「新宿ピカデリー」とは?

関連ニュース

世界的シューズデザイナーに迫るドキュメンタリー「マノロ・ブラニク」本編映像を独占入手 - 12月10日(日)10:00 

 世界的シューズブランドのデザイナーであるマノロ・ブラニクに迫るドキュメンタリー「マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年」の本編特別映像を、映画.comが独占入手した。 ・【動画】本編特別映像  “世界で唯一走れるピンヒール”と称される「マノロブラニク」の靴は、1970年代初期にロンドンにショップをオープンさせて以来、多くのセレブやファッショニスタに支持され、大ヒットドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」の主人公キャリーが愛用する靴としても注目を集めた。  今作では、天才デザイナー、ブラニクを追い、世界中の女性を虜にする“夢の靴”が生みだされる工房、イギリス・バースにあるブラニクの自宅、3万点に及ぶ靴のアーカイブ映像などを通して、創作過程や知られざる素顔が解き明かされる。  お披露目された映像には、ブラニクがデザイン画を描きながら「キュロス大王の宮殿で履くような靴を作る。足を上まで飾るんだ」と迷いなく筆を進め、その豪華さと繊細さに「大量生産には向かない」とつぶやく様子が収められている。さらに、次々に浮かんでくるアイデアで頭がいっぱいになるといいながらも、それで困ったことも、壁にぶつかったこともないと断言。「偉そうに聞こえるかもしれないが」と付け加え、お茶目な人柄を垣間見せている。  「マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年」は、12月23日から東京・新宿ピカデリー、B...more
カテゴリー:

中条あやみ、ねぎらいの手紙に涙「まんまとやられました」 - 12月06日(水)21:30 

 福山リョウコ氏の人気漫画を実写映画化した「覆面系ノイズ」の公開記念舞台挨拶が12月6日、東京・新宿ピカデリーで行われ、主演の中条あやみ、共演の志尊淳、小関裕太、メガホンをとった三木康一郎監督が出席した。 ・【フォトギャラリー】涙を流す中条あやみ、その他の写真はこちら  歌うことが大好きな女子高生・ニノ(中条)が、初恋相手のモモ(小関)に自分の歌を届けるため、幼なじみのユズ(志尊)とともに覆面バンド「in No hurry to shout;」のメンバーとして、音楽活動に取り組む姿を描いた。  奇跡の歌声を持つ少女ニノを演じるために、歌の練習に励んだという中条。この日は、レコーディング前の最終レッスンに付き添い、歌との向き合い方を指導した音楽ディレクターから中条に宛てた手紙が披露される一幕が見られた。中条は「泣かせようとするやつ(笑)」と笑いを誘ったが、「あやみさんは、自分がどれだけ人の心に響く歌声であるのか、はっきりと自信を持っていないかもしれません。あなたはあの短期間で、シンガーとして驚異的な成長を遂げ、耳にした人を振り返らせる、まさに“鳴り響く歌声”へと進化していったのです」と読み上げられると、途端に目元をうるませる。「真っすぐなポジティブさが多くの人を魅了する中条あやみの存在感なのだと感激したことを覚えています」と歌が苦手だった中条の成長ぶりを称えると、大粒の涙があふ...more
カテゴリー:

劇場版「ウルトラマンジード」にオーブ&ジャグラー参戦!予告&ビジュアルも完成 - 11月30日(木)20:30 

 「劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!」の公開記念イベントが11月30日、東京・新宿ピカデリーで開催され、本作のキービジュアル、予告編、場面写真が一挙に公開された。合わせて、キャストとストーリーも発表され、前作「ウルトラマンオーブ」の主要キャラクターであるクレナイガイ(ウルトラマンオーブ)、ガイの宿敵ジャグラスジャグラーが参戦することがわかった。 ・【フォトギャラリー】この日のイベント、その他の写真はこちら  イベントには、朝倉リク(ウルトラマンジード)役の濱田龍臣、鳥羽ライハ役を務める山本千尋が出席。ガイとジャグラーの参戦決定に場内が沸き立つなか、濱田はガイ役の石黒英雄との共演を「本当にすごくかっこいい先輩。胸をお借りするという感じだったので、緊張したのですが、すごく優しい方でした。かっこよかったです」と振り返る。山本も「ジードとオーブ、目の前で2人のヒーローを見させていただきました。リクは『がんばれ!』と応援されるヒーローですが、石黒さんは誰もが憧れるヒーロー。キラキラした2人を見れてよかったです」と喜びを噛み締めていた。  2017年7月にスタートした「ウルトラマンジード」は、「悪に堕ちたウルトラマン」ことウルトラマンベリアルの遺伝子を受け継ぐ主人公・朝倉リク(濱田)が己の運命に逆らいながら戦う姿を描く。  劇場版となる今作は、知的生命体が住む星々の破壊を...more
カテゴリー:

中条あやみ、ねぎらいの手紙に涙「まんまとやられました」 - 12月06日(水)21:30 

福山リョウコ氏の人気漫画を実写映画化した「覆面系ノイズ」の公開記念舞台挨拶が12月6日、東京・新宿ピカデリーで行われ、主演の中条あやみ、共演の志尊淳、小関裕太、メガホンをとった三木康一郎監督が出...
カテゴリー:

注目映画紹介:「曇天に笑う 外伝 決別、犲の誓い」中村悠一&梶裕貴&… - 12月01日(金)19:30 

 劇場版アニメ「曇天(どんてん)に笑う<外伝>決別、犲(やまいぬ)の誓い」(若野哲也監督)が2日から新宿ピカデリー(東京都新宿区)ほかで公開される。マンガ誌「月刊コミックガーデン」(マッグガーデン)…
カテゴリー:

【映画】ロシアが生んだスーパーヒーロー「ガーディアンズ」予告で怒涛の展開 - 11月28日(火)20:57  mnewsplus

[映画.com ニュース] ロシア発のスーパーヒーローを描いたSF超大作「ガーディアンズ」の予告編が完成した。 冷戦下のソビエトの隠された組織「パトリオット」では、遺伝子操作で特殊能力を備えた兵士を生み出す“パトリオット計画”が進められていた。しかし、悪の科学者クラトフが研究所を爆破したことで超人たちは姿を消す。50年後、自らも超人となり今度はロシア崩壊を企むクラトフを止めるため、かつて作り出された4人の超人たちが再集結し、チーム「ガーディアンズ」を結成する。 獣化能力を持つ科学者アルススをアントン・パ...
»続きを読む
カテゴリー:

「新宿ピカデリー」の画像

もっと見る

「新宿ピカデリー」の動画

Wikipedia

新宿ピカデリー(しんじゅくピカデリー)は東京都新宿区新宿3丁目の靖国通り沿いにあるシネマコンプレックス

歴史
  • 1958年10月28日 - 新宿松竹会館開業
  • 1962年 - 新宿松竹(邦画)・新宿ピカデリー(洋画系)の2スクリーンに改装。
  • 1992年 - 4スクリーン体制になる。
  • 1999年6月12日 - 全スクリーン名を新宿ピカデリーに統一。
  • 2006年5月14日 - 新宿松竹会館閉鎖。改築工事に入る。
  • 2008年7月19日 - シネマコンプレックス「新宿ピカデリー」(12スクリーン)として再開業。
  • 2011年3月1日 - 映画館の運営が松竹マルチプレックスシアターズに移管される。
新宿松竹会館 (1958 - 2006)

新宿松竹映画劇場時代
(映画館のある風景 昭和30年代盛り場風土記・関東編 キネマ旬報社、2010年) 初代「新宿ピカデリー」があった新宿松竹会館(しんじゅくしょうちくかいかん)は1958年10月28日に、「新宿松竹映画劇場」「新宿名画座」「新宿スター座」「新宿松竹文化演芸場」の4館で開業。1962...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる