「文部科学省」とは?

関連ニュース

校長「引っ張る」系、教員は長時間労働に 早大教授調査 - 10月20日(金)05:05 

 校長が自ら教職員を引っ張るタイプだと、教員の勤務時間が長くなる――。こんな傾向が、早稲田大学の菊地栄治教授(教育社会学)の調査で明らかになった。文部科学省は校長のマネジメント能力の大切さを強調してき…
カテゴリー:

ALSI、教育機関の情報セキュリティ対策の現状と課題、今後の展望をまとめた有識者情報を提供 - 10月19日(木)17:15 

[アルプス システム インテグレーション株式会社] [表1: https://prtimes.jp/data/corp/25498/table/17_1.jpg ] ■技術面、運用面まで含め幅広く検討された「ガイドライン」  2016 年7 月、文部科学省より全国の教育委員会に対し、セキュリティ対策を徹底する...
カテゴリー:

英語やプログラミング…わが子が新必修科目についていけるか不安!【コソダテフルな毎日 第43話】 - 10月19日(木)12:00 

こんにちは。コソダテフルな毎日のちゅいママです。長男(小3)、次男(年長)、三男(年少)の3人の男の子の母です。子どもの勉強を見ていても、自分の子ども時代に教わったことと今の子どもたちが習っていることが違う! ってこと、時々ありませんか?例えばこの間長男に、「日本で一番古いお金はなんでしょう!?」ってクイズを出されて、自信満々に「和同開珎」って答えたんですけど、今、日本で一番古いお金とされているのは和同開珎じゃないらしいです。「富本銭」なんですって。ええええーーーー!と、これはまぁ歴史の問題なので発掘調査で明らかになったり、塗り替えられたりするのは当然のこととして…。でも、自分の受けてきた学校教育で習わなかったものを子どもが習い始めるとなると、なんとなく漠然と焦りというか不安に駆られるのは私だけでしょうか。小学生から○○が始まります! とか、はたまたセンター試験が変わります! とか、自分たちの子ども時代になかったものが組み込まれると途端に「備えさせたほうがいいんじゃないか?」って気がしてくるから不思議なもんです。今回はそんな、ママの子ども時代にはなかった「子どもが習う教科」について、驚いたことをお話したいと思います。■その1. 本格的なヒップホップダンス一昔前に「小学校でダンスが必修化する」というので「えぇ~!? 小学校でダダダ、ダンス!?」って驚きました。私(35歳)がダンスを学...more
カテゴリー:

【朝日新聞】安倍首相 説明になっていない 説得力ある答えはない 「丁寧な説明」はまだない★2 - 10月18日(水)18:24  seijinewsplus

http://www.asahi.com/articles/DA3S13175627.html?ref=editorial_backnumber  安倍政権の5年が問われる衆院選である。  安全保障関連法やアベノミクス、原発政策など大事な政策論議の前にまず、指摘しておかねばならないことがある。  森友学園・加計学園をめぐる首相の説明責任のあり方だ。  首相やその妻に近い人が優遇されたのではないか。行政は公平・公正に運営されているか。  一連の問題は、政権の姿勢を問う重要な争点である。  党首討論やインタビューで「森友・加計隠し解散だ」と批判されるたびに、首相...
»続きを読む
カテゴリー:

「プロジェクトを停止して今すぐ帰りなさい」残業を撲滅した経営の決断 | 小室淑恵「働き方の賢者」に聞く~ワークスタイル改革の最新潮流 | ダイヤモンド・オンライン - 10月18日(水)08:05 

「プロジェクトを停止して今すぐ帰りなさい」残業を撲滅した経営の決断 | 小室淑恵「働き方の賢者」に聞く~ワークスタイル改革の最新潮流 | ダイヤモンド・オンラインワーク・ライフバランスコンサルティングを900社以上に提供し、労働時間の削減や有給取得率の向上だけでなく、業績の向上、社員満足度の向上、自己研鑽の増加、企業内出生率の向上を実現。長時間労働体質の企業を生産性の高い組織に改革する手腕に定評がある。安倍内閣 産業競争力会議民間議員、経済産業省 産業構造審議会、文部科学省 中央教育審議会などの委員を歴任。著書は 『労働時間革命』 (毎日新聞出版)、 『6...
カテゴリー:

生徒に勧めたい国公立大ランキング、東大・京大に続く3位は? - 10月19日(木)18:30 

 大学通信が運営する携帯サイト「教育進学総合研究所」は10月19日、「偏差値や地理的、親の資力などの制約がない場合に生徒に勧めたい大学ランキング(国公立大学編)」を発表した。3年連続となる1位は「東京大学」、2位「京都大学」、3位「東北大学」が選ばれた。 調査は、全国の進学校2,000校の進路指導教諭を対象におすすめの大学についてアンケートを実施したもの。各項目について5校を選んでもらい、1位の大学を5ポイント、2位を4ポイント、3位を3ポイント、4位を2ポイント、5位を1ポイントとして集計し、ランキング化した。 偏差値や地理的、親の資力などの制約がない場合に生徒に勧めたい国公立大学として3年連続の1位に選ばれたのは、「東京大学」1,119ポイント。2位「京都大学」937ポイント、3位「東北大学」489ポイントの順だった。 3位にランクインした「東北大学」は、教育進学総合研究所の「入学後、生徒を伸ばしてくれる大学ランキング」で1位に選ばれるなど、東京大学・京都大学に続く高い評価を得ている。また、世界最高水準の教育研究活動の展開が見込める国立大学法人として、文部科学省による「指定国立大学法人」に東京大学・京都大学とともに選ばれていることも評価を高めた要因だとしている。 このほか、4位「大阪大学」、5位「東京工業大学」、6位「名古屋大学」、7位「国際教養大学」、8位「一橋大学」、9位「...more
カテゴリー:

JASSO、高校へ奨学金アドバイザーを派遣…宮城県で先行募集 - 10月19日(木)15:15 

 日本学生支援機構(JASSO)は、高等学校を対象に大学進学などの資金計画について助言する「スカラシップ・アドバイザー」派遣の募集受付を、10月18日より宮城県で先行開始した。進学資金ガイダンスを開催し、希望者には個別相談にも応じる。全国では11月29日より募集開始予定。 「スカラシップ・アドバイザー」の派遣は、文部科学省が公表している「高等教育進学サポートプラン」の一環で、学生や保護者が進学後の経済的負担の不安を軽減することを目的に、奨学金や進学資金についての説明・相談を行うもの。日本学生支援機構が金融的な観点から専門的な知見を有する者を養成・認定し、高校等に授業や説明会の講師として派遣する。 具体的には、放課後や総合的な学習の時間を活用した授業や、PTA・教育委員会主催の保護者を対象とした進学説明会などにアドバイザーを派遣し、「奨学金等進学資金ガイダンス」を開催する。ガイダンスは50~90分程度の全体説明を基本とし、受講者自身が資金計画を作成するワークも行う。また、説明後は希望者に1組30分程度の個別相談を行う。 アドバイザーの派遣は、全国実施に向けた事業の試行・検証を行うため、宮城県において2017年10月18日から11月28日まで先行募集する。派遣期間は2017年11月22日から12月28日まで。全国での実施は、2017年11月29日以降の募集、2018年1月8日以降の派遣...more
カテゴリー:

学校における働き方改革特別部会(第5回) 配付資料:文部科学省 - 10月18日(水)22:52 

学校における働き方改革特別部会(第5回) 配付資料:文部科学省1.日時 平成29年10月3日(火曜日)10時00分~12時30分 2.場所 東海大学校友会館・望星の間 3.議題 業務の役割分担・適正化に関する具体的な論点について その他 4.配付資料 資料1 教員が担うべき業務(学習指導、生徒指導)に関する業務の役割分担・適正化に関する具体的な論点 (PDF:448KB) 資料2 学習評価等に関する資料 (PDF:1224KB) 資料3 公立高等学校入学者選...
カテゴリー:

【奈良】小学校で北朝鮮弾道ミサイル想定した避難訓練 校長「子どもは宝」 - 10月18日(水)11:11  newsplus

北朝鮮のミサイル問題が連日報道される中、ミサイルの飛来に備えた防災訓練が全国各地の自治体で相次いでおり、学校でも児童らが訓練を行う様子がたびたび伝えられている。実際に訓練はどのように行われているのだろうか。今月、訓練を行った奈良市内の小学校の様子をのぞいてみた。 アラートからミサイル通過までたった4分 人はなぜすぐに行動できないか ■「北朝鮮による弾道ミサイル発射に係る対応」通知を受け実施 児童らは真剣な表情で訓練に臨んでいた 奈良市の「帝塚山小学校」では今月12日、この北朝鮮ミサイル発射に...
»続きを読む
カテゴリー:

ママ友トラブルで離婚の危機!? カギを握る「ボスママ」攻略法とは - 10月17日(火)22:30 

出典:https://www.shutterstock.com  “ママ友トラブル”、最近良く耳にしますね。 ママ友と聞けば“トラブル”というキーワードが紐付いてくるようなイメージもあるのではないでしょうか。 実はママ友トラブルの体験数としては意外と少ないようでして(※1)、数よりダメージの深刻さが本当の問題に思えます。 そこで今日は,臨床心理士として相談に応じている筆者が、ママ友トラブルの実態と対処法について経験をもとにご紹介したいと思います。 学校での「いじめの認知件数」は約12%、ママ友トラブルは…? 首都圏のママ友トラブル実態調査では実際にママ友トラブルを体験した人は17.5%でした(※1)。 この数字は少ないように見えます。 ちなみに学校でのいじめの認知件数は約12%(※2)(※3)です。 いじめを体験する生徒は実は少ないです。ただ精神を病む・自殺に追い込まれるなど、そのダメージの深さはよく知られていますよね。 ママ友トラブルも数より,その“ダメージの深さ”で考えなければなりません。 ママ友トラブルで「引っ越し,精神疾患,離婚危機」も! 出典:https://www.shutterstock.com  ママ友トラブルで最も怖いのは、えげつない攻撃がネチネチと繰り返されることです。 子どもが仲間はずれやイジメの対象になることもあります。ママが毎日のように集団マウンテ...more
カテゴリー:

もっと見る

「文部科学省」の画像

もっと見る

「文部科学省」の動画

Wikipedia

文部科学省(もんぶかがくしょう、、略称:)、略称:文科省(もんかしょう)は、日本の行政機関の一つである。

教育の振興および生涯学習の推進を中核とした豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成、学術スポーツおよび文化の振興並びに科学技術の総合的な振興を図るとともに、宗教に関する行政事務を適切に行うことを任務とする(文部科学省設置法3条)。

中央合同庁舎第7号館東館に所在している。2004年(平成16年)1月から2008年(平成20年)1月までの期間、新庁舎への建替えのため丸の内の旧三菱重工ビルを「文部科学省ビル」と改称して仮庁舎としていた(その後、同ビルは...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる