「新興宗教」とは?

関連ニュース

マニアックな昭和ヒーローで大人の癒しを堪能して【キャラ弁】 - 05月20日(日)12:00 

レタスクラブニュースで開催中の「春のキャラ弁祭り」。皆様が投稿してくれた楽しい作品の中からピックアップしてご紹介するこのシリーズ、今回は現在50歳以上の人でないとわからないかも!? というレアな昭和ヒーロー弁当をご紹介いたしましょう。 「キラキラ」「ゆるふわ」「ほっこり」なキャラ弁に、少~し飽きてしまったなんて大人はいませんか? そんなときは、世の中にはこんなキャラ弁が……! という異色作品を見て、ぜひ和んでください。今回ご紹介したいのは、なんと夫への愛情弁当に「レインボーマン」を作ったというもの。 レインボーマンは、「元祖特撮ヒーローもの」と言える、70年代のTV番組です。「死ね死ね団」というネーミングや、新興宗教を利用する敵の工作など、今の時代ではありえない斬新さですので、単に「懐かしい~」というだけではない、笑いがこみあげてみそう。いろいろと深そうな愛妻弁当から、笑いのおすそ分けをいただいちゃいましょう。それにしても、練り物にパスタを刺して作った額のエンブレムがジワジワ来る……!(レタスクラブニュース) 【関連記事】 ・シンプルで「レトロカワイイ」サンドイッチに【キャラ弁】 ・卵寿司のミニオンが「いい味わい」!【キャラ弁】 ・マンガのキャラも、母の腕前と愛(?)で見事に再現!【キャラ弁】 ・初心者にもオススメ! はんぺん製のキティちゃん【キャラ弁】
カテゴリー:

入社後初の社内セミナーで洗脳?ヤバすぎる講師の正体は… - 05月12日(土)08:47 

 人材育成の一環として、最近はどの企業も力を入れている社内セミナー。社員にとってもスキルアップのいい機会ですが、なかには「本当に役に立つの?」と首をかしげたくなるセミナーもあります。  子供の幼稚園入園を機に昨年から仕事復帰した小松咲那さん(36歳・仮名・派遣社員)が23歳のころ、求人広告で見つけた健康食品販売会社に転職。そこの社内セミナーは「途中までは普通だったのに、徐々におかしな内容になっていった」と振り返ります。 ◆やけに自己啓発色の強かった社内セミナー 「『仕事に生かすポジティブシンキング』という内容で、少し自己啓発色が強いとは思いましたが、それ自体はおかしな内容ではなかっと思います。まあ、聞いたことがあるような話ばかりで、真新しさはありませんでしたけど(笑)」  ちなみに当時、咲那さんはアパレル販売の仕事から転職して2か月。社員30名ほどの小さな会社で新人研修などはなく、これが彼女にとっての入社後初めてのセミナーだったそうです。 「強制参加で会社の会議室に集められたのは、私を含む20代の社員12名。講師はビジネスコンサルタントを名乗る40歳くらいの男性でしたが社長の知り合いらしく、『直々に頼まれた』といったことを話していました」  セミナーが始まる前、社長がその講師に挨拶している姿を見たそうだが、彼女によれば普段とは別人のような態度だったとか。 「いつもは高...more
カテゴリー:

潜入取材で見た!風俗で出会ったおかしな女の子たち - 05月15日(火)22:00 

どうもどうも、特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行です! この『ガジェット通信』でもたびたびご紹介している風俗のお話ですが、僕はモノを書くときに必ずバイトでも何でもいいから、その仕事を経験してみることにしています。 もちろん違法なことはしませんが、風俗店としての認可を受けたお店などでは、システムなどを知るために潜入してみるわけですね。やっぱり、外から見ているのと、中でじっくりと観察することは違いますから……。 今回は、私が大阪と京都の複数店舗で遭遇した、ちょっとおかしな風俗嬢たちのお話をしてみたいと思います。 胡散臭い水が〇〇円! まずは、一軒目。こちらは、5年前に働いた鼠径部マッサージを行うデリバリーのメンズマッサージ店でした。実際にはどのようなマッサージを施術するのかということとシステムが気になり、アルバイト店員として働いてみることに……。 お店側は、僕がライターだということは知りませんでした。 35歳を迎えたおっさんがバイト店員で働こうというのですから、ほとんどパシリのような扱いですね。 まずは、電話を受けてから、備品であるローションやタオル、マッサージオイル、タイマーなどを女の子に持たせます。それから、お客さんの元へ軽自動車を運転して、送っていくのが仕事です。 この話はS美ちゃん(23歳/セラピスト歴2年)のお話です。 女の子と距離を置くのがこの仕事の掟なのです...more
カテゴリー:

朝日新聞「気に入らない意見を敵視し、排除しようという空気が、安倍政権になって年々強まっている」 ネット「パヨクの方が余程排他的」 - 05月02日(水)17:56  seijinewsplus

http://anonymous-post.com/archives/23005 朝日襲撃31年 異論に耳傾ける社会に いま、銃撃を「義挙」と呼び、「赤報隊に続け」などと、そのゆがんだ考えと行動を肯定する言葉がネット上に飛び交う。 大切なのは、異論にも耳を傾け、意見を交換し、幅広い合意をめざす社会を築くことだ。  それなのに「反日」「国益を損ねる」といった言い方で、気に入らない意見を敵視し、排除しようという空気が、安倍政権になって年々強まっている。  先日も、自民党の下村博文・元文部科学相が「メディアは日本国家をつぶすために存在...
»続きを読む
カテゴリー:

「新興宗教」の画像

もっと見る

「新興宗教」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる