「新興宗教」とは?

関連ニュース

テレ東タブーなき攻めの姿勢の源流 テレビ番外地のプライドと反骨心 - 01月16日(火)08:40 

 テレビ東京(以下、テレ東)の勢いが止まらない。1月2日に放送された『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦6~今年も出た出た!正月3時間スペシャル~』は13.5%の高視聴率をマーク。ここ数年のテレ東は、『池上彰の総選挙ライブ』『家、ついて行ってイイですか?』『YOUは何しに日本へ?』など、同局ならではの奇想天外な“切り口”による番組制作が高く評価されてきたが、ついに視聴率の数字も追いついてきたようだ。他にも『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』はスネに傷を持つタレントを積極的に起用。昨年末の『ガイアの夜明け』ではバブル期のフィクサー・許永中氏へのテレビ初インタビューを敢行するなど、他局では“タブー視”されるテーマへも果敢に斬り込んでいる。こうしたテレ東の“攻め”の系譜とその理由を検証してみたい。 【写真】 「池の水」抜いたら“超危険怪物”出た ガメラのモデル「ワニガメ」こんな奴 ■“お荷物”などと揶揄されながら、他局にない“独自路線”で存在感を発揮  かつてのテレ東と言えば、NHKと在京キー局の中では「5強1弱」とも言われ、他局の視聴率が低下してくると「振り向けばテレビ東京」などと揶揄されることも。視聴率も全日平均で2~3%の時代が長く続き、チャンネルも地デジに移行する前までは“12チャンネル”であり、1・3・4・6・8・10(以上、関東圏)に続く、名実ともに“しんがり...more
カテゴリー:

宗教団体で育った3人が20年後カリスマに再会 木村文洋監督「息衝く」予告編完成 - 01月14日(日)07:00 

 「へばの」「愛のゆくえ(仮)」の木村文洋監督による最新作「息衝く(いきづく)」の予告編が公開された。 ・【動画】「息衝く(いきづく)」予告編  原発問題やオウム真理教をテーマした作品で知られる木村監督の新作は、ある政権与党の政治団体でもある大新興宗教団体で育った2人の男と1人の女を巡る、3.11以後の日本を描いた物語。  団体の中で生きる則夫と大和、団体を離れ、シングルマザーとなった慈の3人が、失踪した父親的存在でもあるカリスマの森山に再び会いに行く。予告編では、これまで目を背けていた何かを取り戻そうとする3人が、現代社会で、政治活動に飛び込んだり、かつて持っていた宗教心に揺れる姿、そして、彼らの家族との関わりなどが映し出されている。  宗教学者の島田裕巳氏は、「親と子と信仰。これは、三位一体の関係にある。そんな関係が成立してしまうのも、その背景には貧しさがあり、社会の矛盾があるからである。社会は冷酷で、その矛盾を弱者に押し付けてくる。弱者は居場所を失って、新宗教に逃げ場を求める。その組織は果たして、そうした矛盾から人を救い出してくれるのだろうか。それは、映画が提起する重要な課題だ」、小説家の木村友祐氏は「『息衝く』を観ながら、おれはこんな小説が書きたかったんだと全身がざわつき、高ぶり、軽い嫉妬をおぼえていた。息ができない現代日本の空気感を生々しくとらえながら、それでも“...more
カテゴリー:

【芸能】 小島瑠璃子、田原総一朗に「ちょっとキュンとしました」 - 12月28日(木)18:38  mnewsplus

12月25日放送の「街のタブーに直撃SP!それってタブーですか?」(テレビ東京系)で、小島瑠璃子が、田原総一朗に「ちょっとキュンとしました」と発言する一幕があった。 同番組では、テレビ局の若手記者たちがテレビ業界では扱うことがタブーとされる内容を取材。新興宗教、性風俗サービス、事故物件、男性高額バイトの裏側に迫った 途中の性風俗サービスの実態に迫るVTR後、田原総一朗、小島瑠璃子らがいるスタジオでは弁護士がサービスの合法性について解説。 田原は「どこまでがOKなのか?」「例えばキスはいいの?」「口はいい...
»続きを読む
カテゴリー:

【漫画】 元二世信者の実録マンガ「よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話」発売 - 12月20日(水)18:56  moeplus

2017年12月20日 16:20 (写真) 「よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話」 いしいさや「よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話」が、本日12月20日に発売された。 「よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話」は、いしいの体験を元にとある宗教の二世信者として育った少女・さやの生活を描いた実録マンガ。 主人公・さやが幼い頃、母親が新興宗教へ入信。信者たちは、神の教え通りに規律正しく行動することで、崩壊後の世界で復活し、 楽園で暮らすことを目指していた。母親や周りの信者から厳しい監視を受け、禁止だら...
»続きを読む
カテゴリー:

SIerに新興宗教を感じた - 元IT土方の供述 - 01月15日(月)22:30 

SIerに新興宗教を感じた - 元IT土方の供述2018 - 01 - 15 SIerに新興宗教を感じた IT業界否定論 シェアする Bookmark! Facebook Twitter Google+ Pocket スポンサーリンク スポンサーリンク ある国にとある新興宗教がありました。 その宗教にはカースト制度のような階級制度があり、「 徳が高い人 」が昇級するシステムと言われています。 実際には、上流階級に位置する幹部に気に入られれば上流...
カテゴリー:

100人に聞いた「長すぎて挫折した連載漫画は?」4位は『コナン』、2位は『美味しんぼ』、1位は? - 01月11日(木)08:43 

 昨年12月、『少年サンデー』連載中の人気漫画『名探偵コナン』の最大の謎のひとつである黒の組織のボス“あの方”の正体が明かされ、大きな反響を呼んだ。と同時に、作者の青山剛昌の病気療養と充電のため長期休載も発表された。  ネットには「寂しい」「残念…」といった声があふれるなか、一部では長期化する連載に対して、「黒幕の正体ようやくかよ…」「昔は好きだったキャラがどんどん意味のわからん化物になっていく」といった意見もあった。 ◆連載の長期化に嘆きの声も…  そこで、日刊SPA!では男女110人を対象に「長期連載漫画のなかで、読むのを挫折した作品は?」というウェブアンケートを実施。読むのを断念した作品と、その理由を教えてもらった。長期連載の対象はシリーズものを含めて“原則”50巻以上刊行した作品にした。  まずは少数ながらも、漫画ファンならではの意見が多く寄せられた作品たちを紹介したい。 ◆『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦/シリーズ累計121巻) 「ジョジョファンだけど、6部の脱獄後あたりから、バトルが難解すぎて理解できなくなった。特に重力のスタンドやおとぎ話の主人公が出てくるあたりとか、理解するのはムリゲーだった」(41歳・男性・大阪) ◆『キン肉マン』(ゆでたまご/60巻) 「王位継承あたりから、ちょっと無理を感じるようになった。キン肉マンの柄違いが何人もいるってど...more
カテゴリー:

【テレビ】「それってタブーですか?」電車広告で見かける深見東州氏の正体 田原総一朗氏も「話が聞きたい」 - 12月26日(火)13:22  mnewsplus

25日深夜放送の「それってタブーですか?」(テレビ東京系)が、首都圏の電車広告で見かける深見東州氏を調査。 意外な事実に司会の田原総一朗氏が興味を示していた。 番組では、講師がさまざまな衣装で紹介される予備校「みすず学苑」の取材VTRを放送。 の予備校「みすず学苑」の取材VTRを放送。 取材の結果、学苑長は深見東州氏で、書籍「強運ーあなたの運がドンドンよくなる」などの広告を電車内に出している著者だった。 番組スタッフは、書籍の問い合わせ先である「ワールドメイト」を訪問した。 すると「ワールドメイト」...
»続きを読む
カテゴリー:

「新興宗教」の画像

もっと見る

「新興宗教」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 新宗教...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる