「文科省」とは?

関連ニュース

【文科省】2040年度の大学進学者数、2割減の51万人弱 - 02月22日(木)12:35  newsplus

18歳人口と大学進学者数はこう変わる  2040年度の大学への進学者は、17年度より12万人減り51万人弱になる――。文部科学省は将来の大学進学状況を初めて詳細に試算し、21日に中央教育審議会の部会に示した。大学進学率は上がり続けるものの、18歳人口の大幅減少を反映し、大学進学者数も現在より2割少ない結果となった。  現在の全国の大学の定員は合計で約60万人。試算によると、このままで推移した場合、現在104%の定員充足率は40年度に約84%まで落ち込み、東北地方などでは60%台となる県もある...
»続きを読む
カテゴリー:

40年度の大学進学者数、2割減の51万人弱に 文科省 - 02月22日(木)11:09 

 2040年度の大学への進学者は、17年度より12万人減り51万人弱になる――。文部科学省は将来の大学進学状況を初めて詳細に試算し、21日に中央教育審議会の部会に示した。大学進学率は上がり続けるものの…
カテゴリー:

大学間で過去問を活用、117大学参加「入試過去問題活用宣言」とは - 02月21日(水)20:15 

 全国の大学が毎年作成している「入試問題」。昨今は出題ミスの報告が目立っているが、過去問題には多くの良問が蓄積されているという。参加大学間で過去問題を使用可能とする「入試過去問題活用宣言」をご存知だろうか。平成29年6月現在、国公私立117大学が参加している、この宣言について紹介する。 「入試過去問題活用宣言」が掲げる方針は6項目。入試過去問題を大学コミュニティの共有財産とする考えをもとに、宣言に参加した大学は参加大学間での自大学の入試過去問題使用を承認すること。入試過去問題を活用したとしても、それに安易に依存することなくアドミッションポリシーにしたがい、入試問題を作成すること。また、宣言への参加は入試要項などで事前に公表し、使用過去問題については、入試終了後に原問題作成大学に通知すると同時に、受験生にわかるような形で公表することなどを掲げる。 「入試過去問題活用宣言」Webサイト掲載のこれまでの経過によると、平成17年11月7日の国立大学協会総会において、岐阜大学黒木学長からおよそ20大学の学長に非公式に趣旨を説明し、おおかたの賛意を得たところから「入試過去問題活用宣言」はスタートする。平成18年1月には「入試過去問活用ネットワーク」趣意書を作成し、4月に共同提案に賛同あるいは関心を持つ23大学で問題点を検討。その後、準備委員会の設置、文部科学省からの基本的な理解を得るなどして、...more
カテゴリー:

【加計疑獄/トリオ】本誌特報の加計疑惑が再燃 官邸で首相秘書官と会った幹部を直撃【渡辺良、吉川泰弘、田丸理事(文科省OB)】[02/21] - 02月21日(水)13:05  seijinewsplus

2018.2.21 07:00週刊朝日 https://dot.asahi.com/wa/2018022000047.html?page=1  膠着状態が続く加計学園問題に、新情報だ。  愛媛県今治市の企画課長と課長補佐が2015年4月2日に官邸を訪問していた際、柳瀬唯夫首相秘書官(当時)が面会したというスクープを本誌が速報したのは昨年7月23日。その翌日に国会でこの件を問いただされた柳瀬氏は「記憶にない」を連発。逆に“裏に何かある”ことを国民に印象づける結果となった。  この問題に新展開があったのは2月5日の衆院予算委員会。江田憲司衆院議員(無所属の会)が安倍晋三首...
»続きを読む
カテゴリー:

デジタル教科書の整備状況、1位「佐賀県」98.7%…文科省調査 - 02月20日(火)18:45 

 文部科学省は平成30年2月20日、学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果を公表した。デジタル教科書の整備状況は、小学校が52.1%、中学校が58.2%、高等学校が12.5%。都道府県別では佐賀県が98.7%ともっとも高かった。 学校における教育の情報化の実態等に関する調査は、初等中等教育における教育の情報化の実態を把握し、関連施策の推進を図るため、毎年3月1日時点のICT環境の整備状況や教員のICT活用指導力について取りまとめたもの。平成28年度調査の調査基準日は、平成29年3月1日(学校数、学級数などについては平成29年3月1日、児童生徒数については平成28年5月1日)。調査対象は全国の全公立学校(小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校および特別支援学校)。速報値が平成29年12月26日に公表され、今回は詳細が公表された。 デジタル教科書の整備率は、小学校が52.1%、中学校が58.2%、義務教育学校が59.1%、高等学校が12.5%、中等教育学校が41.9%、特別支援学校が12.8%、合計48.4%。なお、ここでいう「デジタル教科書」は、平成29年3月1日現在、学校で使用している教科書に準拠し、教員が電子黒板などを用いて児童生徒への指導用に活用するデジタルコンテンツ(教職員が授業のため自ら編集・加工したものを除く)をさす。 デジタル教科書の整備率を都道...more
カテゴリー:

害獣対策にも!? 脂肪が少なく高い栄養価の「ジビエ料理」が広がり見せる - 02月22日(木)11:30 

イノシシやシカといった、野生動物の肉である「ジビエ」をご存知ですか? 日本政府はこのジビエを普及すべく、捕獲から搬出、加工まで一連の作業を手がけるモデル地区を、全国で12カ所程度を選び設ける予定です。 【写真】ジビエはシンプルに焼くだけでも旨みが引き立ちます そこで今回は、農水省の広報誌「aff」1月号でも特集したジビエについて、日本各地で食べられるジビエ料理や、その健康効果をご紹介します。 ■ 貴族が食べていたジビエってどんな肉? 中世ヨーロッパでは、野うさぎなどの小動物は階級を問わず多くの人が食べていました。しかし、イノシシやシカなどの大型動物を狩ることができるのは、広大な領地を持つ貴族だけだったようです。 その結果、ジビエ料理は貴族の食べ物として発展し、料理人たちの知恵と工夫によってワインやスパイスを用いた調理法が現代まで受け継がれてきました。 ジビエは家畜の肉とは違い、その動物の年齢・健康・育った環境・食べていたエサの違いで、肉に個性が出るそうです。例えば野生動物は野山を駆け回っているため、その肉は脂肪が少なく、筋肉質。ヘルシーで、高い栄養価を誇っています。 文科省の調べでは、イノシシ肉の鉄分は豚肉の4倍、ビタミンB12は3倍もあります。シカ肉のカロリーは、牛肉の半分で資質が5分の1とのことです。さらに、シカ肉には、脳機能向上・疲労ストレス軽減の効果が期待されるアセチルカル...more
カテゴリー:

【大学受験2018】立教大で出題ミス、24人追加合格 - 02月22日(木)10:15 

 立教大学は2018年2月21日、2018年度一般入試全学部日程(3教科方式・グローバル方式)の「日本史」で出題ミスがあり、24人を追加合格にしたと発表した。解答できない設問があることが判明し、受験生全員を正解として採点し直した結果、24人の合否判定に影響が出たという。 出題ミスが判明したのは、2月6日に実施した「日本史」の問題。1859年に新たに開港した場所の組合せとなる正しい選択肢が存在せず、解答することが不可能だと判断。該当する設問について、すべての受験生が正解したものとして採点をし直し、あらためて2月6日入試全受験生の合否判定を行った。 2月6日に実施した2018年度一般入試全学部日程の受験者数は、3教科方式7,567人、グローバル方式2,616人。このうち、「日本史」科目の受験者数は4,676人であった。 再採点の結果、追加合格となったのは、3教科方式では文学部史学科1人、文学部文学科フランス文学専修1人、経済学部経済学科7人、経済学部経済政策学科1人、社会学部社会学科3人、社会学部現代文化学科1人、コミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科2人、経営学部国際経営学科1人の計17人。グローバル方式では、経済学部経済政策学科1人、社会学部社会学科1人、社会学部メディア社会学科2人、経営学部経営学科3人の計7人。 立教大学では、2月21日付の速達郵便で追加合格者に合格通知と入...more
カテゴリー:

【高校受験2018】佐賀県公立高入試、一般選抜の志願状況・倍率(2/21時点)佐賀西1.20倍など - 02月21日(水)18:18 

 佐賀県教育委員会は平成30年2月21日、平成30年度(2018年度)佐賀県立高等学校入学者選抜のうち、一般選抜試験の志願状況・倍率を公開した。志願変更後の確定値は2月28日に発表予定。一般選抜における全日制課程の募集人員4,262人に対し、志願者数は4,803人。志願倍率は1.13倍。 佐賀県立高等学校入学者選抜の一般選抜は、2月20日および21日に出願を受け付けた。このあと、2月26日(月)および27日(火)に志願変更を受け付ける。 各学校の2月21日時点における一般選抜試験志願状況・倍率は、佐賀西1.20倍、唐津東1.23倍、武雄0.92倍など。致遠館は、普通科が1.58倍、理数科が1.33倍など。 一般選抜の学力検査等は平成30年3月6日(火)・7日(水)に実施する。合格発表は3月13日(火)。【関連写真】【高校受験2018】佐賀県公立高入試、一般選抜の志願状況・倍率(2/21時点)佐賀西1.20倍など■関連記事デジタル教科書の整備状況、1位「佐賀県」98.7%…文科省調査学びあう児童、余裕ある先生…ICTで実現、佐賀県多久市の「働き方改革」佐賀県多久市・ソフトバンクC&S・日本MS、児童生徒の学び方と教職員の働き方改革を推進武雄市、東洋大らとデジタル教科書の実証研究を開始…11/9公開授業
カテゴリー:

【職業ウヨ/デマ発信問題】百田尚樹氏、朝日社説に異議あり「朝日新聞は尖閣諸島が日本固有の領土ではないと宣言」【フジ産経】[02/20] - 02月20日(火)21:46  seijinewsplus

2018.2.19  夕刊フジ https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180219/soc1802190005-n1.html  作家の百田尚樹氏が、朝日新聞を糾弾している。きっかけは、沖縄県・尖閣諸島をめぐり、「我が国の固有の領土であり、領土問題は存在しない」とした文科省の高校学習指導要領改定案。朝日新聞が社説で《「正解として教え込め」という趣旨なら賛成できない》と異議を唱えたことに、百田氏がツイッターで猛批判したのだ。夕刊フジでは、朝日新聞に「真意」をたずね、百田氏も直撃した。 (以降ソースにて) ...
»続きを読む
カテゴリー:

【IT】日本人エンジニアの給料が上がらない理由。このままだと英語が達者なフィリピン人の下で働くしかなくなる - 02月20日(火)14:02  bizplus

中国ハイテク企業のエンジニアで年俸1000万円以下はいない 現在、ファーウェイは世界170カ国以上に進出していて、従業員数は18万人以上。今でも半分近くがエンジニアだ。ファーウェイ本社のエンジニアの初任給がいくらかといえば、日本円で月額約83万円。日本で募集した初任給の倍である。要するに今やエンジニアの人件費は中国よりも日本のほうが圧倒的に格安で、ファーウェイはバーゲン価格で募集をかけたわけだ。中国人の半分の給料を「高給」と思って飛びつく日本の技術者。それに衝撃を受けながらも指をくわえて見守るしかない日本...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「文科省」の画像

もっと見る

「文科省」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT文部科学省...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる