「斉藤和義」とは?

関連ニュース

「おそ松さん」2期EDは大槻ケンヂ、トータス松本ら66年生まれの「ROOTS66」が担当! - 08月18日(金)04:00 

 人気テレビアニメ「おそ松さん」2期のエンディング曲が、1966年生まれのアーティスト27人で構成された「ROOTS66」の楽曲「レッツゴー!ムッツゴー! 6色の虹」に決定した。同グループがオリジナル曲を発表するのは初めてで、大槻ケンヂ(筋肉少女帯)、増子直純(怒髪天)、谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)が作詞を手がけ、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、奥野真哉(SOUL FLOWER UNION)、トータス松本(ウルフルズ)が作曲。歌唱を、同グループと6つ子がコラボレーションした「ROOTS66 Party with 松野家6兄弟」が担当している(6つ子は合いの手などで参加)。  2015年10月~16年3月に放送された「おそ松さん」は、故赤塚不二夫さんの名作ギャグ漫画「おそ松くん」のキャラクターが大人になった世界を舞台としたテレビアニメで、松野家の6つ子の怠惰な日常を描いた。奇想天外なストーリーや原作にはないキャラクター設定が話題を呼び、社会現象を巻き起こした。  原作「おそ松くん」のテレビアニメの放送が始まった、66年生まれのアーティストから成る「ROOTS66」は、大槻、増子、谷中、田島、奥野、トータスのほか、斉藤和義、田中知之(FPM)、渡辺美里、スガシカオ、斉藤由貴、吉井和哉(THE YELLOW MONKEY)ら豪華な顔ぶれが結集。06年に40歳の厄年...more
カテゴリー:

斉藤和義「風の果てまで」武道館公演、明日フジでOA - 08月10日(木)21:11 

明日8月11日(金)深夜に放送されるフジテレビ「次ナルTV-G」にて、斉藤和義の全国ツアー「KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2015-2016“風の果てまで”」の模様が紹介される。
カテゴリー:

66年生まれの音楽集団ROOTS66、初の書き下ろし曲が『おそ松さん』EDに - 08月08日(火)07:33 

 10月がからテレビ東京ほかで放送予定のアニメ『おそ松さん』第2期のエンディングテーマ曲が、”ROOTS66 Party with 松野家6兄弟” が歌う、「レッツゴー!ムッツゴー!~6色の虹~」に決定した。松野家の6つ子の「6」にちなみ、1966年生まれのアーティストたちによるROOTS66とのコラボが実現した。 【画像】アニメ『おそ松さん』第2期キービジュアル  ROOTS66は、2006年にFM802主催で40歳の厄年を迎える男性ミュージシャンたちが集まって行われたライブ『ROOTS66-DON’T TRUST OVER 40-』がきっかけで誕生。16年には女性アーティストを含めメンバーが2倍に増え、FM COCOLOプロデュースによる『ROOTS66-Naughty 50-』を大阪城ホール等で開催。たった一度のビートルズ来日の年に誕生した彼らは、その歴史的コンサートの会場であった日本武道館での公演も行ってきた。これまで、それぞれの代表曲やカバーナンバーを披露してきたが、今回、初めて書下ろしによるオリジナル楽曲を制作。  現在、27人のアーティストが名を連ねるROOTS66の中から、作詞を大槻ケンヂ(筋肉少女帯・特撮)・増子直純(怒髪天)・谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)が担当。作曲を田島貴男( ORIGINAL LOVE )・奥野真哉( SOUL FLOWER...more
カテゴリー:

「おそ松さん」2期ED曲は6つ子と66年生まれの豪華アーティストがコラボ - 08月08日(火)05:00 

10月よりテレビ東京ほかでスタートするテレビアニメ「おそ松さん」第2期のエンディングテーマが、“ROOTS66 Party with 松野家6兄弟”が歌う「レッツゴー!ムッツゴー!~6色の虹~」(※「松野家6兄弟」「6色の虹」の6は全角表記)になることが発表となった。 【写真を見る】大槻ケンヂ(写真左上)、トータス松本(写真右下)らが作詞作曲を担当 ROOTS66は、アニメ「おそ松くん」のテレビ放送がスタートした1966年生まれのアーティスト総勢27名によるスペシャルユニット。斉藤和義、スガ シカオ、吉井和哉(THE YELLOW MONKEY)ら豪華な顔ぶれが、本作で初めて書き下ろしオリジナル楽曲を手掛ける。 楽曲は、作詞を大槻ケンヂ(筋肉少女帯・特撮)、増子直純(怒髪天)、谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)が手掛けた。そして、作曲は田島貴男(ORIGINAL LOVE)、奥野真哉(SOUL FLOWER UNION)、トータス松本(ウルフルズ)が担当。“相変わらずクズでニートな6つ子たち”をテーマにした、ソウルフルなロックサウンドとなっている。 また、松野家6つ子役の櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由も、合いの手などで楽曲に参加。1966年生まれのアーティストたちと6つ子による、コラボレーションが実現した。 ■ 大槻ケンヂ(筋肉少女帯・特撮)コメント...more
カテゴリー:

井上芳雄のラジオ番組にやって来た「ボビンマン」って誰だ? - 08月17日(木)22:23 

8月13日、ミュージカル俳優・井上芳雄が毎週日曜夜にパーソナリティーを務めるTBSラジオ「井上芳雄 by MYSELF」に、「ボビンマン」なるキャラクターが現れた。 【写真を見る】井上芳雄&大貫祐一郎、赤い顔のゆるキャラ・ボビンマン 番組オープニング、「舞台、ファンクラブイベントと、先週は週の半分以上一緒にいた」と、番組でピアノ生演奏を聴かせる大貫祐一郎のことを話題にする井上。「イベントの次の日、恵比寿で歌手のクミコさんに偶然出会って、クミコさんの後ろから、例のエルメスのシャツを着た大貫さんが歩いてきて…」と連日の遭遇を回顧。すると大貫も「感動しましたよ。神様っているんだなって」と応じ、2人の結び付きの強さの一端が紹介された。 和やかなムードの中、「今週はちょっとスタジオの雰囲気が違います」と井上が表現したのは、ちょっと変わったゲストがスタジオにいたからだ。 そのゲストとは、ボビンマン。番組のスポンサーであるブラザーの“非公認”ゆるキャラだという。ミシンに使うボビンをモチーフに、頭部がボビンになっており、彼のことを「顔全体に赤い糸が巻かれていて、目と鼻と口はなく、潔いキャラクター」と井上は表現した。 口がないから、ラジオのゲストなのにしゃべれない。イタリア生まれでフランス育ちというキャラ設定。しゃべれないけどブログはやっている。2016年の「ゆるキャラグランプリ」にエントリーしたが...more
カテゴリー:

井上芳雄「歌うたいのバラッド」(斉藤和義)への熱き思いを語る - 08月10日(木)07:40 

10月4日に初のシングルCD「風のオリヴァストロ」をリリースすることになったミュージカル俳優・井上芳雄。毎週日曜夜にTBSラジオで放送中の「井上芳雄 by MYSELF」は、彼が舞台で鍛えたトークと、極上のミュージカルナンバーとポップスの2曲を大貫祐一郎によるピアノ生演奏に乗せて生歌で聴かせることが注目を集めている。 【関連記事】ミュージカル界のプリンス・井上芳雄がラジオで生歌唱に挑む理由 8月6日の放送では、ポップス曲に斉藤和義の「歌うたいのバラッド」をセレクト。同曲は10周年記念コンサートやStarSのコンサートでも歌い好評を得た、井上にとって思い入れのある楽曲だ。番組のシークレットコンサートでは通常、1曲目にポップスを歌い、2曲目にミュージカルナンバーを披露しているが、この日は順序が入れ替えられていた。本人も「ポップスで歌うものがだいぶ大曲(たいきょく)なので逆にしました」と打ち明けている。 ただし、1曲目「One Jump Ahead」(ディズニー映画「アラジン」より)も「ポップスが大曲なので軽くて短いものを選んだつもりですが、大貫さんの譜めくりが大変なことになってる」と苦笑したほどで、曲終わりには、大貫が「恐ろしい」とポツリ。井上も「ドキドキしましたね。これがまた快感。とても楽しい曲ですけど、生放送でピアノ一台と一人の歌手で歌うものではないですよね。でも、そういうの含めて...more
カテゴリー:

【音楽】"おそ松さん":テレビアニメ第2期EDに66年生まれの豪華アーティスト集結 トータス松本、田島貴男… - 08月08日(火)05:10  mnewsplus

2017年08月08日 おそ松さん:テレビアニメ第2期EDに66年生まれの豪華アーティスト集結 トータス松本、田島貴男…  10月にスタートするテレビアニメ「おそ松さん」のエンディングテーマ「レッツゴー!ムッツゴー!~6色の虹~」を 「筋肉少女帯」「特撮」の大槻ケンヂさんや「ORIGINAL LOVE」の田島貴男さん、「ウルフルズ」のトータス松本さんら1966年生まれのアーティスト計27人による「ROOTS66」と アニメの声優陣による「ROOTS66 Party with 松野家6兄弟」が担当することが8日、明らかになった。  66年はテレビアニメ「おそ...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】ラッパーPUNPEEが“若大将愛”FNSで地上波初出演 - 08月02日(水)22:23  mnewsplus

 ラッパーのPUNPEE(パンピー)が、2日放送のフジテレビ系音楽番組「FNSうたの夏まつり~アニバーサリーSP~」(後7時)に出演し、生誕80周年の歌手で俳優・加山雄三(80)を祝福した。  地上波初登場というPUNPEEは、敬愛する加山が設計したという船の秘話を明かし「お嫁においで」で共演しステージを盛り上げた。また、俳優の竹中直人(61)は「僕は、加山さんを隣りに感じているだけで手が震える」と“若大将愛”を語り「美しいヴィーナス」で夢の共演を果たした。  加山ファンの斉藤和義、Takam...
»続きを読む
カテゴリー:

「斉藤和義」の画像

もっと見る

「斉藤和義」の動画

Wikipedia

斉藤 和義(さいとう かずよし、1966年6月22日 - )は、日本シンガーソングライター栃木県下都賀郡壬生町出身。血液型O型。身長181cm。

略歴
  • 作新学院高校を卒業。宇都宮にある高校周辺の「オリオン通り」でカレーを食べる青春を送る。このときのことが浜崎貴司との共作につながる。
  • 山梨学院大学を2年で中退。地元に戻っていた21歳の時、友人から「東京で一緒に音楽をやろう!」と誘われたのがキッカケで単身上京。
  • デビュー当時のキャッチ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる