「斉藤和義」とは?

関連ニュース

谷花音ちゃん、湯浅政明監督の手紙に号泣「声を褒められたのは初めて」 - 05月20日(土)21:25 

 「マインド・ゲーム」「四畳半神話大系」などで知られる湯浅政明監督のオリジナル長編アニメ「夜明け告げるルーのうた」の公開記念舞台挨拶が5月20日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われ、湯浅監督をはじめ、声優を務めた谷花音ちゃん、下田翔大、篠原信一が出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  19日に全国105館で封切られた本作は、自作の曲をネットにアップすることだけが心の拠り所の少年カイと、音楽が大好きな人魚の少女・ルーの出会いと別れの物語。主題歌に起用された斉藤和義の名曲「歌うたいのバラッド」をはじめ、音楽を効果的に使い、人間と人魚の交流を躍動感あふれる映像で描き出す。  本作が誕生したきっかけは、湯浅監督が抱いた「心から好きなものを、口に出して『好き』と言えているか」という疑問。そこでこの日は、湯浅監督が声優キャスト3人への思いを手紙で伝えることになり、ルーのパパを演じた篠原には、映画終盤のシーンを例にあげ「篠原さんの声が乗ることで、娘への気持ちが強く伝わって良いシーンになったと思います。篠原さん、最高のパパでした」と感謝の言葉を贈った。篠原が、「娘と一緒に劇場に行きます。その時に言います、『監督大好き!』」と喜びを爆発させると、湯浅監督も「篠原さん、大好き!」と嬉しそうに応じていた。  続けて湯浅監督は、カイ役の下田のオーディションを振り...more
カテゴリー:

さすが天才・湯浅政明! 斉藤和義の名曲のハマりっぷりに驚く - 05月19日(金)20:09 

() 【映画を聴く】『夜明け告げるルーのうた』後編 下田翔大にしか出せない切実さと不安定さも生々しい カイは退屈しのぎにPC上で音楽を作り、それを匿名で投稿サイトにアップしている。そのセンスの良さは誰が聴いても明らかなのに、バンドをやろうと持ちかけるクラスメートの誘いにもそれほど積極的ではない。そんなカイの日常が、人魚のルーの登場によって大きく変わることに。カイは音楽が鳴っている間だけ足が生えて踊ることができるルーと、音楽で心を通わせるようになる。 『思い出のマーニー』などの音楽を手がけてきた村松宗継による劇中音楽は、木村絵里子によるサウンドデザインを得て、ミュージカル・アニメとしての魅力を本作に与えている。バンドの演奏シーンやダンスシーンは、Flashアニメの特性も相まって本格的だ。かつて湯浅監督は、映画『ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌』で大滝詠一の楽曲(「1969年のドラッグ・レース」)が使われるパートの作画と演出を担当したことがあったが、その作風と音楽の相性の良さは本作でも変わらない。 楽曲として物語に欠かせないのが、主題歌であり劇中でカイによっても歌われる斉藤和義の1997年の楽曲「歌うたいのバラッド」だ。「本当のことは歌の中にある/いつもなら照れくさくて言えないことも」という歌詞の一節は、自分を素直に表現できないカイの気持ちそのもの。まるでこの作品のために書か...more
カテゴリー:

F-BLOOD、斉藤和義など出演決定!ライジングサン第3弾発表! - 05月17日(水)17:50 

8月11日(金・祝)・12日(土)に北海道・石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージで行われる野外フェス「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO」の第3弾出演アーティストと日割りが発表された。【チケット情報はこちら】(PC)初日の8月11日(金・祝)にTHE ORAL CIGARETTES、岡崎体育、ストレイテナー、ねごと、THE BACK HORN。2日目の12日(土)にF-BLOOD、岸谷香、久保田利伸、斉藤和義、back numberなどの出演が決定。チケットの一般発売は6月24日(土)午前10時より。 ■RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO8月11日(金・祝)開場10:00 / 開演15:008月12日(土)開場10:00 / 開演12:30【第3弾】<8月11日(金・祝)>THE ORAL CIGARETTES / 岡崎体育 / Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)(for CAMPERS) / Gotch & The Good New Times / ストレイテナー / ねごと / THE BACK HORN / ヒステリックパニック / FRIDAY NIGHT SESSION (for CAMPERS)<8月12日(土)>F-BLOOD【藤井フミヤ+藤井尚之】 / エマーソン北村 / 岸谷香 ...more
カテゴリー:

RSR2017第3弾、久保田利伸、斉藤和義、back numberら21組を発表 - 05月15日(月)12:50 

©n-foto RSR team「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO」が、8月11日・12日に北海道・石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージにて開催される。本日、第3弾の出演アーティストが発表された。第3弾では、21組の出演アーティストを追加発表。昨年デビュー30周年を迎えた日本R&B界のレジェンド・久保田利伸の初出演が決定。ソロとしては5年ぶりの出演となる孤高の歌うたい・斉藤和義に、泣きの3ピースロックバンド・back numberの出演が決定した。今回の発表で57組のアーティストのラインナップされた。今後も追加アーティストの発表は続いていく。そして、RSRのオリジナルセッション企画「FRIDAY NIGHT SESSION」を今年も開催することも発表。数々の名演と熱狂を残してきたこの企画が、今年は石狩にどんな爪痕を刻むのか。また、2011年から石野卓球がオーガナイズしてきた「TONE PARK」が、今年から新たなDJパーティー「SONIK STATION」としてスタートする。イベント情報RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO2017年8月11日(金)・12日(土)北海道石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージオフィシャルサイト:http://rsr.wess.co.jp 関連リンク ■RISING ...more
カテゴリー:

夏木マリ、3年連続の全国ライブハウスツアー開幕「この日を迎えられて良かった」 - 05月11日(木)11:41 

夏木マリが5月10日、東京・shibuya duo MUSIC EXCHANGEにて、3度目の全国ライブハウスツアー「MARI NATSUKI MAGICAL MEETING Live & Talk 2017」をスタートした。SE・夏木自身のタイトルコールが会場に流れ、1曲目「逆走BBA」のイントロにのせてミリタリーコートに身を包まれた夏木が登場。会場のボルテージが一気に上がる。勢いそのままに2曲目「キャデラック」を披露。ステージいっぱいに動き、歌い、叫ぶ夏木にバンドメンバーもクランケ達もヒートアップ。3曲目「空」は、このツアーのために夏木自身が作詞を手掛け、作曲は二宮楽(Gt)が書き下ろしたロックナンバー。前半からパワー全開の内容だ。MCでは「みんな1年振り!!3回目のツアー始まりました。duoは初めて!新曲3曲も歌います。この日を迎えられて良かった」と述べた。4曲目は「私はこの言葉が好き。I’m Player」と斉藤和義作詞・作曲の「Player」を披露。続けてフラワーカンパニーズ「深夜高速」(カバー)と夏木の愛するミュージシャンたちの大切な歌たちを唄う。MC明けは昨年リリースしたミニアルバムからタイトルチューン「朝はりんごを食べなさい」を披露。すでに浸透されているこの曲は3声のコーラスで構成されており、クランケ達をパートごとに別けて会場内は大合唱の渦となる。ライブも中盤に差し...more
カテゴリー:

さすが天才・湯浅政明! 斉藤和義の名曲のハマりっぷりに驚く - 05月19日(金)20:52 

(…前編「好きなものを素直に好きと言えない現代日本の同調傾向に、真っ向から疑問投げかける」より続く)【映画を聴く】『夜明け告げるルーのうた』後編
カテゴリー:

【映画産業】「ポスト宮崎駿」に“第4の男”あり 庵野、細田、新海3氏に続き…アニメ「ピンポン」で覚醒 - 05月19日(金)17:34 

http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20170519/enn1705191100007-n1.htm 2017.05.19  出版、テレビが右肩下がりの中、2016年も興行収入が過去最高を更新している映画産業。 さらなる進化のカギを握るのは“ポスト宮崎駿”の存在だと目されるが、映画解説者の細野真宏氏は新たなキーマンの存在を指摘する。  昨年の映画業界の好調は『君の名は。』の新海誠監督と、『シン・ゴジラ』の庵野秀明総監督という2人のクリエーターの存在が大きい。  私は『君の名は。』公開前の映画評で新海監督が「ポスト宮崎駿...
»続きを読む
カテゴリー:

明石家さんまにプレゼントした斉藤和義とのコラボ曲も収録! ぐっさん山口智充がニューアルバムをリリース - 05月15日(月)21:00 

5月17日に人気タレントのぐっさんこと山口智充さんがアルバム『その感情で熱くなれ!』をリリースする。 4年ぶり、4枚目となるこのアルバムの注目曲は自身が作詞作曲しシンガーソングライターの斉藤和義さんがアレンジとギター、コーラスを担当した『自分のまんまで』。 2014年に放送された『さんまのまんま』新春特番で二人そろって演奏し、同番組のテーマソングとして明石家さんまさんにプレゼントしたプレミアムな楽曲だ。 他にも『週末ハッピー(にじいろ気分パート2)』(フジテレビ系『にじいろジーン』エンディング曲)や車やバイクをテーマにした熱くメッセージあふれる多彩な楽曲が収録されており、アーティストとしてのぐっさんの技量がうかがえるこの一枚。 参加ミュージシャンも宮迫博之さんとのユニット『くず』時代からぐっさんの音楽活動をささえる庄田(SHOW)浩さん(ドラマー)や市民ビッグバンド『横濱音泉倶楽部』のメンバー(ホーンセクション)など納得の豪華さとなっている。 アルバム『その感情で熱くなれ』 【商品番号】YRCN-95273 【収録曲数】12曲 【本体価格】2,778円+税 またリリースを記念して5月28日から7月末にかけて全国でミニライブとサイン会が開催される。 山口智充『その感情で熱くなれ!』リリース記念キャンペーン ・5月28日14:00~ イオンモール大高 1Fグリーンコート(名古屋市大高...more
カテゴリー:

「RSR」第3弾でback number、久保田利伸、斉藤和義ら - 05月15日(月)12:00 

8月11、12日に北海道・石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージで開催される野外ロックフェス「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO」の出演アーティスト第3弾が発表された。
カテゴリー:

「斉藤和義」の画像

もっと見る

「斉藤和義」の動画

Wikipedia

斉藤 和義(さいとう かずよし、1966年6月22日 - )は、日本シンガーソングライター。O型。栃木県下都賀郡壬生町出身。

略歴
  • 山梨学院大学を2年で中退。地元に戻っていた21歳の時、友人から「東京で一緒に音楽をやろう!」と誘われたのがキッカケで単身上京。
  • デビュー当時のキャッチフレーズは、フォークシンガーを思わせる四畳半じゃ狭すぎるというものであった。
  • 1994年、3rdシングル君の顔が好きだが、大阪を拠点とするFM802の3月の邦楽ヘビーローテーションに採用され、これをキッカケに関西圏での知名度が上昇する。
  • 1994年、「...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる