「文筆家」とは?

関連ニュース

うまくいかない恋の悩みは「悩む」と「考える」の違いを知るだけで楽になる - 02月17日(土)11:05 

たとえば片思い中の人って、その片思いがうまくいっていないと悩みますよね。人によっては「この片思いは成就するのでしょうか」という、占い師さんでも答えに困る相談をしてきたりします。が、誰に相談しなくても、心が楽になる方法というものがありまして・・・・・・。■恋愛上手さんは悩まない片思いに悩んでいる人って、たとえば「彼とチラ見で目が合ったけど、彼はすぐに目をそらした・・・・・・これって脈ありなのかな?脈なしってことなのかな?」というのを悩むこともあるでしょう。彼の細かな言動を1つ1つ思い返して、それら1つ1つに一喜一憂する・・・・・・的なことをすると思います。こういう気持ちって、人を好きになれば誰だって抱く気持ちだから、こういう方向で悩むこと自体がいけないわけではない。でも、これも誰もが知っているとおり、悩んだからといって、片思いの恋が成就するとも限らないですよね。あなたの周囲にいる恋愛上手な人はきっと、多くを悩まないで、少しだけ悩んで、しれっと彼氏をゲットして、毎日楽しそうにしているでしょ?■「悩む」と「考える」のちがいそういう人は悩む代わりに考えているんです。悩むというのは主観的な気持ちの動きのことです。つまり、「わたし」から「彼がチラ見した」という事実を見ているということ。考えるというのは、自分視点ではなく、「チラ見された女子」と「チラ見してきた彼」と捉えて、いわばゲームのように頭...more
カテゴリー:

稲垣吾郎「コメントは全部読んでます」BLOG of the year 2017受賞者・ブロガー稲垣のホンネインタビュー - 02月14日(水)09:33 

稲垣吾郎が2月6日、昨年もっとも注目されたブログをAmebaが表彰する「BLOG of the year 2017」のオフィシャル部門で最優秀賞を受賞した。2017年11月に開設された稲垣吾郎のブログは、約2ヶ月半で読者数が50万人を超え、瞬く間に人気ブログとなった。 「BLOG of the year 2017」は、著名人から一般人まで、株式会社サイバーエージェントが運営するネットサービス・Amebaの中で2017年の1年間で最も注目されたブロガーを表彰するもの。一般投票、話題性、ブログ活用の先進性、独自性などにより選出しているが、稲垣はユーザー投票で最も多くの投票を集めた。取材場所に彼が登場すると、空気が上品で華やかな雰囲気に一変。インタビューの内容にひとつひとつ、言葉を選びながら丁寧にこたえる様子は王子そのものだ。 ■僕は僕なんだ、と感じられるようになった ーー受賞おめでとうございます。率直な今のお気持ちを聞かせてください。 稲垣:2006年から10年以上続いている素晴らしい賞を与えていただけて、ありがとうございます。素直に嬉しいです。まだ始めたばかりなので、いろいろと教えてもらいながらやっている最中です。 ーーブログをスタートされて4ヶ月目ですが、変わったことはありますか? 稲垣:メールやLINEも苦手で、SNSはこれまでは見る側だったのが発信する側になりまし...more
カテゴリー:

長続きする恋は「どこで出会ったか」がポイント - 02月11日(日)17:05 

交際が長続きしたことのない人は、彼と「どこで出会ってつきあうか」という「どこ」にこだわってみると、長続きするかもしれません。■自分に誇りを持てる場所にいるかどうかたとえば、大学が楽しくてしかたない男女が、楽しい大学のキャンパスで出会ってつきあうと、それなりに交際が長く続くことがあります。あるいは、希望の会社に就職できて、そこで出会ったふたりの恋って、案外長持ちしています。もちろん例外もあるというのは、みなさんがよく知っているとおりです。「つきあったけど、彼とは彼氏彼女の関係ではなく、友達のほうがうまくいくとわかった」とか、「つきあったけど、結局気まぐれに別れてしまった」というようなことって、若い恋にはありがちなことなので、楽しい大学や希望の職場で出会ったからといって、その交際が長続きする保証なんてどこにもありません。でも、ごく一般的に言って、自分に誇りを持てる場所で出会ったふたりは、おおむね良好な関係を築くことができるものです。たとえば、「この会社、ホントにイヤだ、はやく辞めたい」と思って、毎日暗い表情で過ごしていたのでは、そもそも出会いになんて恵まれないですよね。イヤな毎日から逃げるように誰かと恋したところで、うまくいくこともあるはずですが、やっぱり逃げたという負い目のようなものがついてまわることもあるし、「次の職場に移るまでの期間限定の恋愛」にしてしまって、あとになって、交際し...more
カテゴリー:

「一緒にいて楽な彼」って「逃げる可能性が低い彼」のこと - 02月07日(水)17:05 

一緒にいて楽な彼とつきあいたいと思っている人は、「どんな彼氏と一緒にいると楽なのだろうか?」と考えていると思います。趣味が一緒の彼と一緒にいたら楽かもしれない、などと。趣味がバラバラでも、一緒にいて楽な相手は楽なもので、それはたとえば、「逃げ出す可能性が低い相手」のことでは?■見ている未来がなんとなく一緒かどうか逃げる可能性が低いというのは「フラれる可能性が低い」とお互いに思っているということ。それはつまり、お互いにバラバラなことをやっていても、「見ている未来がなんとなく一緒」ということです。「見ている未来がなんとなく一緒」というのは、25歳前後の人たちであれば、「この恋愛の先に、彼もわたしも結婚を考えている」と、漠然とではあっても思えるとか、たとえばこういうことです。結婚をまだ考えられない人(考えたくない人)であれば、彼と同じ職場にいて、同じプロジェクトの成功をともに見ているとか、そういうことです。あるいは、こういうことでうまくいくのかどうか定かではありませんが、彼も彼女も「今は異性と遊ぶことに精を出したい」と思っているのであれば、見ている未来がなんとなく一緒であると言えなくもないかもしれません(微妙にちがうと思うけど)。■「彼といたら楽だけど別れたい」という心理とは・・・「彼と一緒にいると楽だし、どことなく運命の彼氏だと思うけど、最近マンネリしちゃって、もっと刺激をくれる男子と...more
カテゴリー:

【不倫】小室哲哉引退に乙武が言及 / スキャンダル好きマスコミと国民に不快感「きれい事で窒息しろ」 - 01月22日(月)16:23  news

柴咲コウ似の美人ナースとの不倫騒動で話題となった小室哲哉氏(59歳)が芸能界引退を表明し、あまりにも突然の引退宣言に全国の人たちが衝撃を受けた。 ・乙武洋匡氏が引退に言及か 文筆家として著名な乙武洋匡氏(41歳)が、小室哲哉氏の引退に対するコメントと思われる書き込みをTwitterにし、大きな注目が集まっている。その書き込みは以下の通り。 ・乙武洋匡氏のTwitterコメント 「引退、かあ…」 「清廉潔白な社会、万歳。漂白された社会、万歳。きれいごとで窒息しろ」 「メディアの「物議を醸しそうだ」という表現が嫌い...
»続きを読む
カテゴリー:

「恋がうまくいく女子力」を磨く簡単な方法は「知ること」だったりします - 02月15日(木)17:05 

ときどき「恋愛のこともいいけど、自己啓発的なことも知りたいです」と言う女子に会います。このような人は、恋愛をすることそのものよりも、恋愛をする自分というひとりの人間を、どのように磨くといいのか、あるいはどのように自分というものを作っていけばいいのか、ということに興味関心があるのだろうと思います。このような考え方って、恋愛というコトの本質を突いている考え方です。恋愛って、人と人とがやるものだから、ホントは人間性を磨くこと、つまり心を磨くことが女子力を磨くことの本質であるはずです。ただ、この、人間性を磨くという言い方があいまいだし、どことなく苦行僧を思わせる言葉なので、女子ウケするように、一般的には女子力という言葉を使って表現するのだろうと思います。■知っているか知らないか人間性を磨くのって、じつはそうむずかしいことではなく、「知っているか知らないか」ということだけだったりもします。たとえばすぐに彼氏に対してイラっとしてしまって、それゆえ交際が長続きしない人は、イライラを抑える方法を知らないからそうなるのです。イライラしない人というのは、なにも人間ができている立派な人、ということだけではなく、イライラを抑える方法を知っている人です。たとえば意識的に呼吸をゆっくりするとか、1日8時間寝るとか、こういう誰でもできる方法があるそうです。あるいは、イケメンの前に出るとつい恥ずかしくなって無口に...more
カテゴリー:

奥手女子は「いつも楽しそうなお兄さん」をキーにすると彼氏ができる - 02月13日(火)17:05 

年上の彼氏がほしい人の中には、「お兄ちゃんやお姉ちゃんがいれば、紹介とかしてもらえそうだし、うらやましい」と感じている人もいるでしょう。たとえば一人っ子の場合、どこで年上の男子と出会うのか?という問題が出てきますよね。運よくバイト先や仕事先にいればいいですが、なかなかそういうわけにもいかないことだってあるでしょう。これが、お兄ちゃんやお姉ちゃんのいる人であれば、「お兄ちゃんの友達とつきあった」で、話はおしまいです。■奥手女子にとってお得です。さて、奥手女子が奥手男子のことを好きになると、とたんに恋の悩みがいくつも生まれますよね。お互いに恥ずかしがって、相手の気持ちを推し量ってばかりで、結局実らない恋になりがちかもしれません。そういうことに陥らないために(?)、むかしは、奥手女子の中には、年上男子だけを恋のターゲットにしている人が大勢いました。たとえば25歳の女子は30歳くらいの男子に恋するとか。しかも、なぜか知らねどいつも楽しそうにしているお兄さん限定、という人もいました。いつも楽しそうなお兄さんって、ヘンに恥ずかしがることがないので、仲良くなると、彼氏を紹介してくれたり、一緒に遊びに連れていってくれたり、なにかと奥手女子にとってお得です。■縦割り学級的なことを意識してみるといいかもしれません奥手な女子のみなさんは、その奥手な性格をどう直そうか、というしんどいことを考えるのではなく...more
カテゴリー:

楽しそうな女子がモテるのは、そこに「男の孤独」があるから - 02月09日(金)17:05 

男子が好きな女子は、いつも楽しそうな女子です。モテ髪、モテ服に疎い(うとい)女子であっても、たとえばすっぴんでジャージを着ていても、いつも楽しそうな女子に、男子の気持ちは向くものです。■男子だって自分探しをしているなぜなら男子は、女子の前で無理をすることに疲れているから。若い女子がときに自分探しをするように、若い男子だってじつは自分を探しています。若い男子にとっての「自分」とは、自分の適職のことです。男の、自分に対する自信って、世間の中に自分がわりと安心して座り続けることのできる椅子を発見できたときに芽生えます。「仕事のできない男とは付き合いたくない」と女子が思うのは、ここが男子の軸や地震になっているということが、分かっているからかもしれません。■なぜなら20歳そこそこで世間なんてわからないから女子があるていどの年齢になると、自分探しを卒業することがあるように、男子もある程度の年齢になると自分探しをやめるのかといえば、そうでもなかったりします。世間の中に、自分がわりと安心して座り続けることのできる椅子を発見することが、男子の自分探しである以上、男子の自分探しは、女子のそれよりも長丁場であることが多いものです。なぜなら20歳そこそこで世間なんてわからないからです。10年以上、場合によっては20年ほども社会の中で失敗したり成功したりしてやっと、世間のなんたるかが見えてくるのが一般的です...more
カテゴリー:

本命の彼女に対して彼は「自分のダサいところを見せる」 - 02月05日(月)21:05 

本気で好きになってつきあった彼女に対し、彼は最初こそかっこつけていても、やがてより自然な態度を示すようになることがあると思います。このような彼の態度を見て、「彼氏が気を抜きすぎ」とか、「わたしのことを、どうでもいいと思っているの?」とか「わたしに魅力がないのかも」などと考える彼女もいると思いますが、それは思い過ごしというものです。■彼氏の顔の前でおならする彼女と同じことこれはたとえて言うなら、ラブラブカップルの彼女が、彼氏の顔の前でおならするのと同じことです。女子だって、つきあい当初は、彼の前で軽く緊張していますよね?「お泊りデートのとき、彼にすっぴんを見られない方法」をネットで探したりしている女子はとくに、軽く緊張しているでしょう。彼だって、つきあい当初は、彼女の前でおならもできないし、もっとリアルなことを言えば、デート代がないなんて口が裂けても言えないのです。そういうふたりもやがて、軽く緊張することに疲れるのか、相手のことをよりよく知って安心するのか、お互いに心を開いて、すっぴんのままウロウロするようになったり、あろうことか、彼の顔の前でおならをする彼女がいたりとか・・・・・・いわゆる「ふつうの」関係になります。彼の顔の前でおならをするのがふつうだとは思わないですが、でもまぁ、広い意味でふつうになっていきます。■彼女との関係に自信を持ちはじめているということふつうになっていくプ...more
カテゴリー:

「文筆家」の画像

もっと見る

「文筆家」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 著作家...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる