「新基地建設」とは?

関連ニュース

「もう21年、でも諦めない」 辺野古護岸工事翌日、市民が決意 - 04月26日(水)10:57 

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡る新基地建設で26日午前、沿岸部を埋め立てる護岸工事が25日に着工されたことに抗議し、約150人が米軍キャンプ・シュワブゲート前に集まった。座り込みをした人々は「絶対に諦めない」「まだ工事は止められる」と述べ、建設阻止の意思を示した。  ヘリ基地反対協議会の...
in English
カテゴリー:

辺野古護岸着工(解説) 作業進行は不透明 「新基地建設」の出発点は? - 04月26日(水)10:12 

 政府は25日、米軍普天間飛行場の移設に向けた辺野古海域埋め立ての護岸工事に着手した。政府は「確かな一歩」(菅義偉官房長官)と胸を張るが、移設に反対する沖縄県や名護市の同意を得られていない中、作業が円滑に進むかは不透明な要素が多い。根強い県民の抵抗に加え、翁長雄志知事も持ち得る権限を駆使して徹底...
in English
カテゴリー:

<社説>辺野古護岸着工 政府の専横には屈しない 知事は直ちに承認撤回を - 04月26日(水)06:01 

 名護市辺野古の新基地建設で政府は埋め立ての第一段階となる護岸工事に着手した。普天間飛行場全面返還合意から21年、新基地建設問題は新たな局面を迎えた。  翁長雄志知事は「環境保全の重要性を無視した暴挙だ」と厳しく批判した。しかも政府の岩礁破壊許可の期限は切れている。政府は無許可で工事を強行したのだ...
in English
カテゴリー:

「嘘だ!許せない!!」 辺野古埋め立て開始にプロ土人発狂中 - 04月25日(火)13:45 

政府が名護市辺野古の新基地建設で護岸整備に着工した25日、米軍キャンプ・シュワブのゲート前では新基地に反対する市民約80人が座り込みの抗議行動を続けている。 午前7時から正午まで、工事車両はゲート前に現れていない。 市民は護岸着工を警戒し、午前7時半から座り込みを開始。 作業員や工事車両が基地内に入るのを阻止しようと、工事用ゲート前で待ち構えた。 午前9時20分すぎに海上抗議のメンバーから「石材が海中に投入された」との情報が伝えられると「うそだ」「許せない」と驚きと怒りの声が上がった。 一...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「沖縄県の立ち入り不要」 辺野古サンゴ調査、防衛局が回答 - 04月25日(火)10:54 

 名護市辺野古の新基地建設で沖縄防衛局は24日、沖縄県が護岸工事が始まる前にサンゴの調査を求めていたことに対し、立ち入り調査は必要ないとの認識を示した。防衛局が提示した「現況調査」の結果から「サンゴ類の分布状況を確認することは可能で、これをもって対応できる」と説明した。立ち入りには日米地位協定に...
in English
カテゴリー:

〈連載「強行の海」辺野古護岸着手(上)〉「諦め感」狙う国、県は訴訟へ「違反」積み上げ - 04月26日(水)10:18 

 米軍普天間飛行場移設に伴う辺野古の新基地建設問題は25日、埋め立て工事着手という新たな局面に入った。国は工事進展をアピールし、沖縄県民に諦め感が広がることを狙うが、県内では「(政府は)既成事実に躍起」(翁長雄志知事)などと着工を冷静に受け止め、引き続き建設阻止へ団結しようとする空気が強い。県は...
in English
カテゴリー:

「着工」は砕石5袋、作業15分 辺野古に市民の怒号 海保100人で警戒  - 04月26日(水)06:30 

 「辺野古新基地建設ノー」の沖縄の民意を無視し、政府は25日、米軍普天間飛行場の移設計画に伴う名護市辺野古の護岸工事着手を強行した。午前9時20分に始まった作業で、海中へ投下した砕石は5袋。抗議行動を続ける市民から「ただのセレモニーだ」「県民の声を聞いてほしい」という怒りの声が上がった。埋め立て...
in English
カテゴリー:

県、岩礁破砕行為あれば直ちに提訴 遅くとも1~2カ月で差し止め訴訟提起へ - 04月25日(火)16:46 

 沖縄防衛局が辺野古新基地建設の護岸工事に着手したことを受け、県の謝花喜一郎知事公室長は25日、記者団に対し、工事による海底の岩礁破砕行為が確認された時点で、直ちに工事の差し止め訴訟を提起する考えを示した。謝花氏は「浚渫(しゅんせつ)や鉄板が打ち込まれた場合」は、海底の状況を現認しなくても、県の...
in English
カテゴリー:

国、辺野古移設で県の指導無視 - 04月25日(火)10:56 

 辺野古新基地建設を巡り、県は沖縄防衛局に対し、事実確認やその間の作業中断を求める行政指導をしてきたが、防衛局は無視する形で作業を続行してきた。  県は前知事による埋め立て承認の留意事項に基づく工事の実施設計や環境対策に関する「事前協議」の実施を防衛局に求めてきた。だが防衛局は県の照会に対して、既...
in English
カテゴリー:

辺野古 護岸着工 政府、海に投石強行 - 04月25日(火)10:29 

 米軍普天間飛行場の移設先とされる名護市辺野古の海域で政府は25日午前、新基地建設の埋め立ての第一段階となる護岸工事に着手した。午前9時20分、作業員が砕石をクレーンで海中に投下した。多くの県民が県内移設に反対し、県も事前協議や岩礁破砕許可申請の必要性など国の手続き不備を指摘する中、政府は工事を...
in English
カテゴリー:

もっと見る

「新基地建設」の画像

もっと見る

「新基地建設」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる