「政府軍」とは?

関連ニュース

フィリピンで「イスラム国(IS)対ドゥテルテ政府軍」の最凶内戦勃発wwwwwwwwwwww - 05月25日(木)08:04 

フィリピン全土に戒厳令拡大も、IS勢力の脅威拡大なら=大統領 [マニラ 24日 ロイター] - フィリピンのドゥテルテ大統領は24日、過激派組織「イスラム国」(IS)の脅威が国内に広がった場合、全土に戒厳令を敷くことも排除しないと述べた。 同国では南部マラウィ市で政府軍とISを支持する組織の交戦が発生。ドゥテルテ氏は23日、ロシア訪問の日程を切り上げて帰国し、南部ミンダナオ島に戒厳令を布告し、必要なら1年間継続する考えを示した。 http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKBN18K151 ...
»続きを読む
カテゴリー:

露大統領:兵器輸出に前向き 比・ドゥテルテ氏と会談 - 05月24日(水)19:38 

 【モスクワ杉尾直哉】フィリピンのドゥテルテ大統領は23日、訪問先のモスクワでプーチン露大統領と会談した。タス通信によると、ドゥテルテ氏は、フィリピン南部ミンダナオ島で起きている武装勢力と政府軍の戦闘に関連し、「テロとの戦いのための最新兵器の提供支援」を訴えた。プーチン氏は「軍事技術の分野での協力はもちろん可能だ」と語り、ロシア製兵器のフィリピンへの輸出に前向きな姿勢を示した。
カテゴリー:

フィリピン南部ミンダナオ島で衝突、大統領が戒厳令 - 05月24日(水)11:03 

国営フィリピン通信(PNA)によると、同国南部ミンダナオ島で23日、政府軍とイスラム過激派「マウテグループ」が衝突し、ドゥテルテ大統領が同島全土に戒厳令を出した。 ドゥテルテ大統領はモスクワを訪れていたが、衝突を受けて急きょ帰国を決めた。 戒厳令の期間は60日。大統領報道官は「無法な暴力と反乱を抑え、市民の安全を守ることが目的」と述べた。 マウテグループはミンダナオ島を本拠地とする武装勢力。政...
カテゴリー:

【南スーダン】100人超の市民殺害 国連が南スーダン政府軍、反政府勢力の双方を非難 - 05月22日(月)00:33 

アフリカの南スーダンの情勢について国連は、政府軍側が100人を超える市民を殺害した一方で、反政府勢力側も人権侵害を繰り返しているとして、双方を厳しく非難する報告書を公表しました。 国連は、武力衝突が再燃した去年7月以降の現地の人権状況について聞き取り調査などを行い、19日、報告書を公表しました。 それによりますと、現地では、反政府勢力との関連を疑われた少なくとも114人の市民が政府軍や政府軍側の民兵組織に殺害されたと指摘しています。 政府軍側による市民への無差別の発砲や女性への性的暴行も相次い...
»続きを読む
カテゴリー:

南スーダン政府軍、114人の市民を殺害 国連報告書 - 05月20日(土)18:24 

 国連は19日、内戦が続く南スーダンの南部イエイで、昨年7月から今年1月の間に、南スーダン政府軍と支配下の武装勢力が、少なくとも114人の市民を殺害したとする報告書を発表した。市民への暴力行為は反政府…
カテゴリー:

南スーダン・ウガンダ国境:「運命の橋」救い求め - 05月24日(水)22:40 

 近く陸上自衛隊の部隊が国連平和維持活動(PKO)から完全に引き揚げる南スーダンでは、陸自部隊が駐留する首都ジュバの外に出ると今も政府軍と反政府勢力の戦闘が続き、一般住民が激しい暴力の犠牲となっている。国境を接するウガンダには約90万人の難民が押し寄せ、増え続ける一方だ。「市民を殺しているのは政府軍の兵士だ」。内戦を逃れてきた人々は口々にそう証言した。【ブシア(ウガンダ北西部)で小泉大士】
カテゴリー:

フィリピンに「ISの衛星国」誕生か 南部で政府軍と激しく交戦、刑務所など公共施設を占拠 - 05月24日(水)12:34 

【マニラ時事】フィリピンのドゥテルテ大統領は23日夜、南部ミンダナオ島全域と周辺のスルー諸島に戒厳令を布告した。 過激派組織「イスラム国」(IS)を支持する過激派掃討が理由。アベリア大統領報道官が同日、記者会見で明らかにした。 戒厳令の有効期間は60日。大統領は22日からロシアを訪問していたが、予定を切り上げ帰国の途に就いた。 フィリピンに向かう機内で大統領は、「戒厳令は(長期独裁政権を敷いた)マルコス元大統領が行ったものと違いはない。 厳しく対応する」と述べ、問題が解決しなければ戒厳令が1年...
»続きを読む
カテゴリー:

死にたくない、だから戦った 南スーダンの元子ども兵 - 05月23日(火)15:02 

 南スーダンで、無理やり戦闘に参加させられる子どもが後を絶たない。内戦に陥って以降、政府軍や反政府勢力に捕らえられた子どもの数は、推定約1万7千人。元戦闘員の子どもたちが暮らす保護施設を記者が訪ねた。…
カテゴリー:

原発依存が急上昇=紛争で石炭調達困難に-老朽化懸念も・ウクライナ - 05月21日(日)14:41 

 1986年にチェルノブイリ原発事故が起きたウクライナで、政府と親ロシア派の戦闘が始まった2014年以降、原子力発電への依存度が高まり、今年は電力の60%超を賄う事態となっている。ウクライナは石炭が豊富だが、主な産地は親ロ派武装勢力が支配する東部にあり、調達は難しい。ポロシェンコ政権は原発依存を続ける構えだが、NGOは原発の老朽化を懸念する。 国際原子力機関(IAEA)によると、紛争が起きる前の13年、ウクライナの原発依存度は約44%だったが、16年には約52%に上昇。フランス(約72%)、スロバキア(約54%)に次ぐ原発依存国になった。政府軍と親ロ派との散発的な戦闘が続く中、ウクライナのナサリク・エネルギー・石炭産業相は今年2月、原発依存度が62%に達したと明らかにした。 ナサリク氏は石炭調達が不安定な中、原発活用こそが「電力供給安定に資する」と強調。ポロシェンコ大統領も2月、「ウクライナにはもはや何百万トンもの石炭は必要ない」と述べ、原発依存を進める考えを表明した。政権は3月に親ロ派地域との物流遮断を決め、石炭調達はさらに難しくなった。 ウクライナには現在15基の原子炉があり、その大半が1970~80年代に稼働を開始。中東欧における公共投資などを監視するNGO「CEEバンクウオッチ」(CEEBW)によれば、うち12基が2020年までに耐用年数が切れる。 しかし、ウクライナ政府は...more
カテゴリー:

南スーダンで100人超殺害 国連「戦争犯罪」と非難 - 05月19日(金)22:28 

【ナイロビ共同】国連は19日、内戦が続く南スーダン南部イエイ州で昨年7月から今年1月にかけ、政府軍や配下の民兵組織...
カテゴリー:

もっと見る

「政府軍」の画像

もっと見る

「政府軍」の動画

Wikipedia

  • 転送 軍隊...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる