「政権与党」とは?

関連ニュース

宗教団体で育った3人が20年後カリスマに再会 木村文洋監督「息衝く」予告編完成 - 01月14日(日)07:00 

「へばの」「愛のゆくえ(仮)」の木村文洋監督による最新作「息衝く(いきづく)」の予告編が公開された。原発問題やオウム真理教をテーマした作品で知られる木村監督の新作は、ある政権与党の政治団体でもあ...
カテゴリー:

【政権与党】自民・二階俊博幹事長、憲法改正「慌ててはだめ。時間をかけてもいい」 - 01月13日(土)00:05  newsplus

 自民党の二階俊博幹事長は12日夜、BSフジ番組「プライムニュース」に出演し、憲法改正について「慌ててはだめだ。時間をかけてもいい」と述べ、丁寧に議論を進める考えを示した。9条改正については「国民の理解、合意がなければ何もできない。そこに焦点を当てて議論を始めるわけであり、これから時間をかけてでも、国民が大方の了解を得られる努力はすべきだ」とも語った。 自民党は昨年末に公表した論点整理で、自衛隊の位置付けに関し(1)憲法9条1、2項を変えず自衛隊を明記する安倍晋三首相(党総裁)の提案(2)9条...
»続きを読む
カテゴリー:

宗教団体で育った3人が20年後カリスマに再会 木村文洋監督「息衝く」予告編完成 - 01月14日(日)07:00 

 「へばの」「愛のゆくえ(仮)」の木村文洋監督による最新作「息衝く(いきづく)」の予告編が公開された。 ・【動画】「息衝く(いきづく)」予告編  原発問題やオウム真理教をテーマした作品で知られる木村監督の新作は、ある政権与党の政治団体でもある大新興宗教団体で育った2人の男と1人の女を巡る、3.11以後の日本を描いた物語。  団体の中で生きる則夫と大和、団体を離れ、シングルマザーとなった慈の3人が、失踪した父親的存在でもあるカリスマの森山に再び会いに行く。予告編では、これまで目を背けていた何かを取り戻そうとする3人が、現代社会で、政治活動に飛び込んだり、かつて持っていた宗教心に揺れる姿、そして、彼らの家族との関わりなどが映し出されている。  宗教学者の島田裕巳氏は、「親と子と信仰。これは、三位一体の関係にある。そんな関係が成立してしまうのも、その背景には貧しさがあり、社会の矛盾があるからである。社会は冷酷で、その矛盾を弱者に押し付けてくる。弱者は居場所を失って、新宗教に逃げ場を求める。その組織は果たして、そうした矛盾から人を救い出してくれるのだろうか。それは、映画が提起する重要な課題だ」、小説家の木村友祐氏は「『息衝く』を観ながら、おれはこんな小説が書きたかったんだと全身がざわつき、高ぶり、軽い嫉妬をおぼえていた。息ができない現代日本の空気感を生々しくとらえながら、それでも“...more
カテゴリー:

「政権与党」の画像

もっと見る

「政権与党」の動画

Wikipedia

  • redirect与党...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる