「新作映画」とは?

関連ニュース

大林宣彦監督に拍手「がんごときじゃ死なねえぞ」 - 12月17日(日)07:24 

 肺がんで闘病中の大林宣彦監督(79)が16日、都内で新作映画「花筐/HANAGATAMI」の初日舞台あいさつに出席した。昨年7月のクランクイン前日に余命3カ月と宣告されたが、予定通り撮影を終え、この日を迎えた。がんに負けず、今後も映画…
カテゴリー:

肺がん闘病中の大林監督、50分舞台あいさつ仕切る - 12月16日(土)16:15 

 肺がんで闘病中の大林宣彦監督(79)が16日、東京・有楽町スバル座で、新作映画「花筐/HANAGATAMI」の初日舞台あいさつに出席した。  作家檀一雄さんの短編小説集「花筐」の映画化で、太平洋戦争開戦前夜の少年少女たちの心が揺れ動く…
カテゴリー:

『ドラゴンボール』劇場版20作め2018年12月公開決定! 悟空たちの強さの原点サイヤ人がテーマ - 12月16日(土)12:00 

アニメ『ドラゴンボール』劇場版、記念すべき第20作品目となる新作映画の製作が決定! 原作者の鳥山明先生が原作・脚本・キャラクターデザインを担当します! 劇場公開は2018年12月! 1986年、【東映まんがまつり】から『ドラゴンボール』劇場版シリーズは始まっています。その後クウラ、ブロリー、ボージャック、ジャネンバなど、いまでも愛される数々の名キャラクターを生みだし、2013年に17年ぶりに公開となった『ドラゴンボールZ 神と神』(興行収入29.9 億円)以降、2015年公開の『ドラゴンボールZ 復活の「F」』(興行収入37.4 億円)と『ドラゴンボール』はさらなる世界観の拡大を続け、絶賛放送中のTVアニメ『ドラゴンボール超』に至っています。 そして、時代を超えて「もっと強いキャラクターを」「もっと面白い物語を」追求し続けてきた劇場版シリーズが遂に20作品目に突入。 メモリアルとなる20作記念にふさわしく、スケール・クオリティともにシリーズ最高のものにするべく、現在鋭意製作中。前作に引き続き、原作者の鳥山明先生が原作・脚本・キャラクターデザインを担当。すでに、これまでにないほどのイメージイラストが上がっており、本作への力の入れようが伺えるという。 注目の最新作のテーマは【宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人】。『神と神』以降、超サイヤ人ゴッド、ブルーといった新たな進化を遂げてきた悟空たちサ...more
カテゴリー:

ドラゴンボール20作目新作映画が来年12月公開へ - 12月16日(土)12:00 

 鳥山明氏原作の漫画「ドラゴンボール」の新作アニメ映画が製作され、18年12月に公開されることが決定した。16日に千葉・幕張メッセで行われた「ジャンプフェスタ2018」で発表された。  1986年(昭61)の「東映まんがまつり」からスタ…
カテゴリー:

「ドラゴンボール」20作目のアニメ映画公開決定!悟空の強さの原点描く - 12月16日(土)12:00 

鳥山明原作によるアニメ「ドラゴンボール」の新作映画が、2018年12月に公開されることが決定した。
カテゴリー:

華やかな授賞式にキーラ・ナイトレイらがズラリ!イブニング・スタンダード・シアター・アワードが発表 - 12月16日(土)23:38 

シェイクピアの国イギリスでは“舞台を踏んでこそ一流の俳優”という不文律のようなものがある。ハリウッド大作で主演を務める人気俳優から無名駆け出しの新人まで、演技に磨きをかけるのがロンドンの舞台だ。 【写真を見る】ケイト・ブランシェット、アナ・ウィンター、アンドリュー・ガーフィールド…当日のスターたちの写真はコチラ!/写真:SPLASH/アフロ そしてロンドン演劇界の1年を振り返り、活躍した俳優に賞を与えるイブニング・スタンダード・シアター・アワードの2017年度受賞者が発表となり、華やかな授賞式が行われた。 男優賞に選ばれたのは、いま最高に乗っているアンドリュー・ガーフィールド。ナショナル・シアターで上演された「エンジェルズ・イン・アメリカ」での演技が高く評価された。これはエイズを宣告された男性の心境を描くドラマで、2部構成8時間による大作。毎日の舞台はスタミナとの闘いでもあったそう。残念ながら受賞を逃した候補者の1人は、人気ドラマ「シャーロック」で悪役モリアーティ教授を演じるアンドリュー・スコットだ。こちらは「ハムレット」でのノミネートだった。 女優賞に選ばれたのはベテラン81歳のグレンダ・ジャクソン。『恋する女たち』と『ウィークエンド・ラブ』でアカデミー主演女優賞を受賞後、国会議員を23年務めたキャリアの持ち主。シェイクスピア劇「リア王」で演劇業界へのカムバックを果たした。 また...more
カテゴリー:

【悲報】 桃白白のように投げた柱に飛び乗る脚力があれば、跳躍だけで目的地にたどり着けることが判明 - 12月16日(土)14:14  news

ドラゴンボール20作目新作映画が来年12月公開へ  鳥山明氏原作の漫画「ドラゴンボール」の新作アニメ映画が製作され、18年12月に公開されることが決定した。 16日に千葉・幕張メッセで行われた「ジャンプフェスタ2018」で発表された。  1986年(昭61)の「東映まんがまつり」からスタートし、通算20作目となる「ドラゴンボール」劇場版シリーズの 新作は、15年の前作「ドラゴンボールZ 復活の『F』」に引き続き、鳥山氏が原作、脚本、キャラクターデザインを 担当する。 http://www.asahi.com/and_M...
»続きを読む
カテゴリー:

映画「ドラゴンボール」20作記念作品が始動!今回のテーマはサイヤ人 - 12月16日(土)12:00 

12月16日、幕張メッセで行われている“ジャンプフェスタ2018”にて「ドラゴンボール」劇場版20作目となる新作映画の製作が発表された。 1986年12月“東映まんがまつり”の1本として公開された『ドラゴンボール 神龍の伝説』から始まった「ドラゴンボール」劇場版シリーズは、1996年までに17作を数え、クウラ、ブロリー、ジャネンバなどの名キャラクターを生みだした。 2013年に17年ぶりの映画化となった『ドラゴンボールZ 神と神』(興行収入29億円)以降、2015年の『ドラゴンボールZ 復活の「F」』(興行収入37億円)へと続き、更に世界観を拡大し続けTVアニメ「ドラゴンボール超」が放送されるに至った。 それぞれの時代の中で「もっと強いキャラクターを」「面白い物語を」と追求し続けてきた劇場版シリーズが2018年、遂に記念すべき20作目を迎える。記念作にふさわしく、スケール・クオリティ共にシリーズ最高のものにするという決意の下、現在製作が続けられている。 注目すべきは、前作に引き続き原作者の鳥山明が原作・脚本・キャラクターデザインを担当。すでにこれまでにないイメージのイラストが完成しており、本作への力の入れようが窺える。 注目の本作のテーマは“宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人”。超サイヤ人ゴッド、ブルーといった新たな進化を遂げてきた悟空たちサイヤ人だが、本作では改めてサイヤ人とは何か、悟...more
カテゴリー:

映画『ドラゴンボール』20作目が来冬公開、悟空たちの強さの"原点"描く - 12月16日(土)12:00 

鳥山明氏の人気コミックを原作とするアニメ『ドラゴンボール』劇場版の、記念すべき第20作品目となる新作映画の製作が決定した。20作記念にふさわしく、スケール・クオリティともにシリーズ最高を目指し、前作に引き続き、原作者・鳥山氏が原作・脚本・キャラクターデザインを担当する。
カテゴリー:

『ドラゴンボール』劇場版、新作製作決定!記念すべき第20作目は2018年12月公開 - 12月16日(土)12:00 

 国民的人気アニメ『ドラゴンボール』の記念すべき20作品目となる新作映画の製作が決定した。主人公・悟空たちとフリーザの戦いを描いた2015年公開の前作『ドラゴンボール Z 復活の「F」』に続き、原作者の鳥山明が原作・脚本・キャラクターデザインを担当し、2018年12月に全国公開する。【関連】『ドラゴンボール』フォトギャラリー 1986年の「東映まんがまつり」から始まった、『ドラゴンボール』の劇場版シリーズ。アニメとは異なる展開で、クウラ、ブロリー、ボージャック、ジャネンバなど、未だ愛される数々の名キャラクターを生みだしてきた。17年ぶりに公開された2013年の『ドラゴンボール Z 神と神』が興行収入29.9億円、2015年公開の『ドラゴンボール Z 復活の「F」』が37.4億円を記録し、世界観が拡大する中、現在はアニメ『ドラゴンボール超』(フジテレビ系)も放映されている。 2018年12月公開予定である20作目のテーマは「宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人」。『神と神』以降、超サイヤ人ゴッド、ブルーといった新たな進化を遂げてきた悟空たちサイヤ人であるが、それに負けじと様々な宇宙の強戦士が登場してきた中で、改めて「宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人」の存在、悟空たちの強さの「原点」が描かれる。  2018年12月全国ロードショー。 ■関連記事「ドラゴンボール祭り 2018 in ‐WORLD...more
カテゴリー:

もっと見る

「新作映画」の画像

もっと見る

「新作映画」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる