「新生活」とは?

関連ニュース

【教育】生活保護世帯の大学進学に際して一時金30万円を支給。一時金の名称は「新生活立ち上げ費用」。政府方針 - 12月10日(日)07:41  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00000005-asahi-soci 生活保護を受ける世帯の子どもの大学や専門学校への進学を支援するため、 政府は来年4月から入学時に一時金を支給する方針を固めた。 親元を離れる場合は30万円を配る。同居を続ける場合は10万円とし、 さらに生活保護費の住宅費の減額ルールをやめる。来年の通常国会に 提出する生活保護法の改正案に盛り込む。 受給世帯の大学などへの進学者は昨年度で4619人。進学率は33%で、 全世帯の73%を大きく下回る。この教育格差が親から子どもへの「...
»続きを読む
カテゴリー:

【皇室】天皇陛下、退位後は研究に励まれる日々に。宮内省、「二重権威」の懸念を否定 - 12月09日(土)08:24  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00000020-jij-soci 天皇、皇后両陛下は退位後、仮住まいを経て、かつて暮らした赤坂御用地の東宮御所に移られる。 歴史上は「仙洞御所」と呼ばれる上皇のお住まいでの新生活はどうなるのか。 元側近は「両陛下とも文化人でいらっしゃるし、なさりたいことはいろいろあるはず。 陛下はハゼの研究、皇后さまは音楽や文学に触れる時間をもっと取りたいと思っておられるだろう」と話す。 天皇陛下は皇太子時代からハゼの分類をテーマに研究を続け、日本魚類学会の会員として 多くの論...
»続きを読む
カテゴリー:

新入生必見! 大学生のサークル選びのコツ 先輩900人が教えるリア充サークルの選び方は? - 11月29日(水)12:00 

大学生活の楽しみのひとつでもあるサークル活動。大学生のサークルや部活は、高校のときと違って種類が豊富で、活動の自由度も高いです。自分の趣味を生かせるサークルがあるだけでなく、新しい友人と出会えるなど、新生活とあわせてさまざまな期待がふくらんでしまいますよね。 そこで今回は、サークル・部活所属の大学生に、いつどのようにしてサークルを決めたかなど、サークル選びのポイントについて経験と極意を聞いてみました。 < 大学生のサークル選びのコツ1.サークル選びで重視したポイントは?> ■サークル・部活選びの際に最も重視したポイント(条件)はなんですか? 1位 興味のある分野かどうか 305人(33.8%) 2位 活動が厳しすぎないか 96人(10.6%) 3位 自分のキャラに合うかどうか 91人(10.1%) 4位 本格的な活動ができるか 74人(8.2%) 5位 友達と一緒に入れるか(友達がいるか) 60人(6.6%) 1位となったのは、興味のある分野かどうかということで、約3分の1の大学生があげていました。参加する以上はしっかりと活動を楽しみたいという大学生も多いでしょう。2位の「活動が厳しすぎないか」については、サークルが忙しくなって学校やアルバイトに支障が出ないかが心配という人が多いようです。一方で4位には本格的な活動ができるかがランクイン...more
カテゴリー:

【30万】生活保護世帯の大学,専門学校への進学、一時金支給へ 政府方針 - 12月10日(日)07:26  news

 生活保護を受ける世帯の子どもの大学や専門学校への進学を支援するため、政府は来年4月から入学時に一時金を支給する方針を固めた 。親元を離れる場合は30万円を配る。同居を続ける場合は10万円とし、さらに生活保護費の住宅費の減額ルールをやめる。来年の通常国会に提出する生活保護法の改正案に盛り込む。  受給世帯の大学などへの進学者は昨年度で4619人。進学率は33%で、全世帯の73%を大きく下回る。この教育格差が親から子どもへの「貧困の連鎖」を生んでいるとして、対応を求める声が広がっていた。  ...
»続きを読む
カテゴリー:

衝撃の結末「奥様は、取り扱い注意」西島秀俊が放ったのは公安の使命か、夫としての愛か、その真意を探る - 12月07日(木)11:00 

昨日、ついに最終回を迎えた『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)。視聴者の間では、かなり物議を醸しているよう。それは、観ている側に解釈を委ねるエンディングについてだ。第10話のオープニングは、伊早山菜美(綾瀬はるか)のモノローグからスタート。「私の人生は、スリルで溢れていた」と語りながら、菜美が振り返ったのは特殊工作員時代。彼女は、敵に拳銃を突きつけられても難なく相手を撃退するほどの猛者である。任務の上での結婚だから、綾瀬はるかと“ご無沙汰”になる西島秀俊特殊工作員時代の同僚・小雪(西尾まり)から、夫・勇輝(西島秀俊)の本当の素性を告げられる菜美。多くの視聴者の予想通り、勇輝は公安の人間であった。「あんたの旦那は監視のためにあんたに近付いたんだろうけど、対象者と結婚するなんて普通ありえないよね?」(小雪)いよいよ、直接対決の時がやって来た。この日の夜、「ただいまぁ~」と甘い声で帰宅した勇輝であったが、テーブルに置かれていた監視カメラとマイクの残骸を見て目つきが一変。命がけの夫婦喧嘩がスタートする。菜美 あなたのこと、信じてたのに。勇輝 騙してたのは、君も同じだろ。公安と対象者という関係なのに、お互いを「あなた」「君」と呼び合う2人。菜美が花瓶を投げつけ、それをキャッチするや丁寧に置いていく勇輝。「全部、気に入ってんだよ!」って……。格闘の最中、思わず菜美の顔を張ってしまい「あっ、...more
カテゴリー:

「新生活」の画像

もっと見る

「新生活」の動画

Wikipedia

  • 転送 生活...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる