「新年度」とは?

関連ニュース

【大学受験】高1・2生と中学生対象、東進の無料「冬期特別招待講習」 - 10月18日(水)13:45 

 東進は、高校1・2年生および高校生レベルの学力を持つ中学生「高0年生」を対象に、冬期特別招待講習を実施する。受講期間は2017年11月1日~2018年1月7日。申込みは最長12月23日まで受け付けている。申し込む時期によって異なるが、最大3講座を無料で受講できる。 映像授業「冬期特別招待講習」は、「最難関」「難関」「上位」「標準」「基礎」「入門」の6レベルから受講する講座の難易度を選択できる。受講前の面談でひとりひとりにあわせた時間割を作成するため、自分にあった時間帯に受講可能。 講座は、テレビでも活躍する林修先生の「難関大合格への現代文」や、雑誌“TIME”などの翻訳も手掛ける宮崎尊先生の「東大・京大・難関大医学部を目指す『英作文入門』」など、約90講座が用意されている。 同招待講習の受講生はスマホアプリ「高速マスター講座 基礎力養成」も利用可能。「英単語センター1800」「はじめからの基礎単語1200」「数学計算演習」「今日のコラム」を受講でき、スキマ時間を活用した学習に活用できる。 1講座は、通常の講習講座と同じ90分×5回の授業がメイン。1講座は通常18,900円(税込)相当のところ、同講座では受講料が無料になる。3講座を受講した場合は、最大56,700円相当が無料になる。講習入会金やテキスト料などもすべて無料。 申込み期限は受講講座数によって異なる。3講座は12月10日...more
カテゴリー:

マルマエ:18年8月期 期初からスタート好調 - 10月16日(月)17:15 

■生産力強化、受注・出荷検収拡大に高水準で対応 半導体・FPD製造装置用の真空部品など、精密切削加工のマルマエ(東マ)の前8月期は半導体、FPD両事業分野が好調な受注・出荷検収で35.4%の増収と好調に推移し好業績となった、新年度入りした9月も引き続き好調を維持し、受注を上回る出荷検収が進むなど高水準で推移した。
カテゴリー:

「ブッダ最後の旅」から学ぶ平和思想とは? - 10月14日(土)10:00 

10月15日より、先人たちの知恵や体験に、じっくりと耳を傾ける番組『こころの時代~宗教・人生~ シリーズ “ブッダ最後の旅”に学ぶ』(NHK総合、毎月第3日曜5:00~)が放送スタート。6回にわたって原典を読解するシリーズの新年度版として、今年度は、ブッダの肉声を伝える最初期の経典の1つ「大パリニッバーナ経」を掘り下げていく。東京大学大学院教授の丸井浩氏が講師を務める。この「大パリニッバーナ経」は、「ブッダ最後の旅」の記録として名高い経典。80歳を迎えたブッダが最後の布教へと旅立ち、200kmもの旅の果てに、道中、亡くなるまでの行動と言葉が綴られたこの経典からは、“悟り”へと導く教えの核心はもちろんのこと、ブッダの他者に対する眼差しが浮かび上がるという。――ブッダは決して自分の教えを強要せず、弟子たちに自らを律し、自ら真理を掴み取ることを促し続けた。異教徒に対しても寛容で、それゆえ、仏教は戦争によって広まらなかった唯一の世界宗教となった。仏教思想が、インドの大地に生まれ育ちながら、アジア諸地域へと広まっていった今日的な意味、とりわけ仏教の平和思想としての可能性を問い直していく。第1回「旅の始まり」は、ブッダオリジナルの教えを色濃く反映しているパーリ語原始仏典の特質を紹介したうえで、「ブッダ最期の旅」の全旅程を展望。ブッダが弟子たちと修行生活を送っていたラージャガハの霊鷲山から出発し...more
カテゴリー:

最賃適用状況探る 連合が電話相談 - 10月10日(火)05:00 

 全47都道府県における新年度の最低賃金が確定した(厚生労働省のホームページに一覧)。大阪府の発効(9月30日)を皮切りに全国で適用が始まったタイミングを捉え、連合は10月16・17の2日間、現場の実態を探るホットライン(TEL=0120-052-592または0120-154-052)を開設する。 事業者からの相談にも応じる。…[続きを読む]
カテゴリー:

新制度つみたてNISA 現行との違いをおさらい - 10月17日(火)18:43 

 2018年1月よりスタートする新制度“つみたてNISA”の口座開設申し込みが10月から解禁された。非課税期間をフルに活用したいなら、申し込みは早めに済ませておくのが得策だ。しかし、気をつけなければならないのが“NISAは1人1口座が原則”だということ。同一年にNISA(以下、現行NISA)とつみたてNISAは併用できない。現行NISAですでに投資している人は、つみたてNISAに切り替えたら現行NISAで保有している商品がどうなってしまうか気がかりだろう。申し込みを始める前に、口座開設にまつわる疑問をクリアにしておこう。 新制度“つみたてNISA”2018年スタート 金融庁が推奨する理由 ■現行NISAとつみたてNISAの違い  NISA(ニーサ)とは「少額投資非課税制度」のこと。通常だと配当金や分配金、値上がり益には20.315%の税金がかかるが、NISAで得た利益には税金がかからない。2014年にスタートした現行NISAの非課税投資上限額は年間120万円、期間は5年間だ(2014〜2016年の上限額は年間100万円)。一方、つみたてNISAの非課税投資上限額は年間40万円、期間は20年間と長期積立を前提とした制度となっている(図表1参照)。 ■ロールオーバーする年につみたてNISAは利用できない  現行NISAでは、5年間の非課税期間終了時に、同じ金融機関であれば商品...more
カテゴリー:

【モナコ】大聖堂で募金くすねた男、「赤い手」が決め手で逮捕 - 10月16日(月)02:12  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3146783?cx_position=8 【10月15日 AFP】南仏コートダジュール(French Riviera、フレンチリビエラ)の富裕層が多く住むモナコ公国で、モナコ大聖堂の名でも知られる聖ニコラス大聖堂(Saint Nicholas Cathedral)の管理人の男が募金箱から現金をくすねていたことが発覚して逮捕される事件があった。  きっかけは、昨年初めに新たに着任した司祭が、募金箱に寄せられた現金の総額がそれまでより減っていることに気付いたことだった。司祭は大聖堂の管理人が横領しているのではないかと疑い、警察に...
»続きを読む
カテゴリー:

「ブッダ最後の旅」から学ぶ平和思想とは? - 10月13日(金)20:30 

10月15日より、先人たちの知恵や体験に、じっくりと耳を傾ける番組『こころの時代~宗教・人生~ シリーズ “ブッダ最後の旅”に学ぶ』(NHK総合、毎月第3日曜5:00~)が放送スタート。6回にわたって原典を読解するシリーズの新年度版として、今年度は、ブッダの肉声を伝える最初期の経典の1つ「大パリニッバーナ経」を掘り下げていく。東京大学大学院教授の丸井浩氏が講師を務める。この「大パリニッバーナ経」は、「ブッダ最後の旅」の記録として名高い経典。80歳を迎えたブッダが最後の布教へと旅立ち、200kmもの旅の果てに、道中、亡くなるまでの行動と言葉が綴られたこの経典からは、“悟り”へと導く教えの核心はもちろんのこと、ブッダの他者に対する眼差しが浮かび上がるという。――ブッダは決して自分の教えを強要せず、弟子たちに自らを律し、自ら真理を掴み取ることを促し続けた。異教徒に対しても寛容で、それゆえ、仏教は戦争によって広まらなかった唯一の世界宗教となった。仏教思想が、インドの大地に生まれ育ちながら、アジア諸地域へと広まっていった今日的な意味、とりわけ仏教の平和思想としての可能性を問い直していく。第1回「旅の始まり」は、ブッダオリジナルの教えを色濃く反映しているパーリ語原始仏典の特質を紹介したうえで、「ブッダ最期の旅」の全旅程を展望。ブッダが弟子たちと修行生活を送っていたラージャガハの霊鷲山から出発し...more
カテゴリー:

SNSに先輩の悪口、仮病で合コン…「モンスター新人」事例集 - News&Analysis - 10月06日(金)05:00 

新年度が始まると、メディアを賑わせる「モンスター新人」。ときに場を凍りつかせる彼らの言動は、毎年の恒例行事でもある。「迷惑」「関わりたくない」と思っている、モンスター新人の事例を集めた。
カテゴリー:

「新年度」の画像

もっと見る

「新年度」の動画

Wikipedia

  • 転送 年度...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる