「政府軍」とは?

関連ニュース

南スーダン派遣隊員「戦争だった。全滅すると思った」 16年の大規模戦闘時、陸自PKOに武器携行命令 - 04月24日(火)22:16  news

【東京新聞 TOKYO Web】 南スーダンで二〇一六年七月、政府軍と反政府勢力の大規模戦闘が起きた際、国連平和維持活動(PKO)に派遣中の陸上自衛隊部隊が、通常武器を持たない隊員も含め全員に武器携行命令を出したことが分かった。 派遣隊員は当時を「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言。 PKO参加には「紛争当事者間の停戦合意」など五原則を満たすことが条件で、政府は当時「武力紛争ではない」と説明していたが、参加の根拠が崩れていた可能性が強まった。派遣隊員や防衛省幹部が明らかにした。  派遣隊員によ...
»続きを読む
カテゴリー:

【黒塗り日報】陸自PKOで武器携行命令 派遣された隊員「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言★3 - 04月23日(月)15:26  newsplus

 南スーダンで2016年7月、政府軍と反政府勢力の大規模戦闘が起きた際、国連平和維持活動(PKO)に派遣中の陸上自衛隊部隊が、通常武器を持たない隊員も含め全員に武器携行命令を出したことが22日、分かった。派遣隊員は当時を「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言。PKO参加には「紛争当事者間の停戦合意」など5原則を満たすことが条件で、政府は当時「武力紛争ではない」と説明していたが、参加の根拠が崩れていた可能性が強まった。派遣隊員や防衛省幹部が明らかにした。  南スーダンPKOで武器携行命令が明らかになるのは2...
»続きを読む
カテゴリー:

【黒塗り日報】陸自PKOで武器携行命令 派遣された隊員「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言 - 04月23日(月)09:44  newsplus

 南スーダンで2016年7月、政府軍と反政府勢力の大規模戦闘が起きた際、国連平和維持活動(PKO)に派遣中の陸上自衛隊部隊が、通常武器を持たない隊員も含め全員に武器携行命令を出したことが22日、分かった。派遣隊員は当時を「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言。PKO参加には「紛争当事者間の停戦合意」など5原則を満たすことが条件で、政府は当時「武力紛争ではない」と説明していたが、参加の根拠が崩れていた可能性が強まった。派遣隊員や防衛省幹部が明らかにした。  南スーダンPKOで武器携行命令が明らかになるのは2...
»続きを読む
カテゴリー:

【自衛隊日報】PKOで武器携行命令 南スーダン 日報で「戦闘」時期 参加5原則逸脱か - 04月23日(月)04:01  newsplus

https://www.hokkaido-np.co.jp/sp/article/182518?rct= 04/23 02:15 南スーダンで2016年7月、政府軍と反政府勢力の大規模戦闘が起きた際、国連平和維持活動(PKO)に派遣中の陸上自衛隊部隊が、通常武器を持たない隊員も含め全員に武器携行命令を出したことが22日、分かった。当時は第7師団(千歳)を主力とする10次隊が活動しており、派遣隊員は当時を「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言。PKO参加には「紛争当事者間の停戦合意」など5原則を満たすことが条件で、政府は当時「武力紛争ではない」と説明...
»続きを読む
カテゴリー:

焦点:化学兵器疑惑のシリア政権、欧米の報復受けても優勢の訳 - 04月21日(土)08:31 

[アンマン 16日 ロイター] - シリア政府軍による東グーダ地区ドゥーマへの空爆が塩素ガスを用いた化学兵器による攻撃であったとして、米英仏の3カ国は14日、懲罰的なミサイル攻撃を行った。
カテゴリー:

化学兵器疑惑のシリア政権、欧米の報復受けても優勢の訳 - ロイター発 World&Business - 04月24日(火)05:01 

シリア政府軍による東グーダ地区ドゥーマへの空爆が塩素ガスを用いた化学兵器による攻撃であったとして、米英仏の3ヵ国は14日、懲罰的なミサイル攻撃を行った。
カテゴリー:

【黒塗り日報】陸自PKOで武器携行命令 派遣された隊員「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言★2 - 04月23日(月)12:51  newsplus

 南スーダンで2016年7月、政府軍と反政府勢力の大規模戦闘が起きた際、国連平和維持活動(PKO)に派遣中の陸上自衛隊部隊が、通常武器を持たない隊員も含め全員に武器携行命令を出したことが22日、分かった。派遣隊員は当時を「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言。PKO参加には「紛争当事者間の停戦合意」など5原則を満たすことが条件で、政府は当時「武力紛争ではない」と説明していたが、参加の根拠が崩れていた可能性が強まった。派遣隊員や防衛省幹部が明らかにした。  南スーダンPKOで武器携行命令が明らかになるのは2...
»続きを読む
カテゴリー:

【日報問題】「戦争だった。全滅すると思った」陸自PKOで武器携行命令 南スーダン、大規模戦闘時 - 04月23日(月)08:49  seijinewsplus

陸自PKOで武器携行命令 南スーダン、大規模戦闘時 南スーダンで2016年7月、政府軍と反政府勢力の大規模戦闘が起きた際、国連平和維持活動(PKO)に派遣中の陸上自衛隊部隊が、通常武器を持たない隊員も含め全員に武器携行命令を出したことが22日、分かった。派遣隊員は当時を「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言。PKO参加には「紛争当事者間の停戦合意」など5原則を満たすことが条件で、政府は当時「武力紛争ではない」と説明していたが、参加の根拠が崩れていた可能性が強まった。派遣隊員や防衛省幹部が明らかにした。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

陸自PKOで武器携行命令 南スーダン、大規模戦闘時 - 04月23日(月)02:10 

南スーダンで2016年7月、政府軍と反政府勢力の大規模戦闘が起きた際、国連平和維持活動(PKO)に派遣中の陸上自衛...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

【シリア化学兵器疑惑】「東グータでドイツ製の塩素容器を発見」 ロシア外務省 - 04月20日(金)20:33  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3171852?cx_position=30 2018年4月20日 10:57 発信地:モスクワ/ロシア 【4月20日 AFP】ロシア外務省は19日、シリアの首都ダマスカス近郊の東グータ(Eastern Ghouta)地区で、シリア政府軍がドイツ製の「塩素が入った複数の容器」と英国製の「複数の発煙弾」を発見したと明らかにした。  ロシア外務省のマリア・ザハロワ(Maria Zakharova)報道官は「シリア政府軍が、解放された東グータ地区で、最悪の化学兵器である塩素入りの容器を発見した。ドイツ製だった。また発煙弾も見つかっており、...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「政府軍」の画像

もっと見る

「政府軍」の動画

Wikipedia

  • 転送 軍隊...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる