなくなったという。電気系統のトラブルか。乗客乗員316人で気分が悪くなった人などはいないという。
カテゴリー:

【航空】開発中の「797」型機の予想図を初公表、ボーイング - 06月23日(金)06:36 

https://www.cnn.co.jp/m/business/35103176.html パリ(CNNMoney) 米ボーイングは22日までに、新たな旅客機として開発中の「797」型機の予想図を初めて公表した。パリで開催中の「パリ航空ショー」で披露したもので、6年前に市場に投入された787型機以来の新機種となる。 707型機から60年続く700番台シリーズの最新型機となる。非公式の呼称である797型機の詳細は明らかにされていないが、機内に2通路を設け、乗客収容能力は220~270人。航続距離は最長で5200カイリ(約9620キロ)で、...
»続きを読む
カテゴリー:

【イベントレポート】【パリ航空ショー2017】新型旅客機 ボーイング 737 MAX 9型機が華麗なデモフライト - 06月23日(金)06:00 

 米ボーイングは、最新鋭旅客機としてボーイング 787-10型機とともにボーイング 737 MAX 9型機をパリ航空ショーで展示している。その詳細は関連記事(ボーイング、「787-10」&「737 MAX 9」の飛行試験機内を公開)を見ていただきたいが、ボーイング 737 MAX 9についてはデモフライトを実施した。
カテゴリー:

開発中の「797」型機の予想図を初公表、ボーイング - 06月22日(木)19:14 

米ボーイングは22日までに、新たな旅客機として開発中の「797」型機の完成予想図を初めて公表した。パリで開催中の「パリ航空ショー」で披露したもので、6年前に市場に投入された787型機以来の新機種となる。 707型機から60年続く700番台シリーズの最新型機となる。非公式の呼称である797型機の詳細は明らかにされていないが、機内に2通路を設け、乗客収容能力は220~270人。航続距離は最長で52...
カテゴリー:

もっと見る

「旅客機」の画像

もっと見る

「旅客機」の動画

Wikipedia

旅客機(りょかくき、りょかっき「りょきゃくき」という読み方は辞書にない。大辞林 : りょかくき、大辞泉 : りょかっき)とは、主に旅客輸送するために製作された民間用飛行機民間機)である。個人・官庁所有の小型飛行機や企業が使用するビジネスジェットなどは含まない。貨物の輸送が主用途である貨物機とは一般に区別されるが、貨客混載で運用されるコンビネーション(コンビ)や、旅客輸送仕様と貨物輸送仕様とを切り替えられるコンバーチブルなどとの違いはあいまいである。民間の貨物輸送機は旅客機を元に派生設計され製造されたものも多い。

旅客機は航空機メーカーが製造し、航空会社が乗客や貨物を乗せて運航する。航空会社は乗客が支払う運賃を主な収入とする日本の航空法の耐空類別では「航空輸送業務の用に適する飛行機」としての「輸送 T」に分類される。。 旅客機の運航形態には、あらかじめ決められた時刻表に従って...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる