「斎藤嘉樹」とは?

関連ニュース

太賀インタビュー(2)特別合宿でエモーショナルな雰囲気に…!? - 08月12日(土)10:00 

8月12日(土)夜7時30分より、NHK総合にて土曜ドラマスペシャル「1942年のプレイボール」が放送される。 【写真を見る】忽那汐里の“マドンナ”っぷりにも注目!/(C)NHK 本作は戦争という時代の荒波に翻弄(ほんろう)されながらも青春を野球に燃やした、4兄弟の物語。NHKドラマ初主演の太賀に加え、勝地涼、斎藤嘉樹、福山康平の4人が演じる、兄弟の絆を描く。 4人はクランクインを前に、2泊3日の「合宿」を敢行したという。太賀にインタビューを行い、その時のエピソードや、作品の見どころを聞いた。 ──「合宿」では、兄弟役としての絆を深められたのでしょうか? そうですね。みんな、「合宿があってよかったね」って口をそろえて言うんです。兄弟役になりきるためには、みんなでトランプをやったり、一緒にご飯を食べる時間が重要なんだなと、あらためて思いましたね。 ──4人でどのような話をされたのですか? 19歳でまだ若い福山くんの話を、お兄ちゃん(役のキャスト)たちがいじっている感じですね。ここでは言えない、くだらない話で盛り上がっていました(笑)。 それから、それぞれの仕事の状況についても話しましたね。同じ仕事をしているけれど世代のずれている、そんな4人で話すのは、面白かったです。 ──刺激を受けたことはありますか? 勝地さんは、本当に“達者”な役者さんだなと思いました。演じられる役の幅が広いです...more
カテゴリー:

勝地涼&忽那汐里、主役不在のイベントである共演者を発見! - 08月09日(水)17:40 

NHK総合にて8月12日(土)に放送される、土曜ドラマスペシャル「1942年のプレイボール」(夜7:30-8:45)の完成試写会が行われ、出演する勝地涼、忽那汐里の他、脚本を務めた八津弘幸らが登壇した。 【写真を見る】美脚! 忽那汐里がミニスカートで登場 本作は、戦争という時代の荒波に翻弄(ほんろう)されながらも青春を野球に燃やした、4兄弟の物語。実在した野球選手・野口二郎の史実を基に作られている。 クランクイン前には“野球合宿”が行われたそうで、勝地は「30歳にもなって、“まじかー!”と思いましたよね」と苦笑い。だが、「敬語禁止」を掲げるなど、兄弟役の太賀、斎藤嘉樹、福山康平と親交を深めたという。 一方、勝地の婚約者・喜美子を演じる忽那は、「共演者の方と、ご飯に行ったのが楽しかったです」と名古屋での撮影を満喫した様子。 イベントには不在だった本作の主演・太賀とは14~15歳の時に共演しているといい、「その時と印象は全く変わらないですね。ものすごく熱い人です。シーンの合間にも、芝居の話をしていました」と明かした。 また、観客席に三男・昇役の斎藤が紛れ込んでいるというサプライズも。 質疑応答の場面で「斎藤嘉樹さんの印象は?」と自ら質問した斎藤に、勝地は「彼は僕らと話している時と、忽那さんと話している時でテンションが違うんです」と、真剣なまなざしで回答。 すると斎藤は「すみません! お...more
カテゴリー:

今夜放送「1942年のプレイボール」の主人公は元祖・二刀流。4兄弟と野球と戦争と - 08月12日(土)10:00 

夏の甲子園、昨日の第1試合では中京大中京(愛知)が、広陵(広島)に敗れた。中京大中京は、中京商業学校だった戦前からの強豪校で、戦後、名称を中京商業高校、中京高校、現在の中京大学付属中京高校と変えながら、夏の大会ではこれまでに優勝7回、春のセンバツも含めると11回を数え、全国最多を誇る。なかでも1931年から33年にかけて達成した夏の甲子園3連覇は、いまなお大会唯一の記録だ。この記録が達成された1933年の大会は、明石中学(兵庫)との準決勝で、中京商業のエース吉田正男が延長27回を投げ切り、決勝進出を決めたことで記憶される。このとき捕手として出場し、吉田とバッテリーを組んだのは野口明という後年プロでも活躍した選手である。中京商業が次に夏の甲子園で優勝したのは1937年。翌38年春の選抜大会にも優勝する。この2大会ではエース野口二郎が快投、とりわけ38年春は全4試合4完封という活躍ぶりを見せた。ここにあげた野口明と野口二郎は兄弟である。彼らにはさらに昇、渉という弟がいた。4人はいずれも中京商業出身で、プロに進んでいる。今夜7時半からNHK総合で放送される土曜スペシャルドラマ「1942年のプレイボール」(名古屋放送局制作)では、この野口兄弟の青年時代が、次男の二郎を主人公にして描かれる。この記事では、二郎と明を中心に、彼らの横顔を紹介してみたい。ドラマのネタバレになるような記述もあるかも...more
カテゴリー:

勝地涼、4兄弟同部屋に「マジかって思った」 野球ドラマ撮影前に合宿で距離縮める - 08月09日(水)12:54 

 俳優の勝地涼(30)、女優の忽那汐里(24)が9日、東京・NHKで行われたNHK土曜ドラマスペシャル『1942年のプレイボール』(12日放送 後7:30)の試写会に出席した。 【全身ショット】ネイビーの膝上ワンピースで登場した忽那汐里  同ドラマは、戦前から戦後にかけて日本のプロ野球界で活躍した実在の4人兄弟、野口明(勝地)、二郎(太賀)、昇(斎藤嘉樹)、渉(福山康平)が戦争に夢を引き裂かれながらも、野球を通した絆と青春を描く。  演出の桑野智宏氏は、クランクイン前に兄弟たちの野球合宿が行われたことを明かし、「兄弟で同じ部屋に泊まって、枕を並べてほしいっていうオーダーをした。マジかよって思ったかもしれないけれど、勝地さんは長男として真っ先に受け入れてくれて、撮影中にも兄弟を食事会に連れて行ったりと、芝居以外にも兄弟の絆を築いてくれた」と勝地に感謝を伝えた。  合宿を振り返った勝地は「10代の頃から仕事していると相部屋もあるけれど、正直マジかっていう思いはありました。俺もう30歳なんだけれどなって」と苦笑。それでも、「あの日があったから話ができるようになった。兄弟だから敬語を使わないようにって言ったんですけれど、次男、三男は敬語がとれなくて、四男だけは『あのさー』って話しかけてきた。ゆとりの下の世代というか不思議な感覚でした」と懐かしんでいた。  また、昇役の斎藤も記者席...more
カテゴリー:

「斎藤嘉樹」の画像

もっと見る

「斎藤嘉樹」の動画

Wikipedia

斎藤 嘉樹(さいとう よしき、1991年2月15日 - )は、日本俳優神奈川県出身。志事務所所属。以前は放映新社に所属していた。日出高等学校卒業。

人物・来歴

趣味・特技は野球サッカー習字

子役としてデビューし、2008年に公開された映画ひゃくはちで初主演。

この映画でともに主演を務め、親友役を演じた中村蒼は、このとき実生活でも同じ高校のクラスメイトだった。オーディション会場でたまたま一緒に組んで演技をし、「一緒に受かったらいいね」と話していたところ、本当に二人とも受かり主演に選ばれた。

出演 ドラマ
  • 夫婦漫才(2001年、TBS) - ノブロウ 役
  • 愛情イッポン!(2004年、日本テレビ)
  • エンジン(2005年、フジテレビ) - ケンジ 役
  • トップキャスター(2006年、フジテレビ) - 祥司 役
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる