「斎藤工」とは?

関連ニュース

映画『妖怪ウォッチ』声優発表!ケータの娘に上白石萌音、千葉雄大と2人主役 - 10月18日(水)15:24 

1作目から3年連続で映画ランキング初登場1位(※興行通信社調べ)のメガヒットを記録中の『映画 妖怪ウォッチ』シリーズ。今や冬休みの定番作品として人気が定着したこのシリーズの第4弾となる最新作『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』の主人公の声を上白石萌音と千葉雄大が演じることが発表となった。 本作は、「妖怪ウォッチ」シリーズの主人公ケータの時代から30年後の世界が舞台。登場人物はみな一新され、新しい妖怪ウォッチの継承者が誕生する。お馴染みの妖怪たちは「シャドウサイド」という戦闘モードの姿になり、強大な悪から世界を救うべく、バトルを繰り広げる。 さらに本作には国民的妖怪キャラクター「ゲゲゲの鬼太郎」が登場するという衝撃情報も先日発表された。夢の“妖怪タッグ”は「妖怪ウォッチ」「ゲゲゲの鬼太郎」の両ファンからも絶大な支持を受け、大きな話題となっている。 上白石が演じるのは、新主人公の1人であり、新たな妖怪ウォッチ「妖怪ウォッチ エルダ」を手にする13歳の女の子・天野ナツメ役。実はナツメは現アニメの主人公であるケータの娘! 父から娘へ、「妖怪ウォッチ」を受け継ぎ、強大な敵に立ち向かう勇気ある女の子のキャラクターとなる。 千葉が演じるのは、もう1人の主人公であり、ナツメとは別の新たな妖怪ウォッチ「妖怪ウォッチ オーガ」を手にする13歳の少年・月浪トウマ役。闇に囚われ、正義...more
カテゴリー:

日本一泣ける劇団幻の名作よみがえる!「あいあい傘」映画&小説化、再演が決定 - 10月18日(水)10:00 

 劇作家で俳優の宅間孝行が主催し、2012年をもって解散した劇団「東京セレソンデラックス」が2007年に上演した舞台「あいあい傘」の再演と、映画&小説化が決定した。宅間がサタケミキオ名義で作・演出を手がけた同作は、これまで一度も再演されたことがなく、ファンの間では“幻の名作”と呼ばれていた。宅間自ら、映画版の監督・脚本、再演舞台の作・演出を担い、2018年秋に舞台&映画が同時公開される。小説版は18年春に刊行予定。  観客の涙を誘う作品を数多く発表してきたことから、“日本一泣ける劇団”と称された「東京セレソンデラックス」。07年に東京と大阪で上演された舞台「あいあい傘」では、25年前に生き別れた父と娘の姿を通して、家族の絆や愛を描き出した。  “幻の名作”復活までの道のりは、平坦ではなかった。そのきっかけとなったのは、10年前に舞い込んだ小説化のオファー。宅間は、当時を「『あいあい傘』を上演した10年前。『この作品の小説を作り、そして映画にしたい!』とオファーをいただきました。作品を大事にしてくれるんだ、と思いました。本当に嬉しかった」と振り返る。だが、それから何もないまま9年が経過。「このままお蔵入りになるんだな」と諦めかけた頃、「納得のいく小説が出来ました。映画化に本格的に取り組みます。ついては映画の監督・脚本もお願いしたいです」という一報が届き、本格的に動き出した。  ...more
カテゴリー:

新人女優・竹内愛紗が映画初出演 『リベンジgirl』桐谷美玲の妹役 - 10月17日(火)15:54 

 「Y!mobile」のCMでデビューした新人・竹内愛紗(15)が、事務所の先輩・桐谷美玲(27)の主演映画『リベンジgirl』(三木康一郎監督 12月23日公開)に出演することがわかった。桐谷の妹役で映画初出演を果たし、「驚きと喜びでいっぱいです」と話している。 【別カット】透明感あふれる15歳・竹内愛紗  同作は、東大主席でミスキャンパスグランプリに選ばれながらも“性格ブス”なヒロイン・宝石美輝(桐谷)が、失恋をきっかけに総理大臣を目指すストーリー。劇団EXILEの鈴木伸之、清原翔、馬場ふみか、佐津川愛美、大和田伸也らが出演する。  竹内が演じるのは、自意識過剰で自己中心的な美輝とは正反対で冷静沈着な妹・美咲。破天荒な美輝の唯一の理解者であり、美輝の暴走を冷静にたしなめる、優しく大人びた役どころだ。  撮影当初は緊張もあったようだが、「三木監督が、ほとんど経験のない私に撮影の順序から、優しく丁寧に教えてくださり、安心して撮影に臨んでいます。美玲さんは、撮影の途中にアドバイスをくださったり、空き時間にお話をしたり、本当のお姉ちゃんのようで、撮影が楽しいです」と充実ぶりをうかがわせた。  三木監督は「竹内さんに初めて会った時、僕のくすんだ心が一気に晴れたような感覚になったのを覚えています。その瞬間、彼女を抜てきしようと思いました。何色にも染まっていない彼女の魅力をスクリー...more
カテゴリー:

【芸能】<女性に聞いた!抱かれたい男ランキング>3位竹内涼真、2位福士蒼汰、1位は? - 10月17日(火)06:07  mnewsplus

いつの時代も注目されるランキングのひとつが「抱かれたい男ランキング」。その時代を象徴する“時の人”で、かつどこか色気が感じられる男性有名人が選ばれる傾向に。 そこで今回は、女性に聞いた、今一番抱かれたい男について探ってみました。 1位 斎藤工 2位 福士蒼汰 3位 竹内涼真 1位は「斎藤工」! 目鼻立ちが整った甘いマスクに、184センチという高い身長、鍛え上げられた肉体美を持つ斎藤工。『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)で一躍ブレイクし、“エロかっこいい”と大人気。彼のトレードマーク...
»続きを読む
カテゴリー:

高橋一生「ラブロマンスは?」と聞かれ「人間ですからね…」とニヤリ - 10月16日(月)21:15 

篠原涼子主演で、10月23日よりスタートする新ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(フジテレビ系列、毎週月曜21:00~)のファンミーティングが開催され、篠原をはじめ、高橋一生、前田敦子、斉藤司(トレンディエンジェル)、石田ゆり子が登壇した。ドラマは、篠原演じる新米ママさん市議会議員・佐藤智子が、声なき市民と向き合いながら、市政にはびこる悪や社会で起きている問題を、一般の女性目線でぶった斬る、痛快かつ爽快な市政エンターテインメント。篠原は「学歴もなく資格もない主婦が、お金欲しさに政治に入っていくのですが、入ってみたらとんでもないところだったというところからスタートする、とても爽快でスッキリする作品になっています」と役柄とドラマを紹介。この日のイベントはファンミーティングということで、集まったファンからの質問にキャスト陣が答えていくことに。「撮影中に気付いたウラの顔はありましたか?」という質問が篠原に飛ぶと、篠原は「一生さんが意外にスイーツ男子だった」と暴露。すると高橋は「甘いものは毎日食べているほど大好き」と認め、撮影の合間にも食べており、断トツでチョコレートが好きだと告白した。そんな高橋が演じるのは、智子のライバル市議会議員・藤堂誠。高橋は「二面性のある人間」と語り、影のある役を演じることについて「(そのことは)意識しないことが重要で、素晴らしい台本に沿って作った...more
カテゴリー:

つい母目線で神木隆之介を見てしまう『刑事ゆがみ』。「メアリ」トリビアに大興奮 - 10月18日(水)11:00 

© フジテレビ浅野忠信が民放連続ドラマに初主演、しかも、刑事役初トライの神木隆之介との共演です。鳴り物入りでスタートしたフジテレビの連続ドラマ『刑事ゆがみ』(木曜22時~)は、第1回からキャストとスタッフの気合いがみなぎっていました。原作は希代のストーリーテラー、井浦秀夫の同名コミック。『刑事ゆがみ』は、浅野忠信演じる役名・弓神適当(ゆがみ ゆきまさ)と、弓神が捜査上の“ゆがみ”を目ざとく見つけるというダブルミーニングでしょう。© フジテレビ弓神はその名のとおり、一見、粗野で“適当”な男に見えるけど、じつは鋭い洞察力の持ち主。違法捜査も平気で行うのは、すでに犯人をピンポイントで見抜いているから。そんな弓神が、生真面目な熱血漢に見えて、じつは出世をもくろむ野心家の新米刑事・羽生虎夫(神木隆之介)と凸凹タッグを組んでいきます。■犯人が二転三転! 予測不能な殺人事件© フジテレビある日、歩道橋下で女子大生の押田マイ(小倉優香)の死体が発見。死亡推定時刻は深夜1時で、当初はお酒に酔った被害者が誤っての転落死と予想されました。ところが弓神はその死に不信感を抱き、若きハッカーの“ヒズミ”こと氷川和美(山本美月)にマイの情報を調べさせます。弓神は、事件当日にマイと一緒にいた友人・倉間藍子(大後寿々花)と会い、マイが電車内で痴漢をされた男を捕まえて以降、嫌がらせを受けていたという情報を仕入れます。...more
カテゴリー:

武井咲は…?妊娠出産で老けるvsキレイになる人の違いを高須院長に聞く - 10月18日(水)08:46 

 9月に電撃結婚&妊娠を発表したばかりの武井咲(23歳)。ディーン・フジオカとのW主演ドラマ「今からあなたを脅迫します」(日本テレビ系・日曜22時30分~)が10月15日にスタートしました。  武井咲が妊娠4カ月ということで、ネット上では「ついお腹に目がいく」という声が多数。同時に「武井咲、やっぱりキレイ…」という称賛もあふれ、きっと出産した後もキレイなんだろうなあ…と思わせてくれました。  出産は母体にものすごく負担がかかるし、体重も増えるしで、「一気に老けた…」と嘆くママは多いもの。出産は命がけですからね。  一方で、黒木メイサや上戸彩のように、すぐにもとの美貌と体型に戻る人も。  妊娠・出産で、美貌がもとに戻る人と、戻らない人は何が違うの? 高須クリニックの高須克弥院長に聞いてみました。教えて、かっちゃん! ◆産後の復元力は、人によってかなり違う ――妊娠・出産すると、やっぱり女性の外見は変わりますか? 高須「変わりますね。ただ、変わり方は人によってずいぶん違うよ。子どもを3人産んでも見た目がさほど変わらない人もいれば、一人産んだだけなのに、お腹がたるんで戻らなくなる人もいる。  ほら、布だってそうでしょ。ちょっと畳んだだけでしわになっちゃう布もあれば、しわになりにくい布もある。人間の肌も同じなんですよ。復元力が低い人は妊娠線ができやすかったり、たるみやすかっ...more
カテゴリー:

桜井ユキが高橋一生と作り上げたリミスリの世界 - 10月17日(火)06:30 

桜井ユキが初主演を務め、高橋一生との共演で話題の映画「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリービング ビューティ」が、10月21日(土)から東京・新宿武蔵野館ほかで全国順次公開される。 【写真を見る】高橋とのラブシーンについて、桜井は「直前に心臓がバクバクした」と明かす/(C)2017 KingRecords 主人公・オリアアキ(桜井)は、29歳の売れない女優。毎日、小さなサーカス団でマジシャンの助手をし、30歳を目前にしても仕事への熱も生きる目標もなかった。ルーチンワークのように繰り返されるのは、催眠術にかかるという演技。やがてアキの精神は徐々に摩耗し、いつしか現実と妄想の境界が破たんを迎えようとしていた。唯一、アキの中で美しい思い出として残るのは恋人・カイト(高橋)との時間だった…。 過去と現在、現実と妄想。見る者を縦横無尽の世界に引き込み、その視線を外させない力強い映像で綴るのは、人間の根源に迫る骨太のヒューマンドラマ。自主映画界で注目を浴びてきた二宮健監督が脚本も担当し、かつて誰も見たことがないほど挑発的で衝撃的な世界を描く。 公開を目前に控え、桜井を直撃。ロングインタビューの中で、初主演への思い、作品の見どころ、高橋との撮影秘話、自身の女優像などを語ってもらった。 ■ 主演は作品のカラーになる ――初主演の撮影を終えた気持ちから聞か...more
カテゴリー:

高橋一生「ラブロマンスは?」と聞かれ「人間ですからね…」とニヤリ - 10月17日(火)05:00 

篠原涼子主演で、10月23日よりスタートする新ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(フジテレビ系列、毎週月曜21:00~)のファンミーティングが開催され、篠原をはじめ、高橋一生、前田敦子、斉藤司(トレンディエンジェル)、石田ゆり子が登壇した。ドラマは、篠原演じる新米ママさん市議会議員・佐藤智子が、声なき市民と向き合いながら、市政にはびこる悪や社会で起きている問題を、一般の女性目線でぶった斬る、痛快かつ爽快な市政エンターテインメント。篠原は「学歴もなく資格もない主婦が、お金欲しさに政治に入っていくのですが、入ってみたらとんでもないところだったというところからスタートする、とても爽快でスッキリする作品になっています」と役柄とドラマを紹介。この日のイベントはファンミーティングということで、集まったファンからの質問にキャスト陣が答えていくことに。「撮影中に気付いたウラの顔はありましたか?」という質問が篠原に飛ぶと、篠原は「一生さんが意外にスイーツ男子だった」と暴露。すると高橋は「甘いものは毎日食べているほど大好き」と認め、撮影の合間にも食べており、断トツでチョコレートが好きだと告白した。そんな高橋が演じるのは、智子のライバル市議会議員・藤堂誠。高橋は「二面性のある人間」と語り、影のある役を演じることについて「(そのことは)意識しないことが重要で、素晴らしい台本に沿って作った...more
カテゴリー:

高橋一生表紙の「TVガイドPERSON」が発売5日目にして早くも増刷 - 10月16日(月)12:54 

10月7に発売された高橋一生が表紙の「TVガイドPERSON vol.62」(東京ニュース通信社)が好評につき、発売5日目にして早くも増刷されたことがわかった。 今回、同誌初の表紙を飾った高橋は、10月23日スタートの月9ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(フジテレビ系)に出演することから登場。世界的写真家レスリー・キー氏による完全撮り下ろしで、生き生きとした表情や躍動感ある表紙はもちろん、巻頭グラビアでは大人の色気あふれる写真の数々が掲載されている。 なお、同誌の増刷は、星野源表紙で8月に発売された「vol.60」(4刷り)、関ジャニ∞の横山裕&村上信五&渋谷すばるが初の3人表紙を飾った「vol.61」(2刷り)と3号連続。 さらに、次号「vol.63」(11月9日発売)の表紙は映画『泥棒役者』主演の丸山隆平に決定。4号連続での増刷となるかにも注目だ。 【関連記事】 大河『直虎』出番終えた高橋一生主演、斎藤工監督作がウラジオストク映画祭に正式出品 長瀬智也、ディーン・フジオカに続き高橋一生も出演!『空飛ぶタイヤ』 [動画]神木隆之介、高橋一生らのサプライズお出迎えに、のけぞる観客続出! [動画]桜井ユキ×高橋一生、妄想と現実の境界が揺れる映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY』予告編
カテゴリー:

もっと見る

「斎藤工」の画像

もっと見る

「斎藤工」の動画

Wikipedia

斎藤 工(さいとう たくみ、1981年8月22日 - )は、日本俳優映画評論家ブルーベアハウス所属。東京都港区出身。日本学園高等学校卒業「校長日記・今日も一所懸命!」より。。身長184cm。胸囲94cm、腹囲73cm、腰囲92cm、足28cm公式サイトの「PROFILE」より。。

略歴

1981年8月22日午後3時40分、東京都港区の病院にて、体重3460gで生まれ、新生児を紹介するコーナーで取り上げられている。家族は東京都渋谷区に在住し、かつて東北新社に勤務していた父親の影響で、幼少期より映画館に通うのが日常となり、映画を多く観て育った。小学校ではオーストリア出身の教育者・哲学者ルドルフ・シュタイナーの教育理念を実践する東京シュタイナーシューレ(現・...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる