「新宿ピカデリー」とは?

関連ニュース

山本耕史ヘドウィグ仲間と再会 「同士みたいに思っている」 - 10月20日(金)10:52 

 映画『パーティで女の子に話しかけるには』のジャパンプレミアが19日、東京都内で行われ、ジョン・キャメロン・ミッチェル監督が登場。花束贈呈ゲストとして俳優の山本耕史が駆け付けた。  ミッチェル監督は、舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」への出演と、本作のプロモーションのため7年ぶりに来日。山本は2007年から3年連続で、同舞台でヘドウィグ役を演じ、ミッチェル監督とは08年のジョイントライブで共演した。  久々の再会をハグで喜び合った2人。山本は「ジョンはとても優しい人。舞台のヘドウィグは、なるべくジョンが演じたヘドウィグに近づけてやろうとしました。僕は勝手に同士みたいに思っています」としみじみ語った。  ミッチェル監督も「世界中のヘドウィグを演じた人、皆が姉妹、きょうだいなんです。お互いに目が合っただけで分かり合えるし、どれぐらい大変かも分かる。役者人生の中で一番大変。だからこそヘドウィグを演じた後は、全く他の役を恐れる必要がなくなるんです」と語った。  イベント終盤に、ミッチェル監督が山本に何やら耳打ち。すると2人は、突然「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の劇中歌「オリジン・オブ・ラブ」をデュエットで披露した。まさかのサプライズに観客も感激。手拍子で一体となった会場は、温かい雰囲気に包まれた。  新作の『パーティで女の子に話しかけるには』は、パンクなのに内気な少年エ...more
カテゴリー:

山本耕史、ジョン・キャメロン・ミッチェルと突然の生歌披露!2人のヘドウィグに会場が熱狂 - 10月19日(木)21:54 

『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のジョン・キャメロン・ミッチェル監督最新作『パーティで女の子に話しかけるには』(12月1日公開)のジャパンプレミアが10月19日に新宿ピカデリーで開催され、来日を果たしたミッチェル監督が出席。花束ゲストとして山本耕史が登場し、ミッチェル監督と一緒に即興で『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のナンバーを披露。2人のヘドウィグによる突然の生歌に会場が興奮と感動に包まれた。 【写真を見る】山本耕史、ジョン・キャメロン・ミッチェルと熱いハグを交わした! ミッチェル監督は、オリジナルキャストで日本初上演となる『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』舞台への出演と、本作のプロ モーションのために7年ぶりの来日を果たした。山本は2007年、2008年、2009年と3度にわたり、同舞台でヘドウィグを演じており、2008年のジョイントライブではミッチェル監督と共演もしている。 「7年ぶりかな」と再会を喜んだ2人。山本は「ジョンが演じたヘドウィグに近づけてやろうとしていた」と同舞台を振り返り、「僕は勝手に、同志のように思っています」とミッチェル監督との絆を吐露。 ミッチェル監督も「ヘドウィグを演じた人は姉妹であり、兄弟」と山本に親近感たっぷり。「世界中のヘドウィグを演じた方は、お互い目が合うとわかる。どれくらい大変かも共有ができるし。役者人生...more
カテゴリー:

アニメ「アイドリッシュセブン」先行上映会の特典に種村有菜によるコースター - 10月17日(火)17:00 

11月2日に東京・新宿ピカデリーにて開催される、アニメ「アイドリッシュセブン」先行上映会の入場者特典が発表された。
カテゴリー:

健太郎の登壇に女子中高生が「ヤバイ!」「カッコイイ!」 - 10月15日(日)17:39 

生田斗真主演、広瀬すず共演で、河原和音原作の人気コミックを実写映画化した『先生! 、、、好きになってもいいですか?』。この映画で広瀬演じるヒロイン・響に密かに思いを寄せる北高校の弓道部部長・藤岡勇輔役を演じた健太郎が、10月13日に行われたスペシャルトークイベントに登壇した。 この日のイベントは、女子中高生の5人に1人が利用しているというケータイ小説サイト「野いちご」ユーザー独占試写会ということで、会場には制服姿の女子中高生を中心とした10代の女子が集結!「私は(生田斗真演じる)伊藤先生より藤岡くんが好き!」というパネルや「健太郎くん」と名前が入ったうちわを構えた女子も待ち構える中、健太郎が登壇すると「ヤバイ!」「カッコイイ!」と場内から吐息交じりの声が漏れた。 「今日は短い時間ですが楽しんでいってください!」と笑顔で挨拶した健太郎は、広瀬演じる響を陰で支えながら、次第に響に惹かれていくという原作でも人気の高いキャラクターを熱演。演じてみて「すごく切ない役どころではあったのですが、自分が好きな人をあそこまで支えられるというのは、すごく強い男の人だと思うので、演じていてすごく楽しかったですし、響も藤岡もまっすぐな人間なので、2人を応援するような気持にもなってしまいました」と振り返った。 さらに、広瀬をはじめ、響の親友・川合浩介役を演じた竜星涼、千草恵役を演じた森川葵など、同世代...more
カテゴリー:

声優・桑島法子、古代進と森雪は「稀有なカップル。憧れますが…」 - 10月14日(土)11:44 

不朽の名作をリメイクした『宇宙戦艦ヤマト2199』の続編を劇場で上映する『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章「純愛篇」』の初日舞台挨拶が10月14日に新宿ピカデリーで開催され、森雪役の桑島法子、音楽の宮川彬良、監督の羽原信義、シリーズ構成の福井晴敏が登壇。桑島が、主人公・古代進と森雪について「稀有なカップル」と表現した。 【写真を見る】声優・桑島法子、中村繪里子が登壇!舞台挨拶の様子はこちら 本作は、1978年に公開され、日本全土を熱狂させた『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』をモチーフに、再びヤマトで戦う事になる乗組員たちの姿を描く物語。この日の司会は、桐生美影役の中村繪里子が務めた。 宮川は「ショックなくらいに面白かった」と完成作を大絶賛。森雪役の桑島は、「二章の頭の方でいなくなりまして。不安な日々を過ごしておりました」と演じた役柄ならではの不安な思いを吐露しつつ、「数回観ただけでは味わいきれない、すごく大きな作品」と改めて作品の持つパワーを噛み締めていた。 劇中、あらゆる愛の形が描かれる本作。桑島は「“三章でひとつの山場が来る”という話を福井さんからいただいていた。“こんなことを三章でもうやってしまうんだ”と思った」と今回も劇的な展開となることを聞いていたそう。「福井さんと一緒に取材を受けるなかで、色々と深い裏側の話を聞いた。“そういう古代と雪なんだな”と思ったと...more
カテゴリー:

J・C・ミッチェル&山本耕史ダブルヘドウィグの生歌サプライズに約500人が感激 - 10月19日(木)23:50 

 俳優で映画監督のジョン・キャメロン・ミッチェルが10月19日、最新作「パーティで女の子に話しかけるには」を引っさげ来日し、都内で行われたジャパンプレミアに出席。ミッチェル監督の飛躍のきっかけとなったオフブロードウェイ・ミュージカル劇「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の日本版で、3度主演を務めた俳優の山本耕史が花束贈呈に駆けつけた。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  若手実力派女優エル・ファニングが主演を務めた本作は、英ファンタジー作家ニール・ゲイマンの自伝的短編小説を映画化。1977年のロンドン郊外の小さな町を舞台に、パンクムーブメントに熱中するも内気な高校生のエン(アレックス・シャープ)が、偶然迷い込んだ異星人のパーティで出会った少女ザン(ファニング)と過ごす48時間を描く。  7年ぶりに来日したミッチェル監督は、主演のファニングを「一緒に仕事をしていて気持ちがいいし、プロフェッショナルで、抜きん出た才能を持っています。女優とスターを同時にこなすのは大変だけど、彼女はこの作品で初めてそれを実現できたのではないでしょうか」と称賛。世界が排他的、閉鎖的になりつつあるいま、「若い人たちにはもっとパンクの精神をもってほしい。それは、健全な反抗心だから。ある意味、すべてを浄化するような怒りを持って、愛を見つけてほしいのです」と若者たちにメッセージ...more
カテゴリー:

[斉木楠雄のΨ難]山崎賢人×福田雄一監督で笑い全開の実写化 橋本環奈の振り切れた演技にも注目 - 10月19日(木)19:30 

 俳優の山崎賢人さん主演の映画「斉木楠雄のΨ難(さいきくすおのサイなん)」(福田雄一監督)が21日から新宿ピカデリー(東京都新宿区)ほかで公開される。麻生周一さんが「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の同名人気ギャグマンガが原作。目立た……
カテゴリー:

2017年10月16日のヘッドラインニュース - 10月16日(月)18:05 

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」第三章公開を記念して、第一章・第二章でも好評だった「愛のヤマトーク」が新宿ピカデリーで開催されることになりました。イベントは二夜構成で、第一夜は10月24日(火)20時30分回上映後に小説家・皆川ゆかさん、漫画家・むらかわみちおさん、シリーズ構成・福井晴敏さんが登壇。第二夜は10月31日(火)20時30分回上映後にイラストレーター・麻宮騎亜さん、羽原信義監督、シリーズ構成・福井晴敏さんが登壇します。続きを読む...
カテゴリー:

生田斗真と広瀬すずのサプライズ訪問に1000人の高校生が大パニック! - 10月15日(日)09:32 

生田斗真主演、広瀬すず共演で、河原和音原作の人気コミックを実写映画化した『先生! 、、、好きになってもいいですか?』。この作品の特別試写会が10月14日に本作のロケ地である岡山学芸館高等学校で行われ、生田と広瀬の訪問について事前に知らされず、三木孝浩監督をゲストに迎えた試写会として体育館に集合していた約1000名の生徒たちが、サプライズで登場した2人に思わず号泣するなどパニック状態になった。 本作は口ベタだけれど生徒思いの世界史教師・伊藤(生田)と、そんな伊藤に生まれて初めての恋をするちょっと不器用な高校2年生・響(広瀬)の切なくも温かい純愛ラブストーリー。 上映後、生徒から温かい歓声と拍手で迎えられた三木監督は「撮影でお世話になったところに、再び戻って来られて嬉しいです」と挨拶。続いて三木監督から生田、広瀬からのメッセージ映像があると伝えられると場内はヒートアップ! 2人のメッセージが終わり「みなさん本人に会いたかったですよね〜。ごめんね、僕だけで。申し訳ない!」と監督が釈明する中、「でも、現場でみんなにお世話になったので、みんな会いたいよね…。ということで!」との呼びかけで、生田と広瀬がサプライズ登場! 2人の突然の出現に生徒らのボルテージは一気に最高潮に達し、悲鳴にも似た黄色い声援が飛び交い、号泣する生徒もいる中、2人は整列している生徒の合間を縫ってステージまで歩いた。...more
カテゴリー:

【映画】 注目映画紹介:「宇宙戦艦ヤマト2202」第3章「純愛篇」 古代の決断は… ヤマトは苦難続き - 10月14日(土)00:00  mnewsplus

2017年10月13日 アニメ 映画 アニメ「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の第3章「純愛篇」の一場面(C)西崎義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会 もっと見たい方はクリック!(全27枚) https://mantan-web.jp/article/20171012dog00m200007000c.html  人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の最新作「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」(羽原信義監督)の第3章「純愛篇」が14日から新宿ピカデリー(東京都新宿区)ほかで上映される。全7章で描く新シリーズの第3弾。主人公・古代進は苦難続きの中、決断を迫られる。  2012年放送の「宇...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「新宿ピカデリー」の画像

もっと見る

「新宿ピカデリー」の動画

Wikipedia

新宿ピカデリー(しんじゅくピカデリー)は東京都新宿区新宿3丁目の靖国通り沿いにあるシネマコンプレックス

歴史
  • 1958年10月28日 - 新宿松竹会館開業
  • 1962年 - 新宿松竹(邦画)・新宿ピカデリー(洋画系)の2スクリーンに改装。
  • 1992年 - 4スクリーン体制になる。
  • 1999年6月12日 - 全スクリーン名を新宿ピカデリーに統一。
  • 2006年5月14日 - 新宿松竹会館閉鎖。改築工事に入る。
  • 2008年7月19日 - シネマコンプレックス「新宿ピカデリー」(12スクリーン)として再開業。
  • 2011年3月1日 - 映画館の運営が松竹マルチプレックスシアターズに移管される。
新宿松竹会館 (1958 - 2006)

新宿松竹映画劇場時代
(映画館のある風景 昭和30年代盛り場風土記・関東編 キネマ旬報社、2010年) 初代「新宿ピカデリー」があった新宿松竹会館(しんじゅくしょうちくかいかん)は1958年10月28日に、「新宿松竹映画劇場」「新宿名画座」「新宿スター座」「新宿松竹文化演芸場」の4館で開業。1962...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる