「文化祭」とは?

関連ニュース

宮森の悲劇 切々と 全国中文祭演劇部門 伊波中31人熱演 - 08月19日(土)05:00 

 神奈川県で開催中の全国中学校総合文化祭は18日、横浜市の神奈川県立青少年センターで演劇部門が開かれた。うるま市立伊波中学校の31人が、宮森小学校米ジェット機墜落事故を題材にした劇「フクギの雫」を披露し、58年経ってもいまだ消えぬ遺族の思いを訴えた。  遺族の言葉をそのまま使用した「証言」の場面で...
カテゴリー:

妄想美女橋本環奈が超能力者山崎賢人に熱視線!「斉木楠雄のΨ難」劇中カット公開 - 08月18日(金)12:00 

 山崎賢人主演で麻生周一氏の人気ギャグ漫画を実写映画化する「斉木楠雄のΨ難」の場面写真が、このほど初披露された。超能力を隠して高校生活を送る主人公・斉木楠雄(山崎)に加え、橋本環奈や新井浩文、吉沢亮らが扮した変人ぞろいのクラスメイトの姿を切り取っている。 ・【フォトギャラリー】「斉木楠雄のΨ難」場面写真  「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の同名人気漫画を、「銀魂」などの福田雄一による監督・脚本で映画化。生まれながらにして強大な超能力を持つ高校生・楠雄は、予期せぬ災難に巻き込まれる日々を送っていた。、やがて、毎年恒例の文化祭を穏便にやり過ごそうとするが、楠雄に思いを寄せる妄想美女・照橋心美(橋本)や、超能力でも気配が読めない燃堂力(新井)らクラスメイトに絡まれ続け、次から次へと厄介事が降りかかる。  公開された場面写真は、本作の“カオス”な世界観を存分に感じられるものばかり。校内を舞台にしたカットでは、自分が天下無敵の美少女であることをきちんと自覚している学園のアイドル・心美が、なぜか気になって仕方がない楠雄にしつこくつきまとっている様子を活写。思わずキュンとしてしまう困り顔で熱視線を注ぐ心美に対し、まるで興味なしといった表情を浮かべる楠雄がユニークだ。  とんでもないケツアゴを持った自称斉木の“相棒”燃堂、中二病にどっぷり浸かり“漆黒の翼”として謎の組織「ダークリユ...more
カテゴリー:

コミケからじわり「オタク文化」の海外波及 - 08月18日(金)08:10 

 日本最大級の同人誌即売会『コミックマーケット』(以下、コミケ)夏の陣が、8月11日~13日にわたり東京ビッグサイトで開催された。92回目を数える今回は、3日間でのべ50万人が来場。昨夏の53万人は下回ったものの、依然として驚異的な集客を記録している。Webニュース等では、コスプレやタレントによる出店などの話題が目立ったが、会場には海外からの漫画ファンの姿も多く、ブースではクールジャパンの1つである「オタク文化」の海外波及も窺い知ることができた。 【写真】可愛い!“コミケ92”美人レイヤーがズラリ ◆海外では同人誌即売会が「金の卵」発掘の場に  「国際交流コーナー」は、毎回さまざまな国の同人誌即売会の模様を紹介するブースで、今年は7月6日~9日にフランス・パリで開催された第18回『Japan Expo』のイベント写真や現地で買い付けてきた同人誌が展示されていた。  前出の素材を仕入れてきたのは、出版社・ユーロマンガ代表のフレデリック・トゥルモンド氏。彼は12年前から日本に定住し、フランス語圏の漫画(総称:バンド・デシネ)の翻訳、販売を行っている。  フレデリック氏によると、「(フランスでは)同人誌を書いているのは女性が大多数。日本で多い人気漫画やアニメのキャラを“2次利用”したものより、オリジナルストーリーの作品が目立ちます。そのため、来場していた出版社の人間の目に留まり...more
カテゴリー:

【コミケ】2020年東京五輪によるビッグサイト“使用不可”問題とスタッフの懸念 - 08月17日(木)10:32  mnewsplus

11日から13日にかけて開催された「コミッックマーケット92」。 例年50万人以上が集まる日本最大級のイベントだが、その裏で、会場警備や列整理など、黒子となって働いているのが約3000人の“ボランティア”スタッフであることは、あまり知られていない。 「登録ベースで3100人、1日にあたり2500人~2800人のスタッフがコミケの運営に携わっており、数名を除くすべてのスタッフがボランティアです」と語るのは、コミックマーケット準備会・共同代表の市川孝一氏。 では、厳冬の12月、酷暑の8月、こうした厳しい条件化で、なぜ“タダでも...
»続きを読む
カテゴリー:

秋の大文化祭、「高円寺フェス2017」ブース出展者大募集! - 08月16日(水)17:00 

高円寺フェス実行委員会は、秋の大文化祭イベント第11回「高円寺フェス2017」を10月28日(土)・29日(日)の両日開催します。また、この両日に高円寺駅前南口広場でPR活動をしたい企業・自治体等のブース出展を募集します。約18万人(昨年動員)以上の来場者がガイドブックを片手に街歩きを楽しむこのイベントにぜひご出展いただき、宣伝告知にご活用ください。
カテゴリー:

LiSA「自分のできることを一生懸命一個ずつ」高3受験生にエール - 08月18日(金)17:00 

LiSAがTOKYO FMのレギュラー番組に出演。「今年受験生で、すごく追い詰められています」という書き込みを寄せた高3の男子リスナーと直接電話を繋ぎ、エールを送りました。 (TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! LiSA LOCKS!」8月17日放送分) LiSA「もしもし。書き込みありがとう!」 リスナー「もう奇跡かと思うくらい嬉しいです!」 LiSA「私も嬉しいよ。高校3年生ってことだけど、志望校はもう決めた?」 リスナー「決まってます」 LiSA「そっか。じゃあもうそれに向けて頑張るだけだ」 リスナー「はい。そうなんですけど、あまり上手くいかないこともあって。部活が終わったばかりで、勉強しようとする気持ちの切り替えがあまり上手く出来てないんです」 LiSA「ずっと部活を頑張ってわけでしょ? 突然、受験に切り替えろって言われてもなかなかできないよね。私もライブをしながらCDを作ったりするんですけど、“ライブ終わりました。次の制作始めてください”って言われても、“そんなすぐできないよ。もっとライブの感動に浸らせてよ!”って思っちゃうもん」 リスナー「ですよね(笑)」 LiSA「だからきっとみんな普通にあるよ。でもそれを乗り越えて、勉強しなくちゃいけないなって思っているのはすごいと思うよ。それでどんな学校に行きたいの?」 リスナー「ある映画を...more
カテゴリー:

橋本環奈、山崎賢人につきまとう!? 『斉木楠雄のΨ難』から場面写真到着 - 08月18日(金)12:00 

 山崎賢人主演の最新作『斉木楠雄のΨ難』の場面写真が解禁となった。今回初解禁する場面写真では、学園のアイドル照橋心美(橋本環奈)や自称“斉木の相棒”燃堂力(新井浩文)、中二病にどっぷり浸かる海藤瞬(吉沢亮)、暴走族元総長の窪谷須亜蓮(賀来賢人)、熱血学級委員長の灰呂杵志(笠原秀幸)など、主人公・斉木楠雄(山崎)を取り巻くワケありのクラスメートたちの姿が映し出されている。【関連】映画『斉木楠雄のΨ難』場面写真フォトギャラリー 本作は、2012年より「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中のシリーズ累計発行部数500万部を超える麻生周一原作のギャグコメディの映画化。とんでもない超能力を持っている主人公・斉木楠雄はPK学園に通う高校生で、目立たず、普通に生きたいと思っているのだが、文化祭でワケありのクラスメートたちに囲まれてしまう。次から次へと斉木にふりかかる災難。超能力が吹き荒れる学園。そしてまさかの地球滅亡。斉木はこれらの危機を乗り越えることができるのか。 脚本・監督は『銀魂』、ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズなどで知られる福田雄一。キャストはほかに、楠雄の父・國春役の田辺誠一、母・久留美役の内田有紀なども出演し、福田組常連のムロツヨシや佐藤二朗も登場する。 場面写真では照橋が斉木にしつこくつきまとうカット、燃堂、海藤、窪谷が真顔で立ち尽くしているカット、そして燃堂に“カンチョー”をおみ...more
カテゴリー:

日本アニメ100周年記念した大規模イベント「アニメフィルムフェスティバル東京2017」開催決定 - 08月17日(木)15:00 

 日本のアニメ100周年を記念して進められているプロジェクト「アニメNEXT100」の一環として、10月13~15日の3日間を軸とした約2週間、東京・新宿地域でアニメフェス「アニメフィルムフェスティバル東京2017」が開催されることが決定した。  「アニメNEXT100」は、1917年の誕生から100年を迎え、判明しているだけでも、作品タイトル数1万1723件、エピソード数15万8442件を数えるまでに成長した国産アニメーションのこれまでの歩みを振り返りつつ、新たな人材の発掘・育成を行い、次の100年を模索していくという趣旨のプロジェクト。日本のアニメ史を総括するデータベース「日本のアニメ大全」の構築を進めているほか、16年12月には各界の識者を招いてのキックオフシンポジウム「アニメのつくる未来」も開催されており、同シンポジウムのレポートがプロジェクト公式サイトで公開されている。  「アニメフィルムフェスティバル東京2017」の実行委員会には、アサツー ディ・ケイ、アニプレックス、エイベックス・ピクチャーズ、サンライズ、東映アニメーション、トムス・エンタテインメント、日本アニメーション、ぴえろといったアニメ関連各社が名前を連ね、地域一帯を舞台とした大規模な催しが展開される。各所の映画館では最新作や名作のイベント上映が行われ、アニソンライブやコラボイベント&カフェ、キャラクターパ...more
カテゴリー:

たんこぶちんMADOKA ロングインタビュー後編 - 08月16日(水)19:30 

今年で結成10周年を迎えたガールズバンド『たんこぶちん』。その活躍は音楽だけにとどまらず、9月にはたんこぶちんのリーダーMADOKA(Vo&Gt)がヒロイン役で出演している映画『二度めの夏、二度と会えない君』が公開される。そして8月30日には、たんこぶちんが劇中バンド“Primember”として参加している劇中歌集アルバム『二度めの夏、二度と会えない君 feat.Primember』をリリース。そのアルバムのこと、作詞、初演技の思い出や映画の見どころについて、MADOKAに聞いた。 ――8月30日には、劇中歌集アルバム『二度めの夏、二度と会えない君 feat.Primember』がリリースされます。MADOKAさんは、劇中バンドPrimemberとしても演奏されていますが、たんこぶちんとPrimemberの違いはどんなところでしょうか? MADOKA Primemberは、ドラムとベースとギターとボーカルっていう4人編成でやっていて、キーボードがいないので、そこがまず大きな違いだと思います。 ――アルバム制作期間中にキーボードのCHIHARUさんはADをされていたと(笑)。 MADOKA 出前を取ってくれたり、「お昼ご飯、何食べたい?」って聞いてくれて、ヨーグルト買ってきてくれたりとか(笑)。 ――アルバム『二度めの夏、二度と会えない君 feat.Primember』では...more
カテゴリー:

文化系部活高校生10人が教育長訪問 全国高文祭など応援に感謝 - 08月16日(水)16:57 

 今年夏の全国高校総合文化祭や、写真甲子園などで上位入賞を果たした県内で文化系部活動に励む高校生10人が16日、県教育庁に平敷昭人教育長を訪問し、成果や活動の様子を報告した。  この日訪問したのは、宮城県で開かれた全国高文祭の弁論部門に出場し、最優秀賞に輝いた那覇西高校2年の宮城実来さん、演劇部門...
カテゴリー:

もっと見る

「文化祭」の画像

もっと見る

「文化祭」の動画

Wikipedia

文化祭(ぶんかさい)は、芸術に関連した行事・イベント。以下に大別される。

  • 初等・中等教育における正課の学校行事教育課程)。本節で記述する。
  • 主に公民館などで開催される、作品発表を中心とした地域イベント。「市民文化祭」など。
    • 高校の文化祭。模擬店が開かれ、多くの参加者で賑わっている。

文化祭(ぶんかさい、)は、幼児児童生徒の日常活動による成果の発表などの目的で行なわれる学校行事である。学校によっては学園祭(がくえんさい)・学校祭(がっこうさい)()・学院祭(がくいんさい)などと呼ぶ場合がある。

小学校などの初等教育では学芸会(がくげいかい、 )、学習発表会などと呼ぶことが多い。また、幼稚園などの...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる