「文藝春秋」とは?

関連ニュース

松本人志:不倫報道の秋元アナに言及 後輩・山崎アナも「衝撃です」 - 01月14日(日)12:47 

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さんが14日に放送されたトークバラエティー番組「ワイドナショー」(フジテレビ系、日曜午前10時)に出演し、不倫疑惑が「週刊文春」(文藝春秋)で報じられた同局の…
カテゴリー:

即ハメバンブーこと秋元優里アナ 年内にフジTV退社で実質クビか? - 01月12日(金)10:29  news

 フジテレビの生田竜聖アナウンサーと離婚協議中の同局・秋元優里アナウンサーが、四面楚歌だ。  10日発売の「週刊文春」(文藝春秋)に、秋元アナが同局のプロデューサーX氏と不倫密会していたと報じられた。同誌によると、2人はマスコミの目を避けるべく、車で横浜郊外の竹林や畑の堆肥小屋など、人けのない場所へ。到着すると、そこでエンジンを切り、30分ほどの停車を連日繰り返していたという。  車内で何が行われていたかはご想像に任せるが、昨年末には箱根湯本の温泉に2人で旅行に出掛けたとも報じられている。同誌の取材...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】<フジテレビの秋元優里アナ>不倫「竹林で情事」報道!フジ内で「男漁り」有名、部署異動処分 - 01月11日(木)17:53  mnewsplus

 10日発売の「週刊文春」(文藝春秋)にて、フジテレビの秋元優里アナウンサーの W不倫が報じられている。お相手は現在、秋元アナがキャスターを務める『BSフジLIVEプライムニュース』(フジテレビ系)のプロデューサー・A氏だ。  秋元アナといえば、ジャニーズの人気俳優・生田斗真の弟であり、局の後輩である生田竜聖アナと2012年に交際半年で“できちゃった婚”し、翌13年に長女を出産。それから3年後の16年には「FLASH」(光文社)が二人の別居をスクープしている。 「実は、今回『文春』が報じているお相手のA氏は、『FLASH』が...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】そろそろ幻想から目覚めては?日本人の「タワーマンション信仰」が見逃していること★7 - 01月09日(火)15:25  newsplus

建物内カーストの心理とは 311の地震では東京近郊の千葉沿岸部で液状化など被害が出た  地価の高い都心部で建設ラッシュが続くタワーマンション。日本での人気は高いが、海外では今ひとつだという。その理由とは。住宅ジャーナリストの榊淳司氏が見えにくいタワマンの危険に警鐘を鳴らす。(出典:文藝春秋オピニオン 2018年の論点100) ■タワマンは成功の証?  旧約聖書によると人間はその昔、天に届くほどの塔(タワー)をつくろうとして神の怒りを買い、罰として、元々ひとつであった言葉を乱されたとか。多くの日本人...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】そろそろ幻想から目覚めては?日本人の「タワーマンション信仰」が見逃していること★5 - 01月08日(月)13:23  newsplus

建物内カーストの心理とは 311の地震では東京近郊の千葉沿岸部で液状化など被害が出た  地価の高い都心部で建設ラッシュが続くタワーマンション。日本での人気は高いが、海外では今ひとつだという。その理由とは。住宅ジャーナリストの榊淳司氏が見えにくいタワマンの危険に警鐘を鳴らす。(出典:文藝春秋オピニオン 2018年の論点100) ■タワマンは成功の証?  旧約聖書によると人間はその昔、天に届くほどの塔(タワー)をつくろうとして神の怒りを買い、罰として、元々ひとつであった言葉を乱されたとか。多くの日本人...
»続きを読む
カテゴリー:

落合陽一「AI時代、仕事を奪われないために必要なこと」 | 文春オンライン - 01月13日(土)17:12 

落合陽一「AI時代、仕事を奪われないために必要なこと」 | 文春オンライン人工知能の進化で、どこまで「仕事を奪われる」のか。生き残りをかけてすべきことは? 20、30代は何を目標に、それより上の世代は? 筑波大学で教鞭をとる落合陽一氏による実践的な対策。(出典: 文藝春秋オピニオン 2018年の論点100 ) スキルが1個だけでは危険 「AI時代に消滅する職業リスト」が、このところ話題だ。消滅する職業として、運転手、レジ係から、医者、弁護士までが候補に挙がっている。 だ...
カテゴリー:

【テレビ】<フジテレビの秋元優里アナ>不倫「竹林で情事」報道!フジ内で「男漁り」有名、部署異動処分★2 - 01月12日(金)07:03  mnewsplus

 10日発売の「週刊文春」(文藝春秋)にて、フジテレビの秋元優里アナウンサーの W不倫が報じられている。お相手は現在、秋元アナがキャスターを務める『BSフジLIVEプライムニュース』(フジテレビ系)のプロデューサー・A氏だ。  秋元アナといえば、ジャニーズの人気俳優・生田斗真の弟であり、局の後輩である生田竜聖アナと2012年に交際半年で“できちゃった婚”し、翌13年に長女を出産。それから3年後の16年には「FLASH」(光文社)が二人の別居をスクープしている。 「実は、今回『文春』が報じているお相手のA氏は、『FLASH』が...
»続きを読む
カテゴリー:

フジ秋元アナ、妻子持ち男性との不倫報道よりも注目されたことって? - 01月10日(水)21:00 

2018年1月10日発売の週刊文春(文藝春秋)でフジテレビの秋元優里アナウンサー(34)のW不倫がスクープされた。 記事によると、秋元アナは横浜郊外の田園地帯の竹林や小屋で妻子のある男性と密会を重ねており、秋元アナが男性の車に乗り込む姿をとらえた写真を添えて不倫を報じている。 秋元アナは2012年12月25日にフジテレビの後輩である生田竜聖アナウンサー(29)と結婚して、翌2013年7月に長女を出産。 2016年11月に別居と不倫が報じられて、出演した番組で別居して離婚協議中であることを認めたが、不倫については「やましいことはない」と否定していた。 今回、秋元アナの不倫相手だと報じられた男性は、以前に報道された男性と同一人物で、秋元アナがキャスターを務める情報番組を担当する40代のプロデューサー。 9日にスポーツニッポンの取材に応じたフジテレビは「単なる相談相手と聞いておりますが、誤解を与えるような軽率な行動に対する責任を取って当面の間、番組出演を見合わせます」と、秋元アナの番組出演を見合わせる意向であることを明かした。 秋元アナの不倫疑惑報道に、ネットにはどのような声が寄せられたのだろうか。 ◆まだ離婚してなかったの?フジテレビ……大丈夫? ネット掲示板ガールズちゃんねるには、このような声が寄せられている。 「別居中なんだよね?離婚しないの?離婚してからしろよ」 「あれ?離婚...more
カテゴリー:

【社会】そろそろ幻想から目覚めては?日本人の「タワーマンション信仰」が見逃していること★6 - 01月08日(月)18:45  newsplus

建物内カーストの心理とは 311の地震では東京近郊の千葉沿岸部で液状化など被害が出た  地価の高い都心部で建設ラッシュが続くタワーマンション。日本での人気は高いが、海外では今ひとつだという。その理由とは。住宅ジャーナリストの榊淳司氏が見えにくいタワマンの危険に警鐘を鳴らす。(出典:文藝春秋オピニオン 2018年の論点100) ■タワマンは成功の証?  旧約聖書によると人間はその昔、天に届くほどの塔(タワー)をつくろうとして神の怒りを買い、罰として、元々ひとつであった言葉を乱されたとか。多くの日本人...
»続きを読む
カテゴリー:

「夢千代日記」脚本家・早坂暁が三谷幸喜に投げかけた「疑問」8日9日一挙放送 - 01月08日(月)10:00 

昨年12月に88歳で亡くなった脚本家の早坂暁を追悼して、その代表作の一つであるドラマ「夢千代日記」全5話(1981年)が本日と明日、NHK総合で再放送される(きょう8日は午前10時55分から第1回、深夜1時55分から第2回・第3回が放送。残る第4回・第5回は明日深夜に放送。詳細はこちら)。30年早かった「断捨離」生活同業者の山田太一によれば、早坂暁は自宅を持っておらず、ホテル住まいであったという。持っている物も極力少なくしていて、あるときまではカバン2個分だったが、やがて1個に減らしたらしい。本人いわく《ホテルだからね、出るときに、それ以上の荷物があると面倒でしょう。とにかくなんでも捨てちゃうの。靴は一足買ったら、つぶれるまで履いて捨てる。本は図書館で読む。着るものも、いくらもありゃあしない》(山田太一『いつもの雑踏 いつもの場所で』新潮文庫)。これが1982年頃の話である。いまでいうところの「断捨離」を、早坂は30年以上も前から実践していたのだ。早坂がカバンを2個から1個に減らしたのは、心臓が悪いと診断され、「何となく体の左側をいたわろうと思って」という理由もあった。彼は50代に入ったこのころ、心筋梗塞、胃潰瘍とあいついで病を経験していた。心筋梗塞の治療のため、心臓のバイパス手術の準備中には、胆嚢がんの診断も受けている。結局、それはあとになってがんではなかったとわかるのだが、彼は...more
カテゴリー:

もっと見る

「文藝春秋」の画像

もっと見る

「文藝春秋」の動画

Wikipedia

株式会社文藝春秋(ぶんげいしゅんじゅう、)は、日本出版社東京都千代田区紀尾井町に本社を置く。

概要

本館

  • 1923年(大正12年)1月、文藝春秋社として菊池寛が創業。
  • 1946年(昭和21年)3月、「戦争協力」のため解散したが、佐佐木茂索をはじめとする社員有志により同年6月、株式会社文藝春秋新社が設立される。
  • 1966年(昭和41年)3月、現在の社名に改められる。

芥川賞や直木賞をはじめ、多くの文芸賞を手がけている。

過去には東京12チャンネルにて1968年から1981年まで放映されていた、各界著名人の生涯を紹介する人に歴史ありに協力していたこともある。

社員の初任給は260,000円(月収)。なお、1968年まで組合は存在せず社員会であった。

本館が文藝春秋本社であり、新館と西館がテナントビルである。新館は...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる