「新房昭之」とは?

関連ニュース

映画プロデューサー・小説家 川村元気が明かすヒット作を生み出す秘密 - 09月08日(金)21:00 

住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。 8月30日(水)の放送では、映画プロデューサーで小説家の川村元気さんをゲストに迎え、映画プロデューサーとしての仕事や、人工知能についてのお話を伺いました。 映画プロデューサーで小説家の川村元気さん(右)と、パーソナリティの住吉美紀 ◆映画プロデューサーとしての仕事 ――『電車男』『告白』『悪人』『君の名は。』など、話題の作品を多く手掛けている川村さんですが、そもそも“映画プロデューサー”とはどういうお仕事なのでしょうか。 最新の『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』では、岩井俊二監督原作のドラマを映画化したいという思いから始まりました。そこで『モテキ』や『バクマン。』を一緒にやった大根仁監督に脚本を書いてもらって、『魔法少女まどか☆マギカ』というすごいアニメーション作品があるんですけど、その新房昭之監督に声を掛けました。原作があって脚本を一緒に作って監督を決めて、主題歌をDAOKOと米津玄師に歌ってもらおうと。そういうクリエイティブの組み合わせを作っていきながら、どう映画を面白くしていくかというのが僕の仕事ですね。 ――映画を作るアイデアはどこから生まれてくるのですか? よく“違和感ボックス”という言葉を使うんですけど、街を歩いていて「なんで、こういうお店が流行っている...more
カテゴリー:

【芸能】広瀬すず:菅田将暉に宣戦布告? アクション映画で「戦いたい。で、勝ちたい」 - 08月31日(木)07:04  mnewsplus

 女優の広瀬すずさんが30日、東京都内で行われた劇場版アニメ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」(新房昭之総監督)のヒット御礼舞台あいさつに登場。客席からの「もしも、今回共演した菅田将暉さんと実写で共演をするなら、どんな映画がいいか?」という質問に広瀬さんは「最近アクションをやりたいと思っていて、(菅田さんと)戦いたいですね。で、勝ちたいです。強そうだし」と願望を明かした。  舞台あいさつでは、劇中で重要なアイテムとして登場する“もしも玉”を模したボールに、事前に一般募集された「もしも、...
»続きを読む
カテゴリー:

「新房昭之」の画像

もっと見る

「新房昭之」の動画

Wikipedia

新房 昭之(しんぼう あきゆき、1961年9月27日 - )は、日本のアニメ監督、アニメ演出家、元アニメーター作画監督福島県伊達郡桑折町出身。血液型O型。別名義として「帆村壮二」「椎谷太志」「Magica Quartet」などがある。

作風

構成作家としては、原作のあるアニメを手掛ける際には「原作者の言いたい事柄は原作者にしか分からない」「原作者が考えていることをそのままアニメにするのではなくて、あくまでも原作のファンが見たいと思えるようなアニメを作る」「原作者がファンの為に直々に作った様な構成にする」という考えから原作者を脚本会議に同伴させることを心がけている洋泉社刊 「別冊オトナアニメ シャフト超全集!!」より。一迅社刊 「Febri」Vol.23より。。

映像作家としては、「絵コンテ・レイアウトチェックは若手・ブレーンに委ね、新房自身は修正を中心に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる