「政府軍」とは?

関連ニュース

西南戦争から140年 鹿児島に慰霊塔建立 敵味方なく供養 西郷、大久保の子孫が仲直りの握手 - 09月26日(火)10:57 

日本史上最後の内戦となった1877年の西南戦争から140年を迎え、官軍(政府軍)、薩摩軍の戦没者を敵味方なく供養す...
カテゴリー:

ナショジオ賞作家が切り取る「捨てられた民」ロヒンギャの素顔 - 09月20日(水)01:17 

ミャンマー西部に住むイスラム系少数民族「ロヒンギャ」。彼らはこれまでも国籍の剥奪など政府から不当な扱いを受けてきましたが、8月末にロヒンギャを名乗る武装集団の襲撃を受けた政府軍の掃討作戦により、罪のない同民族の人々が難民化、その扱いをめぐってミャンマー政府に対する国際的な批判が高まっています。そんなロヒンギャの村に昨年11月に訪れたという、メルマガ『素顔のアジア(たびそら・写真編)』の著者でナショジオ写真賞受賞作家の三井昌志さん。当局からいわれなき差別を受けながらもたくましく、そして健気に生きる彼らの素顔を10枚の写真とともに紹介しています。 ロヒンギャの村を訪ねる ミャンマー西部ラカイン州に住むムスリム住民「ロヒンギャ」の村を訪れたのは、去年の11月のことだった。そのときまで、僕はロヒンギャのことをあまりよく知らなかった。たまにニュースで見聞きするぐらいで、複雑な歴史や政治的な背景にまで関心を持つことはなかった。 そんな僕がロヒンギャの村々を訪ねることになったのは、運良く「バイクでラカイン州に行ける」という情報を得られたからだし、そのバイクであちこち自由に走り回れたからだ。僕はいつもと同じようなスタンスで、いつもと同じような距離感で、ロヒンギャの人々に出会い、写真を撮ることができた。 そこで彼らの現実を知り、愕然とすることになる。市民権を持たない「捨てられた民」であるロヒンギャた...more
カテゴリー:

<戊辰戦争150周年>庄内藩初出陣 23日・会津若松会津藩公行列 - 09月19日(火)09:30 

福島県会津若松市の会津まつりのメイン行事として23日にある「会津藩公行列」に、鶴岡市民で編成する庄内藩の隊列が初参加する。来年の戊辰戦争150周年のプレ企画として、会津藩と庄内藩が新政府軍に対抗するた
カテゴリー:

比ミンダナオ島の戦闘、人質の神父を4カ月ぶり救出 - 09月19日(火)00:44 

 フィリピン政府は18日、過激派組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓う武装組織と政府軍の戦闘が続くミンダナオ島マラウィで、武装組織の人質となっていたキリスト教の神父を約4カ月ぶりに救出したと発表した。…
カテゴリー:

【メキシコ】米犯罪ドラマのスタッフ、「蜂の巣」状態の射殺体で発見 - 09月17日(日)19:53  newsplus

メキシコの首都メキシコ市で、麻薬密売者の殺害現場で警戒に立つ政府軍兵士(2017年7月20日撮影、資料写真) 【9月17日 AFP】メキシコ中部イダルゴ(Hidalgo)州近郊で11日、米動画配信サービス「ネットフリックス(Netflix)」の犯罪ドラマ『ナルコス(Narcos)』の撮影先を下見していたメキシコ人スタッフが銃弾を多数撃ち込まれた蜂の巣状態の遺体で発見された。  地元メディアが報じたところによると、殺害されたのは人気ドラマ『ナルコス』のロケーションスタッフ、カルロス・ムニョス・ポルタル(Carlos Munoz Portal)氏。...
»続きを読む
カテゴリー:

【明治維新】西郷軍と官軍…140年目の「和解」 西南戦争の戦没者慰霊塔が完成 - 09月23日(土)20:26  newsplus

西郷軍と官軍…140年目の「和解」 西南戦争の戦没者慰霊塔が完成 官軍と薩摩軍の戦没者を弔う慰霊塔の前で固い握手を交わす西郷吉太郎氏(左)と大久保利泰氏=鹿児島市の南洲公園(谷田智恒撮影)  来年の明治維新150年を控えたことしが西南戦争から140年となるのに合わせて鹿児島市に建立された戦没者のための慰霊塔が23日完成し、現地で建立に関わった有志らが記念式典を開いた。有志を代表し鹿児島県立図書館長の原口泉氏(70)が「西南戦争では兄弟や親子が敵味方で戦った。140年たって初めて慰霊塔を建てる...
»続きを読む
カテゴリー:

麻薬戦争の国メキシコ。若者たちはなぜカルテルに入るのか? - 09月19日(火)13:00 

メキシコ。近年、日本企業が相次いで進出するなど、ビジネス面で注目を浴びるこの国は、あまりにも大きな闇を抱えていることでも知られる。「カルテル」――麻薬の製造と売買を行い、利益をあげる非合法組織。メキシコは、そんな麻薬カルテル同士の抗争が絶えない、世界で最も治安の悪い国の一つだ。英シンクタンク「国際戦略研究所(IISS)」調べによれば、2016年にメキシコで起きた殺人事件は23000件にのぼったという。これは内戦状態のシリア(6万件)に次ぐ数字であり、カルテル同士の抗争と、そこに政府軍や警察が絡んだ「麻薬戦争」の犠牲者は、一般市民にも及んでいる。自身が学生だった30年以上前から、メキシコでフィールドワークを行い、ストリートチルドレンの自立支援などにも関わってきたジャーナリストの工藤律子さんは、そんなメキシコの状況の変化に驚きを隠せないでいる。 ◇――30年前には、すでにカルテルが一般市民と近いところにあったのですか?工藤:全然…カルテルの存在なんか聞いたこともなかったです。確かに歴史を紐解くと、元になる集団は当時からあったようですが、一般市民を巻き込んだ殺し合いはなかったと思います。マリファナなどは当時から出回っていましたが、それが火種で無差別な殺人が起きたり、ここまで巨大で組織的な国際犯罪ビジネスが力を持つことはなかったですよ。スラムもわりとのどかな雰囲気でしたね。――そんなメキシ...more
カテゴリー:

【世界食糧計画】 世界同時多発飢餓を警告=南スーダンなど4カ国危険-WFP事務局次長語る - 09月19日(火)02:10  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3143329 2017年9月18日 16:19 発信地:バングラデシュ 【9月18日 時事通信社】1980年代のエチオピア大飢饉(ききん)のように1カ国が巨大な飢えに見舞われるのではなく、世界各地で今年、飢餓が同時多発する危険に直面している。来日した世界食糧計画(WFP)のロペスダシルバ事務局次長が警告した。  南スーダン、ナイジェリア、ソマリア、イエメン。西アフリカからアラビア半島へ点在する4カ国をWFPは今年「飢饉寸前」という共通項でくくっている。並行してミャンマー軍に追われた...
»続きを読む
カテゴリー:

フィリピン軍、過激派掃討は局面 テロ勢力は動画で参戦呼びかけ - 09月18日(月)11:40 

イスラム過激派組織に占領されたフィリピン南部の都市・マラウイを奪還するため、フィリピン軍は航空機や装甲車を含む重装備を投入している。数か月の戦闘で過激派戦闘員の大半が射殺され、政府軍の戦況は良好だ。一方で、イスラム国が東南アジアのムスリムに対しフィリピン軍と戦うよう呼びかける動画を公開したことから、イスラム過激派が東南アジアに主軸を移す恐れも指摘されている。日本のシーレーンが通過する地域での過激派組織の動きには警戒する必要がある。
カテゴリー:

激動の時代生きた群像に光 「耐恒寮」テーマにシンポ 10月1日 - 09月14日(木)07:01 

「肥前さが幕末維新博覧会」のプレイベントとなるリレーシンポジウムが、10月1日の唐津会場を皮切りに始まる。幕末から明治期、佐賀藩は倒幕派(新政府軍)に付いた一方、唐津藩は佐幕派(幕府擁護派)と、相対する立場にあった中でそれぞれの歴史的立ち位置を踏まえ、激動の時代を生きた群像にスポットを当てる。唐津では建築家辰野金吾をはじめ日本の近代化や唐津経済を支える人材を輩出した唐津藩英学校「耐恒寮」をテ...
カテゴリー:

もっと見る

「政府軍」の画像

もっと見る

「政府軍」の動画

Wikipedia

  • 転送 軍隊...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる