「新燃岳」とは?

関連ニュース

新燃岳の活動「1カ月は継続」 噴火予知連が見解 - 10月20日(金)06:00 

火山噴火予知連絡会(会長・石原和弘京都大名誉教授)は19日、鹿児島市で拡大幹事会を開き、6年ぶりに噴火した宮崎・鹿...
カテゴリー:

新燃岳は「マグマが関与した噴火」 予知連 10/19 21:38更新 - 10月19日(木)21:38 

鹿児島と宮崎の県境にある霧島連山の新燃岳の噴火を受け、臨時の火山噴火予知連絡会が鹿児島で開かれ、「マグマが関与した噴火」という見解を示した。今後、マグマが供給されれば大きな噴火が起きる恐れもあるとしている。
カテゴリー:

【鹿児島】「大規模噴火の可能性も」=新燃岳、予知連が見解 - 10月19日(木)21:23  newsplus

 活発な活動が続く霧島連山・新燃岳(宮崎・鹿児島両県境)について、火山噴火予知連絡会は19日、「多量のマグマが新燃岳直下に供給されれば、規模の大きな噴火が発生する可能性もある」との見解をまとめた。    予知連は同日、鹿児島市で拡大幹事会を開催。傾斜変動を伴う火山性微動が9日に発生したことなどを踏まえ、「新燃岳の北西数キロの地下深くにあると考えられるマグマだまりの収縮という解釈もできる」と指摘した。  会長の石原和弘京都大名誉教授は終了後に記者会見し、「噴火があった2011年と同程度くらい、地下にマ...
»続きを読む
カテゴリー:

新燃岳:噴火活動が継続、規模大の可能性も…予知連絡会 - 10月19日(木)20:17 

 11日に6年ぶりに噴火した宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳(しんもえだけ)について、火山学者らの火山噴火予知連絡会は19日、鹿児島市で拡大幹事会を開き、「当面は火山灰を噴出する噴火活動が継続すると考えられる」との見解をまとめた。
カテゴリー:

新燃岳の噴火、マグマ関与の可能性 火山噴火予知連絡会 - 10月19日(木)19:44 

 約6年ぶりに活発な火山活動が続いている宮崎、鹿児島県境の新燃岳(1421メートル)について、火山噴火予知連絡会は19日、今回の活動はマグマが関与した噴火であるとの見解を明らかにした。地下では現在もマグマが蓄積されているとみられ、監視する気象庁は大規模な噴火が起きる可能性もあるとみて警戒を呼びかけている。
カテゴリー:

皇后さまの回答全文 - 10月20日(金)05:38 

 問 この一年も九州北部豪雨をはじめとする自然災害などさまざまな出来事がありました。六月には「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」が成立し、九月には眞子さまのご婚約が内定しました。この一年を振り返って感じられたことをお聞かせください。 答 熊本地震から一年半が経(た)ちましたが、この一年間にも、各地で時には震度六弱にも及ぶ地震、激しい集中豪雨による川の氾濫や土砂崩れなどがあり、こうしている今も、九州では新燃岳の噴火が間断なく続いています。昨年の熊本地震に始まり、豪雨により大きな被害を受けた九州北部では、今も大勢の人たちが仮設住宅で生活を続けていること、更に地震や津波の災害から既に六年以上経た岩手、宮城、福島の三県でも、今なお一万八千人を超す人々が仮設住宅で暮らしていることを深く案じています。また、北九州には、地震で被災した後に、再び豪雨災害に見舞われた所もあり、そうした地区の人たちの深い悲しみを思い、どうか希望を失わず、これから来る寒い季節を、体を大切にして過ごして下さるよう心から願っています。 本年は年明け後、陛下と御一緒にベトナムを訪問いたしました。これまでアジアの各地を訪問して参りましたが、子どもの頃「仏印(ふついん)」という呼び名でなじんでいたこの地域の国を訪(おとず)れるのは初めてで、たしか国民学校の教科書に「安南(あんなん)シャムは まだはるか」という詩の一節があったこ...more
カテゴリー:

新燃岳、噴火は当面続く見通し 気象庁 - 10月19日(木)21:27 

 気象庁の火山噴火予知連絡会(会長・石原和弘京都大名誉教授)は19日、宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳(1421メートル)について、火山灰を噴出するこれまでのような噴火活動が当面続くとの見解をまとめ…
カテゴリー:

「大規模噴火の可能性も」=新燃岳、予知連が見解-鹿児島 - 10月19日(木)21:17 

 活発な活動が続く霧島連山・新燃岳(宮崎・鹿児島両県境)について、火山噴火予知連絡会は19日、「多量のマグマが新燃岳直下に供給されれば、規模の大きな噴火が発生する可能性もある」との見解をまとめた。 予知連は同日、鹿児島市で拡大幹事会を開催。傾斜変動を伴う火山性微動が9日に発生したことなどを踏まえ、「新燃岳の北西数キロの地下深くにあると考えられるマグマだまりの収縮という解釈もできる」と指摘した。 会長の石原和弘京都大名誉教授は終了後に記者会見し、「噴火があった2011年と同程度くらい、地下にマグマがたまっている」と説明した。 新燃岳は今月11日、11年9月7日以来約6年ぶりに噴火した。噴火は17日未明にいったん止まったが、気象庁は噴火警戒レベル3(入山規制)を維持している。 【時事通信社】
カテゴリー:

新燃岳「大規模な噴火も」 予知連が臨時会合で見解 - 10月19日(木)19:51 

宮崎、鹿児島県境の新燃岳(1421m)について、火山噴火予知連絡会は19日、鹿児島市で臨時会合を開き、当面は火山活...
カテゴリー:

安倍「やれ」 火山「はい」台風「はい」 - 10月19日(木)18:13  news

新燃岳「今後、規模大きな噴火の可能性も」 10月19日 17時54分 今月11日、平成23年以来となる噴火が起きた鹿児島と宮崎の県境にある霧島連山の新燃岳について、 火山噴火予知連絡会は19日午後、鹿児島市内で臨時の会合を開き、活動状況や今後の見通しを分析しました。 その結果、地殻変動のデータによると、新燃岳北西の地下深くにあるマグマだまりから、新燃岳にマグマが移動したと解釈できることや、 マグマに由来する火山ガスの1日当たりの放出量が一時的に1万トンを超えたことなどから、今回の噴火は「マグマが関与し...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「新燃岳」の画像

もっと見る

「新燃岳」の動画

Wikipedia

新燃岳(しんもえだけ)は、九州南部の霧島山中央部に位置し、有史以降も噴火を繰り返している標高1,421mの活火山である。三等三角点は山頂のカルデラ縁にあり、噴火口およびカルデラは鹿児島県霧島市域に位置する。尾根筋は宮崎県小林市にまたがる。

概要

霧島山最高峰である韓国岳と霧島山東部に聳える霊峰高千穂峰の中間付近に位置し、獅子戸岳と中岳の間に割り込むようにして聳えるなだらかな円錐台形の火山であり、山頂に直径750mの円形火口を擁する。火口底には平成噴火前まで直径150m、水深30mの青緑色を呈する火口湖の新燃池が存在していた。地質は輝石安山岩からなる基盤山体の上に火砕丘が重なった構造となっている。

火口壁の南側に2つの岩峰が屹立しており、「兎の耳...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる