「新日本プロレス」とは?

関連ニュース

【新日本】EVILが左眼窩底骨折で欠場へ - 02月21日(水)19:33 

新日本プロレスは20日、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのメンバーで、IWGPタッグ王者であるEVIL(イービル)が、左眼窩底骨折の診断を受けたため、3月1日から4日まで開催され...
カテゴリー:

黄金世代の新人2人が「プ女子」同盟結成 【若手女子プロゴルファーの意外な趣味】 - 02月19日(月)12:49 

カープ女子(広島東洋カープファン/野球)、Bsオリ姫(オリックス・バファローズファン/野球)、ハマっ娘(横浜DeNAベイスターズファン/野球)、セレ女(セレッソ大阪ファン/サッカー)、スー女(大相撲ファン)などスポーツを応援する女性の呼称は増えつづけ、定着しているが、「プロレスファン=プ女子」も近年の注目ワード。そして、女子ゴルフ界にも「プ女子」が増えている!? 小祝さくら フォトギャラリー〜女子プロ写真館 プロレスファンを公言するのは、2017年LPGAプロテストに合格した黄金世代の二人、小倉ひまわりと小祝さくら。二人のお目当ては「プ女子」をとりこにする人気団体、新日本プロレスのスター選手「オカダ・カズチカ」だ。 小倉は両親とともに2017年11月ごろからプロレスにハマリ始め、暇さえあれば動画サイトで映像をチェック。ファイナルQT期間もウオーミングアップ中に「オカダさんの入場曲を聴き、モチベーションを高めていました。アスリートとしてカッコいいです!」。2018年1月に開催された、同団体の東京ドームでの試合も観戦した。 小祝は祖母と中学生の弟の影響で興味を持ったといい、ファンクラブに入会予定。「ひまわりちゃんと一緒に試合を見に行こうと約束をしています。(同じような)プロレスファンのゴルファーが増えてくれるといいですね」。 QTランク9位の小祝は、開幕戦『ダイキンオーキッドレ...more
カテゴリー:

【テレビ】山本高広、ものまね芸人の二大派閥「日テレ派」と「フジ派」の存在激白!「芸人は一緒にやりたいんだけど…」 - 02月15日(木)05:08  mnewsplus

2018年2月14日22時47分 スポーツ報知 山本高広、ものまね芸人の二大派閥「日テレ派」と「フジ派」の存在激白!「芸人は一緒にやりたいんだけど…」  ものまねタレントの山本高広(42)が14日放送のフジテレビ系「良かれと思って」(水曜・後10時)に出演。ものまね芸人の間に暗黙のうちに日本テレビ派とフジテレビ派があることを認めた。  MC陣から「ものまね芸人は(ものまね特番を持つ)日本テレビとフジテレビのどちらかに出る形で住み分けているの?」と聞かれた山本は「芸人は一緒にやりたいけど、全く制作側の問題...
»続きを読む
カテゴリー:

【新日本】「とにかくエモい!」プ女子人気爆発!SHO&YOHがセクシーショット解禁 - 02月14日(水)18:10 

新日本プロレスは、IWGPタッグ王者、ロッポンギ 3K(SHO&YOH)が凱旋帰国から僅か半年という異例のスピードで、新日本プロレス SHO&YOHフォトブック『3K』を発売すると発表した。 ...
カテゴリー:

「昔よりずっと危険になった」プロレスでルチャの世界を28年生き抜く大物、ウルティモ・ゲレーロを独占直撃! - 02月12日(月)15:00 

今年も新日本プロレスの“ルチャの祭典”FANTASTICA MANIAが開催された(1月12~22日)。 メキシコCMLLから選手を招聘し本場のルチャが観られるとあって、年々人気は加熱、後楽園ホール大会はチケット入手が困難なほど。8度目の開催となる今年は19選手が飛来と過去最大! その中にはなんと実の兄弟が4組もおり、史上初の「兄弟タッグトーナメント」も実現した。 中でも要チェックなのが、ルード(悪役)ユニットとしてメキシコで大暴れするウルティモ・ゲレーロ、グラン・ゲレーロの20歳差という兄弟。兄は説得力ありすぎの豪快技で年間チャンピオンに2度も輝くトップ中のトップ。弟はデビュー当初から既にダンプカー級の超絶ボディで、キャリア5年目ながら因縁の相手ニエブラ・ロハをマスクを賭けて打ち負かす活躍ぶりだ。 日本での人気も高く、リングに上がれば両手を高く上げるお馴染みのポーズで客席が波打つほど。その人気の秘密は? 新日本参戦はメキシコでどんな意味を持つのか? ルチャリブレ30年の変遷とは? ゲレーロ兄弟に直撃したところ、リング上の激しさからは思いもよらない静かな語り口で切々とお話しくださったのであった…!(前編→「日本で一番の団体に出たことはキャリアに価値を与える」参照) ...more
カテゴリー:

アメリカで最も有名な日本人? 今こそプロレス界の世界的メインイベンター・中邑真輔を語ろう - 02月20日(火)06:00 

新日本プロレス退団から2年。今、アメリカで中邑真輔(なかむら・しんすけ)が大フィーバーを巻き起こし、WWEの頂点に立とうとしている。いったい現地で何が起きているのか?  日米のマット事情に詳しく、中邑とも親交のある東京ダイナマイト・ハチミツ二郎氏と『KAMINOGE』編集長・井上崇宏氏が語り尽くした。 * * * ―1月28日に行なわれたWWE「ロイヤルランブル」で中邑真輔選手が日本人として初優勝。これにより4月に行なわれる「レッスルマニア34」(ルイジアナ州・ニューオーリンズ)にてWWE王座に挑戦が濃厚です。まずこれは、どのくらいスゴイことなんでしょうか? ハチ WWEというのはアメリカを拠点とする世界最大のプロレス団体で、この4月に行なわれるレッスルマニアはその年間最大イベント。つまりプロレスにおける世界最大のお祭りのトリに中邑真輔が出場しそうだというわけなんです。 井上 レッスルマニアは僕も2年連続で行ってるんですけど、毎年7万人以上を動員していて、一昨年は10万人超えで史上最多動員記録も更新しました。 ハチ 日頃から日本の興行の水増し発表に慣れちゃってるんで、実際は7万人なのに15万人ぐらいに感じるという(笑)。 ...more
カテゴリー:

【プロレス】蝶野がリング復帰、T2000再集結で武藤組を撃破[18/02/16] - 02月16日(金)22:26  mnewsplus

蝶野がリング復帰、T2000再集結で武藤組を撃破 2018年2月16日22時15分 日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/battle/news/201802160000823.html 再結成したTEAM2000。左から天山、ヒロ斉藤、蝶野、スーパーJ、AKIRA(撮影・中島郁夫) 武藤(下)にイス攻撃する蝶野(撮影・中島郁夫 https://www.nikkansports.com/battle/news/img/201802160000823-w500_1.jp 武藤(右)と対峙する蝶野(撮影・中島郁夫) <プロレスリングマスターズ:後楽園大会>◇16日◇後楽園ホール 黒のカリスマ、蝶野正洋...
»続きを読む
カテゴリー:

【新日本】飯伏幸太「今年は新日本で何か起こす!」ゴールデン☆ラヴァーズ再結成 - 02月14日(水)20:40 

新日本プロレスは今月23日、24日に後楽園ホール大会2連戦で行われるROHと新日本プロレスの合同興行『HONOR RISING:JAPAN 2018』の全カードを発表した。 アメリカのROHの選手が多数...
カテゴリー:

IWGPジュニアタッグ王者の「エモい」写真集が完成 - 02月13日(火)08:30 

新日本プロレスのジュニア戦線を盛り上げるタッグチーム、ROPPONGI3KことHOとYOHの写真集「新日本プロレスSHO&YOHフォトブック「3K」』(東京ニュース通信社)が4月23日に発売される。2016年1月、田中翔(現・HO)、小松洋平(現・YOH)で無期限海外遠征へ出発。2017年10月、両国国技館大会にHOとYOHという名前で新タッグチーム「ROPPONGI3K」としてサプライズ凱旋し、IWGPジュニアタッグベルトを初戴冠した。一夜にしてスターダムにのし上がった彼らだが、2018年1月4日の東京ドーム大会で王座から陥落。しかし1月28日の札幌大会でジュニアタッグ王座に返り咲いた。若手時代から卓越したプロレスセンスと甘いルックスで、すでに多く女性人気を獲得している彼ら。『新日本プロレス SHO&YOHフォトブック「3K」』より(東京ニュース通信社)写真集の内容に関して、YOHは「とにかくエモい仕上がり」と語っている。新日本プロレスのジュニア新時代を担う2人に今後も目が離せない。『新日本プロレス SHO&YOHフォトブック「3K」』より(東京ニュース通信社) 【関連記事】 ・RR初優勝の中邑「世界最高の舞台でAJスタイルズと戦えることに興奮している」 ・オカダ・カズチカ流、「楽しさ」を超えた「遊び」のプロレス道 ・プロレス王者とロックス...more
カテゴリー:

ザ・シーク 時代を超越したアラビアの怪人――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第15話> - 02月12日(月)08:31 

 アラブ系、イスラム教徒、あるいはシーク=首長を名乗る悪役レスラーは数多く存在したが、リングネームに冠詞の“ザThe”がついたザ・シークはオリジナルのザ・シークだけだった。  両親はレバノンからの移民で、シーク(本名エド・ファーハット)は10人兄弟の9番めとしてアメリカで生まれたが、シーク自身は半世紀にわたって“シリア出身”を自称しつづけた。  プロレス史上、もっとも観客に嫌われ、恐れられたヒールであり、優秀なプロデューサーとしてその“憎悪”をビジネスにした。  アメリカのレスリング・ビジネスが地方分権システムだった時代の代表的なレスラー・プロモーターのひとりで、1949年にザ・シーク・オブ・アラビアの名でデビューした。  シークは、1950年代前半、毎週土曜夜のプライムタイムに全米中継されていたプロレス番組“レスリング・フロム・マリゴールド・ガーデン”(ドゥモン・ネットワーク)の花形スターだった。  キャリアも年齢もシークとちょうど同じくらいの“ドゥモン世代”のスーパースターにはバーン・ガニア、ディック・ザ・ブルーザー、ウィルバー・スナイダー、キワー・コワルスキー、ジョニー・バレンタインらがいた。  1964年に“レスリング・フロム・マリゴールド――”の番組プロデューサーで興行プロモーターでもあったジム・バーネットJim Barnett&ジョニー・ドイルJohnny ...more
カテゴリー:

もっと見る

「新日本プロレス」の画像

もっと見る

「新日本プロレス」の動画

Wikipedia

新日本プロレスリング株式会社(しんにほんプロレスリングかぶしきがいしゃ)は、日本プロレス団体。通称「新日本プロレス(しんにほんプロレス)」。業務提携先に興行部門として自主興行をプロモートする新日本プロモーション株式会社(しんにほんプロモーションかぶしきがいしゃ)と関西興行をプロモートする新日本プロレスリング新日企画(しんにほんプロレスリングしんにちきかく)がある。

概要
  • 1971年12月、アントニオ猪木日本プロレスの経営改善を下にクーデターを画策したとして日本プロレス選手会を除名されて日本プロレスを永久追放された(詳しくは「密告事件」を参照)。
  • 1972年1月13日、アントニオ猪木が新日本プロレスリング株式会社を設立。
  • 1972年3月6日、東京・大田区体育館で新日本プロレスの旗揚げ戦を開催。
  • 「KING OF SPORTS」を標榜して「ストロングスタ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる