「新山千春」とは?

関連ニュース

【芸能コラム】再放送で見直したい!親子げんかに込められた作品の魅力 「カーネーション」 - 04月13日(金)16:58 

 NHKが4月から、地上波の総合テレビで平日月~金の午後4時20分から朝ドラの再放送(2話連続)を始めた。その第1弾として、4月10日から「カーネーション」が放送中だ。  世界的ファッションデザイナーとして活躍するコシノ三姉妹の母・小篠綾子氏をモデルに、大阪・岸和田で呉服商の家に生まれ、大正、昭和、平成を生き抜いたヒロイン、小原糸子の波乱の生涯を描いた物語。糸子を演じたのは尾野真千子(少女時代は二宮星、晩年は夏木マリ)。  本放送は2011年10月から2012年3月で、視聴率は最高25パーセント、全話平均19.1パーセントと好評を得た。今回の再放送が決まった理由についても、「視聴者からのリクエストが多かったため」と報じられており、本放送から6年半を経て、いまだに高い人気を誇っている様子がうかがえる。  この作品の何が視聴者を引きつけたのか。それを知るヒントになるのが、番組の名物にもなった糸子と父・善作(小林薫)の親子げんかだ。洋裁師を目指す糸子と呉服屋を営む善作は事あるごとに衝突し、けんかを繰り返す。その様子は、出演者が当時の思い出を語る番組「“朝ドラ”同窓会 カーネーション」(4月14日(土)午後4時から再放送あり)で尾野が、「(小林から)本気で殴られた。芝居じゃない」と語った通りのド迫力。  父親が娘に手を上げるという、見方によってはすさまじい場面だが、嫌な感じはしない。...more
カテゴリー:

中川翔子、右目が一重になりがちな理由「太ったせいだと思うのです」 - 04月13日(金)14:23 

タレントの中川翔子が13日、右目が一重になりがちであるという悩みを自身のアメブロで明かした。 中川は自撮り写真を公開するとともに、「右目がひとえになりがちだから困ってます」と悩みを告白。泣き顔の顔文字とともに「太ったせいだと思うのです」とつづり、「ぜったいやせてやる」とダイエットへの決意をみせた。 しかし続けて、カニの身や蒸しパンなど中華料理の数々を紹介。「ギルティでしたおいしいでした」と、罪悪感と満足感がないまぜになった様子で「ぜったいやせてやるう」と決意を新たに締めくくった。 中川は1つ前に更新したブログで、トマト缶やキャベツ、しめじなどを使った「ダイエットデトックス野菜スープ」を紹介しており、「しばらく自炊はこれだけにしよう」とつづっていた。 【関連記事】 ・マスカット(中川翔子オフィシャルブログ) ・トマトマン(中川翔子オフィシャルブログ) ・中川翔子、浜田翔子と久しぶりの"W翔子"「10代の頃に出会いいまは30代に」 ・新山千春、4kg減でほっそりしたおなか公開「ちゃくちゃくとついてくる筋肉を実感」 ・アンミカ、2週間で3キロ減の方法明かす「夏に向けて、続けていきますよ!」と気合い
カテゴリー:

「新山千春」の画像

もっと見る

「新山千春」の動画

Wikipedia

新山 千春(にいやま ちはる、1981年1月14日 - )は、日本タレント、女優、元グラビアアイドルである。結婚前の本名同じ。

青森県青森市出身。ホリプロ所属。元夫は元プロ野球選手黒田哲史、娘は子役の新山小春。

人物 経歴

青森市立高田中学校を経て、堀越高等学校卒業。

中学校在学中の1995年、第20回ホリプロタレントスカウトキャラバンの審査員特別賞を受賞したのをきっかけに芸能界入り。テレビ朝日タイムショック21の司会を...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる