「斉藤由貴」とは?

関連ニュース

森山良子&斉藤由貴ら、ニッポン放送夜の女が勢ぞろい 昼の日比谷で公開収録 - 04月29日(土)21:06 

 ニッポン放送の毎年恒例イベント『Smile&Green ラジオ&パーク in 日比谷 2017~君に耳キュン!~』が29日、東京・日比谷公園で開催された。メインステージでは人気番組の公開生放送、公開収録が行われ、リスナーとの交流を深めた。 【写真】公開生放送に出演した小島瑠璃子  「大人の音楽」をテーマに夜の“10時”からすてきな音楽を“10曲”届けている『オールナイトニッポン MUSIC10』の公開収録では、森山良子(月曜)、名取裕子(火曜)、鈴木杏樹(水曜)、斉藤由貴(木曜)ら各曜日のパーソナリティがスタジオを飛び出して勢ぞろいした。  大勢のリスナーから温かい歓声で迎えられると「昼間に出ることは年に1回しかないですからね」(鈴木)、「気持ちいいですね」(斉藤)と満面の笑み。名取も「リスナーの皆さんと生で直に接することがいいですよね」と外収録を楽しんだ。  パーソナリティ同士の裏話や森山のミニライブなど、豪華な内容に会場は大盛り上がり。ゲスト出演したクレイジーケンバンドの横山剣も同局を代表する“夜の女”たちに囲まれ「い~ね!」と上機嫌で、最後には森山の代表曲「この広い野原いっぱい」を全員で歌唱した。  この日の収録の模様は、5月1日から4日放送の同番組でオンエアされる。  収録後、バトンタッチする形でフリーアナウンサー・荘口彰久がパーソナリティを務める『スイスイサ...more
in English
カテゴリー:

失敗しない「高級腕時計購入の二大極意」を教えます【腕時計投資家・斉藤由貴生】 - 04月29日(土)15:57 

 最近、著書『もう新品は買うな』の印税でパネライとロレックス、2本の腕時計を買った斉藤由貴生です。何本も腕時計を買っている私ですが、やっぱり新しいコレクションっていいですね。見ているだけでもウキウキします。  さて前回ま [...]
in English
カテゴリー:

ハコイリ♡ムスメに新メンバー3人が加入! リーダー我妻桃実「このみんなとならもっと大きなステージにも立てる」と自信 - 04月28日(金)12:00 

新メンバーを加えてよりフレッシュになったハコイリ♡ムスメが23日、新体制となって初の定期公演『ハコイリ♡ムスメの定期便4月号~陽春の花と旅のはじまり~』をAKIBAカルチャーズ劇場で開催した。 4月から新しく加わったのは、最年少記録を更新した戸羽望実(小6)をはじめ、寺島和花(中2)、塩野 虹(中1)のまだ幼さの残る3名。初めてのステージで満員のお客さんを前に緊張しながらも、堂々としたパフォーマンスを披露した。くったくのない明るさの3人は、すでに先輩たちにもすっかり溶け込んでいるようだった。 80年代から90年代のアイドルの名曲をカバーする彼女たちだが、今回のライブでは新シーズンを迎えて全ての曲が初披露という気合の入れようで、さらにハコイリ♡ムスメ2017年春オリジナル曲となる『旅をつなげて』も披露された。 新曲は別れと出会いを歌った歌詞で、新メンバーたちの前途を励ます曲でもあり、旅立ってゆくメンバーの背中を押してくれる卒業ソングにもなりそうだ。 また、公演では4月に誕生日を迎えた星里奈さんと、戸羽望実さんを祝ってバースデーケーキが登場した。鳥羽さんは初めてのサプライズにすっかり驚いて「嬉しくて泣いたのは初めて」と自分でも信じられない涙に動揺するほど喜んでいた。 公演を終えた新メンバーたちは、「お客さんがいっぱい応援してくれて嬉しかった」(寺島)、「こ...more
in English
カテゴリー:

17年1月期最も質の高いドラマは『カルテット』~「第7回コンフィデンスドラマ賞」で最多5部門受賞 - 04月28日(金)04:00 

 オリコンのグループ会社・oricon ME発行のエンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する質の高いドラマを表彰する「第7回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞」が17年1月期の結果を発表。「作品賞」は、先読み不能なストーリー、実力派キャストによる巧みな会話劇が視聴者のツボをつかんだ、TBS系火曜10時の『カルテット』が受賞した。また、同作の脚本を手がけた坂元裕二氏が「脚本賞」を。人間味あふれる登場人物を魅力たっぷりに演じた、松たか子が「主演女優賞」、高橋一生が「助演男優賞」、吉岡里帆が「新人賞」を受賞し、『カルテット』が全7部門中5部門を手にした。 【場面カット】“食事のシーン”はネットでも特に話題を呼んだ  同作は、ある日の“偶然”の出会いをきっかけにカルテットを組んだ謎多き男女4人の奇妙な共同生活を通して、人間の滑稽さや愛おしさなど“人生の機微”を繊細に描いた作品。演出・チーフプロデュースは、日曜劇場『運命の人』や『空飛ぶ広報室』など、数々の人気ドラマを手がけてきた土井裕泰氏。  約3年前から構想が練られていたといい、“会話劇”を軸とした坂元裕二氏による緻密な脚本、その物語を体現するキャストの選定、椎名林檎が手がけ、松たか子ら俳優陣が歌唱・出演するエンディングの工夫など、アイデアを熟成させながら各ピースを集め、見事な作品を完成させ...more
in English
カテゴリー:

【第7回 コンフィデンスドラマ賞】「助演女優賞」に毒母怪演の斉藤由貴「大きな支え、自信に繋がった」 - 04月28日(金)04:00 

 オリコンのグループ会社・oricon ME発行のエンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する質の高いドラマを表彰する「第7回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞」が17年1月期の結果を発表。「助演女優賞」には、『お母さん、娘をやめていいですか?』(NHK総合)で、娘への愛情がエスカレートする“毒母”を怪演した斉藤由貴が受賞した。 【場面カット】“毒母”を怪演する斉藤由貴  昨年デビュー30周年を迎えた斉藤は、ここ数年で活躍の幅をさらに広げ、さまざまな役柄を演じ好評を博している。特に今作での狂気に満ちた母親役の怪演には、視聴者から「とにかく怖かった」(20代女性/東京)、「演技がリアル過ぎて怖くて途中観られなくなった」(50代女性/埼玉)などの声が寄せられ、審査員からも「何もしゃべらず立っているだけでも不気味さが感じられ、物陰に気配があるだけで怖かった。圧倒的な存在感で、ある意味、主役だった」(笹島拓哉氏/読売新聞 文化部 記者)、「社会的にも注目される“母娘の関係性”の問題を、斉藤さんが演じたということで意外性と説得力をもって伝わってきた」(佐竹慎一氏/共同通信 文化部 記者)と高く評価された。なお、斉藤の受賞コメントは以下の通り。 ■助演女優賞:斉藤由貴  助演女優賞という素敵な賞をいただき、本当に驚きました。名古屋に通いながらの撮...more
in English
カテゴリー:

失敗しない「高級腕時計購入の二大極意」を教えます【腕時計投資家・斉藤由貴生】 - 04月29日(土)15:57 

 最近、著書『もう新品は買うな』の印税でパネライとロレックス、2本の腕時計を買った斉藤由貴生です。何本も腕時計を買っている私ですが、やっぱり新しいコレクションっていいですね。見ているだけでもウキウキします。  さて前回までは、私がその時計を選んだ理由をお伝えしましたが、今回は選び方についての極意をお伝えしようと思います。そもそも腕時計を選ぶ際に特に重要なことが2つあります。それは「予算を決める」ということと「候補をいくつか持つ」ということです。 ◆その1 予算を決めるという重要性  腕時計を買う際、予め予算を決めておくことで、何本買うかという選択ができます。ただなんとなく選んでしまう場合、30万円で買える時計となりそうですが、単に30万円といっても10万円の時計を3本買うという選択肢もあるのです。今回私は、ピッタリ100万円という予算でどのように購入しようか考えることにしました。  100万円って一見するとすごい額にも見えますが、予算100万円で時計を買うなんて私にとっては普通のこと。吉野家で牛丼を並盛りにするか頭の大盛りにするか、ということのほうがよっぽど悩みます。時計は売れるため、100万円で買ったけど100万円以上になって返ってくるということだって可能。つまり100万円という額は消えるわけではないため、ビビる必要はありません。  では、100万円で今どういう選択肢が...more
in English
カテゴリー:

ブックメーカーは賭けではなく投資である――勝率94%のノウハウとは - 04月28日(金)15:55 

 英国のブックメーカーのサイトに登録。同サイトでスポーツの試合を観戦しながら、これだと思った試合にベット! 賭けに勝つことで、お小遣いを増やしていく――。『ラクラク・かんたん・超楽しい! ブックメーカー投資入門』(金川顕教著、黒川こうき監修)には、そのノウハウが満載されている。前回は、その魅力を著者の金川と黒川の両氏が語った。  黒川氏は、自ら1万試合に賭け、徹底的にデータを取り続けた結果、なんと勝率94%を誇るマル秘テクニックを編み出したという。同書に掲載されているノウハウの一部を、ここに紹介しよう。 ◆ブックメーカーで勝率94%を誇るノウハウとは?  ブックメーカーは、ありとあらゆるスポーツを賭けの対象としている。ポピュラーなのはサッカーで、ルールがシンプルな分だけ日本人の初心者にも馴染みやすいという。単にどちらのチームが勝つかだけではなく、「1点目を入れるのはどちらのチームか」「コーナーキックの数」などマニアックな事柄にもベットできる。  その中で、金川・黒川両氏のオススメは、「Alternative Match Goals(オルタナティブマッチゴールズ)」。これは、「試合が終了した時点で両チームの得点が何点以上か以下になるか」を予想して賭けるもの。どちらのチームが何点取ったかは関係ない。「Over」か「Under」かにベットする。たとえばUnder3.5に賭けた場合...more
in English
カテゴリー:

「ひよっこ」22話。毎朝泣かせるのは、やめてー - 04月28日(金)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第4週「旅立ちのとき」第22回 4月27日(木)放送より。 22話はこんな話1965年3月15日、みね子(有村架純)の卒業式。お父さん(沢村一樹)が買ってくれた靴(黒のワンストラップ)を履いて出席する。毎朝、毎朝、涙で心の汚れが落ちている気がします。22話もまた、泣きました。ありがとうございました。大切な時間!!!「卒業式で泣かないと、冷たい人に見られそう♪」と歌ったのは斉藤由貴(「卒業」85年)。遡ること20年前、みね子は「(卒業式で)泣かないようにしようと決めたんです」と言う。「お父さんに頂いた時間 高校生活最後の日」をしっかり見届けたいから。頂いた!!! 頂いたですと! 耳を疑った直後、今度は、「お父さん、お母さん、じいちゃんにもらった大切な時間」と来た!!!参った。ほんとうにほんとうに、みね子はいい子だ。三男(泉澤祐希)も、粉雪舞うなか、「きょうまでありがとうございました」と丁寧に挨拶して卒業式に向かう。お母さん・きよ(柴田理恵)は、驚いて脚立から落ちてしまう。すごいかっこうだった。嫌われるぐれえのほうがいいんだって美代子(木村佳乃)と君子(羽田美智子)の美人で優しいお母さんと比べると、がみがみ口うるさいお母さんという印象だったきよだが、本人、それを自覚して、あえてそう振る...more
in English
カテゴリー:

【第7回 コンフィデンスドラマ賞】「主演男優賞」に草なぎ剛、俳優としての方向性に「確信持てた」 - 04月28日(金)04:00 

 オリコンのグループ会社・oricon ME発行のエンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する質の高いドラマを表彰する「第7回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞」が17年1月期の結果を発表。「主演男優賞」を、『嘘の戦争』(関西テレビ/フジテレビ系)で、幼いころに家族を殺された恨みを晴らすため復讐に燃える詐欺師・一ノ瀬浩一を好演した、草なぎ剛が受賞した。喜びの声を聞くと、彼にとって今作は俳優として非常に実りのある作品になったという。 【写真】水原希子ら『嘘の戦争』メインキャスト  事件にかかわった者を次々と騙し陥れながら、怒り、悲しみなど、さまざまな感情を身体の内からギラギラと表現し、自社のドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」では「主演」の項目で全話20Pt満点を獲得。視聴者からの圧倒的な支持に加え、審査員からも「セリフがない部分の表情も上手く、殺された家族への復讐(殺意)が十分に伝わった」(小杉文彦氏/番組マーケティングプロデューサー)、「詐欺師としてのつかみ所のなさ、ある種の空っぽさを、表情やセリフで巧みに表現しており、改めて俳優としての実力を見せつけた」(三品貴志氏/産経新聞 文化部 記者)などと高評価を集めた。なお、草なぎの受賞コメントは以下の通り。 ■主演男優賞:草なぎ剛  復讐劇だったので、気持ちの高め方など難しいなと...more
in English
カテゴリー:

【芸能】斉藤由貴が“50歳で再ブレイク”した真相「父の一言がきっかけでした」 - 04月26日(水)19:34 

 ここ数年、テレビドラマやCMで再び脚光を浴びている斉藤由貴。’80年代はアイドルとして絶大な人気を誇っていた彼女だが、結婚し、3児の母になり、仕事をセーブしていた時期も。 それが、ここにきて“女優・斉藤由貴”が大ブレイク中なのである。 三谷幸喜や宮藤官九郎など異才のクリエイターたちがラブコールを送り続ける“女優・斉藤由貴”の魅力とは? 母であり、女優であり続ける彼女の素顔に迫った――。 ――最近、あちこちで“50歳で再ブレイク”と言われていますが、ご自身に実感はありますか? 斉藤:あまり実感がなくて不思議な感...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「斉藤由貴」の画像

もっと見る

「斉藤由貴」の動画

Wikipedia

映画
トットチャンネル シングル
「卒業」
白い炎
「悲しみよこんにちは」
夢の中へ」 アカデミー賞 =

| AFI賞 =

| 英国アカデミー賞 =

| セザール賞 =

| エミー賞 =

| ジェミニ賞 =

| ゴールデングローブ賞 =

| ゴールデンラズベリー賞 =

| ゴヤ賞 =

| グラミー賞 =

| ブルーリボン賞 = 第28回 新人賞(1985年)

| ローレンス・オリヴィエ賞 =

| 全米映画俳優組合賞 =

| トニー賞 =

| 日本アカデミー賞 = 第10回 新人賞(1986年)
第11回 優秀主演女優賞(1987年)
第12回 優秀主演女優賞(1988年)

| その他の賞 = 第23回ゴールデンアロー賞 映画新人賞(1985年)
[[毎日映画コンクール
スポニチグランプリ新人賞(1985年)
芸術選奨 文部大臣新人賞(1986年)
報知映画賞 第11回 最優秀新人賞...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる