「新天皇」とは?

関連ニュース

新天皇即位の儀式で使用 「高御座」公開 - 04月17日(火)21:56 

新天皇即位の儀式で使用 「高御座」公開:2019年10月、新天皇の即位の儀式で使われる「高御座(たかみくら)」が、報道陣に公開された。...
カテゴリー:

新天皇の即位儀式で使用 「高御座」公開 - 04月17日(火)20:24 

新天皇の即位儀式で使用 「高御座」公開:2019年10月、新天皇の即位の儀式で使われる「高御座(たかみくら)」が報道公開された。...
カテゴリー:

【皇室】皇太子さま即位の儀式 上皇 ご出席せず - 04月15日(日)05:37  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180415/k10011404191000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_008 4月15日 4時56分 来年の天皇陛下の退位のあと、皇太子さまの即位に伴い憲法で定める国事行為として実施する5つの儀式について、政府は、権威の2重性の問題などを考慮し、上皇になられた陛下にはご出席いただかない方向で検討を進めています。 憲政史上初めてとなる天皇陛下の退位に伴い、政府は、憲法で定める国事行為として、退位される4月30日に退位の儀式を行ったうえで、翌5月1日の皇太子さまの即位に伴う5...
»続きを読む
カテゴリー:

即位儀式で使う玉座移送へ 前回は過激派避けヘリで運搬 - 04月13日(金)10:33 

 新天皇の即位を内外に宣言する来年10月22日の「即位礼正殿の儀」で使われる玉座(ぎょくざ)「高御座(たかみくら)」が、早ければ7月にも京都御所から東京都内に移送される見通しとなった。代替わりを象徴す…
カテゴリー:

皇統の男系ってDNA的には縄文系なんだろ?3万年以上前からずっと日本に居た系統 - 04月12日(木)19:39  news

天皇即位「大嘗祭」の源流か 弥生時代の絵画土器、神聖な米を納めて国の安寧を願う 大阪府茨木市の中河原(なかがわら)遺跡で、建物5棟が描かれた弥生時代中期後半 (約2千年前)の土器が見つかった。収穫された新米を納める高床倉庫とみられ、 五穀豊穣(ほうじょう)を願う祭祀(さいし)に使われたという。 新米を神にささげて国家・国民の安寧を祈る儀式は古来、「新嘗祭(にいなめさい)」と呼ばれ、 皇居では今も毎年11月23日に行われている。新天皇が即位後初めて行う新嘗祭は、 皇位継承において最も重要な儀式...
»続きを読む
カテゴリー:

宮内庁:即位の礼「高御座」「御帳台」を公開 - 04月17日(火)20:59 

 宮内庁は17日、来年10月の「即位礼正殿の儀」で、新天皇が即位を宣言する際に使われる「高御座(たかみくら)」と新皇后が上がる「御帳台(みちょうだい)」を京都御所(京都市)で報道陣に公開した。今年夏には皇居に移され、漆の塗り直しなどが行われる。
カテゴリー:

移送前に高御座公開=7月にも京都から東京へ - 04月17日(火)17:11 

 宮内庁は17日、皇太子さまが新天皇に即位されるのに伴い、来年10月22日に皇居・宮殿で行われる「即位礼正殿の儀」で新天皇が使う「高御座」と新皇后が使う「御帳台」を京都御所・紫宸殿(ししんでん)で報道陣に公開した。今後解体し、7月にも修復のため東京にトラックで移送する。 高御座は奈良時代以降、天皇の即位儀式で使われたとされる。現在の高御座は高さ約6.5メートル、重さ約8トン。黒漆塗りの台上にある8本の円柱で八角形の屋根を支えている。御帳台と共に大正天皇の即位の際から使われ、天皇陛下も1990年11月、この高御座に昇り、即位を宣言した。 御帳台は高御座とほぼ同じ造りで、大きさは1割程度小さい。 前回は過激派対策として自衛隊ヘリコプターで極秘に京都から東京へ運ばれたが、今回は陸路で移送する。その後、半年かけて色あせた漆の塗装や、劣化した飾り金具の修復などを行う。組み立ては来年9月ごろから行う予定。 【時事通信社】
カテゴリー:

【皇室】即位儀式で使う玉座、京都御所から東京へ移送 前回は過激派避け自衛隊ヘリで極秘に運搬 - 04月13日(金)13:15  newsplus

 新天皇の即位を内外に宣言する来年10月22日の「即位礼正殿の儀」で使われる玉座(ぎょくざ)「高御座(たかみくら)」が、早ければ7月にも京都御所から東京都内に移送される見通しとなった。代替わりを象徴する調度品だが、今の天皇陛下の即位儀式から使われておらず、劣化も目立つ。宮内庁は都内の民間業者に修繕を依頼し、本番に備える。  高さ約6・5メートル、重さ約8トン。現在、京都御所で最も格式が高い正殿・紫宸殿(ししんでん)に置かれている。1990年11月の「即位礼正殿の儀」で使われた際は、過激派の攻撃...
»続きを読む
カテゴリー:

高御座、8月にも京都から東京へ 新天皇が即位の礼で使用 - 04月13日(金)05:53 

来年10月22日に皇居・宮殿で行われる即位の礼の中心儀式「即位礼正殿の儀」で、新天皇となった皇太子さまが使われる「...
カテゴリー:

「もし皇族に生まれたら?」 天皇と皇族の一生、誕生から葬儀まで - 04月12日(木)10:41 

天皇陛下が2019年4月で退位することになり、改めて天皇制に対する関心が高まっている。そもそも天皇や皇族は、どんな一生を送るのか? 『図解でわかる 14歳からの天皇と皇室入門』(太田出版/著者=大角修、インフォビジュアル研究所/監修=山折哲雄)では、このように説明している。  * * * 【懐妊から出産、成人まで】 皇太子妃や宮家の妃殿下がご懐妊されると、宮内庁病院で検査を受けられて、宮内庁が国民に発表します。懐妊5か月目の戌の日には安産を願って「御着帯(おんちゃくたい)の儀」が行われます。出産は宮内庁病院で行われてきましたが、秋篠宮紀子妃が2006年(平成18)9月6日に悠仁親王を出産されたのは恩賜財団母子愛育会の愛育病院でした。 誕生された赤ちゃんは「新宮」と呼ばれます。誕生当日に天皇から守り刀をいただく「賜剣(しけん)の儀」が行われ、枕元に守り刀が置かれます。お七夜には名前がつけられる「命名の儀」が行われます。親王は「仁(ひと)」、内親王は「子」とつけ、漢字2字の名がならわしです。 また、皇太子の新宮には称号が与えられます。愛子内親王の敬宮が称号です。また、皇族にはお一人ずつ「お印」が決められます。お印は持ち物などに付けられるシンボルです。たとえば、愛子内親王はゴヨウツツジ、悠仁親王は高野槇のお印です。 昔の皇室では新宮は乳母にあずけて育てられましたが、現在は誕生時からご両親...more
カテゴリー:

もっと見る

「新天皇」の画像

もっと見る

「新天皇」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる