「新興宗教」とは?

関連ニュース

大槻ケンヂ「邪教はいらない」女子プロ新興宗教対決に降臨 - 03月24日(金)13:09 

大槻ケンヂが3月26日に東京・後楽園ホールで開催される女子プロレス団体・アイスリボンの大会「アイスリボンマーチ2017」に登場する。
in English
カテゴリー:

【今週はこれを読め! SF編】天使が見える神経学者、偏執狂の諜報プロ、神聖なるドラッグの探索 - 03月21日(火)16:25 

 子どものころは素朴に、科学思考が信仰や神秘体験を駆逐すると思っていた。合理と実証をつきつめれば神や霊は否定しうる、と。もちろん、実際はそんな単純ではない。科学思考と信仰はじゅうぶんに両立する。 『迷宮の天使』が面白いのは、信仰を心の問題ではなく、大脳の状態として扱っている点だ。主人公のライダ・ローズはかつては気鋭の神経科学者だったが、薬物「神聖(ヌミナス)」を過剰摂取して以来、天使ドクター・グロリアが見える。その天使は独立した意志を持ち、ライダに助言を与える頼もしい存在でもあり、少々煩わしいお目付役でもある。また、ライダがぶしつけなふるまいをすると、機嫌を損ねて姿を隠してしまう。  ヌミナスは、もともとライダを含むベンチャー集団が、統合失調症の特効薬として開発を進めていたものだった。統合失調症は前頭葉と側頭葉の萎縮によって引きおこされるが、ヌミナスはこの状態を改善する。ヌミナスの研究成果を大企業に売却することが決まり、その祝いのパーティでライダとその仲間はヌミナスを過剰摂取してしまう。仲間のひとり化学者のミカラが持参したシャンパンに、この薬が仕込まれていたのだ。ミカラが故意にしたことかどうかはいまとなってはわからない。ヌミナスがもたらす忘我の状態のさなか、ミカラは刺殺されてしまったからだ。情況証拠によって技術者のギルが犯人とされるが、真相は藪のなかである。この事件によってヌミ...more
in English
カテゴリー:

芸能人と宗教 三船美佳の協議離婚の裏に学会婦人部の動きも - 03月21日(火)11:30 

「バラエティーのネタでも、ドラマの脚本でも、新興宗教に触れるのはタブー」とは某キー局幹部の話。それは視聴者への配慮というよりむしろ、「信教を持つ芸能人が意外に多…
in English
カテゴリー:

統一教会が分裂、逮捕者も 桜田淳子の役どころ - 03月21日(火)05:59 

 ご本人がいくらその影を拭おうとしても、そう、世間の目は決して違わないよぉ~! 来月、都内で“復活コンサート”を開く桜田淳子(58)。新興宗教へ入信後、鳴りを潜める彼女の周囲がいつになく騒がしい。信奉する教団で骨肉の分裂劇が幕を開けたのである。  ***  激しく赤色灯を回転させたパトカーが向かった先は、都内有数の高級住宅街である渋谷区松濤だった。  幾人もの制服姿の警官が統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の本部へ乗り込んでいく。この建物で不退去罪に問われた信者2名が、渋谷署員に逮捕されたのは2月12日のことだ。  桜田淳子が参加した合同結婚式をはじめ、数多の霊感商法や強引な勧誘トラブルで世を騒がせてきた統一教会。2012年に教祖である文鮮明が死去した後、ここ最近になって警察を巻き込む騒動が頻発しているというから穏やかではない。  統一教会問題に詳しいジャーナリストの鈴木エイト氏によれば、 「今回の逮捕劇は、教団を継いだ文鮮明の未亡人・韓鶴子氏の教義に対して、“四男・七男派”信者が抗議する中で起こったこと。後継者を巡るいざこざです」  宗教問題が専門の北海道大学大学院文学研究科・櫻井義秀教授が言う。 「文鮮明の後継者として認められた男子は3人います。三男は全国大学連合原理研究会という学生組織、四男は韓国を主とした事業組織、七男は宗教組織というような棲み分けがあったのですが、父親の...more
in English
カテゴリー:

芸能人と宗教 三船美佳の協議離婚の裏に学会婦人部の動きも - 03月20日(月)07:00 

「バラエティーのネタでも、ドラマの脚本でも、新興宗教に触れるのはタブー」とは某キー局幹部の話。それは視聴者への配慮というよりむしろ、「信教を持つ芸能人が意外に多い」からだという。「清水富美加の出家引退」でもわかるように宗教は仕事にも多大な影響を及ぼすが、恋愛や結婚、もっと深いプライベートの部分にも密接にかかわっていた──。 仏壇の値段は千差万別。例えば、コンパクトな「上置き仏壇」といわれるものは数万円で購入でき、日本古来の伝統技術が集約され、金箔や金粉で装飾された「金仏壇」は100万円を軽く超える。 ところで、女性が「指輪がほしい」とか「バッグを買って」と男性にリクエストするのはよくある話。もちろんその金額で“愛の価値”を測っているわけではないが、高ければ高いほど嬉しいというのが本音だろう。 しかし、とあるカップルの女性は「私が好きなら仏壇買って」と、ちょっと変わったおねだりをしたのだった。映画やドラマで主役として活躍している若手トップ女優Aと超人気アイドルB。ふたりは友人の紹介で知り合い、交際を開始した。 「Bさんの方がAさんに夢中で、デートはもっぱらどちらかの自宅。そんなBさんがAさんにおねだりされたのが、仏壇でした。Aさんは他の芸能人も入信している宗教団体の熱心な信者。Bさんは信者ではありませんが、『Aのためなら』と、立派な仏壇を買ったようです」(芸能関係者) その宗教は庶民...more
in English
カテゴリー:

【宗教】統一教会が分裂、逮捕者も 桜田淳子の役どころ - 03月23日(木)06:33 

ご本人がいくらその影を拭おうとしても、そう、世間の目は決して違わないよぉ~! 来月、都内で“復活コンサート”を開く桜田淳子(58)。 新興宗教へ入信後、鳴りを潜める彼女の周囲がいつになく騒がしい。 信奉する教団で骨肉の分裂劇が幕を開けたのである。  *** 激しく赤色灯を回転させたパトカーが向かった先は、都内有数の高級住宅街である渋谷区松濤だった。 幾人もの制服姿の警官が統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の本部へ乗り込んでいく。 この建物で不退去罪に問われた信者2名が、渋谷署員に逮捕されたのは2月1...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

統一教会が内部分裂  教祖肯定派と否定派が対立。逮捕者も。 - 03月21日(火)13:32 

ご本人がいくらその影を拭おうとしても、そう、世間の目は決して違わないよぉ~!  来月、都内で“復活コンサート”を開く桜田淳子(58)。新興宗教へ入信後、鳴りを潜める彼女の周囲がいつになく騒がしい。信奉する教団で骨肉の分裂劇が幕を開けたのである。  ***  激しく赤色灯を回転させたパトカーが向かった先は、都内有数の高級住宅街である渋谷区松濤だった。  幾人もの制服姿の警官が統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の本部へ乗り込んでいく。この建物で不退去罪に問われた信者2名が、渋谷署員に逮捕されたの...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【芸能】統一教会が分裂、逮捕者も 桜田淳子の役どころ - 03月21日(火)07:14 

 ご本人がいくらその影を拭おうとしても、そう、世間の目は決して違わないよぉ~! 来月、都内で“復活コンサート”を開く桜田淳子(58)。新興宗教へ入信後、鳴りを潜める彼女の周囲がいつになく騒がしい。信奉する教団で骨肉の分裂劇が幕を開けたのである。  ***  激しく赤色灯を回転させたパトカーが向かった先は、都内有数の高級住宅街である渋谷区松濤だった。  幾人もの制服姿の警官が統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の本部へ乗り込んでいく。この建物で不退去罪に問われた信者2名が、渋谷署員に逮捕されたのは2月1...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【芸能】三船美佳の協議離婚の裏に学会婦人部の動きも / 芸能人と宗教 - 03月20日(月)07:33 

「バラエティーのネタでも、ドラマの脚本でも、新興宗教に触れるのはタブー」とは某キー局幹部の話。それは視聴者への配慮というよりむしろ、「信教を持つ芸能人が意外に多い」からだという。「清水富美加の出家引退」でもわかるように宗教は仕事にも多大な影響を及ぼすが、恋愛や結婚、もっと深いプライベートの部分にも密接にかかわっていた──。  仏壇の値段は千差万別。例えば、コンパクトな「上置き仏壇」といわれるものは数万円で購入でき、日本古来の伝統技術が集約され、金箔や金粉で装飾された「金仏壇」は100万円を軽く超え...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

京都らしさのすべてがある。五感で古都に触れられる花見小路の旅 - 03月17日(金)01:44 

先日掲載の記事「春めく古都をぶらりと散策。京都通が案内する八坂通りの歩き方」で、古都ならではの風情が感じられる観光スポット・八坂通りの魅力を余すところなく伝えてくださった、京都ツウの英  学(はなぶさ がく)さん。今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では、そのすぐ側を通る「花見小路」が紹介されています。地元の方からも愛される「建仁寺」をはじめ、伝統芸能から近代芸術まで京都らしさのすべてが感じられるこの通り、これからの季節の散策にぴったりですよ。 花見小路とその周辺 花見小路は、北は三条通りから南は建仁寺まで続く約1キロの小路です。祇園など東山区の歓楽街を貫いていて、周辺には寺社仏閣やお茶屋さんなどが立ち並ぶ京都らしい風情のある通りです。また、オシャレなバーやレストランなど雰囲気のいいお店も数多く立ち並んでいます。これといった用事もなく、通りを散策するだけでも楽しいエリアなのでこの辺りは観光客も多く、人通りが絶えることはありません。今回はこの花見小路の見どころや周辺の観光名所などをご紹介しその魅力をお伝え出来ればと思います。 花見小路は、明治時代の初期に整備された小路です。当時、すぐ近くに建つ建仁寺の寺領の一部が政府の宗教政策に伴って区画整理され、それを機に通りを良くするために敷設されました。今は京都らしい風情を感じる石畳が敷かれた趣のある通りになっていますが、15年ぐらい前まで...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「新興宗教」の画像

もっと見る

「新興宗教」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 新宗教...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる